ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 786816 全員に公開 ハイキング奥武蔵

今年の最後は武甲山(2015)

日程 2015年12月30日(水) [日帰り]
メンバー s4reds
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
自宅から約80Km
往路:寄居、秩父経由
復路:芦ヶ久保、日高経由
道のりを取るか、時間(有料道路)を取るか?(殆ど差異無し)
生川駐車場はおよそ30台ほど駐車可能です(無料)
本日は、ほぼ満車でした(満車の場合は下流の道路端へ)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.4〜0.5(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち63%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間43分
休憩
32分
合計
3時間15分
S一の鳥居(武甲登山道入口)11:0011:22不動滝11:40大杉の広場12:09武甲山12:2612:37シラジクボ13:00小持山13:0513:25大持山13:2813:30大持山の肩13:3513:56妻坂峠13:5814:15一の鳥居(武甲登山道入り口)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
本日諸事情により急いで歩きました(参考になりません)
コースタイムは*奥武蔵詳細図(吉備人出版)
       *奥武蔵・秩父地図(昭文社)
を参考に計画をお願いします
コース状況/
危険箇所等
*生川駐車場に登山ポストがありました
*本日12時過ぎで武甲山頂は気温+0.5℃でした
*霜柱がありましたが、歩行に影響はありませんでした
*登山道は極めて快適ですが、落ち葉で歩きにくい箇所がありました
*シラジクボ〜大持山:一部で岩稜帯があり、通行困難ではありませんが
 バランスを取りながら慎重の歩行になります

写真

自宅出発の時間が遅れて
11時少し前、生川の駐車場着
鳥居を潜って入場
駐車場は、こんな感じです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自宅出発の時間が遅れて
11時少し前、生川の駐車場着
鳥居を潜って入場
駐車場は、こんな感じです
4
武甲山案内図
登山ポストがあります
熊さんへのお願いもあります
表参道コースを登り、小持山、
大持山、妻坂峠の周回を歩きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武甲山案内図
登山ポストがあります
熊さんへのお願いもあります
表参道コースを登り、小持山、
大持山、妻坂峠の周回を歩きます
2
舗装された道
本日諸事情にて14時前後に下山の計画です
現在11時、目標3時間の慌ただしい登山のスタートです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
舗装された道
本日諸事情にて14時前後に下山の計画です
現在11時、目標3時間の慌ただしい登山のスタートです
2
舗装の道を離れて
ここから山道の登りになります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
舗装の道を離れて
ここから山道の登りになります
2
すぐに不動滝があります
水場もあります(飲用?)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐに不動滝があります
水場もあります(飲用?)
3
新年仕様でしょうか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新年仕様でしょうか?
3
三十一丁目のお地蔵さん
おおっ〜We are Reds!か!
いや違う、コンサドーレだ?
なんだ!これ?
札幌?からの訪問者?・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三十一丁目のお地蔵さん
おおっ〜We are Reds!か!
いや違う、コンサドーレだ?
なんだ!これ?
札幌?からの訪問者?・・・
6
大杉の広場、標高1000M
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大杉の広場、標高1000M
2
熊にご注意とあります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊にご注意とあります
3
ところどころに霜柱
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ところどころに霜柱
2
九十九折の尾根道を登り
稜線に上がってきました
山頂部はもうすぐです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
九十九折の尾根道を登り
稜線に上がってきました
山頂部はもうすぐです
2
御嶽神社です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御嶽神社です
2
御嶽神社に参拝
今日の安全登山を祈念
今年一年の無事に感謝です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御嶽神社に参拝
今日の安全登山を祈念
今年一年の無事に感謝です
4
秩父錦ですね?
武甲正宗ではない?
いろいろと、わけありなのでしょうね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秩父錦ですね?
武甲正宗ではない?
いろいろと、わけありなのでしょうね
17
神社の裏手
山頂を目指しましょう!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神社の裏手
山頂を目指しましょう!
1
東の展望台にて
見事な展望です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東の展望台にて
見事な展望です
9
金網越しに西の展望台へ
進みます
(第一展望台へ)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金網越しに西の展望台へ
進みます
(第一展望台へ)
2
武甲山頂1304M
(2015年末現在、今のところ)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武甲山頂1304M
(2015年末現在、今のところ)
9
武甲山頂の変遷
始めは1336Mだった
1979年に石灰岩採掘の為
社殿右手奥の小さな鐘撞堂そばに移動1295Mへ(-41m)
そこから現在の
第一展望台へ再移動1304Mへ
(+9m)→(1336-41+9)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武甲山頂の変遷
始めは1336Mだった
1979年に石灰岩採掘の為
社殿右手奥の小さな鐘撞堂そばに移動1295Mへ(-41m)
そこから現在の
第一展望台へ再移動1304Mへ
(+9m)→(1336-41+9)
10
眼下の秩父の街並み
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眼下の秩父の街並み
7
はるか群馬の榛名山方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
はるか群馬の榛名山方面
4
白銀の浅間山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白銀の浅間山
15
御荷鉾山とその向こうに
鼻曲山、浅間隠山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御荷鉾山とその向こうに
鼻曲山、浅間隠山
4
小野子山、子持山
その向こうに谷川連峰
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小野子山、子持山
その向こうに谷川連峰
3
はるかに赤城山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
はるかに赤城山
4
木の枝越しに両神山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木の枝越しに両神山
4
ただ今、気温は+0.5℃
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ただ今、気温は+0.5℃
1
陽だまりの頂上部
のどかな雰囲気に包まれて
います
さて、南に縦走です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
陽だまりの頂上部
のどかな雰囲気に包まれて
います
さて、南に縦走です
2
武甲山を後にシラジクボ着
標高1088m
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武甲山を後にシラジクボ着
標高1088m
2
小持山への登り返し
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小持山への登り返し
1
振り返る武甲山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返る武甲山
5
スッキリした形の山です
名山、武甲山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スッキリした形の山です
名山、武甲山
7
武甲山の山頂部(ズーム)
御嶽神社の社が微かに見えます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武甲山の山頂部(ズーム)
御嶽神社の社が微かに見えます
4
小持山山頂
標高1273m(地図、独標?)
標識の1269mは、
  わかりません?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小持山山頂
標高1273m(地図、独標?)
標識の1269mは、
  わかりません?
2
ここは東〜南への展望が開けています
武甲山からは見えなかった方向の展望です
さいたま市方面です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは東〜南への展望が開けています
武甲山からは見えなかった方向の展望です
さいたま市方面です
3
さいたま市方面(ズーム)
左手後方は
埼玉スタジアム2002
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さいたま市方面(ズーム)
左手後方は
埼玉スタジアム2002
7
大持山へ向かいます
稜線はアップダウンがあります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大持山へ向かいます
稜線はアップダウンがあります
2
雨乞岩の展望台
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨乞岩の展望台
1
奥秩父方面の展望
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥秩父方面の展望
3
やはり両神山
この山の輝きは見事です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やはり両神山
この山の輝きは見事です
4
もう少しで大持山山頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう少しで大持山山頂
3
大持山山頂到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大持山山頂到着
5
展望はもうちょっと?かな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望はもうちょっと?かな?
2
南東方向に緩やかな道が続きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南東方向に緩やかな道が続きます
2
分岐点に来ました
左:妻坂峠
右:鳥首峠
ここからの展望も見事です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐点に来ました
左:妻坂峠
右:鳥首峠
ここからの展望も見事です
2
右(南東)
ヤマレコで大賑わいだった秋
有名なウノタワ方面です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右(南東)
ヤマレコで大賑わいだった秋
有名なウノタワ方面です
1
関東平野の絶景がありました
さいたま方面の展望
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
関東平野の絶景がありました
さいたま方面の展望
2
大宮、さいたま新都心方面
(ズーム)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大宮、さいたま新都心方面
(ズーム)
3
荒川の向こうに
さいたま新都心(ズーム)
我が家が見えました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒川の向こうに
さいたま新都心(ズーム)
我が家が見えました
8
東京方面(ズーム)
スカイツリーも見えてます
池袋、新宿も・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東京方面(ズーム)
スカイツリーも見えてます
池袋、新宿も・・・
6
妻坂峠へ降下します
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
妻坂峠へ降下します
2
冬枯れの気持ちの良い稜線を
歩いていきます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
冬枯れの気持ちの良い稜線を
歩いていきます
7
木の間越しに武甲山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木の間越しに武甲山
2
妻坂峠に到着
直前に急な下りがありました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
妻坂峠に到着
直前に急な下りがありました
2
峠を見守ってきたお地蔵さん
歴史ある峠の面影でしょうか
(地蔵峠とも呼ばれ)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
峠を見守ってきたお地蔵さん
歴史ある峠の面影でしょうか
(地蔵峠とも呼ばれ)
1
武甲山がまた望めました
ここからは昔の山容です
これにて武甲山さらば!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武甲山がまた望めました
ここからは昔の山容です
これにて武甲山さらば!
4
峠を下りましょう
九十九折に尾根道を降下
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
峠を下りましょう
九十九折に尾根道を降下
2
沢筋に降りて、その後
林道を横切ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢筋に降りて、その後
林道を横切ります
1
沢沿いの道を真っ直ぐに降ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢沿いの道を真っ直ぐに降ります
2
生川の駐車場に帰還
周回コースで帰ってきました

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
生川の駐車場に帰還
周回コースで帰ってきました

2
山犬様に迎えられて
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山犬様に迎えられて
5
予定の15分遅れ、まずまずです
さあ、急いで帰ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
予定の15分遅れ、まずまずです
さあ、急いで帰ります
2
2015年12月30日の夕暮れ
帰宅後、自宅ベランダより
大持山、小持山、武甲山
(ズーム)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2015年12月30日の夕暮れ
帰宅後、自宅ベランダより
大持山、小持山、武甲山
(ズーム)
21

感想/記録
by s4reds

2015年の登り納めで5度目の武甲山へ行ってきました。
これまでは生川の駐車場からのピストン登山ばかりでしたが、
今回は小持山、大持山を経由して妻坂峠まで歩いてみました。

本日の登山は、家事都合で遅くとも16時頃には帰宅しなければ
ならず、そんな事情でありながらも家を出たのが8時過ぎで、
生川の駐車場に到着したのが、ゆっくりの11時少し前でした。
その結果は3時間くらいの限られた時間での、慌ただしい登山に
なりました。

生川の駐車場は、ほぼいっぱいながら表参道は比較的静かな
山歩きでした。武甲山頂の御嶽神社に参拝、本日登山の安全と
今年一年の無事に御礼をして、小持山、大持山稜線へ足を進め
ました。

初めての小持山、大持山稜線からの展望に「びっくりぽん!」
武甲山からは望めなかった展望で、そこには我が家方面の見事
な風景が展開されていました。
天候が良ければ自宅のベランダから望めるこの山稜を、反対側
の山上からの素晴らしい眺めに、しばし時間を忘れて見入りま
した。
*****************************
最後に2015年、今年はたくさん山を歩いた一年でした。
何事もなく無事に行く年を送れるのは、幸せな事だと思います。
そして来る年に新たな夢を描いて、また山を歩いてみたいと
思います。
訪問者数:356人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ