ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 788108 全員に公開 ハイキング丹沢

大山 初日の出登山

日程 2016年01月01日(金) [日帰り]
メンバー NAO_0927
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス、 ケーブルカー等
小田急臨時電車(下り)は約30分間隔で運行。
大山行きのバスは、私が乗った2時30分頃は連続で臨時バスが来ていました。
バス下車後、お土産街を5〜10分ほど歩いてケーブルカーに到着です。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち69%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間20分
休憩
3時間40分
合計
7時間0分
S大山ケーブル前バス停03:0003:30阿夫利神社下社04:0005:30大山山頂07:3008:10見晴台08:4009:00阿夫利神社下社09:4010:00大山ケーブル前バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
AM6:50頃に初日の出。
当日東方向に雲がかかっていたので若干初日の出が遅れた模様。
下山の際、他の一般の初詣客さんもいたので下りケーブル車は行列ができていました。
コース状況/
危険箇所等
ケーブルカーで下社まで行きました。
まだ3時30分だったので、お店で団子を買って休憩。
途中麓から登ってきたであろう方々が続々と着ました。
トイレはお店の階段下にあるのでそこで用を足す。
早朝4時から登山開始。
道中、登山客も沢山居るので道に迷うことは無いと思いますが、
ヘッドライト等は必須。
途中振り返ると伊勢原・秦野・平塚方面の街灯がきれいでした。
目安通りの90分、5時30分に登頂できました。
日の出までの1時間は汗もかいていたのでものすごく寒かったです。
見晴台経由で下山しました。
霜が降りていましたが、まだ溶けていなかったので
足場は安定していました。

装備

個人装備 ■スマフォ:HTC-HTL22 ■カメラ本体:PENTAX K-30 ■主な使用レンズ 18-55mm F3.5-5.6 55-300mm F4-5.8

写真

下社のお店でお団子を買いました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下社のお店でお団子を買いました
皆さん、初日の出を撮ろうとスタンバってますw
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
皆さん、初日の出を撮ろうとスタンバってますw
しばらく、
地平線ー太陽ー雲
の状態
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく、
地平線ー太陽ー雲
の状態
雲がかかっていてなかなか初日の出が拝めません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲がかかっていてなかなか初日の出が拝めません。
今年もよろしくね〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今年もよろしくね〜
2
別アングルで
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
別アングルで
3
光源を写真で撮るのは難しい、、、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
光源を写真で撮るのは難しい、、、
2
すっかり、お顔がみえました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すっかり、お顔がみえました
3
富士山もうっすら朝日を浴びています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山もうっすら朝日を浴びています
2
同じく朝日で赤くなる丹沢
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同じく朝日で赤くなる丹沢
江ノ島もみえます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
江ノ島もみえます
なかなか立派な霜柱があったのでパシャリ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なかなか立派な霜柱があったのでパシャリ

感想/記録

初めての1000m超の登山、且つ夜の登山で結構不安でしたが、
子供時代参加していたボーイスカウトのオーバーナイトハイク時の経験を元に装備を整えました。
但し、登頂後の待ち時間の防寒対策は完全に落ち度がありました。
登山時の手袋以外に防寒用の手袋を持ってくるべきでした。
体は汗を拭いたりカイロを張ったり途中脱いだ服を着直したりで大丈夫でしたが、
汗で濡れた手袋は外して、予備の軍手をつけるべきでしたが、頭がそこまでまわりませんでした(ヽ´ω`)
なんだかんだありましたが、よい経験になりましたので、またどこか登山に出かけようと思います。
訪問者数:316人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

霜柱 ナイトハイク ケーブルカー
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ