ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 798782 全員に公開 ハイキング大台ケ原・大杉谷・高見山

高見山

日程 2016年01月17日(日) [日帰り]
メンバー anappleaday
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
たかすみ温泉駐車場を利用
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち73%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間49分
休憩
18分
合計
3時間7分
Sたかすみの里07:1807:22高見山・平野登山口07:52高見杉07:5408:17杉谷・平野分岐08:1809:00高見山09:1309:40杉谷・平野分岐09:55高見杉10:20高見山・平野登山口10:23たかすみの里10:2510:25ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

霧氷に期待して、たかすみの里から高見山へ。朱塗りの欄干の丹ノ浦橋を渡って歩き始めます。
2016年01月17日 07:22撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧氷に期待して、たかすみの里から高見山へ。朱塗りの欄干の丹ノ浦橋を渡って歩き始めます。
3
しばらくは杉の植林の中の道が続きます。丸太階段の道を登ってから、平坦な道を進んで高見杉へ。
2016年01月17日 07:54撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらくは杉の植林の中の道が続きます。丸太階段の道を登ってから、平坦な道を進んで高見杉へ。
3
倒壊した小屋を過ぎて尾根道を登っていきますが、日陰でもうっすらと白いところがある程度で、積雪はまったくありません。幹の間にのぞく高見山の山肌も、白いところが見られないのが気になります。
2016年01月17日 08:11撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
倒壊した小屋を過ぎて尾根道を登っていきますが、日陰でもうっすらと白いところがある程度で、積雪はまったくありません。幹の間にのぞく高見山の山肌も、白いところが見られないのが気になります。
1
杉谷登山口から上がってきた道と合流すると、幹越しに朝の日差しが挿し込んできて、一気に明るい雰囲気となります。
2016年01月17日 08:18撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杉谷登山口から上がってきた道と合流すると、幹越しに朝の日差しが挿し込んできて、一気に明るい雰囲気となります。
2
その後も一向に積雪は現れることなく、地肌ばかり目立つ急斜面を登っていきます。国見岩に差し掛かりますが、この有様。
2016年01月17日 08:32撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その後も一向に積雪は現れることなく、地肌ばかり目立つ急斜面を登っていきます。国見岩に差し掛かりますが、この有様。
1
揺岩を通過し尾根道を登ります。
2016年01月17日 08:43撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
揺岩を通過し尾根道を登ります。
笛吹岩に達すると、岩頭に立って大峰の山々を眺めます。
2016年01月17日 08:48撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笛吹岩に達すると、岩頭に立って大峰の山々を眺めます。
6
この先はさすがに足下が白く覆われるようになりますが、周囲の木々に霧氷は全く見られません。
2016年01月17日 08:54撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先はさすがに足下が白く覆われるようになりますが、周囲の木々に霧氷は全く見られません。
4
頂上直下の急坂に差し掛かりますが、どうやら昨日の霧氷はすっかり落ちてしまったようで、梢にわずかに残るエビのしっぽに名残をとどめるばかりです。
2016年01月17日 08:59撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上直下の急坂に差し掛かりますが、どうやら昨日の霧氷はすっかり落ちてしまったようで、梢にわずかに残るエビのしっぽに名残をとどめるばかりです。
3
急坂を登り切り、高角神社が鎮座する高見山の頂上に到着します。とうとう霧氷にお目にかかることはできませんでしたが、思っていたよりも天候に恵まれ、風もなく穏やかで、澄み渡る青空のもと眺めはすこぶるよく、
2016年01月17日 09:01撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急坂を登り切り、高角神社が鎮座する高見山の頂上に到着します。とうとう霧氷にお目にかかることはできませんでしたが、思っていたよりも天候に恵まれ、風もなく穏やかで、澄み渡る青空のもと眺めはすこぶるよく、
9
社殿の背後から北側に目を向けると宇陀・曽爾の山々が並び、展望指示盤に従って、住塚山、国見山、兜岳、鎧岳、俱留尊山、大洞山を順番に見定めていきます。東方に伸びる高見山地の稜線の先には三峰山を望みますが、あちらでも霧氷は見当たらないのでしょうか。
2016年01月17日 09:03撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
社殿の背後から北側に目を向けると宇陀・曽爾の山々が並び、展望指示盤に従って、住塚山、国見山、兜岳、鎧岳、俱留尊山、大洞山を順番に見定めていきます。東方に伸びる高見山地の稜線の先には三峰山を望みますが、あちらでも霧氷は見当たらないのでしょうか。
9
南方には台高、その右手には大峰の山々が連なります
2016年01月17日 09:09撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南方には台高、その右手には大峰の山々が連なります
4
西方に目を転じると、竜門山地の奥に金剛山と大和葛城山、右手には奈良盆地が見通せます。
2016年01月17日 09:10撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西方に目を転じると、竜門山地の奥に金剛山と大和葛城山、右手には奈良盆地が見通せます。
4
霧氷鑑賞は叶わなかったけれども、大展望が楽しめたのはせめてもの救いです。頂上を後にすると、
2016年01月17日 09:21撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧氷鑑賞は叶わなかったけれども、大展望が楽しめたのはせめてもの救いです。頂上を後にすると、
2
霧氷をまとった姿を眺めに再訪することを誓って、雪のない尾根道を下ります。
2016年01月17日 09:34撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧氷をまとった姿を眺めに再訪することを誓って、雪のない尾根道を下ります。
2
撮影機材:

感想/記録

前日の稲村ヶ岳で眺めた霧氷の素晴らしさに味を占めて、高見山でもその再現に期待して出掛けたのですが、頂上に近づいても積雪はなく地肌ばかり目立つ状況に、次第に諦めの境地に。案の定、たどり着いた頂上でも霧氷は全く見当たらず、すっかり当てが外れた格好となりました。予報では下り坂と聞いていた天気に思いのほか恵まれ、風もなく穏やかな青空の下、見晴らしが良かったのが救いでした。
訪問者数:748人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

霧氷
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ