ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 780762 全員に公開 トレイルラン丹沢

青根から初冬の蛭ヶ岳ピストン

日程 2015年12月19日(土) [日帰り]
メンバー katsukaty
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
国道413号線から青根登山口の駐車場へのアクセスは、噂通り難易度高いです。ヤマレコで詳しく説明してくれている方の投稿を見ながら、なんとかたどり着きました。
ゲートの脇に5台くらい停められる駐車場があります。あとは、路肩のあちこちに強引に停められます。合計で15台くらいでしょうか。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.3〜0.4(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち86%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間27分
休憩
21分
合計
3時間48分
S釜立沢登山口駐車スペース06:4806:53黍殻山 釜立沢登山口07:22945m峰07:2307:57八丁坂ノ頭08:11姫次08:1208:16原小屋平08:22地蔵平道標08:25地蔵平08:35ポッチノ頭08:46小御岳08:56蛭ヶ岳09:1509:19小御岳09:25ポッチノ頭09:32地蔵平09:36地蔵平道標09:40原小屋平09:50姫次10:05八丁坂ノ頭10:21945m峰10:34黍殻山 釜立沢登山口10:36ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険箇所は全くありません。登りやすい山だと思いますが、物足りない方もいるかもしれません。梅雨時に塩水橋から丹沢・蛭ヶ岳に登った時にはヒルと格闘しましたが、初冬のこの日はヒルに出会うことはありませんでした。よかった。
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 行動食 非常食 飲料 ハイドレーション 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 保険証 携帯 時計 サングラス タオル

写真

スタート。林道をしばらく進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スタート。林道をしばらく進みます。
登山口から少しの間林道を進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口から少しの間林道を進みます。
北側の斜面では、もうこんなに大きい霜柱ができています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北側の斜面では、もうこんなに大きい霜柱ができています。
1
八丁坂の頭からはモノレール沿いに進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八丁坂の頭からはモノレール沿いに進みます。
八丁坂の頭を過ぎると、おととい(2015/12/17)降った雪が解けずに残っています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八丁坂の頭を過ぎると、おととい(2015/12/17)降った雪が解けずに残っています。
極上トレイルです。たまりません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
極上トレイルです。たまりません。
3
極上スノートレイルです。これまたたまりません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
極上スノートレイルです。これまたたまりません。
1
姫次からの富士。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
姫次からの富士。
2
山頂到着。富士山には青い空がよく似合う。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂到着。富士山には青い空がよく似合う。
4
相模湾と伊豆半島がよく見えます。天気サイコー!でも、実はすごく寒いです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
相模湾と伊豆半島がよく見えます。天気サイコー!でも、実はすごく寒いです。
3
関東平野を一望
2015年12月19日 08:58撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
関東平野を一望
1
富士山と南アルプスの山々。あちらはもうすっかり冬。
2015年12月19日 09:09撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山と南アルプスの山々。あちらはもうすっかり冬。
2
下山後ですが、帽子から滴る汗が凍ってます。
2015年12月19日 10:38撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山後ですが、帽子から滴る汗が凍ってます。
3
撮影機材:

感想/記録

1ヶ月ぶりのトレラン。近場で人の少ないルートが良いと思い、青根から蛭ヶ岳へのルートをチョイスしました。実際、登山者は少なくて、全般的にトレラン向きの良いルートでした。

【相模湖東I.C.〜青根登山口の駐車スペース】
東京方面から相模湖東I.C.を降りて、国道413号線(道志みち)を通り20kmくらいで駐車場です。駐車場に至るまで、コンビニは幾つかあるので、調達、トイレには困りません。7kmくらい(?)手前のセブンイレブンが最後のコンビニです。
道志みちから途中左に折れ、しばらく行くと駐車場です。この間の道程は複雑なので、ヤマレコに他の方が投稿していた詳細な案内を見ながら進みました。駐車場までの途中、増水時には渡れなくなりそうな橋を渡りましたが、適度に整備されており、ミニバンでも問題なくたどり着けました。

【駐車スペース】
駐車場は、駐車場というよりも駐車スペースという感じ?どこにも駐車場とは書いてありませんが、暗黙的に駐車スペースになっているという感じです。停められるのは5台くらいでしょうか。朝6時15分くらいに着いた時には私を含めて3台しかいませんでしたが、5分も経たないうちに満車になりました。
5台の駐車スペースが満車の場合、林道の路肩に停めることになるようです。路肩に1台〜2台停められるスペース(すれ違いスペースだと思いますが)があり、そこに皆さん停めているようです。路肩スペースは、10台くらいでしょうか。
ちなみに、駐車スペースにはトイレがないので、途中のコンビニで済ませた方が良いです。

【登山口〜八丁坂の頭】
距離は3.5kmくらいでしょうか。この区間は、とにかく登り続けます。結構しんどいですが、この後に極上トレイルが待っているので頑張りましょう。
登山口から1km弱の林道を進みます。林道を進んでいると、突然右側に八丁坂の頭への登山道入り口が現れるので、そこから尾根への取り付き開始です。入口からしばらくは杉林を進みます。花粉の季節は来られないなぁ・・・なんて思いながら、杉の落ち葉を踏みしめながら進みます。
杉林が終わると、丹沢主脈の支尾根を主脈に向けて葛折りに登っていきます。ここはあまり展望もなく、修行セクションです。

【八丁坂の頭〜姫次】
傾斜の緩いいわゆる"走れるトレイル"が続きます。2日前に降った雪がまだ溶けておらず、ところどころ薄く雪が積もっていましたが、気温が低かったために溶けておらず、グチャグチャになっていなかったので、それはそれで走りやすかったです。雪がないところは、落ち葉が敷き詰められたふかふかのトレイルになっていて、ランニングにはもってこいでした。
葉の落ちた広葉樹林帯は明るく、快晴のこの日には爽快な極上トレイルでした。

【姫次〜蛭ヶ岳】
ここからは、木道&階段セクションです。ところどころに走れる箇所はありますが、あまり長くはありません。雪が薄く積もっていたこの日は、木道や階段は滑りそうで気を遣いました。

【蛭ヶ岳山頂】
この日は天気が良かったので、奥多摩〜関東平野〜相模湾〜伊豆半島〜富士山〜南アルプスと、360度の展望が広がりました。
今年は雪が遅れているらしく、2日前の12月17日が初雪だったそう。例年では、11月には初雪が降るのだそうです。
でも、気温は氷点下(小屋のおじさん曰くマイナス4度)。激さむです。
ちなみにこの日の服装は以下の通り。
[アクセサリ]
・asicsランクロスキャップ
・patagonia ウィンドシールドグローブ
・osprey rev6
[上半身]
・FineTrackフラッドラッシュスキンメッシュ9分袖
・salomonポリエステル100%長袖Tシャツ
・TNF半袖Tシャツ(ポリ100)
・TNFウィンドシェル
・montbell ストームクルーザー(わき下ピットジップ付)
[下半身]
・C3fitインパクトロングタイツ
・TNFフライウェイトレーシングショート
・Tabio トレイルランソックス
・TNFウルトラトレイル
・montbell ストームクルーザー(使用せず)

寒さ対策としては、この装備でギリギリでした。
特に寒さを感じたのは頭周りと手。手がかじかんで、本気で凍傷になったかと思いましたが、指は今も残っています。もう少し重厚な装備があったほうが安心。
下半身も、薄いタイツと短パンでは子供みたいだし、何より寒い。ゴアのストームクルーザーは走りづらいからいざという時のお守りだしね。
また欲しいものが増えてしまった・・・

【下り】
このルート、下りは走りやすくて最高です。特に、蛭ヶ岳からの急坂下りを終えてから八丁坂の頭までのセクションは、緩やかな上り下りが続くので、概ね走り通すことができます。

【まとめ】
このルートは、登山者やガレ場も少なく斜度も適度で、かなりトレラン向きだと言えると思います。特に秋〜初冬は、山ビルもおらず、葉が落ちて明るい雰囲気になっていて展望も楽しめると思います。
ただ、自家用車でピストンまたは周回前提の方には距離が15kmと少し短めです。距離を走りたい時には、檜洞丸や丹沢山を絡めたルートを検討する必要がありますが、こうするとかなり距離が伸びるので、それなりの覚悟を持って走ることになりますね。
総じて、満足度の高いトレイルでした。
訪問者数:349人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ