ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 810069 全員に公開 ハイキング日光・那須・筑波

筑波山V字谷ルートから周回

日程 2016年02月09日(火) [日帰り]
メンバー Nariaki
天候晴れ少し霞み
アクセス
利用交通機関
車・バイク
梅園の隣、林道の路肩(2台の駐車スペース)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間20分
休憩
50分
合計
6時間10分
Sスタート地点10:0710:14V字谷登山口12:19自然研究路の合流点12:20富士見岩展望台12:5713:09筑波男体山13:1013:23立身石13:2613:47筑波山13:5214:26護摩壇ルート降り口14:48弁慶茶屋跡への近道口14:53弁慶茶屋跡14:5715:34迎場分岐15:50筑波山神社16:17ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
地図上のスタート地点とゴール地点の配置が間違っています。梅園の西側が正しいスタート・ゴール地点です。
標高グラフの配置も違います。但し、トラックそのものは合っています。トラックポイントを5秒毎に記録設定しているので精度十分です。
コース状況/
危険箇所等
標高800mを越えると雪が残っている部分があり、ぬかるんでいたり、或いは凍っていたりで足場が悪い。裏筑波はまだ靴が埋まる所もあります。簡易アイゼンが重宝でした。

装備

個人装備 地形図 マグネットコンパス GARMIN etrex-20 デジカメ     スパッツ 簡易アイゼン

写真

ここからスタートします。
工事中の表示あるも通行可。
2016年02月09日 10:08撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからスタートします。
工事中の表示あるも通行可。
1
ここがV字谷コースの出発点です。このコースのヤマレコ情報を多数十分に調べ、装備品(地形図、マグネットコンパス、ハンディGPS、簡易アイゼンetc.等)を携行、体調良好なるを確認して、網の脇を通過する。
2016年02月09日 10:13撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここがV字谷コースの出発点です。このコースのヤマレコ情報を多数十分に調べ、装備品(地形図、マグネットコンパス、ハンディGPS、簡易アイゼンetc.等)を携行、体調良好なるを確認して、網の脇を通過する。
最初の分岐点。左は猿田彦神社コースなのでここは直進。
2016年02月09日 10:18撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初の分岐点。左は猿田彦神社コースなのでここは直進。
2分後また分岐点。ここは左へ行く。分かっていたのに直進してしまい、5分ほどのタイムロス。直進は東尾根コースでしょう。
2016年02月09日 10:20撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2分後また分岐点。ここは左へ行く。分かっていたのに直進してしまい、5分ほどのタイムロス。直進は東尾根コースでしょう。
最初の頃は石ころが多い。
2016年02月09日 10:29撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初の頃は石ころが多い。
中途から中々の山道となる。
2016年02月09日 10:36撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中途から中々の山道となる。
倒木を迂回してから、岩と石ころだらけになる。
この先でV字谷コースの本筋を外してしまったようです。
2016年02月09日 10:41撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
倒木を迂回してから、岩と石ころだらけになる。
この先でV字谷コースの本筋を外してしまったようです。
ゴルジュとルンゼのすぐ上辺りと思いますが、真ん中上部の細木に赤いリボンが見えます。
2016年02月09日 11:08撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴルジュとルンゼのすぐ上辺りと思いますが、真ん中上部の細木に赤いリボンが見えます。
視界の開けたところに出ましたが、ここから林道コースの自然研究路への合流点まで、藪漕ぎ状態が続きます。
2016年02月09日 11:12撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
視界の開けたところに出ましたが、ここから林道コースの自然研究路への合流点まで、藪漕ぎ状態が続きます。
山道らしいところもあるのですが。
2016年02月09日 11:37撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山道らしいところもあるのですが。
落ち葉と残雪、その上傾斜もきついので簡易アイゼンを装着。
2016年02月09日 11:52撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ち葉と残雪、その上傾斜もきついので簡易アイゼンを装着。
何とか自然研究路にたどり着き、富士見岩展望台で昼食休憩。  南遠方が霞んでいます。
2016年02月09日 12:50撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何とか自然研究路にたどり着き、富士見岩展望台で昼食休憩。  南遠方が霞んでいます。
1
男体山神社。社務所は閉まっています。
2016年02月09日 13:09撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
男体山神社。社務所は閉まっています。
1
立身石。
2016年02月09日 13:24撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立身石。
1
トイレ横の薬王院コース。
2016年02月09日 13:32撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トイレ横の薬王院コース。
1
女体山への登山道の状態。
2016年02月09日 13:38撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
女体山への登山道の状態。
1
山頂から男体山を望む。
2016年02月09日 13:50撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から男体山を望む。
2
北斗岩の少し下。護摩壇へ降りる所かどうか確認する為に探索する。この反対側には弁慶茶屋跡への近道ルートの入口がある。
2016年02月09日 14:26撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北斗岩の少し下。護摩壇へ降りる所かどうか確認する為に探索する。この反対側には弁慶茶屋跡への近道ルートの入口がある。
護摩壇へのルートを確信、靴が埋まるほど雪が深い所があるので、今回はここまで。
2016年02月09日 14:41撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
護摩壇へのルートを確信、靴が埋まるほど雪が深い所があるので、今回はここまで。
近道を通って、弁慶茶屋跡に到着。ヤマレコ情報に感謝。
2016年02月09日 14:52撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
近道を通って、弁慶茶屋跡に到着。ヤマレコ情報に感謝。
白蛇弁天。
2016年02月09日 15:29撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白蛇弁天。
白雲橋コースと迎場コースの合流点。
2016年02月09日 15:34撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白雲橋コースと迎場コースの合流点。
無事の下山に感謝して参拝。
2016年02月09日 15:50撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事の下山に感謝して参拝。
第3駐車場から先ほど通過した名峰筑波山を仰ぎ見る。
2016年02月09日 16:04撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第3駐車場から先ほど通過した名峰筑波山を仰ぎ見る。
撮影機材:

感想/記録

事前準備を十分にして行きましたが、目的のゴルジュとルンゼを見ることができず残念です。ただ前回失敗した護摩壇コースの攻略が見えてきたのが今回の収穫です。
なお、余計なこととは重々承知していますが、この山域で目に付くのが立ち入り禁止などの表示です。筑波山神社が山そのものを御神体としているせいか、または自然環境保護問題のせいでしょうか。万が一の事故等を心配するのは分かりますが、もっと自己責任と自由意志に任せても良いのではないかと思っています。
訪問者数:539人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ