ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 807990 全員に公開 ハイキング中国山地西部

忠四郎山、大鉢山、笛吹山、米小屋山、小方行者山 ―

日程 2016年02月06日(土) [日帰り]
メンバー suganomatsu
天候晴れ(一時小雪)
アクセス
利用交通機関
電車バス
大竹か玖波駅からこいこいバスで御園橋下車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間47分
休憩
45分
合計
7時間32分
S御園橋バス停09:2812:11忠四郎山12:1512:40大鉢山(西峰)12:4713:00大鉢山(東峰)13:2213:38笛吹山13:4114:43米小屋山14:5217:00小方行者山登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
09:31 移動の開始
17:00 移動の終了
コース状況/
危険箇所等
ヤマレコの記録もあまり多くなく、地理院の地形図にないルート、かつ、結構複雑な地形だったので、迷わないように結構気合い入れて準備したのですが、実際行ってみると、大竹山の会を始めとした地元の山岳会の方々が、相当整備してくれたようで案内が非常に充実していて、道もよく整備されていて、歩き易かったです。三石の林道から標高500m辺りまでのところは、結構急斜面の、ザレた岩肌を登っていくことになりますので、気をつけましょう。
その他周辺情報私の歩いたコース上には、トイレはありませんでした。
登山口の近くにはゆめタウンがあるので、食材の調達は出来ると思います(早朝は空いていませんが・・・)。
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ヘッドランプ(1) 予備電池(2) 1/25 000地形図(1) コンパス(1) 笛(1) 筆記具(1) 保険証(1) 飲料(1) ティッシュ(1) バンドエイド(1) タオル(3) 携帯電話(1) 雨具(1) 防寒着(1) 水筒(1) 時計(1) 非常食(1) ファーストエイドキット(1) 医薬品(1) カメラ(1)

写真

今回登る山です。中央の岩肌が見えるとんがった山が、おそらく大鉢山ではないかと思います。
2016年02月06日 09:37撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回登る山です。中央の岩肌が見えるとんがった山が、おそらく大鉢山ではないかと思います。
2
近づいてきました。
2016年02月06日 09:59撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
近づいてきました。
1
結構奥まで舗装道が続いています。
2016年02月06日 10:01撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構奥まで舗装道が続いています。
1
舗装道が終わるとそろそろ登山口です。要所要所にこのような案内板があります。ビニールテープで線や矢印を作り、全体も透明のビニールテープで覆って補強してあり、こった作りです。
2016年02月06日 10:19撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
舗装道が終わるとそろそろ登山口です。要所要所にこのような案内板があります。ビニールテープで線や矢印を作り、全体も透明のビニールテープで覆って補強してあり、こった作りです。
2
この分岐は入りません。
2016年02月06日 10:29撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この分岐は入りません。
林道の峠にさしかかりました。ここを右に登っていきます。
2016年02月06日 10:36撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道の峠にさしかかりました。ここを右に登っていきます。
行く手にそびえる山頂
2016年02月06日 10:42撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行く手にそびえる山頂
1
こんな感じの岩肌の上を登っていきます。
2016年02月06日 10:46撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな感じの岩肌の上を登っていきます。
3
後ろを振り返ると、すでに絶景です。
2016年02月06日 10:49撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後ろを振り返ると、すでに絶景です。
1
もう少し登ると、宮島の全景も見えてきます。さらに奥に見えるのは江田島の野登呂山だと思います。
2016年02月06日 10:57撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう少し登ると、宮島の全景も見えてきます。さらに奥に見えるのは江田島の野登呂山だと思います。
1
急登を登り切って、トラバース道に入ります。
2016年02月06日 11:21撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登を登り切って、トラバース道に入ります。
おそらく、空気が良ければ四国まで見えるのではと思うのですが、雪がちらついていて、空気の状態は余り良くありませんでした。
2016年02月06日 11:24撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おそらく、空気が良ければ四国まで見えるのではと思うのですが、雪がちらついていて、空気の状態は余り良くありませんでした。
1
岩肌を抜けると急に緑が増えます。標高が高い方が緑が多い、と言うのもちょっと不思議です。
2016年02月06日 11:34撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩肌を抜けると急に緑が増えます。標高が高い方が緑が多い、と言うのもちょっと不思議です。
渡渉した後はもうひと登りします。
2016年02月06日 11:35撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渡渉した後はもうひと登りします。
山頂付近も結構分岐が多いですが、案内板通りに進んでいきます。
2016年02月06日 11:47撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂付近も結構分岐が多いですが、案内板通りに進んでいきます。
1
山頂手前の岩場から。山頂は景観がありませんので、ここで景観を楽しみます。
2016年02月06日 12:02撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂手前の岩場から。山頂は景観がありませんので、ここで景観を楽しみます。
1
山頂。
2016年02月06日 12:13撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂。
2
一旦渡渉した地点まで戻って、反対側に登っていきます。この写真は登り切ったところ。
2016年02月06日 12:43撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一旦渡渉した地点まで戻って、反対側に登っていきます。この写真は登り切ったところ。
大鉢西峰。
2016年02月06日 12:45撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大鉢西峰。
大鉢山への分岐。
2016年02月06日 12:57撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大鉢山への分岐。
大鉢山からの眺め。ここが一番景観が良いと思います。昼はここで食べました。
2016年02月06日 13:01撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大鉢山からの眺め。ここが一番景観が良いと思います。昼はここで食べました。
4
大竹の工業地帯から、岩国空港の方まで見えます。写真では判然としませんが、奥にうっすらと周防大島が見えています。
2016年02月06日 13:02撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大竹の工業地帯から、岩国空港の方まで見えます。写真では判然としませんが、奥にうっすらと周防大島が見えています。
2
山頂の案内板。
2016年02月06日 13:20撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の案内板。
1
笛吹山。道の途中、といった感じです。
2016年02月06日 13:38撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笛吹山。道の途中、といった感じです。
途中、所々に景観地があります。三倉岳の特徴的な三本槍が見えます。そのさらに奥はおそらく寂地山か冠山だと思います。少し左には、羅漢山が見えています。
2016年02月06日 13:51撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中、所々に景観地があります。三倉岳の特徴的な三本槍が見えます。そのさらに奥はおそらく寂地山か冠山だと思います。少し左には、羅漢山が見えています。
1
茅の原出合から米小屋山方面に登るところ。この石垣を越えて登っていきます。
2016年02月06日 14:00撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茅の原出合から米小屋山方面に登るところ。この石垣を越えて登っていきます。
大鉢山、笛吹山方面がよく見えます。
2016年02月06日 14:26撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大鉢山、笛吹山方面がよく見えます。
1
山頂。
2016年02月06日 14:44撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂。
2
小方行者山方面。
2016年02月06日 15:07撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小方行者山方面。
1
ちょっと庭園風の岩場。
2016年02月06日 15:12撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと庭園風の岩場。
2
過ぎてから振り返ると、展望岩、とあります。
2016年02月06日 15:14撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
過ぎてから振り返ると、展望岩、とあります。
1
2本の鉄塔を超えていきます。
2016年02月06日 15:29撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2本の鉄塔を超えていきます。
鉄塔手前の鞍部。
2016年02月06日 15:33撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄塔手前の鞍部。
小方行者山。三角点があります。
2016年02月06日 15:53撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小方行者山。三角点があります。
1
少し降りると社があります。
2016年02月06日 16:01撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し降りると社があります。
1
丁塚もあります。
2016年02月06日 16:03撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丁塚もあります。
1
道の脇には、お地蔵さん?観音像?が所々にあります。
2016年02月06日 16:45撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道の脇には、お地蔵さん?観音像?が所々にあります。
1
降りてきました。
2016年02月06日 16:58撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
降りてきました。
1

感想/記録

今回は「大竹山の会」さんが発行しているハイキングルートマップを参考に歩いてみました。このルートマップ、河平連山、傘山・行者山、笛吹山・大鉢山の3コースが紹介されていて、それぞれのコースは、「大竹山の会」さんが、案内板の設置などの整備をしてくれています。今回のコースも、おそらく数年前に、長らく放置されヤブに埋もれたコースを切り開いてくれたのだと思います。コース全体を通じて、生い茂った羊歯や木の枝を刈ったり、かなり手が入っていました。三ツ石の林道から大鉢山・忠四郎山方面に登っていく急登のところや、大鉢山山頂など、要所に景観ポイントがあり、岩肌を登ったかと思うと、急に林の中に入って渡渉したりと、変化に富んだコースでした。
訪問者数:227人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/10/25
投稿数: 19
2016/2/7 14:32
 とても参考になりました
初めまして、大鉢山の眺めに魅せられてたまに登っています。
つい先月も登ったのですが、寒波の後だったので途中の滝がカチコチに凍ってえらいことになってました(笑)

ログを拝見するとsuganomatsuさんかなりの距離を歩かれてますね!
忠四郎山と大鉢山以外はまだ歩いたことがないのでとても参考になりました

ひとつお伺いしたのが「大竹山の会」さん発行のハイキングルートマップはどこで手に入れられたのでしょうか?もし分かれば手に入れてみたいと思っています。
登録日: 2013/12/19
投稿数: 2
2016/2/8 1:20
 Re: とても参考になりました
山行記録読んで頂き有り難うございます。
私は大鉢山初めてだったのですが、とても眺めがいいですね。
近くの経小屋山とも又違った眺めで、楽しめました。
滝が凍ったときとは、この前の全国的に寒かったときでしょうか。私の勤務先の水道管も凍ってしまい、大変でした。でも、凍った滝もちょっと見てみたかったです。
さて、ハイキングマップですが、私は三倉岳の休憩所(ログハウス)でもらいました。
すみません、他においてあるところは知らないのですが、市の広報などにも紹介されていたようなので、大竹市の関連施設にもあるかも知れません。
登録日: 2013/10/25
投稿数: 19
2016/2/8 11:32
 Re[2]: とても参考になりました
返信ありがとうございます
そうです!滝が凍った時は、あの大寒波のあとです。
山登りたくてウズウズしており、ようやく寒波が緩んだ日に雪が少ないであろうと思い沿岸の山にしたのですけど...予想外でした。
ハイキングマップ情報ありがとうございます!休みの日にでも三倉のログハウスに立寄ってみます。
また山行記録、参考にさせていただきます。
登録日: 2013/12/19
投稿数: 2
2016/2/9 1:29
 Re[3]: とても参考になりました
滝が凍った山行記録、拝見しました。時期は2週間も違わないのに、別世界のようですね。
また次の山行記録、楽しみにしております。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ