ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 781589 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

マイナールートで須磨アルプスへ(月見山駅-須磨名水の森-天井川右俣-須磨アルプス馬の背-横尾山-須磨アルプス馬の背-東山-板宿駅)

日程 2015年12月20日(日) [日帰り]
メンバー KENPEI
天候快晴
(12:50東山 13℃)
アクセス
利用交通機関
電車
往路:山陽電鉄・月見山駅
復路:神戸市営地下鉄・板宿駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち38%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間36分
休憩
56分
合計
3時間32分
S山陽電鉄・月見山駅10:3110:44須磨名水の森入口10:55天井川右俣・左俣の分岐11:21ブランコ(休憩)11:2711:41須磨アルプス馬の背11:5412:12横尾山12:2012:38須磨アルプス馬の背12:4212:49東山13:0513:38板宿八幡神社13:4714:03神戸市営地下鉄・板宿駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
<天井川右俣〜須磨アルプス馬の背>
堰堤の巻き道が細く切れ落ちた箇所があります。そこに落ち葉が積もっていて滑りやすいところがありました。標識はあまりありませんが、テープを追えば問題なしです。

<須磨アルプス馬の背>
短い距離ですが、細い岩尾根があります。通行は慎重に。

<その他>
特に問題なし。
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ストック(1) ヘッドライト(1) コンパス(1) 地図(1) デジカメ(1) GPSロガー(1) ペットボトル(1L)(2) 単三充電池(1) 非常食(カロリーメイト)(1) 折りたたみ傘(1) 単四乾電池(3) ザック(1) サングラス(1) 食事(1) ファーストエイドキット(1) ホイッスル(1) スパッツ(1) SDカード(予備)(2) 手袋(2) レスキューシート(1) ミニ三脚(1) 健康保険証(1) 雨具(1) レジャーマット(1) ガイドブック(1)

写真

道標を見て、須磨アルプス馬の背へ。
2015年12月20日 10:55撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道標を見て、須磨アルプス馬の背へ。
2
ここを潜りました。
2015年12月20日 10:57撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを潜りました。
4
鎮座の滝(?)
2015年12月20日 11:00撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎮座の滝(?)
1
鎮座の滝(?)の上の滝
2015年12月20日 11:00撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎮座の滝(?)の上の滝
1
丸太橋。何となく不安なので沢に降り、橋の横を歩きました。
2015年12月20日 11:14撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸太橋。何となく不安なので沢に降り、橋の横を歩きました。
細い道に落ち葉。滑りやすいので注意して歩きました。
2015年12月20日 11:17撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
細い道に落ち葉。滑りやすいので注意して歩きました。
えらいところにブランコ。当然、乗ってみました。
2015年12月20日 11:26撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
えらいところにブランコ。当然、乗ってみました。
2
川底が花崗岩に。須磨アルプスは近いぞ!
2015年12月20日 11:34撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川底が花崗岩に。須磨アルプスは近いぞ!
1
水野町の方から登ってきました。
2015年12月20日 11:39撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水野町の方から登ってきました。
1
馬の背からの眺望
2015年12月20日 11:43撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬の背からの眺望
5
横尾山山頂
2015年12月20日 12:12撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横尾山山頂
横尾山山頂よりの眺望
2015年12月20日 12:15撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横尾山山頂よりの眺望
1
この岩尾根を歩きます。
2015年12月20日 12:32撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この岩尾根を歩きます。
1
須磨アルプス馬の背。このへんは道が細くて怖いです。
2015年12月20日 12:39撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
須磨アルプス馬の背。このへんは道が細くて怖いです。
1
左右が切れ落ちていて怖い!
…と言っても、写真を撮る程度の余裕はあります。
2015年12月20日 12:40撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左右が切れ落ちていて怖い!
…と言っても、写真を撮る程度の余裕はあります。
1
東山山頂
2015年12月20日 12:50撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東山山頂
東山山頂よりの眺望
2015年12月20日 12:51撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東山山頂よりの眺望
1
板宿八幡神社
2015年12月20日 13:39撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
板宿八幡神社

感想/記録
by KENPEI

かなりマイナーなコースで須磨アルプスに行きました。

具体的には、須磨名水の森入口〜天井川右俣〜須磨アルプス馬の背と歩きました。『山と高原地図』に載ってないマイナーコースですが、今回、初めて歩いてみました。今回は馬の背まで誰とも会わずでしたが、靴の踏み跡は散見でき、目印もそこそこありました。

やがて須磨アルプス馬の背へ。空気の状態が良く、かなり遠くの景色まで見えました。また横尾山側の岩尾根が凄い迫力でした。

その後、一旦、横尾山まで行き、そこでUターンし、須磨アルプス、東山と歩きました。須磨アルプス馬の背では、ほんの数メートルですが左右が切れ落ちた細い岩尾根があり、通過時に緊張しました。

東山で少し休憩し、板宿駅へ下りました。そのときの道ですが、眺望がいいところが何回かあって、歩いて楽しい道でした。また危険も極端な急坂もなく、まったり歩けました。
訪問者数:356人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ