ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 810290 全員に公開 雪山ハイキング大山・蒜山

伯耆大山、弥山

日程 2016年02月10日(水) [日帰り]
メンバー muehara, その他メンバー3人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
米子自動車道、溝口ICから。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち60%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
だいぶ雪がついてきたので崖に寄りすぎないよう。
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ビーニー サングラス ネックウオーマー 長袖アンダー Tシャツ フリース ソフトシェル ハードシェル タイツ厚 トレッキングパンツ中厚 アルパインパンツ ソックス厚 ゲイター 冬靴 アイゼン12本 ワカン ストック ピッケル ザック45l 水筒(白湯) パン 非常食 水500mlペット ツェルト シュラフカバー ゴーグル バラクラバ チェーンスパイク アウターダウン 救急用品 携帯 デジカメ

写真

桝水高原手前。雪が降っていて大山がぼんやり。
2016年02月10日 07:55撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桝水高原手前。雪が降っていて大山がぼんやり。
南光河原駐車場、500円。駐車率8〜9割くらいでしょうか。
2016年02月10日 08:24撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南光河原駐車場、500円。駐車率8〜9割くらいでしょうか。
1
夏山登山道。ツボ足で。
2016年02月10日 08:30撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏山登山道。ツボ足で。
1
例年に比べると積雪少なめのようですが、足元が雪に覆われてしまえば、違いはそんなに気にならないでしょう。
2016年02月10日 08:41撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
例年に比べると積雪少なめのようですが、足元が雪に覆われてしまえば、違いはそんなに気にならないでしょう。
高度を稼いでいきます。天候はいまいちですが、無風で寒くはありません。
2016年02月10日 08:48撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高度を稼いでいきます。天候はいまいちですが、無風で寒くはありません。
4、5合目くらいからは坂がきつくなります。ツボ足では少し滑る場面もありました。
2016年02月10日 09:30撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4、5合目くらいからは坂がきつくなります。ツボ足では少し滑る場面もありました。
霧氷。
2016年02月10日 09:48撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧氷。
2
5合目で2チームに分かれます。雪遊びチームは下山方向。
2016年02月10日 09:53撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5合目で2チームに分かれます。雪遊びチームは下山方向。
青空がのぞきました。
2016年02月10日 10:09撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空がのぞきました。
1
ピークを目指します。天候は回復傾向。
2016年02月10日 10:23撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピークを目指します。天候は回復傾向。
4
6合目避難小屋。頂上付近のガスが切れます
2016年02月10日 10:33撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6合目避難小屋。頂上付近のガスが切れます
4
三鈷峰、ユートピア方面
2016年02月10日 10:41撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三鈷峰、ユートピア方面
3
自然の造形美に見とれてしまいます。
2016年02月10日 11:09撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自然の造形美に見とれてしまいます。
3
弓ヶ浜。
2016年02月10日 11:09撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弓ヶ浜。
1
別山。
2016年02月10日 11:20撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
別山。
2
頂上避難小屋。通常の出入口が使えます。
2016年02月10日 11:45撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上避難小屋。通常の出入口が使えます。
1
弥山山頂碑。周囲は真っ白になってしまいました。
2016年02月10日 11:48撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弥山山頂碑。周囲は真っ白になってしまいました。
3
ガスの晴れ間を待って、烏ヶ山。
2016年02月10日 12:18撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスの晴れ間を待って、烏ヶ山。
3
三角点、剣ヶ峰。
2016年02月10日 12:21撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点、剣ヶ峰。
4
待っていれば晴れ間もあります。ほとんどが風がなく、暖かいので頂上でずっと待つのも平気です。
2016年02月10日 13:27撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
待っていれば晴れ間もあります。ほとんどが風がなく、暖かいので頂上でずっと待つのも平気です。
1
剣ヶ峰。
2016年02月10日 13:31撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰。
3
板が集まりました。この山を滑って下りるとは、並大抵のことではないでしょう…
私たちは普通に歩いて下山します。
2016年02月10日 13:37撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
板が集まりました。この山を滑って下りるとは、並大抵のことではないでしょう…
私たちは普通に歩いて下山します。
1
窓除雪の成果。
2016年02月10日 13:41撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
窓除雪の成果。
同行のKさんは顔が広すぎます。今日一日で何人知り合いに出会ったのでしょうか…
2016年02月10日 13:57撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同行のKさんは顔が広すぎます。今日一日で何人知り合いに出会ったのでしょうか…
1
県警のヘリが飛んでいました。パトロールのようでした。
雪崩れが気になります。
2016年02月10日 13:57撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
県警のヘリが飛んでいました。パトロールのようでした。
雪崩れが気になります。
1
ほぼ良い天気が続きます。
2016年02月10日 14:30撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほぼ良い天気が続きます。
1
ワカン、スノーシュー装着で行者を下ります。
2016年02月10日 14:43撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ワカン、スノーシュー装着で行者を下ります。
大部分は尻セードで下りました。
2016年02月10日 14:47撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大部分は尻セードで下りました。
すぐに元谷避難小屋付近まで下りました。
板を使う人たちはもっともっと短時間で下ってしまうのでしょう。
2016年02月10日 15:01撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐに元谷避難小屋付近まで下りました。
板を使う人たちはもっともっと短時間で下ってしまうのでしょう。
スノーシューの威力はすごい。同じところをワカンではひざ下くらいまで沈みました。
2016年02月10日 15:08撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スノーシューの威力はすごい。同じところをワカンではひざ下くらいまで沈みました。
2
大神山神社奥宮を下る人たち。スノーシューハイクは楽しそうです。
2016年02月10日 15:30撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大神山神社奥宮を下る人たち。スノーシューハイクは楽しそうです。
雪遊びチームと金門で合流します。
2016年02月10日 15:38撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪遊びチームと金門で合流します。
金門。河原まで下りて見たのは初めてです。
2016年02月10日 15:42撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金門。河原まで下りて見たのは初めてです。
1
モンベルには大きなつららが垂れ下がっていました。
2016年02月10日 16:00撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モンベルには大きなつららが垂れ下がっていました。
初めて寄ってみた大山自然歴史館。フォトコンの展示をしていたほか、常設の大山関連資料が充実しています。
2016年02月10日 17:00撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初めて寄ってみた大山自然歴史館。フォトコンの展示をしていたほか、常設の大山関連資料が充実しています。
南光河原から見上げる大山の峰々。いつの間にか雲一つない空になっていました。
2016年02月10日 17:07撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南光河原から見上げる大山の峰々。いつの間にか雲一つない空になっていました。
1
朝はさっぱり見えなかった桝水方面からの大山。
2016年02月10日 17:22撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝はさっぱり見えなかった桝水方面からの大山。
2
夕暮れの淡い赤に大山が染まります。
2016年02月10日 17:39撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕暮れの淡い赤に大山が染まります。
6

感想/記録

今月頭の山行で、大山はとりあえず十分かなと納得していました。
ところが前日、突然に大山登山のお誘いがありました。昨年5月の初大山登山の際に知り合ったKさんからです。大山に行きたいけど理由に乏しいともやもやしていたので、二つ返事で参加が決定しました。
雪遊びチーム2名、Kさんが一人山頂を目指すので、山頂へご一緒することになりました。
計画しての非単独登山はこれが初めてとなります。単独では、ほぼいつも全力、時々危険も伴う山行なので、今回は非常にゆったりとした山行ができました。

先週と比較しても明らかに積雪が増えており、夏山登山道で地面や階段が見えるところはありません。6号目から上部では、地形を感じる場所がかなり減っています。頂上周辺木道は、わずかにその存在が分かる場所もありました。
6号目、頂上避難小屋ともに埋もれているようなことはなく、普通に出入りできていました。頂上避難小屋は窓が埋もれて室内が暗闇になっていたため、窓周りの除雪をしておきました。
今日の天候は相当穏やかで、風がほとんどなく、行動休止中に寒さを感じることはありませんでした。日が差せば暖かさを感じるほどで、雪崩れが心配されます。
昼くらいからはBCの人たちが次々に山頂を訪れていましたが、無事に下れたでしょうか。こんな山を滑るくらいの人たちなので心配は無用と思いますが…

板で下れる人たちをうらやましく思いつつ、私たちは行者コースをほぼ尻セードで下りました。
元谷からでは締まったトレースがなく、スノーシューの跡がたくさんありました。ワカンでもどんどん沈んでしまうので、スノーシューが欲しくなりました。
雪遊びチームの2人は、今日一日、スノーシューで相当遊んだようでした。
訪問者数:386人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ