ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 809282 全員に公開 山滑走八ヶ岳・蓼科

八ケ岳・横岳BC(北ではなく南八ツの横岳。杣添尾根より)

日程 2016年02月07日(日) [日帰り]
メンバー Bettie
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
海の口登山口駐車場より
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

森林限界に出てから一度シール登高に切り替えましたが、シールトラブルで結局また背負うことに。だいぶ時間ロスしました。
コース状況/
危険箇所等
トレースもしっかり。危険個所はありません。
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

駐車場より。木々の間から赤岳のモルゲン。
2016年02月07日 06:48撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場より。木々の間から赤岳のモルゲン。
1
万歩計の中間点。
2016年02月07日 08:40撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
万歩計の中間点。
森林限界を超えました。一気に視界が開けます。目指す横岳方面。
2016年02月07日 09:43撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森林限界を超えました。一気に視界が開けます。目指す横岳方面。
2
これから登る斜面。トレースもしっかり。
2016年02月07日 09:43撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから登る斜面。トレースもしっかり。
2
左手には赤岳。壮観ですね!
2016年02月07日 09:43撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左手には赤岳。壮観ですね!
6
富士山も。振り返って撮ったから水平が取れていませんね(笑)
2016年02月07日 09:43撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山も。振り返って撮ったから水平が取れていませんね(笑)
4
三叉峰に着きました。
2016年02月07日 10:53撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三叉峰に着きました。
2
あと少しです。
2016年02月07日 10:53撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あと少しです。
3
山頂到着。富士山と標識。
2016年02月07日 11:10撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂到着。富士山と標識。
3
赤岳をバックに。山頂でご一緒した方に撮っていただきました。
2016年02月07日 11:16撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳をバックに。山頂でご一緒した方に撮っていただきました。
4
山頂と三叉峰の間からドロップします。北沢は雪が埋まっていなそうなので、来た道へ戻るようにトラバース気味に滑ります。
2016年02月07日 11:28撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂と三叉峰の間からドロップします。北沢は雪が埋まっていなそうなので、来た道へ戻るようにトラバース気味に滑ります。
3
山頂方面から。
2016年02月07日 11:32撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂方面から。
3
この辺りはフワフワサラサラ。数ターンでしたが・・・
2016年02月07日 11:32撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りはフワフワサラサラ。数ターンでしたが・・・
6
木々の間を縫うようにできる限り滑ります。
2016年02月07日 11:43撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木々の間を縫うようにできる限り滑ります。
2
登山道へ戻ります。リッジもきれいですね。
2016年02月07日 11:43撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道へ戻ります。リッジもきれいですね。
2
下の東屋付近から。戻ってきました。
2016年02月07日 12:47撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下の東屋付近から。戻ってきました。
3
帰りの車より。こっち(山梨側)から見る八ケ岳もいいですね。
2016年02月07日 13:24撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りの車より。こっち(山梨側)から見る八ケ岳もいいですね。
1

感想/記録
by Bettie

今シーズン初のバックカントリー(山スキー)。雪が少なくてどこに行こうか悩みましたが、先週のヤマレコ投稿で横岳の斜面がきれいに写ってたので出かけてみました。

八ケ岳は一昨年に天狗岳を滑っていますが、長い樹林帯を歩いて森林限界より上を少し滑るというマニアックな感じは一緒でした。今回も山スキーヤーは私一人でした。会う人会う人に、「どこ滑るの?」と。そりゃそうですよね(笑)

登りは杣添尾根の登山道を忠実にたどります。南アルプスもそうでしたが、スキー板を背負って樹林帯を歩くのは結構大変なんですよね。枝に引っかかったり、木に当たらないようにかがんだりして3時間弱歩いていると、やっと森林限界に出ました。目の前には赤岳、横岳が迫力です。振り返ると富士山、雪で白くなった金峰山もきれいです。心配していた風もほとんどないです。

この地点から気になる滑走ルートをチェックしてみると、選択肢は2つのようです。一つは北沢へ真っすぐ降りるルート。ほどほどスティープで雪の状態も良さそうですが、沢は少雪で埋まっていなそうなので藪漕ぎ必至の登り返しが必要になりそうです。もう一つは登山道に滑り込むトラバース気味のルート。登り返し不要で安全ですが滑走距離は半分以下になってしまいます。

樹林帯を抜けたので「とりあえず考えながら歩くか・・・」とシール登高に切り替えると、早々にシールトラブル。滑走面に全く張り付いてくれません。手間を惜しんでスタート時からシールを張っていたことと、日ごろの手入れの怠りからか粘着力の低下があったようです。結局板をまた背負って歩くことになり、これで滑走ルートも安全策に決定となりました。

こんなトラブルもあって山頂到着に4時間半近くかかってしまいましたが、無事登頂。長野県側もよく晴れて南・中央・北アルプスも良好な眺めでした。赤岳と阿弥陀岳の下には行者小屋のテント村がカラフルでした。硫黄岳にはまん丸の山頂付近に縦走している登山者がちらほらと見えました。

さて滑走です。横岳の山頂と三叉峰の間からドロップします。安全ルートを採ったので滑走距離も標高差も少なかったですが、八ケ岳らしく晴れてはいても低温のために雪はサラサラで、吹き溜まった場所はなかなかのパウダーを楽しめました。登山道復帰後はまた板を背負って延々歩き、無事下山しました。

昨年GWの仙丈ケ岳以来の山スキーでしたが、延々と板を背負うルートが続いたので、次はバックカントリースキーらしく最初からシールで登るところに行こうかな?
訪問者数:377人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ