ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 782912 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走赤城・榛名・荒船

山急山 《藪岩魂ルート上級》

日程 2015年12月20日(日) [日帰り]
メンバー pi-ti, その他メンバー1人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
国道18号上信越道の陸橋手前で右折するが、この道がわかりずらい。
左に山急山の登山道解説看板あり。駐車スペース3台ほど。
(ここは下山時の登山口にしました)その先右手に鉄塔が見える場所の向かい側に
東ルート登山口。駐車スペース2台ぐらいあり。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち31%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間12分
休憩
17分
合計
4時間29分
Sスタート地点08:0809:23五輪岩09:3610:28山急山10:3212:37ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
藪岩魂上級編として紹介されているコースですが
印、トラロープが多数付いたため 中級のように感じました。
ルートファインディングはほぼ無し。(山頂からの周回下山時、尾根が四方八方に
伸びているため確かに間違えやすいが、方角さえ合っていれば登山道と合流も可能。)

過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

写真

国道18号を右折こんな感じの道を登山口へ向かう。
2015年12月20日 07:49撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国道18号を右折こんな感じの道を登山口へ向かう。
1
この鉄塔下から登って行く。
気温は1度 風は無い
2015年12月20日 08:11撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この鉄塔下から登って行く。
気温は1度 風は無い
東ルートは未踏と紹介されているが、印が付けられたようで迷うところはほぼない。
2015年12月20日 08:31撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東ルートは未踏と紹介されているが、印が付けられたようで迷うところはほぼない。
1
急斜面が続く
2015年12月20日 08:35撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急斜面が続く
1
尾根に出るにはまだまだありそう。
2015年12月20日 08:42撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根に出るにはまだまだありそう。
1
山と高原地図。有料地図だけあって詳しい。
山友はGPSがスタートしていなかったため軌道が入っていない。今からスタート。

2015年12月20日 08:54撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山と高原地図。有料地図だけあって詳しい。
山友はGPSがスタートしていなかったため軌道が入っていない。今からスタート。

1
私の。ヤマップ無料版。
ログ取り専用と方行の確認には重宝。
2015年12月20日 08:55撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
私の。ヤマップ無料版。
ログ取り専用と方行の確認には重宝。
1
昨年はこのネジに山急山というプレートがあったそう。
2015年12月20日 08:55撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨年はこのネジに山急山というプレートがあったそう。
2
ちょっと 道草
2015年12月20日 09:01撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと 道草
いいシチュエーション
2015年12月20日 09:01撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いいシチュエーション
2
またまた 急登
2015年12月20日 09:03撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
またまた 急登
1
裏側から登ってみる。
2015年12月20日 09:09撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
裏側から登ってみる。
1
ここが一番の急登。途中にロープが東側に伸びていたが、四つん這いになって直登し尾根に出てみる。
2015年12月20日 09:15撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが一番の急登。途中にロープが東側に伸びていたが、四つん這いになって直登し尾根に出てみる。
1
砂をかぶらないように、間を開け山友に続く。
2015年12月20日 09:16撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
砂をかぶらないように、間を開け山友に続く。
1
急登の後、尾根に出る。
2015年12月20日 09:17撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登の後、尾根に出る。
1
私達が車の中で支度をしていた時に先行で行かれた方が 五輪岩より戻って来られた。小さめの熊を見たとのこと。
2015年12月20日 09:18撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
私達が車の中で支度をしていた時に先行で行かれた方が 五輪岩より戻って来られた。小さめの熊を見たとのこと。
1
奇石が狭い尾根にそびえ立っている。
2015年12月20日 09:21撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奇石が狭い尾根にそびえ立っている。
1
五輪岩に向かう痩せ尾根から山急山ノ岩峰と浅間山がよく見える。
2015年12月20日 09:24撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五輪岩に向かう痩せ尾根から山急山ノ岩峰と浅間山がよく見える。
2
五輪岩の突端へ
2015年12月20日 09:25撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五輪岩の突端へ
2
浅間山がよく見える。
雪は少な目。
2015年12月20日 09:27撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浅間山がよく見える。
雪は少な目。
2
手前右に高岩。
奥に荒船山。
2015年12月20日 09:31撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手前右に高岩。
奥に荒船山。
2
裏妙義、丁須の頭のアップ
2015年12月20日 09:32撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
裏妙義、丁須の頭のアップ
2
固定ロープのあるルンゼを登る。取り付きだけロープを使う。
2015年12月20日 09:46撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
固定ロープのあるルンゼを登る。取り付きだけロープを使う。
1
日蔭、北側では気温1℃
ガーデニング手袋はさすがに寒くて使えない。
2015年12月20日 09:54撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日蔭、北側では気温1℃
ガーデニング手袋はさすがに寒くて使えない。
1
北東に丁須の頭へ続く 鍵沢コース・御岳コースの出発点。
2015年12月20日 09:59撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北東に丁須の頭へ続く 鍵沢コース・御岳コースの出発点。
アップすると鍵沢登山口手前のあさおの吊橋が見える。
2015年12月20日 10:00撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アップすると鍵沢登山口手前のあさおの吊橋が見える。
山頂へ登り上げていく。
2015年12月20日 10:02撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂へ登り上げていく。
一本松を越えそのまま登る。
2015年12月20日 10:05撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一本松を越えそのまま登る。
1
葉っぱが生い茂る季節は大変そう。 
2015年12月20日 10:06撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
葉っぱが生い茂る季節は大変そう。 
1
山頂手前の岩峰。藪岩地図では岩峰を回り込んで行くようになっているよう(?)だけど・・・
右側は崖
2015年12月20日 10:07撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂手前の岩峰。藪岩地図では岩峰を回り込んで行くようになっているよう(?)だけど・・・
右側は崖
1
左側も崖
2015年12月20日 10:13撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左側も崖
1
しょうがないので一本松まで戻り、その下南側を回り込んで行く。
2015年12月20日 10:19撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しょうがないので一本松まで戻り、その下南側を回り込んで行く。
ここを登れば尾根に出る
2015年12月20日 10:23撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを登れば尾根に出る
1
さっきの岩峰
やっぱり左右どちらからとも巻いて進むのは不可能。
2015年12月20日 10:27撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さっきの岩峰
やっぱり左右どちらからとも巻いて進むのは不可能。
2
山急山手前の視界の開けている場所から。
手前に榛名山、奥に赤城山。
2015年12月20日 10:26撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山急山手前の視界の開けている場所から。
手前に榛名山、奥に赤城山。
1
黒斑山と浅間山。
2015年12月20日 10:26撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒斑山と浅間山。
2
谷川岳、平ヶ岳、至仏山
2015年12月20日 10:26撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷川岳、平ヶ岳、至仏山
2
奥に雪をかぶった八ヶ岳
2015年12月20日 10:28撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥に雪をかぶった八ヶ岳
2
山急山 991.9m 
山頂は木々に囲まれている。
2015年12月20日 10:29撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山急山 991.9m 
山頂は木々に囲まれている。
2
山頂から急斜面を下る。新しいトラロープあり。
2015年12月20日 10:38撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から急斜面を下る。新しいトラロープあり。
氷柱
2015年12月20日 10:40撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
氷柱
1
せっかくなので、下のルートにある棚道道の岩洞を見に行く。
2015年12月20日 10:47撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
せっかくなので、下のルートにある棚道道の岩洞を見に行く。
祠がある
2015年12月20日 10:51撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
祠がある
1
下山途中に 二つの少岩峰
1
2015年12月20日 11:00撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山途中に 二つの少岩峰
1
1
2
1に登って写す
2015年12月20日 11:03撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2
1に登って写す
3
山友が2より1の私を写す
2015年12月20日 11:04撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山友が2より1の私を写す
2
尾根が四方八方に連なり、印も所々にあり迷いやすい
2015年12月20日 11:15撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根が四方八方に連なり、印も所々にあり迷いやすい
落ち葉で滑る
2015年12月20日 11:35撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ち葉で滑る
砂利で滑る
2015年12月20日 11:40撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
砂利で滑る
立派な石碑 出現
2015年12月20日 11:44撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立派な石碑 出現
1
落ち葉の堆積地帯
2015年12月20日 11:50撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ち葉の堆積地帯
炭焼き窯跡
2015年12月20日 11:59撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
炭焼き窯跡
1
木々が織りなす自然の造形美
ここら辺一帯がこんな風
2015年12月20日 12:01撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木々が織りなす自然の造形美
ここら辺一帯がこんな風
こんな感じで ルートはめちゃくちゃだけど方角的に
合っていればどの尾根を進んでも下山できそうな感じでした。
2015年12月20日 12:05撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな感じで ルートはめちゃくちゃだけど方角的に
合っていればどの尾根を進んでも下山できそうな感じでした。
2
帰りは遊びながら
2015年12月20日 12:10撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りは遊びながら
1
木登りも
2015年12月20日 12:14撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木登りも
1
そこらじゅうくねくねの木
2015年12月20日 12:21撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そこらじゅうくねくねの木
1
無事に登山口に到着。
わかりやすい看板が掛かっている。
ここから駐車場までは歩いて7分弱。
2015年12月20日 12:30撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事に登山口に到着。
わかりやすい看板が掛かっている。
ここから駐車場までは歩いて7分弱。
2

感想/記録
by pi-ti

藪岩魂 上級編 4時間55分のコースとして紹介されている山急山。
期待が大きかったせいか少し手応えが薄かったように感じます。
山頂からの下り、尾根がタコの足のように四方八方に連なっている様子にはびっくりしました。落ち葉が散って周囲の見通しがいいため方角さえ合っていればどの尾根を選んでも下山できるだろうと安心感がありましたが、葉っぱが生い茂る季節は迷いやすくなりそうです。また枝が行く手を覆っているところがいくつかあり、山々の展望も悪くなるので、初冬の時期が適期なのかなと思いました。
紅葉時も綺麗そうです。
下山時に見たクルクルした木々は見応えがありました。

*今回はヘルメットは必要なしと判断し持参せず登りましたが、以前に行った 赤岩尾根や大ナゲシ北陵、またロープワークが必要になる山はヘルメットをかぶり頭を守る必要があったと反省しました。
 
訪問者数:303人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/9/17
投稿数: 1078
2015/12/31 23:39
 次々と・・・
pi-ti さん、こんばんは。

この勢いで行っていたら、すぐに行くところがなくなってしまいますね
夏頃までには種切れになりそうです。いよいよ本格的になるのでしょうか?
こういったルートに慣れていると、脚力さえあれば、北アのバリルートでも案外楽に行けます。
普通の赤岩尾根ならメットなしでもいいですが、人為落石の可能性があるところとロープを積極的に使用するようなルートではメットはあった方がいいです。藪岩系は、懸垂でもロープにより落石が起きることがあります。
登録日: 2014/5/10
投稿数: 1241
2016/1/1 19:29
 最後まで藪で締めくくり!
よーこさん、明けましておめでとうございます(*^^*)

最後の藪岩ラッシュは破竹の勢いでしたね!
一言で山といっても、ジャンルにより楽しさや目的などが変化するのも魅力のひとつですよね♪
2016年も、さらなる飛躍の年になりますよう、ご祈念致します☀

本年も、宜しくお願いいたします♪
登録日: 2014/8/18
投稿数: 192
2016/1/2 21:36
 Re: 次々と・・・
misuzuさん 
明けましてて おめでとうございます。

ヘルメットのことよく理解できました(^o^) ありがとうございました。
前回に頂いたコメントにありました『外岩ゲレンデ』ですが、ジム以外の実際の岩場
という意味だったんですね      
ひと山登るごとに、小さなことでもいいから何かを習得し身に着けて帰りたいと思います。
安全確保に対するしっかりした認識も少しずつでも学んでいきたいと思っています。

優しいコメントをありがとうございました。
今年もよろしくお願いします
登録日: 2014/8/18
投稿数: 192
2016/1/2 21:45
 Re: 最後まで藪で締めくくり!
byちゃん 
明けましておめでとうございます。

byちゃん いいことをおっしゃいますね〜
まさにその通りですよね!!
byちゃんも 沢登りや、アルパインクライミング、雪山テン泊
それぞれの楽しみを味わって すごいな・・・・
 今年も怪我なく たくさんのことにチャレンジしてネ(^o^)
いつも応援していますよ(^○^)

今年もよろしくお願いします

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ