ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 803058 全員に公開 雪山ハイキング霊仙・伊吹・藤原

竜ヶ岳 寒波のあとに 山頂踏めずに周回

日程 2016年01月26日(火) [日帰り]
メンバー lowrider
天候晴のち曇
アクセス
利用交通機関
車・バイク
宇賀渓キャンプ場 ¥500 除雪されてました
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間40分
休憩
45分
合計
8時間25分
S宇賀渓キャンプ場07:3008:00遠足尾根登山口09:20遠足尾根・新道(大日向)分岐09:3512:35金山尾根降り口12:35治田峠分岐12:4513:00P105313:1513:25金山尾根降り口14:55竜ヶ岳裏道登山口15:0015:55宇賀渓キャンプ場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
◎遠足尾根
雪に隠れた岩場注意
竜〜大日向の稜線に乗ると、赤テープ少なく道が不明瞭な所有

◎金山尾根
雪に隠れた岩場注意

◎積雪情報
遠足尾根の稜線は雪深く、膝〜股のラッセル 吹き溜まりだとそれ以上
現在なら金山尾根のが積雪少なめで歩きやすいと思います

※左回り(遠足〜金山)で周回、地図は手書きで不正確
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

大雪注意報の翌日は最高の天気
2016年01月26日 07:04撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大雪注意報の翌日は最高の天気
4
3ヵ月前にソールを張り替えた靴がやっと出番
2016年01月26日 07:11撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3ヵ月前にソールを張り替えた靴がやっと出番
4
林道30分程で遠足尾根入口
2016年01月26日 07:58撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道30分程で遠足尾根入口
1
暫く登ると一際白い山頂が見えてきた
2016年01月26日 09:00撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暫く登ると一際白い山頂が見えてきた
6
見上げるとウンザリする傾斜と長さ
2016年01月26日 09:03撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見上げるとウンザリする傾斜と長さ
1
雪で隠れた岩場は歩きにくい
2016年01月26日 09:09撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪で隠れた岩場は歩きにくい
2
こっからは雪が深そうなんでワカン装着
2016年01月26日 09:22撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こっからは雪が深そうなんでワカン装着
3
馬酔木のトンネル
2016年01月26日 09:47撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬酔木のトンネル
1
下界も白いなぁ
2016年01月26日 09:52撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下界も白いなぁ
3
トレースの無い尾根は気持ちいい
2016年01月26日 10:01撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トレースの無い尾根は気持ちいい
7
見晴らしが良くなると
2016年01月26日 10:27撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見晴らしが良くなると
5
雪が深くなり膝〜股ラッセル
誰か交代してくれ〜と心で叫ぶも、誰も居ない
2016年01月26日 10:49撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪が深くなり膝〜股ラッセル
誰か交代してくれ〜と心で叫ぶも、誰も居ない
6
近づいてるのに遠くなる山頂
2016年01月26日 11:01撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
近づいてるのに遠くなる山頂
5
風が強かったんだな
2016年01月26日 11:34撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風が強かったんだな
14
どこでも歩けるけど、どこも深い
行くか戻るか迷いながらもズルズル進む
2016年01月26日 11:44撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どこでも歩けるけど、どこも深い
行くか戻るか迷いながらもズルズル進む
4
金山尾根分岐への登りがツラかった
2016年01月26日 12:02撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金山尾根分岐への登りがツラかった
3
御池さんと藤原さん
2016年01月26日 12:07撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御池さんと藤原さん
6
ヘトヘトで分岐点到着
2016年01月26日 12:37撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヘトヘトで分岐点到着
7
金山尾根から登って来た人達のトレース
人のトレースがこんなに嬉しいのは初めて
2016年01月26日 12:53撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金山尾根から登って来た人達のトレース
人のトレースがこんなに嬉しいのは初めて
7
先行の二人組の方も山頂諦め引き返して来られた
もうラッセルする足が残っておらず撤退決定
2016年01月26日 13:04撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先行の二人組の方も山頂諦め引き返して来られた
もうラッセルする足が残っておらず撤退決定
13
遠足尾根に付けたトレースを振り返る
2016年01月26日 13:28撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠足尾根に付けたトレースを振り返る
7
下りは金山尾根で
こっちのが雪が少ない
2016年01月26日 14:22撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りは金山尾根で
こっちのが雪が少ない
1
雪こんもりの丸太橋を渡れば林道
2016年01月26日 14:51撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪こんもりの丸太橋を渡れば林道
1
イノシシーズ
2016年01月26日 15:06撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イノシシーズ
9
撮影機材:

感想/記録

 年明けから仕事が忙しく、オマケに風邪までひいてしまって、やっと初登り。

 初めての竜ヶ岳に登ろうと決めてたら、前日に強力な寒波が通り過ぎ、三重県北部は大雪注意報まで出ていた。登山口まで辿り着けるか?と心配しつつも宇賀渓までしっかり除雪されており無事歩き出し。

 一番乗りだったので新雪ラッセルを楽しんでいたんだけど、大日向山分岐からは雪がどんどん深くなり膝上ラッセルに体力と気力を削られる。近づいてる筈の山頂は徐々に遠く感じられ、何度も引き返そうか、と思いながらもなんとか金山尾根分岐。
 このまま金山尾根で下ろうと思っていたら金山尾根から登って来られた二人組のトレースがあり、これなら山頂へ行ける!とトレースを追っていくと二人組が降りて来られ、山頂まで行けなかったとのこと。トレースが途切れる所まで行って再び膝上ラッセル開始。でももうラッセルできる足が残っていなかった。計画時間も既に1時間半オーバーしているし何より心が折れた。

 下りで使った金山尾根の雪が遠足尾根より少なくて、こっちから登ってれば登頂できたかな?なんて先に立たない後悔しながら下山。今年1発目ってこともあり何とか登頂したかったけど、快晴の新雪ラッセルを腹一杯味わえたから良しとしよう。
訪問者数:454人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/8/22
投稿数: 2292
2016/1/26 22:48
 遠足尾根
いや〜やっぱり長く尾根歩きが楽しめる遠足尾根でしょう。
竜(の背を行く)が如く・・・
しかし・・・しんどそう

三重北は北風の時、良く雪に振られますよね
つまり、南北線に垂直に近い角度で交差している遠足尾根は・・・
登録日: 2012/5/22
投稿数: 675
2016/1/26 23:16
 Re: 遠足尾根
久し振りのクロスカウンター

fuararunpuさん、こんばんは

無雪期や雪が締まっていれば気持ち良く楽しめそうな尾根ですね〜 fua隊なら走れちゃうんじゃないでしょうか  しかし・・・しんどかった

なるほど それで延々吹き溜まりのような積雪だったんですね
登録日: 2014/4/10
投稿数: 613
2016/1/27 6:25
 お疲れ様でした
lowriderさん おはようございます

降りたてのあとのラッセルは自分で道をつけることが出来て楽しいけど体力は
かなり消耗しますよね・・

山頂付近は木もまばらで風も相当強そうですね。1000Mと思えない素晴らしい
景色ですね

イノシシは出会ったら突っ込んできそうなのでビビります。僕はタヌキを見ました。
登録日: 2012/3/26
投稿数: 145
2016/1/27 14:53
 お疲れ様でした。
lowriderさん、こんにちは。
長時間のラッセルお疲れ様でした。
降雪後のノートレースは気持ちいいですね。
でも単独の場合長時間になると交代もいないのでほんと疲れますよね。
私も6年前の2010年2月まではワカンを使用してました。
荒島岳に上りシャクナゲ平直近ではマタ下くらいまで沈みました。
ちょうど名古屋方面から男女のペアが上りに来られていてスノーシュを履いていました。
前を歩く女性は体重の違いもあると思いますが、あまりに私との沈む加減が違うのでスノーシュの威力にビックリしました。
その以後ワカンは使用しておりません。●SRレボを使っています。
(友人で使用している方がいれば試しに借りてみてください。)ではまた。
登録日: 2012/5/22
投稿数: 675
2016/1/27 22:00
 Re: お疲れ様でした
koueiさん、こんばんは

ノートレースの不安と恍惚
程良い積雪量だとラッセルも楽しいのですが、今回は多すぎました
でも冬山らしい景色が堪能出来て良かったです

イノシシは牙もあるし怖いですよね 
タヌキは夜行性のようで野生のは見たこと無いなぁ ちょっと羨ましい
登録日: 2012/5/22
投稿数: 675
2016/1/27 23:09
 Re: お疲れ様でした。
konpasuさん、こんばんは

新雪のノートレースは格別ですね! 道を切り開いていく感覚は何物にも代えがたい気がします
が、今回のような日はパーティが羨ましくなりますね 誰か登って来ないかと何度も振り返ってしまいました

スノーシュなら山頂まで行けましたかね
今回のようなワカンじゃ歯が立たないような山行が年何回あるか?と考えると、ついスノーシュ買っても元取れるかな、なんてセコイ事思ってしまいます
konpasuさんが、併用ではなくスノーシュのみってことは、使用範囲が広いって事ですね
今年は暖冬であまり気合が入っていないので、来年あたり真剣に検討してみます
登録日: 2012/4/16
投稿数: 1569
2016/1/28 12:42
 別世界
lowriderさん、こんにちは。

竜ヶ岳が初とは意外でした。
そう言う自分も冬しか行ったことなかったりするんですが
積雪期は天気とタイミングで登頂の可否が大きく左右されますね。
膝上ラッセル。タイムを見ても行動可能時間ぎりぎり。休憩も1時間未満。
これはとんでもなく疲れたことでしょう
無雪期の竜〜三池周回なんぞ屁でもないと思われます。

過酷な状況下であと一歩届かなかったのは残念でしたが、
達成時の嬉しさは倍以上に膨れ上がることでしょうね
登録日: 2012/5/22
投稿数: 675
2016/1/28 21:11
 Re: 別世界
hiroCさん、こんばんは

初竜はシロヤシオの当たり年に!なんて考えてたんですが、肝心の当たり年に見逃したりしてるうちにズルズルと登らずに来てしまいました 

まともな昼飯も摂らず、最後に金山尾根出口辺りの東屋で一服した時にはストックを忘れて20分の道のりを取りに戻ったりして、下山後はお察しの通りもうグッタリでした
登頂出来ていれば心地いい疲れだったのでしょうけど

雪山は日々変化して同じ条件の日は無いと思ってます だから登頂できないような時もあるんですが、そんなちょっとしたギャンブル性も含めて楽しいんでしょうね

人気あるのが納得の良い山でしたので、三池、または静ちゃん絡めたりしてまた行きたいと思います

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

赤テープ 林道 イノシシ 撤退 下界
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ