ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 794248 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

赤子谷〜岩原山〜大谷

日程 2016年01月10日(日) [日帰り]
メンバー inakabus
天候はれ 
最寄のアメダス観測点『三田』当日の気温
朝の最低気温 -4.3℃ (06:23)
日中最高気温 10.2℃ (15:01)
アクセス
利用交通機関
電車
JR生瀬駅スタート、阪急宝塚駅ゴール

■JR宝塚線(福知山線)生瀬駅
http://www.jr-odekake.net/eki/top.php?id=0610308
※駅構内にトイレ有。
※駅近くにミニコープ。朝9時より営業。

■阪急宝塚・今津線『宝塚』駅
http://rail.hankyu.co.jp/station/takarazuka.html
商業施設宝塚ソリオと一体となったターミナルビル。
駅構内に小型のコンビニ有。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち33%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間0分
休憩
1分
合計
6時間1分
S生瀬駅09:1011:08岩倉山11:15譲葉山11:33岩原山11:3414:08岩原山14:35譲葉山14:41岩倉山14:50塩尾寺15:11宝塚駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
遊歩道、山道等々、状態はともかく道標やテープ類等、目印が確認されたコースを歩いています。マイナールートに関しては、ヤマレコ等でもあまり情報を見掛けないエリアに付き、地形図・コンパスは必携でしょうか?
特に登りに利用した区間は急勾配も多く、初めて訪れる際には上りでの計画がお奨めです。

■JR生瀬駅〜赤子谷・西宝橋
生瀬駅より、生瀬高台住宅地手前の用水路を、憩いの広場方面へ向かう通路は、近年宅地造成され、入口は住宅地奥になっています。通路は自治会?により管理された遊歩道です。
通路より赤子谷への川筋は踏み跡やテープ類も見られますが、川幅が狭まるグランド付近は歩き難い状況です。今回はグランド敷地を通過しました。

■赤子谷左又・左〜六甲縦走路35P
ゴルジュで有名?な左又、ゴルジュ通過後も更に左、東側へ続く谷筋を選択しました。谷筋より続く尾根筋は、辿れる程度にテープ類はあるものの、踏み跡のある道ではありません。
2足歩行では歩けない程度の急勾配が続き、斜面は風化した岩肌となった区間もある歩き難い状況です。下りは避けた方が無難でしょう。
尾根筋は鉄塔管理道となっており、北へ下ると生瀬方面。六甲縦走路35ポストにて"生瀬"と案内されているコースです。

■六甲縦走路35P〜岩原山
六甲縦走路を33ポスト、その後は道標で案内された方向へ、明瞭な踏み跡のある山道が続きます。山頂には宝塚最高峰を示す杭が設置されています。残念ながら眺望はありません。

■岩原山〜ナガモク尾根〜蓬莱峡
道幅は狭いものの、よく踏まれた山道となっています。岩原山、蓬莱峡側共に目印はテープ類程度の解り難いマイナールートですが、テープ類等の目印も豊富です。お助けロープが設置された急勾配区間もありますが、特に危険を感じることもなく歩く事が出来ました。

■蓬莱峡〜岩原山
目的は大谷の遡上でしたが、踏み跡、目印を優先に歩いた所、今回のようなルートとなりました。途中、私設の『大谷ルート』と書かれた案内板があり、棚越新道としるべ岩と記されていましたが、今回歩いた尾根筋はルートと異なっている可能性が高そうです。
谷沿いは、以前左岸の遡上を試みた際、早々と西側尾根を登る踏み跡を辿った経緯を踏まえ、今回は右岸を意識して歩きました。歩いた範囲では堰堤には巻道等もあり、以前上流より水を引くルートの管理用?とされていた様子が伺えました。
辿った稜線には、帯のような目印が多く設置されており、急勾配ながら歩ける状況でしたが、上りでの利用がお奨めです。

■六甲縦走路33P〜ゆずり葉台方面枝道
以前より気になっていた、六甲縦走路を歩いていると見掛けるテープ、少し歩いてみました。歩いた区間については、東六甲エリアでよく見掛けるコース沿いに並べられた木(置き木?)やテープ類で道筋が解る程度。
特に迷いやすいとは感じませんが、枝道も多く地図による方向確認が必要な山道レベル。縦走路とは大きく様子が異なりますが、探索が楽しめそうな雰囲気でした。

【主な過去の記録】
■名塩〜大谷乗越 2015年03月17日(火)
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-601626.html
■地獄谷・最深部?〜最高峰〜縦走路〜生瀬 2013年08月23日(金)
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-337179.html
■地獄谷〜石宝殿〜縦走路〜岩原山〜赤子谷 2012年09月26日(水)
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-228178.html
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

今日はJR生瀬駅よりスタート。
2016年01月10日 09:12撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日はJR生瀬駅よりスタート。
4
この辺りより用水路沿いの遊歩道がある筈ですが、看板のみ。
2016年01月10日 09:15撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りより用水路沿いの遊歩道がある筈ですが、看板のみ。
2
…最近宅地造成されたようです。
2016年01月10日 09:17撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
…最近宅地造成されたようです。
1
宅地の外れから遊歩道が始まります。
2016年01月10日 09:18撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宅地の外れから遊歩道が始まります。
4
地元の方が手入れされており、路面状態は至って良好♪
2016年01月10日 09:21撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地元の方が手入れされており、路面状態は至って良好♪
4
JR上を通過。基本は快適な水平移動が続きます☆
2016年01月10日 09:25撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
JR上を通過。基本は快適な水平移動が続きます☆
2
広場?
2016年01月10日 09:28撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広場?
6
用水路の橋梁部分。歴史を感じる佇まい。。
2016年01月10日 09:32撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
用水路の橋梁部分。歴史を感じる佇まい。。
1
ここは左手、川上へ。
2016年01月10日 09:34撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは左手、川上へ。
3
少し探せばわかる程度のコースが続く。
2016年01月10日 09:39撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し探せばわかる程度のコースが続く。
2
川沿いを歩くのも可能ではありますが、無難に階段を利用しグランド脇の通路を移動。
2016年01月10日 09:41撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川沿いを歩くのも可能ではありますが、無難に階段を利用しグランド脇の通路を移動。
2
以前き有刺鉄線で苦労したゲートですが。。
このゲートを通過しないのが、本来のルートのようですが?
2016年01月10日 09:46撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
以前き有刺鉄線で苦労したゲートですが。。
このゲートを通過しないのが、本来のルートのようですが?
2
左手の生瀬高台住宅地よりのルートと合流。西宝橋と書かれてました。
2016年01月10日 09:49撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左手の生瀬高台住宅地よりのルートと合流。西宝橋と書かれてました。
2
赤テープによると、赤子谷西尾根ルート分岐だそうです。
2016年01月10日 09:54撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤テープによると、赤子谷西尾根ルート分岐だそうです。
2
ここを渡渉し左手へ進めば右又?左へ進む。
2016年01月10日 09:55撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを渡渉し左手へ進めば右又?左へ進む。
1
谷筋に道らしきルートが続く…
2016年01月10日 09:57撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷筋に道らしきルートが続く…
2
早速、堰堤に阻まれる。
2016年01月10日 09:58撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早速、堰堤に阻まれる。
3
しばらく進むと。。
2016年01月10日 10:04撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく進むと。。
1
滝!右手に巻き通有。
2016年01月10日 10:06撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝!右手に巻き通有。
8
お助けロープはあるものの、踏み跡は明瞭ではありません。
2016年01月10日 10:08撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お助けロープはあるものの、踏み跡は明瞭ではありません。
2
炭焼き釜跡。六甲では初めて見掛けたかも?
2016年01月10日 10:10撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
炭焼き釜跡。六甲では初めて見掛けたかも?
4
谷筋が狭くなり。。
2016年01月10日 10:12撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷筋が狭くなり。。
1
ゴルジュ到着!
2016年01月10日 10:14撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴルジュ到着!
7
梯子は有り難い!
結構、バランスに気を遣うような段差多し!
2016年01月10日 10:16撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梯子は有り難い!
結構、バランスに気を遣うような段差多し!
8
落ち葉で隠れた足元に注意!
2016年01月10日 10:18撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ち葉で隠れた足元に注意!
5
ここは向かって右(南)へよく歩かれるようですが、左手のテープが気になる。。
2016年01月10日 10:22撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは向かって右(南)へよく歩かれるようですが、左手のテープが気になる。。
2
…目印もあるし。。
2016年01月10日 10:22撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
…目印もあるし。。
1
険しそうですが。。
2016年01月10日 10:24撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
険しそうですが。。
1
お助けロープがあるということは、
『登れ!』ということだ?
2016年01月10日 10:25撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お助けロープがあるということは、
『登れ!』ということだ?
2
テープは続くが。。
2016年01月10日 10:35撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テープは続くが。。
2
立ち木を頼りに登るような急勾配が続く。
2016年01月10日 10:43撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立ち木を頼りに登るような急勾配が続く。
2
足元も風化しておりモロイ。。
2016年01月10日 10:52撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足元も風化しておりモロイ。。
2
ようやく稜線へ。鉄塔の確認よりまずは安全確保?
2016年01月10日 10:53撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく稜線へ。鉄塔の確認よりまずは安全確保?
6
無事、生瀬への鉄塔管理道合流を確認。
2016年01月10日 10:56撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事、生瀬への鉄塔管理道合流を確認。
2
早くも?生瀬方面へ下山される10名様の団体とすれ違う。
2016年01月10日 11:04撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早くも?生瀬方面へ下山される10名様の団体とすれ違う。
5
縦走路35ポストに合流。
縦走路を西へ向かわれている方から、何処から来たのか問われるも『生瀬から』と無難に答える^^:
2016年01月10日 11:06撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
縦走路35ポストに合流。
縦走路を西へ向かわれている方から、何処から来たのか問われるも『生瀬から』と無難に答える^^:
3
ぼんやりした眺望。
2016年01月10日 11:11撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ぼんやりした眺望。
5
久し振りに?のんびりとした気分で東六甲を歩く。
2016年01月10日 11:13撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
久し振りに?のんびりとした気分で東六甲を歩く。
2
今更ながら、いい道です♪
2016年01月10日 11:17撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今更ながら、いい道です♪
5
赤子谷方面分岐。右又と落書きされています。
2016年01月10日 11:18撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤子谷方面分岐。右又と落書きされています。
1
ここを…岩原山方面へ。
2016年01月10日 11:27撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを…岩原山方面へ。
2
以前尋ねた時より歩き易いと感じつつ。。
2016年01月10日 11:29撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
以前尋ねた時より歩き易いと感じつつ。。
1
程なく山頂着、訪れるのは2度目。
2016年01月10日 11:33撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
程なく山頂着、訪れるのは2度目。
2
宝塚最高!
2016年01月10日 11:34撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宝塚最高!
7
ナガモッコク尾根へ。
2016年01月10日 11:36撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナガモッコク尾根へ。
3
痩せ気味の尾根筋を、笹が覆う。
2016年01月10日 11:37撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
痩せ気味の尾根筋を、笹が覆う。
1
馬の背?
2016年01月10日 11:46撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬の背?
1
勾配が緩まると、踏み跡もしっかりしたものに。。
2016年01月10日 11:54撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
勾配が緩まると、踏み跡もしっかりしたものに。。
3
座頭谷、船坂方面。
2016年01月10日 12:00撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
座頭谷、船坂方面。
3
ロープの設置された急勾配区間もありつつ。。
2016年01月10日 12:01撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープの設置された急勾配区間もありつつ。。
2
蓬莱渓が近付くと、結構な急勾配でした。
2016年01月10日 12:09撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓬莱渓が近付くと、結構な急勾配でした。
1
しるべ岩〜座頭谷ルートに合流。
2016年01月10日 12:12撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しるべ岩〜座頭谷ルートに合流。
2
日当たりのよい河原にてランチタイム休憩。
2016年01月10日 12:17撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日当たりのよい河原にてランチタイム休憩。
3
火を使うにも、安心できます。
設置も楽ですが、片付けの際には砂を払い落とすのに苦労しました^^;;
2016年01月10日 12:20撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
火を使うにも、安心できます。
設置も楽ですが、片付けの際には砂を払い落とすのに苦労しました^^;;
4
本日のカップ麺とおにぎり。お湯を入れて5分待つカップ麺を選択したのは失敗!
小さなボトルは燃料のアルコール用です。
2016年01月10日 12:24撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日のカップ麺とおにぎり。お湯を入れて5分待つカップ麺を選択したのは失敗!
小さなボトルは燃料のアルコール用です。
4
休憩場所より。
2016年01月10日 13:01撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休憩場所より。
4
解説看板。座頭谷へ向かう方に道を尋ねられ、少し道案内。
2016年01月10日 13:06撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
解説看板。座頭谷へ向かう方に道を尋ねられ、少し道案内。
1
ここ真っすぐが座頭谷。案内を済ませ、右手の大谷方面へ。
2016年01月10日 13:08撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここ真っすぐが座頭谷。案内を済ませ、右手の大谷方面へ。
2
しばらく左岸を進み。。
2016年01月10日 13:11撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく左岸を進み。。
1
テントのある地点に今日は人がいました。
挨拶して上流を目指す。
2016年01月10日 13:18撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テントのある地点に今日は人がいました。
挨拶して上流を目指す。
2
右岸側にもルートらしき踏み跡あり。
2016年01月10日 13:21撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右岸側にもルートらしき踏み跡あり。
2
補助ロープ?
2016年01月10日 13:23撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
補助ロープ?
4
テープもあるし。。
2016年01月10日 13:26撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テープもあるし。。
3
道標発見!
2016年01月10日 13:27撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道標発見!
3
帯のようなマーキングが続く。
2016年01月10日 13:33撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帯のようなマーキングが続く。
1
勾配は急ですが、手掛かりとなる立木には事欠きません?
2016年01月10日 13:41撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
勾配は急ですが、手掛かりとなる立木には事欠きません?
2
正面右側に大船山。奥は御嶽でしょうか?
2016年01月10日 13:43撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面右側に大船山。奥は御嶽でしょうか?
5
マーキングに謎の数字。
2016年01月10日 13:46撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マーキングに謎の数字。
2
道かどうかは微妙ですが、歩ける尾根が続く。
2016年01月10日 13:49撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道かどうかは微妙ですが、歩ける尾根が続く。
2
勾配が緩む地点に、壊れた有刺鉄線の柵。
この先、尾根筋と、山腹を南に続くルートが分岐。
2016年01月10日 13:56撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
勾配が緩む地点に、壊れた有刺鉄線の柵。
この先、尾根筋と、山腹を南に続くルートが分岐。
1
南へ進むと。。
2016年01月10日 13:57撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南へ進むと。。
1
程なく縦走路に合流。
2016年01月10日 13:59撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
程なく縦走路に合流。
2
分岐へ戻り、尾根筋へ。
2016年01月10日 14:03撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐へ戻り、尾根筋へ。
2
踏み跡は薄いですが。。
2016年01月10日 14:06撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踏み跡は薄いですが。。
2
本日2度目の岩原山。
マウンテンバイクの方に、登ってきた道の様子を尋ねられましたが、ありのまま伝えると無難に引き返されました。。
2016年01月10日 14:08撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日2度目の岩原山。
マウンテンバイクの方に、登ってきた道の様子を尋ねられましたが、ありのまま伝えると無難に引き返されました。。
5
縦走路33P、今日は右側に登る踏み跡を進みます。
2016年01月10日 14:15撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
縦走路33P、今日は右側に登る踏み跡を進みます。
2
山道としては歩き易いか?
2016年01月10日 14:16撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山道としては歩き易いか?
1
分岐のテープには、マジックで案内が書かれていますが、土地勘が曖昧で理解に苦しむ。。
2016年01月10日 14:23撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐のテープには、マジックで案内が書かれていますが、土地勘が曖昧で理解に苦しむ。。
2
謎な数字?
2016年01月10日 14:27撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
謎な数字?
2
無難に縦走路へ戻る方向を選択。
2016年01月10日 14:29撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無難に縦走路へ戻る方向を選択。
3
この場にて合流。
2016年01月10日 14:30撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この場にて合流。
3
昼前より見通しは良好でした。
2016年01月10日 14:39撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昼前より見通しは良好でした。
6
塩尾寺着。
2016年01月10日 14:51撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塩尾寺着。
5
いつもの眺望に迎えられる。
この先、駅まではジョギングにて。。
2016年01月10日 14:57撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつもの眺望に迎えられる。
この先、駅まではジョギングにて。。
6
撮影機材:

感想/記録

昨年チャレンジした大谷の遡上。
前回は左岸を歩いて失敗、今回は右岸ルートを意識したものの、前回に引き続き、途中の尾根筋ルートに吸込まれ、大谷乗越には至らず><;;

今回は、堰堤の位置情報も記載された詳細図を用意して挑んだものの、結局、情報を見た事のないコースの道標や残置テープを辿りました。堰堤の巻き道にしては高度が上がり過ぎると気付いてはいたものの、無理に谷筋へ戻るより、歩かれた痕跡を確かめる事を優先しました。
赤子谷も、今回は目立つ方の残置テープを辿ることを選択。ゴルジュ通過後、南寄りに進路を変えるのは事前に調べて解っていたものの、ついつい残置テープにつられ、お助けロープなんかを見掛けてしまえば最後、もう人の痕跡を辿る事に夢中になってしまいます^^;

予定のコースを外れることや、踏み跡の曖昧な残置テープに進路を惑わされるのは、場合によっては道迷いに繋がる危険な行為なのは重々承知していますが、悪癖とはいえ私にとっては趣味の領域とでも申しましょうか。辞められそうにありません♪
…一度も歩いたことがない道を好むのも、これまた私にとっては趣味の領域。いずれは大谷の乗越を果たす日が来る筈です!?

【赤子谷のゴルジュ】
レコでもよく見掛ける『名所』。しかも身近な場所につき、一度は訪ねたいと思っていた念願の場所だった訳ですが、予想以上の迫力でした。
100mに満たない程度の区間とはいえ、岩に囲まれた流れを遡上するのは2足歩行がメインの一般ハイカー?にとっては結構難易度が高いと感じました。危険とか怖いとかといったレコをあまり見掛けませんが、足元も滑りやすく、単独で通過するには少なくとも3点支持を基本として、バランスを保ち続ける技術が必要と思います。私にとっては、ロックガーデンの地獄谷よりも緊張を強いられた区間でした。
訪問者数:346人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ