ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 813672 全員に公開 アルパインクライミング札幌近郊

小樽赤岩〜スカイリッジ

日程 2016年02月11日(木) [日帰り]
メンバー hippocampus(CL), kamorare(SL)
天候くもりのち晴れ
アクセス
利用交通機関
タクシー

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間33分
休憩
1時間25分
合計
5時間58分
Sスタート地点08:1108:42スカイリッジ取り付き09:0013:02マンモス岩14:0914:09赤岩峠14:09祝津バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
冬季は駐車場へ行けないため、バスやタクシーなどを利用して行くしかないようです。アプローチは遊歩道を降りてから海岸沿いを歩きます。朝4時ころ満潮で潮位が+20でしたが、7時ころには全く問題なく通過できました。前日は大雪でしたが海岸沿いのためか斜面には雪がついていませんでした。積雪が深い時は雪崩などに注意をした方がよいかもしれません。
スカイリッジは本によっては3Pとの表記がありますが、我々は4Pで切りました。
1P:取りつきに巨岩があるのため、ハーケンなどを打ってビレイも可能。黄色いぼろぼろの斜面を登るのが正規かと思いますが、少し左からトラバース気味にリッジに乗り上げました。それでもボロく、ブレードのハーケン、カムなどは決まりません。個人的にはイボイノシシハーケンと、岩角にスリングをかけるのが最も効率的な中間の取り方だと思いました。
2P:細いリッジと多少の岩登りのミックスです。ルート全体で言えるのですが、細いところは20cmくらいの幅で、馬乗りになって進んでいくような方法を取りました。雪がもっと溶けていれば、また別の方法となるかもしれません。
3P:リッジがメインですが、ここから岩の硬さが増して安定したように記憶してます。1か所リッジへのクライムダウンがあります。さらにこの日は雪庇が発達しており、クライムダウンの降り口にも張り出している始末。念を入れ、雪庇をアックスで崩しながら馬乗ですすみました。終了点には立派な立木があります。
4P:一気に細さは緩み、雪稜歩きとなります。中間も木がたくさん生えているので豊富に取れます。50メートルザイルだと少しぎりぎりだったので、少し手前のクロマツで終了点とし、そのあとはスタンディングアックスでマンモス岩の基部まで抜けました。
帰りはマンモス岩の基部沿いに赤黄のガレに抜けて、バックステップを織り交ぜながら降りていきました。上部の遊歩道にそのまま突き上げてもよさそうでした。
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

装備

備考 ピッチ全体を通してこのルートは高度感はなく、落ちてもその場で墜落というよりはルンゼに落ちてすべっていきそうな雰囲気です。
中間支点の残地は全くないと考えてよいと思います。ハーケンも打っても岩がはがれるほど脆いですが、そのかわり岩角にスリングをかけられるところやカムが挟まるところは都度ありました。また、イボ猪ハーケンは意外と決まるので持って行って良かったです。

写真

カニ岩をさらに海岸まで下ります。
2016年02月11日 07:35撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カニ岩をさらに海岸まで下ります。
1
満潮から3時間ほど経ちましたが渡れそうです。
2016年02月11日 07:41撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
満潮から3時間ほど経ちましたが渡れそうです。
3
赤黄のガレを見上げます。今日は雪が解けていて土が見えました。
2016年02月11日 08:57撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤黄のガレを見上げます。今日は雪が解けていて土が見えました。
1
ガレから見上げるとスカイリッジは大したことなく見えます。奥のリッジが見えないせいなのですが。
2016年02月11日 09:29撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガレから見上げるとスカイリッジは大したことなく見えます。奥のリッジが見えないせいなのですが。
1
取り付近くの大岩。ここにハーケンも打てそう!?
2016年02月11日 08:17撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
取り付近くの大岩。ここにハーケンも打てそう!?
2
1Pを見上げます。黄色の尾根ではなく画面中央の赤い岩のところを登りました。
2016年02月11日 09:53撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1Pを見上げます。黄色の尾根ではなく画面中央の赤い岩のところを登りました。
フォローがリッジに乗り上げるところ。ここからは細いリッジが続きます。
2016年02月11日 10:45撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フォローがリッジに乗り上げるところ。ここからは細いリッジが続きます。
8
1P終了点の灌木。
2016年02月11日 10:36撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1P終了点の灌木。
1
細いしプロテクションが取りづらい。高度感はないけどドキドキです。
2016年02月11日 10:46撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
細いしプロテクションが取りづらい。高度感はないけどドキドキです。
9
トラバースしている記録もありましたが、律儀にリッジ上を行きました。
2016年02月11日 10:53撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラバースしている記録もありましたが、律儀にリッジ上を行きました。
3
乗り上げて。
2016年02月11日 11:00撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乗り上げて。
7
ぶんぶぶんぶーん。
2016年02月11日 11:01撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ぶんぶぶんぶーん。
7
ここからクライムダウンで、張り出した雪庇を崩したところ。先にはほっっっそい雪のリッジが見えます。
2016年02月11日 12:30撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからクライムダウンで、張り出した雪庇を崩したところ。先にはほっっっそい雪のリッジが見えます。
2
フォローもクライムダウン。方向転換の足場が見当たらない。
2016年02月11日 12:58撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フォローもクライムダウン。方向転換の足場が見当たらない。
3
3P終了点
2016年02月11日 12:58撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3P終了点
1
帰りはマンモス岩の基部に沿ってガレに合流します。
2016年02月11日 13:56撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りはマンモス岩の基部に沿ってガレに合流します。
2
赤黄のガレを上から見上げる。積雪があったら雪崩が恐い。
2016年02月11日 13:05撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤黄のガレを上から見上げる。積雪があったら雪崩が恐い。
2
なお、上部に抜けている記録も多数あります。その方が楽かも。
2016年02月11日 13:56撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なお、上部に抜けている記録も多数あります。その方が楽かも。
2
クライムダウンのポイントも下から見上げると大したことないんですがね。
2016年02月11日 14:01撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クライムダウンのポイントも下から見上げると大したことないんですがね。
ひたすら下る。
2016年02月11日 13:11撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひたすら下る。
1
帰り際に蒼氷のルンゼも視察。雪が詰まっていてどうなんでしょう。
2016年02月11日 14:27撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰り際に蒼氷のルンゼも視察。雪が詰まっていてどうなんでしょう。
1
青い岩塔
2016年02月11日 14:34撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青い岩塔
5
帰りは大鰊焼き定食
2016年02月11日 15:24撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りは大鰊焼き定食
9
訪問者数:323人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/8/1
投稿数: 13
2016/2/15 17:48
 不思議な光景
冬の登攀のバックに海が広がっている。
さすが北海道ですね。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ