ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 777771 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

陣馬高原下〜北高尾山稜〜駒木野〜高尾駅

日程 2015年12月12日(土) [日帰り]
メンバー dakereko
天候くもりのち晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路:高尾駅よりバスで陣馬高原下バス停へ(570円、35分)タイミングよく臨時便
復路:駒木野バス停から(徒歩20分位)高尾駅へ 

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間14分
休憩
26分
合計
5時間40分
S陣馬高原下バス停08:1009:06底沢峠09:1509:32堂所山09:58関場峠10:13三本松山10:26大嵐山10:41湯ノ花山10:50黒ドッケ11:13狐塚峠11:22板当峠11:37板当山11:45高ドッケ11:58杉沢ノ頭(峰ドッケ)12:01富士見台12:28熊笹山12:4512:51太鼓曲輪尾根分岐13:00唐沢山13:06地蔵峰(地蔵ピーク)13:21中央自動車道脇・地蔵峰登山口13:26駒木野バス停そば13:50JR高尾駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
■落ち葉で滑りやすい。駒木野バス停へ降りる山中のトラバース道に特にたっぷり落ち葉があるので、下山にここをとるなら要注意
■それぞれは長くないが、アップダウンは結構ある。そのため距離は短いものの、長く感じる
その他周辺情報トイレ:山下屋そばの陣馬高原バス停(共同トイレなので男女同じ入り口タイプ笑)
ちょっと困惑していた女性陣ハイカーもいたようだが、どんな形であれトイレがあるだけありがたい。
飲み物自販機:山下屋の外にあります。
たべもの屋さん:駒木野バス停から高尾駅方向に少し歩いたところに、うまそうなナポリタンのあるカフェがあった(店名確認せず)。非常に気になるので機会があれば行く予定。
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル

写真

臨時便バスに飛び乗り予定より1時間近く早く陣馬高原下バス停に到着。まずは明王林道コースで底沢峠へ、そこから北高尾山稜を縦走し高尾駅へ行くのが今回のコースです。写真は歩き出した道の左脇にあった石像たち。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
臨時便バスに飛び乗り予定より1時間近く早く陣馬高原下バス停に到着。まずは明王林道コースで底沢峠へ、そこから北高尾山稜を縦走し高尾駅へ行くのが今回のコースです。写真は歩き出した道の左脇にあった石像たち。
林道脇にこんなかわいいコケの椅子を発見。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道脇にこんなかわいいコケの椅子を発見。
雨上がりの翌日の明王林道。ちょっと湿っています。
峠までは途中で短い距離のこの林道が終わると、土道の登山道に変わります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨上がりの翌日の明王林道。ちょっと湿っています。
峠までは途中で短い距離のこの林道が終わると、土道の登山道に変わります。
歩き出してから10分ほどで釣堀のような場所を通過しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩き出してから10分ほどで釣堀のような場所を通過しました。
コケがいっぱい。雨の翌日なのでさらにコケがいきいき。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コケがいっぱい。雨の翌日なのでさらにコケがいきいき。
2
冬季休業中でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
冬季休業中でした。
分岐に到着。左へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐に到着。左へ。
セミワイルドな道も部分的にあります。この時間がまだ曇っており、小雨ぱらつくかも?と心配しつつ登ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
セミワイルドな道も部分的にあります。この時間がまだ曇っており、小雨ぱらつくかも?と心配しつつ登ります。
陣馬高原バス停より1時間ほどで底沢峠到着。標識の後ろの方角から登ってきました。このちょっと先でおにぎり休憩します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
陣馬高原バス停より1時間ほどで底沢峠到着。標識の後ろの方角から登ってきました。このちょっと先でおにぎり休憩します。
ベンチを見つけ、いつものゴマ入りおにぎり(梅干)を注入
この記事を書いてる時にも思い出し、また食べたくなってきています(笑
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ベンチを見つけ、いつものゴマ入りおにぎり(梅干)を注入
この記事を書いてる時にも思い出し、また食べたくなってきています(笑
1
堂所山山頂。 時間が微妙なのか、誰もいません
休憩せずスルーで。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堂所山山頂。 時間が微妙なのか、誰もいません
休憩せずスルーで。
ちょっと先に行くと紫色のルートへいざなうピンクリボンがありました。山下屋へ続く道。
ところで先日インスコしたこのアプリ非常に便利です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと先に行くと紫色のルートへいざなうピンクリボンがありました。山下屋へ続く道。
ところで先日インスコしたこのアプリ非常に便利です。
ちょうどこの看板の左側から降りていく感じです。山下屋の近くに降りれる模様。高尾駅から駒木野バス停へ来て、北高尾縦走後ここから下山後ぷしゅ〜のために山下屋へおりるのもいいかもしれない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょうどこの看板の左側から降りていく感じです。山下屋の近くに降りれる模様。高尾駅から駒木野バス停へ来て、北高尾縦走後ここから下山後ぷしゅ〜のために山下屋へおりるのもいいかもしれない。
関場峠手前の気持ちのよい道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
関場峠手前の気持ちのよい道
平らなところも定期的にやってくるのでそんなに辛くない北高尾山稜です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平らなところも定期的にやってくるのでそんなに辛くない北高尾山稜です
三本松山通過
松は3本以上あります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三本松山通過
松は3本以上あります。
顕著な尾根があるとおもってのぞいたら、アプリでも確認するとやはり紫ルートへの入り口でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
顕著な尾根があるとおもってのぞいたら、アプリでも確認するとやはり紫ルートへの入り口でした。
その紫ルートの写真。ここを降りると夕焼け小焼けバス停にいけるようです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その紫ルートの写真。ここを降りると夕焼け小焼けバス停にいけるようです
お次は鉄塔を右にみながら通過(No74鉄塔)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お次は鉄塔を右にみながら通過(No74鉄塔)
手書きのかわいい文字の標識が素敵です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手書きのかわいい文字の標識が素敵です
大嵐山通過 ピークという感じではなく通過点です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大嵐山通過 ピークという感じではなく通過点です。
冬枯れ感満載
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
冬枯れ感満載
夕焼け小焼け分岐です ここは広めで冬ばれの空気が暖かく感じます もうすぐ黒ドッケです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕焼け小焼け分岐です ここは広めで冬ばれの空気が暖かく感じます もうすぐ黒ドッケです。
紅葉と冬枯れの道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉と冬枯れの道
紅葉もちょっとだけ残っています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉もちょっとだけ残っています
夕焼け小焼け分岐の標識をよく見たら「ツツジ平」とあります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕焼け小焼け分岐の標識をよく見たら「ツツジ平」とあります
黒ドッケ到着。周りは樹林で覆われてます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒ドッケ到着。周りは樹林で覆われてます
そしてランチを予定していた狐塚峠。日当たりも悪いし、ちょっとまだまだ進めそうな余力があるのでランチは後回しにします。
ここから先はかなりの激下りが待ち受けていました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そしてランチを予定していた狐塚峠。日当たりも悪いし、ちょっとまだまだ進めそうな余力があるのでランチは後回しにします。
ここから先はかなりの激下りが待ち受けていました
激くだりを終え。。この辺りから滝ノ沢林道が左手に見え始めます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
激くだりを終え。。この辺りから滝ノ沢林道が左手に見え始めます
板当峠 狐塚峠からここまでは激下りが、ここからは登り返しが。。。苦笑
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
板当峠 狐塚峠からここまでは激下りが、ここからは登り返しが。。。苦笑
富士見台からの富士。遠くですが、この角度から見えるのは感激。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見台からの富士。遠くですが、この角度から見えるのは感激。
1
杉沢ノ頭
ここから少し下り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杉沢ノ頭
ここから少し下り。
さきほどの標識からすぐ先にあるもうひとつの標識。ここには近くにベンチとテーブルが1セットあります。富士山も見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さきほどの標識からすぐ先にあるもうひとつの標識。ここには近くにベンチとテーブルが1セットあります。富士山も見えます。
熊笹山先の分岐。ちょっと日当たりもあり、12時でお腹もすいてきたのでここでランチにしましょう。今日は山ご飯はつくらず、持参したテルモスの湯でカプラー。ピーチティーも食後にいただきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊笹山先の分岐。ちょっと日当たりもあり、12時でお腹もすいてきたのでここでランチにしましょう。今日は山ご飯はつくらず、持参したテルモスの湯でカプラー。ピーチティーも食後にいただきます。
ランチした分岐から紅葉が拝めました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ランチした分岐から紅葉が拝めました
ランチ後のこの急勾配の下りは胃も心も乱れました(笑
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ランチ後のこの急勾配の下りは胃も心も乱れました(笑
以前、別のルートを歩いた時に見た標識です。相変わらずかわいい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
以前、別のルートを歩いた時に見た標識です。相変わらずかわいい。
ロープのはったところへいかないよう注意しつつ左折し正規の登山道へ。もちろんロープの先からでも支尾根で降りれるようですが、支尾根末端から地蔵峠登山口へ降りるのが面倒な感じです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープのはったところへいかないよう注意しつつ左折し正規の登山道へ。もちろんロープの先からでも支尾根で降りれるようですが、支尾根末端から地蔵峠登山口へ降りるのが面倒な感じです。
地蔵の頭のピークがそろそろ見えてきました。お地蔵さんが4体。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵の頭のピークがそろそろ見えてきました。お地蔵さんが4体。
回り込んでみると幸せそうな顔です。前方左手前の地蔵の赤いビブ?が乱れていたので直してあげました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
回り込んでみると幸せそうな顔です。前方左手前の地蔵の赤いビブ?が乱れていたので直してあげました。
お地蔵さんたちに別れを告げ高速方向へ降りていきます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お地蔵さんたちに別れを告げ高速方向へ降りていきます
まもなく下界。麓の喧騒が聞こえてきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まもなく下界。麓の喧騒が聞こえてきます。
高速の音も聞こえます。向って左側に下降点があります
Charles JORDENと文字の書かれた黒帯と黄色のトラロープが下降点左側に張ってありちょっと高級感があり不思議。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高速の音も聞こえます。向って左側に下降点があります
Charles JORDENと文字の書かれた黒帯と黄色のトラロープが下降点左側に張ってありちょっと高級感があり不思議。。
高架下を下る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高架下を下る
そして小道へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして小道へ
すると紅葉の残りが!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すると紅葉の残りが!
1
高架下の先にありました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高架下の先にありました
陸橋を渡り少し進むと駒木野バス停が右手に見えました。高尾駅にはここからすぐなので歩いていきます♪
北高尾は週末でも10組くらいしか行き会わなかったほど、静かな山歩きが出来る場所なので、もくもくとトレーニングしたいときにぴったりです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
陸橋を渡り少し進むと駒木野バス停が右手に見えました。高尾駅にはここからすぐなので歩いていきます♪
北高尾は週末でも10組くらいしか行き会わなかったほど、静かな山歩きが出来る場所なので、もくもくとトレーニングしたいときにぴったりです。
1

感想/記録

本当は陣馬山から高尾駅へ北高尾を抜け縦走したかったが、冬は釣瓶落としタイムなので、夕暮れが心配すぎてわざと行程を短縮したら意外に早く下山できた。
なにぶん冬タイムは早く下山するに越したことはないのでこれはこれはいいとします。
予定より早いバスにたまたま乗れ、歩き出しが早まって余裕の行程になったのもよかったです。でもこんなに早く下山できるならこれに1時間プラスして陣馬山に上がってもまだ余裕の下山ができていたはずだが、それはまたの機会に引き出しに入れておこう!
とにかく今回は静かな尾根歩きができ、適度なアップダウンも短い行程の割には長く感じられるほどよい運動になりました。年末年始で食べ過ぎたらまた来ようかしら?
訪問者数:382人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ