ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 807428 全員に公開 雪山ハイキング磐梯・吾妻・安達太良

ガスの安達太良山。

日程 2016年02月06日(土) [日帰り]
メンバー kunshanjun
天候雪、ガス
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち63%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間1分
休憩
53分
合計
6時間54分
S奥岳登山口08:4510:13勢至平分岐10:1510:32金明水10:3410:37塩沢分岐10:4010:51くろがね小屋10:5711:33峰の辻11:3712:12安達太良山12:53峰の辻12:5413:28くろがね小屋14:0214:12塩沢分岐14:1314:38勢至平分岐15:39奥岳登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
しっかり雪が積もっています。くろがね小屋を過ぎたあたりから雪と風でトレースがなくなrます。
峰の辻から山頂まではガスで視界は30mほど。ポールを頼りに歩きますがすぐ人が見えなくなるくらいでした。
その他周辺情報岳温泉、宝龍荘に泊まりました。2食付きで一人でしたが結構食事もボリュウム満点。温泉は白い濁り湯で気持ちよかったです。
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 スノーシューで最初から最後まで行きました。

写真

安達太良山奥岳登山口。ここから登山開始です。
2016年02月06日 08:25撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
安達太良山奥岳登山口。ここから登山開始です。
スキー場だけあって立派なトイレがありました。ウォッシュレットまでついています。
2016年02月06日 08:45撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スキー場だけあって立派なトイレがありました。ウォッシュレットまでついています。
コースが3つあるようでしっかりついていたくろがね小屋のルートをせんたくしました。
2016年02月06日 08:48撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コースが3つあるようでしっかりついていたくろがね小屋のルートをせんたくしました。
最初は青空も見え天気の予感がしたのですが。結果的にだんだん悪化していきました。
2016年02月06日 08:54撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初は青空も見え天気の予感がしたのですが。結果的にだんだん悪化していきました。
2
傾斜は少ないのでスノーシューが最も歩きやすいと思います。
2016年02月06日 09:11撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
傾斜は少ないのでスノーシューが最も歩きやすいと思います。
旧道を通ります。
2016年02月06日 09:14撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旧道を通ります。
1
山のほうはガスっています。
2016年02月06日 10:02撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山のほうはガスっています。
鉄山の壁も靄っています。
2016年02月06日 10:22撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄山の壁も靄っています。
くろがね小屋が近づいてきました。
2016年02月06日 10:36撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
くろがね小屋が近づいてきました。
1
景色が見えづらくなってきました。
2016年02月06日 11:21撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
景色が見えづらくなってきました。
峰の辻、ここから山頂が見えるのですが。
ここで山小屋の番人のような方が引き返していきましたが1週間ほど前に山頂手前で雪崩があったようです。
また、ここからガスが濃くなって昨年、ご夫婦が2人遭難したといっていました。助かったと言われていましたがビバークしたそうです。
2016年02月06日 11:32撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
峰の辻、ここから山頂が見えるのですが。
ここで山小屋の番人のような方が引き返していきましたが1週間ほど前に山頂手前で雪崩があったようです。
また、ここからガスが濃くなって昨年、ご夫婦が2人遭難したといっていました。助かったと言われていましたがビバークしたそうです。
2
景色はほとんど見えません。
2016年02月06日 12:14撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
景色はほとんど見えません。
山頂(乳首)に登られています。とれも寒くて登る気にはなれません。
2016年02月06日 12:15撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂(乳首)に登られています。とれも寒くて登る気にはなれません。
下山ですがあっさり抜かれてしまいました。
スノーシューは横滑りが大きく傾斜のある場所は歩きにくいです。
歯科医は30m程度か?
2016年02月06日 12:43撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山ですがあっさり抜かれてしまいました。
スノーシューは横滑りが大きく傾斜のある場所は歩きにくいです。
歯科医は30m程度か?
1
峰の辻に戻ってきました。
2016年02月06日 12:51撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
峰の辻に戻ってきました。
くろがね小屋に戻ってきました。
無理言って日本茶を入れていただきました。
2016年02月06日 14:00撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
くろがね小屋に戻ってきました。
無理言って日本茶を入れていただきました。
1
ここからあとは一人旅でした。
2016年02月06日 14:19撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからあとは一人旅でした。
最近You Tubeでクマに襲われたドキュメントを見たりして(三毛別熊事件)。
2016年02月06日 14:36撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最近You Tubeでクマに襲われたドキュメントを見たりして(三毛別熊事件)。
降りてきました。
2016年02月06日 15:36撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
降りてきました。
次の日、安達太良山パーキングエリアからとった写真。
一番左が安達太良山。
2016年02月07日 08:26撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次の日、安達太良山パーキングエリアからとった写真。
一番左が安達太良山。
4

感想/記録



自宅(埼玉)を4:30に出発。安達太良山高原スキー場に8:30到着。
登山客は極めて少ないです。ルートは色々あるのですが視界が不十分な状況では一番安心なくろがね小屋ルートを選択するしかなかったです。
スノーシューは歩きやすいのですがグリップ性能がもう一つ。
斜面と急な登り、下りは歩きづらかったです。
訪問者数:274人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

遭難
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ