ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 818373 全員に公開 山滑走白馬・鹿島槍・五竜

八方尾根:八方池から北斜面1,750mから無名沢

日程 2016年02月27日(土) [日帰り]
メンバー bumpkin
天候薄曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
八方第5駐車場から二股に変更
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間13分
休憩
8分
合計
4時間21分
Sスタート地点07:5607:57白馬八方温泉 おびなたの湯 09:13八方池山荘09:2109:39石神井ケルン09:49八方山12:17ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
<註>()内は予定、BC外、標高、準備、転倒等
( 6:38(6:50) 自宅 )
出発が早かったため二股に駐車することに変更
( 7:44-45 ゴンドラ下にスキーとザックをデポ )
( 7:52-56 二股駐車場 )
(( 7:50-55 八方第5駐車場 ))
近道しようとして道に迷い、外人2名にゴンドラへの道を聞く。
( 8:45-50 ゴンドラ下 変更した登山届を投函 )
時間:49" 延標高差:150m 距離:7km
(( 8:05 名木山第3トリプル下 ))
9:13-21(8:35-45) 八方池山荘(1,835m) シール登行開始
10:02-07(5")(9:30-40) ドロップポイント(2,075mP)
登り:41(45)" 延標高差:240m 速度:351(320)m/h
10:08-13(5") 滑り出しすぐ吹き溜まりで転ぶ(2,060mP)
( 9:50 1,800mP ここから左の尾根に、そこから無名沢に向かう )
10:24(9:55) 無名沢に出る(1,700mP) 
10:32-37(5") バランス崩し転ぶ(1,480mP)
10:38-41(3") バランス崩し転ぶ(1,445mP)
10:44-46(2")10:00 唐松沢出合(1,350mP) スキーを担ぐ
10:52-53(1") スキーを履く
10:56-11:01(5")(10:05-15) 南滝高巻(1,395mP) 
わずか登りトラバースしてから下る
11:03 隠れた石に躓き、転ぶ(1,375mP)
11:07-10 階段登行でハイクアップ(1,272mから1,277m)
11:18-26 堰堤をスキー脱いでハイクアップ(1,180mから1,185m)
11:32-34(2")(10:25-30) スキー担いで渡渉(1,125mP) ハイクアップ
11:42-46(4") スキー履く(1,130mP)
11:47 スキーを担ぐ(1,130mP)
11:56-57(1")(10:50-55) 林道ドロップポイント(1,140mP)
12:13-15(2")(11:15) 二股(835m)
12:17-19 二股駐車場(840m)
( 11:50-12:00 第5駐車場 )
下り:2'10"(1'35") 延標高差:1,395(1,300)m 
速度:644(821)m/h 準備、転倒等:30"
BC:2'56"(2'00") 延標高差:1,635(1,540)m 
速度:557(616)m/h 準備、転倒等:35" 距離:9.1km
二股からゴンドラまでを含めると
3'45" 1,785m 476m/h 距離:16.1km
帰りにBCプレーヤー3名をピックアップ、国際まで送る
また、ビール1ダース購入&給油
( 13:52(13:00) 自宅 )
Door to Door:7'14"(6'10")
コース状況/
危険箇所等
登山ポスト:八方池山荘から変更してゴンドラ下発券所裏手に投函
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

個人装備

個人装備品
数量
備考
ヘッドランプ ブラックダイアモンド
予備電池 単3:2コ、単4:3コ、携帯電話バッテリー
1/25,000地形図 国土地理院
ガイド地図 1・50,000昭文社
コンパス シルバ
筆記具
保険証
飲料 アクエリアス(500mL)
ティッシュ
三角巾
バンドエイド
手拭
携帯電話
計画書
アウター上(紺)下(黒) 1式 マムート、OR
防寒着(ダウン)(赤) マムート
個人装備品
数量
備考
ストック(2段伸縮) 1式 ブラックダイアモンド
非常食 1式 チョコレート、ナッツ、ドライフルーツ等
ザック BCAフロート(27L)
カメラ ペンタックスWG-1
GPS ガーミンCSx
ツウェルト ヘリテージ
手袋 2対 ゴアテックス
スキー用ヘルメット
山スキー 1対 ソロモン
山スキー靴 1対 ガルモント
シール 1対 ブラックダイヤモンド
ビーコン ピープス
ゴーグル ウベックス
サングラス レイバン
スコップ ブラックダイヤモンド
プローブ ブラックダイアモンド
補修具(針金、ガムテープ等) 1式

写真

今日は午後崩れるというのでこの天気、何時まで持つか。
金山沢はよく見えるが、白馬岳は既に雲の中@車中
2016年02月27日 07:27撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は午後崩れるというのでこの天気、何時まで持つか。
金山沢はよく見えるが、白馬岳は既に雲の中@車中
不帰の嶮ははっきり見える@二股
2016年02月27日 07:55撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不帰の嶮ははっきり見える@二股
道に迷い白馬東急ホテル近くに来てしまった。ここから見る白樺ゲレンデは初めて
2016年02月27日 08:40撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道に迷い白馬東急ホテル近くに来てしまった。ここから見る白樺ゲレンデは初めて
今日は土曜日、BCに行く人は流石に多そう
2016年02月27日 09:10撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は土曜日、BCに行く人は流石に多そう
今日は薄曇りの中、五竜が迎えてくれる
2016年02月27日 09:10撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は薄曇りの中、五竜が迎えてくれる
鹿島槍はかなり見えにくい
2016年02月27日 09:10撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿島槍はかなり見えにくい
八方山からこの沢も滑りたい。1昨日の様子では中間付近でデブリが見えた
2016年02月27日 09:24撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八方山からこの沢も滑りたい。1昨日の様子では中間付近でデブリが見えた
1
お決まりの白馬三山揃い踏み
2016年02月27日 09:24撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お決まりの白馬三山揃い踏み
1
不帰の嶮が近づいて見える
正面左の斜面は2回手こずっている
2016年02月27日 09:38撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不帰の嶮が近づいて見える
正面左の斜面は2回手こずっている
2
滑り易そうで滑りにくい。雪質がコロコロ変わる
2016年02月27日 10:13撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滑り易そうで滑りにくい。雪質がコロコロ変わる
1
どの辺りから左の無名沢に入るか。写真左端からすんなり入れたかも
2016年02月27日 10:16撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どの辺りから左の無名沢に入るか。写真左端からすんなり入れたかも
1
取り敢えず、昨年末に来た所まで下ることに
2016年02月27日 10:18撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
取り敢えず、昨年末に来た所まで下ることに
2
気持ちよさそうに滑っているように見えるがそうでもない。かなり緊張して滑る
2016年02月27日 10:20撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちよさそうに滑っているように見えるがそうでもない。かなり緊張して滑る
2
ここで無名沢に出る。真正面から滑って来ればよかった
2016年02月27日 10:23撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで無名沢に出る。真正面から滑って来ればよかった
1
これから下る無名沢後半
2016年02月27日 10:24撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから下る無名沢後半
1
トラックは7本程ある
2016年02月27日 10:27撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラックは7本程ある
1
ひたすら下る
2016年02月27日 10:33撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひたすら下る
1
南滝の高巻ポイントから正面唐松沢と左無名沢の合流点
2016年02月27日 10:54撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南滝の高巻ポイントから正面唐松沢と左無名沢の合流点
1
南滝の高巻ポイントからの下り:雪が少なくここは通りにくい。右をトラバースして下る
2016年02月27日 10:59撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南滝の高巻ポイントからの下り:雪が少なくここは通りにくい。右をトラバースして下る
1
下った後に振り返る。途中、隠れた石で転び、立ち上がる際に悪化している膝を更に痛めた。一時、どうなるかと思ったが、何とか下ることができた
2016年02月27日 11:05撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下った後に振り返る。途中、隠れた石で転び、立ち上がる際に悪化している膝を更に痛めた。一時、どうなるかと思ったが、何とか下ることができた
1
南滝:まだこのコースを通ったことはない
2016年02月27日 11:07撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南滝:まだこのコースを通ったことはない
1
ガラガラ沢:天気が悪くなってきた
2016年02月27日 11:54撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガラガラ沢:天気が悪くなってきた
林道は2ヶ所程雪が途切れていた
2016年02月27日 12:01撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道は2ヶ所程雪が途切れていた
撮影機材:

感想/記録

今日は午前中は何とか天気が持ちそうなので、先日計画したルートを急遽出掛けることに。
早めに出発したので、二股に車をデポすることに。二股から空身で歩いたが、車道に雪があったのでスキーで滑れた(禁止だが)。
近道しようとしてショートカットしたのが失敗して道に迷う。
今日は、午後から天気が悪くなる予報なので遅れが気になる。
しかし、薄曇りとはいえ意外と持ちそう。
ドロップポイントまではスムース。
いざ、ドロップインするとウインドスラブから吹き溜まりに。つんのめって転ぶ。平らな所で転ぶと起き上がれない。ザックを下ろし脱げたスキーを履きなおす。
それからは、雪質をチェックしながら恐る恐る滑る。気持ちよく滑れたのは半分ぐらいか。
1,800m付近で1名はガラガラ沢へのポイントに。2名はこれからガラガラ沢に向かうのか。
無名沢への合流は初コースなので気を遣ったが意外とどこからでも下れそう。
無名沢には7本程のトラックがついていた。
その後は精神的には楽になったが、意外と深雪で平らな所でバランスを崩し2度も転ぶ(平らだと本当に起きるのが大変)。
南滝の高巻ポイントでガイドの研修会に遭遇。その後、抜きつ抜かれつで下る。
高巻ポイントからの下りは、後にガイドがいるので雪崩に遭っても助けてくれるだろうと先に失礼する。
下り中間で隠れ石に躓き転ぶ。慌てて強引に起きようとした時、膝に激痛が走る。
一瞬これからどう下ろうか頭を巡らす。消炎鎮痛剤を持っているのでごまかして帰れるか?
取り敢えず、どれだけ滑れるか無理して滑ると意外と滑れそう。安心。
階段登行でハイクアップすると、デブリ(ブロックは小さいがかなり下まで流れていた)。膝も痛いので慎重に下る。
堰堤でガイドらに追い抜かれる。
渡渉は下りも登りもギャップが大きいが水は少なく、靴の中には入らなかった。
林道は2ヶ所雪がなく1ヶ所は上を巻いたが2回目はスキーを脱いだ。
ガラガラ沢方面からの合流点には沢山の人がいた。
何とか天気が持ってよかった。
しかし、スキーの技術はいつまでたってもうまくならない。深雪、雪質変化での対応は全くなっていない。
この歳になって更に上達するのは難しいので慎重に滑るしかないようだ。
蛇足:膝はまだ痛い。膝を深く曲げるとボキと音がなる。
山やスキー行けるかな。
訪問者数:474人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/9/25
投稿数: 315
2016/2/27 20:00
 こんばんは
こんばんは。
ひざの具合、いかがですか?

明日の出動場所、迷っていたんですが
bumpkinさんのレコ見て、また 八方にしようかと思います。
今日は雪質が難しかったようですね。
今晩、適度に降って 明日は 少しでも溜まっている事を
願って行きます。

ではまた。
登録日: 2013/7/13
投稿数: 431
2016/2/27 20:11
 Re: こんばんは
コメントありがとうございます。
STsnowさんなら全く問題なく滑ったと思います。
明日も天気がまあまあみたいですね。
実は、先日のSTsnowさんの軌跡を見て今日のコースを考えました。
無名沢の1,700m付近からハイクアップしてガラガラ沢に向かわれたので、その逆で無名沢に出れると。
明日はどこを滑るのか楽しみにしています。
矢張り、動画は迫力があっていいですね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

白樺 登山ポスト
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ