ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 798396 全員に公開 ハイキング丹沢

鍋割山

日程 2016年01月16日(土) [日帰り]
メンバー micarin
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
(行き・帰り同)小田急線新松田駅→(バス)寄バス停
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間25分
休憩
1時間0分
合計
7時間25分
S08:1210:00櫟山10:20栗ノ木洞10:45後沢乗越11:55鍋割山荘11:55鍋割山12:5513:35後沢乗越14:05栗ノ木洞14:15櫟山15:37寄バス停15:37寄自然休養村管理センターG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
一部荒れているところもありましたが、全体的に歩きやすい道でした。
その他周辺情報念願の鍋焼きうどん(1,000円)食べられました。
美味しかったです。
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖(厚手) フリース ダウンジャケット ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ニットキャップ ザック 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 タオル カメラ

写真

最初は、地図を見ても、道が全然わかりませんでした。
近所の人に道を聞いて、歩いて行ったのですが、それが大間違い。
1時間さまよって、やっと標識を見つけました。
「鍋割山方面」という標識が出ているので、見逃さないように注意しましょう。
2016年01月16日 08:14撮影 by PENTAX Q , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初は、地図を見ても、道が全然わかりませんでした。
近所の人に道を聞いて、歩いて行ったのですが、それが大間違い。
1時間さまよって、やっと標識を見つけました。
「鍋割山方面」という標識が出ているので、見逃さないように注意しましょう。
2
舗装道が終わると、茶畑にぶちあたります。道がありません。
安心してください。あぜ道がありますよ(^^)
「え?ここ入っちゃっていいの??」という感じの道ですが、そのまま進むと、また「鍋割山方面」の標識が出てきます。
2016年01月16日 08:41撮影 by PENTAX Q , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
舗装道が終わると、茶畑にぶちあたります。道がありません。
安心してください。あぜ道がありますよ(^^)
「え?ここ入っちゃっていいの??」という感じの道ですが、そのまま進むと、また「鍋割山方面」の標識が出てきます。
3
あぜ道を抜けたところに、休憩所がありました。
ここでおにぎりを食べました。
(帰りにはバナナを食べました。)
2016年01月16日 08:46撮影 by PENTAX Q , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あぜ道を抜けたところに、休憩所がありました。
ここでおにぎりを食べました。
(帰りにはバナナを食べました。)
1
しばらく進むと、シカよけのゲートが。
ゲートを開けて進みます。
(近くにいた男子は、「ジュラシックパークみたい!」と楽しんでいました。)
2016年01月16日 15:09撮影 by PENTAX Q , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく進むと、シカよけのゲートが。
ゲートを開けて進みます。
(近くにいた男子は、「ジュラシックパークみたい!」と楽しんでいました。)
2つ目のゲート
2016年01月16日 15:08撮影 by PENTAX Q , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2つ目のゲート
3つ目のゲート
2016年01月16日 08:59撮影 by PENTAX Q , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3つ目のゲート
4つ目のゲート。
(そんなにもシカが入ってくるんですね ^_^;)
2016年01月16日 14:56撮影 by PENTAX Q , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4つ目のゲート。
(そんなにもシカが入ってくるんですね ^_^;)
2
ゲートを超えると、こんな道になります。
足元は、少し、大小の石がゴツゴツしていますが、なだらかで歩きやすい道です。
2016年01月16日 08:59撮影 by PENTAX Q , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲートを超えると、こんな道になります。
足元は、少し、大小の石がゴツゴツしていますが、なだらかで歩きやすい道です。
アップダウンはありますが、急傾斜はそんなにありません。
2016年01月16日 09:32撮影 by PENTAX Q , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アップダウンはありますが、急傾斜はそんなにありません。
しばらく歩くと、「櫟山(くぬぎやま)」という標識が出てきました。
「え?鍋割山に向かってたのに、道を間違えた?」
地図を確認すると、鍋割山に行く途中に、「櫟山」がありました。
2016年01月16日 09:35撮影 by PENTAX Q , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく歩くと、「櫟山(くぬぎやま)」という標識が出てきました。
「え?鍋割山に向かってたのに、道を間違えた?」
地図を確認すると、鍋割山に行く途中に、「櫟山」がありました。
1
櫟山(810m)に到着。
寝不足で、かなり寝ぼけていたので、ここまで1時間50分もかかってしまいました!
これはまずいと思い、ここからペースを上げました。
2016年01月16日 10:00撮影 by PENTAX Q , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
櫟山(810m)に到着。
寝不足で、かなり寝ぼけていたので、ここまで1時間50分もかかってしまいました!
これはまずいと思い、ここからペースを上げました。
櫟山山頂はこんな感じです。
2016年01月16日 14:18撮影 by PENTAX Q , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
櫟山山頂はこんな感じです。
2
山頂からの眺めは良かったです。
2016年01月16日 14:20撮影 by PENTAX Q , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からの眺めは良かったです。
1
櫟山から20分ほどで、栗の木洞(908m)に到着。
櫟山同様、休憩用のベンチなどは一切ありません。
今回の行程中、休憩箇所は、前述の1箇所のみでした。
2016年01月16日 10:20撮影 by PENTAX Q , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
櫟山から20分ほどで、栗の木洞(908m)に到着。
櫟山同様、休憩用のベンチなどは一切ありません。
今回の行程中、休憩箇所は、前述の1箇所のみでした。
1
栗の木洞から後沢乗越までは下りです。
ここだけ道が荒れていました。急坂でもあり、注意が必要です。
2016年01月16日 10:29撮影 by PENTAX Q , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
栗の木洞から後沢乗越までは下りです。
ここだけ道が荒れていました。急坂でもあり、注意が必要です。
2
栗ノ木洞から25分ほどで、後沢乗越に到着。
ここは、大倉からの登山道との合流点でした。
ここから人がぐんと増えました。
2016年01月16日 10:43撮影 by PENTAX Q , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
栗ノ木洞から25分ほどで、後沢乗越に到着。
ここは、大倉からの登山道との合流点でした。
ここから人がぐんと増えました。
後沢乗越から鍋割山までは、階段が続きます。
2016年01月16日 10:53撮影 by PENTAX Q , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後沢乗越から鍋割山までは、階段が続きます。
1
そろそろ山頂かな?と思っても、まだまだ階段が続きます。
2016年01月16日 11:16撮影 by PENTAX Q , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そろそろ山頂かな?と思っても、まだまだ階段が続きます。
1
視界が開けてきました。
2016年01月16日 11:47撮影 by PENTAX Q , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
視界が開けてきました。
ソーラーパネルが見えてきました。
だから、発電機の音がしなかったのですね。
2016年01月16日 11:57撮影 by PENTAX Q , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ソーラーパネルが見えてきました。
だから、発電機の音がしなかったのですね。
後沢乗越から1時間10分ほどで、鍋割山山頂(1272.5m)に到着。
残念ながら、ガスがかかって、眺望は望めませんでした。
2016年01月16日 12:48撮影 by PENTAX Q , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後沢乗越から1時間10分ほどで、鍋割山山頂(1272.5m)に到着。
残念ながら、ガスがかかって、眺望は望めませんでした。
4
鍋割山荘
2016年01月16日 11:58撮影 by PENTAX Q , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鍋割山荘
2
待つこと25分。待望の鍋焼きうどん(1,000円)です。
熱々のできたてうどんは格別でした!
2016年01月16日 12:19撮影 by PENTAX Q , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
待つこと25分。待望の鍋焼きうどん(1,000円)です。
熱々のできたてうどんは格別でした!
11
山荘では、あまった水(多めに持ってきた水)を寄付している人がたくさんいました。
貴重な水。助け合いが大切ですね。
2016年01月16日 12:50撮影 by PENTAX Q , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山荘では、あまった水(多めに持ってきた水)を寄付している人がたくさんいました。
貴重な水。助け合いが大切ですね。
1
撮影機材:

感想/記録

全体的にとても歩きやすかったです。
鍋割山は、大倉や、ヤビツ峠からアクセスする人が多いようで、寄から登る人は少なかったです。
ガスがかかって、山頂からの眺望が望めなかったのが残念でしたが、待望の鍋焼きうどんは格別でした。
訪問者数:283人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

乗越 ガス
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ