ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 804664 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

丹生山系縦走

日程 2016年01月31日(日) [日帰り]
メンバー ohdebara
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
神戸電鉄藍那駅からスタートして、五社駅まで
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間45分
休憩
45分
合計
8時間30分
S藍那駅07:1007:15藍那小学校08:10丹生神社前バス停09:05丹生山09:1509:40帝釈山10:50稚児ケ墓山11:20肘曲り11:45花折山12:1013:35ナダレ尾山15:00四ツ辻小橋15:1015:40五社駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
帝釈山下りからロープ設置があり、問題なく歩けました
その他周辺情報深谷にローソンが出来ていてビックリ
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 防寒着 雨具 ザック 昼ご飯 非常食 飲料 レジャーシート コンパス 計画書 ヘッドランプ 筆記用具 保険証 携帯 時計 タオル

写真

藍那小学校
2016年01月31日 07:17撮影 by SOV31, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藍那小学校
1
バイクはお構い無しに進入
2016年01月31日 07:26撮影 by SOV31, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バイクはお構い無しに進入
1
藍那古道
2016年01月31日 07:42撮影 by SOV31, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藍那古道
1
今日縦走する山並み
2016年01月31日 08:05撮影 by SOV31, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日縦走する山並み
2
箱木千年家からの登り路と合流
2016年01月31日 08:55撮影 by SOV31, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
箱木千年家からの登り路と合流
1
丹生山からの眺め、気温が上がり霞
2016年01月31日 09:02撮影 by SOV31, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹生山からの眺め、気温が上がり霞
3
岩谷峠
2016年01月31日 10:14撮影 by SOV31, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩谷峠
1
縦走路の標識、要所にあり迷うことはありません
2016年01月31日 10:26撮影 by SOV31, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
縦走路の標識、要所にあり迷うことはありません
1
本日の行程最高峰?596m
2016年01月31日 10:51撮影 by SOV31, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日の行程最高峰?596m
1
花折山で昼ご飯休憩 ここでヤマレコの調子が悪くなる
2016年01月31日 11:42撮影 by SOV31, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花折山で昼ご飯休憩 ここでヤマレコの調子が悪くなる
1

感想/記録

ヤマレコログ記録にまた失敗。手書きの記録が残るところのみ掲載しました。丹生山系は裏六甲にある山群で、幼いころ母親に連れてもらい歩いた記憶があり、一度は再訪してみたいと思っていた。神戸電鉄藍那駅から五社駅までを歩く、26キロ強の道のりです。
藍那古道を抜けると丹生山(515m)の登るにとりつく。途中にある20ほどの丁石は、清盛が建てたといわれる。祭神の丹生都比売命は、水銀鉱業を生業とする丹生氏一族の氏神。水銀は辰砂から取られ、丹土(にど)という赤色の魔除けを古くは、いろいろな物に塗ったそうです。どうも、丹生山田というこの地は、水銀の産地であった可能性があります。今は鄙びた田園風景ですが、往時は多くの技術者集団が暮らしていた歴史のある土地だと分かりました。
縦走路は整備されています。後半、モトクロスのタイヤ跡が若干歩きにくいか?と思いますが、気になる程ではありません。最後に”ナダレ尾山”がコース外だったのですが寄り道。これがイケませんでした。谷に降りる取り付きを間違え、藪こぎをすることに、引き返せばよかったのです。谷筋をルートファンディングしてクリア。踏み跡がはっきりしない道は、注意しないといけません。
訪問者数:302人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

クリ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ