ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 778978 全員に公開 ハイキング奥秩父

牛奥ノ雁ヶ腹摺山・大蔵高丸(大菩薩湖入口BS〜やまと天目山温泉BS)

日程 2015年12月05日(土) [日帰り]
メンバー yamadora
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

写真

大菩薩湖入口BS手前のこの林道入口でバスを下ろしてもらう
2015年12月05日 08:42撮影 by P-03E, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大菩薩湖入口BS手前のこの林道入口でバスを下ろしてもらう
登山道の正面に現れる大岩
2015年12月05日 09:43撮影 by P-03E, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道の正面に現れる大岩
パノラマ岩と名付けられた岩からは一級品の眺めが広がる
2015年12月05日 09:45撮影 by P-03E, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
パノラマ岩と名付けられた岩からは一級品の眺めが広がる
牛奥ノ雁ヶ腹摺山からの富士山
2015年12月05日 10:04撮影 by P-03E, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牛奥ノ雁ヶ腹摺山からの富士山
肉眼では遠く伊豆大島まで見える
2015年12月05日 10:07撮影 by P-03E, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肉眼では遠く伊豆大島まで見える
ヌタ場も凍る初冬の寒さ
2015年12月05日 10:11撮影 by P-03E, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヌタ場も凍る初冬の寒さ
黒岳への北斜面には雪
2015年12月05日 10:25撮影 by P-03E, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒岳への北斜面には雪
山梨の森林100選に定められる黒岳の広葉樹林
2015年12月05日 11:10撮影 by P-03E, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山梨の森林100選に定められる黒岳の広葉樹林
白谷ノ丸からの眺望はこのコースで最も雄大
2015年12月05日 11:13撮影 by P-03E, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白谷ノ丸からの眺望はこのコースで最も雄大
大蔵高丸からは三つ峠や御坂方面の山もよく見える
2015年12月05日 12:17撮影 by P-03E, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大蔵高丸からは三つ峠や御坂方面の山もよく見える
ハマイバ丸山頂から少し進むと眺望が得られる
2015年12月05日 13:01撮影 by P-03E, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハマイバ丸山頂から少し進むと眺望が得られる
由縁は不明の「天下石」
2015年12月05日 13:07撮影 by P-03E, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
由縁は不明の「天下石」
水しぶきが凍りついている米背負沢
2015年12月05日 13:28撮影 by P-03E, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水しぶきが凍りついている米背負沢

感想/記録

9月に歩いた際にはガスで眺望がほとんど得られなかった小金沢連嶺にはリベンジの機会を窺っていた。12月、栄和交通のバス運行も終了間近のタイミングで好天に恵まれたため、再訪することとした。
9月は小屋平から歩いたが、今回は少しショートカット。大菩薩湖手前の林道から牛奥ノ雁ヶ腹摺山の登山道に合流できることを他の方のレポで知ったので、そこでバスを下ろしてもらう。舗装路が尽きると登山道に入り、高く突き出した霜柱を倒しながら登っていく。
パノラマ岩と名付けられた大岩からは大展望が得られる。この辺りから地面には雪がちらほら見られるようになる。牛奥ノ雁ヶ腹摺山からも展望が広がる。南を見ると明るく光る一帯がある。ここから相模湾や伊豆大島が眺められるのは望外であった。関東平野が開ける登山道からは、スカイツリーの尖塔も見ることができた。
賽ノ河原から黒岳への北向きの斜面は雪が目立つようになるが、歩行には支障はない。白谷ノ丸からの眺望は本日随一。三角点もなく、秀麗富嶽にも選定されていないピークだが、休憩するには最高のポイントである。
湯ノ沢峠への下りは、9月に比べると笹藪がうるさくなく、苦労は少ない。峠から大蔵高丸への草原の道は、霜が溶けて泥濘が激しい。大蔵高丸からも青空と富士。遮るものはない。ハマイバ丸からは眺望は期待できないが、その少し先からは富士山や大月方面の眺めが開ける。この辺りまで来ると、三つ峠のパラボラアンテナもはっきり見えるようになる。
米背負沢は水量は9月よりも少なく、水しぶきは凍りついている。相変わらず気持ちのよい道である。林道も水が流れてくることがなく、滑らないので歩きやすい。やまと天目山温泉のアルカリ性の湯で疲れを癒してから、甲斐大和へのバスに乗り込んだ。
訪問者数:158人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

ガス 林道 三角点 ヌタ場 霜柱 草原
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ