ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 820095 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

蓼科山 女ノ神茶屋より晴れも霞んだ展望は春のよう

日程 2016年02月27日(土) [日帰り]
メンバー YAMA555(CL), y_hashimo, その他メンバー2人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
都内の仲間をピックアップして首都高から諏訪南ICで下りて下道。蓼科付近もほぼ凍結箇所なし。この時期に異常な事態ですね。
駐車場8:40の状態ではギリギリ1台停められました。新しいトイレがありましたが、まだ利用できないようです。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち87%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間40分
休憩
50分
合計
5時間30分
S女ノ神茶屋・蓼科山登山口09:0109:02すずらん峠園地駐車場09:1109:16女ノ神茶屋・蓼科山登山口09:2210:43標高2110m標識10:4412:03蓼科山12:0712:09蓼科神社奥宮12:1412:16蓼科山12:1712:20蓼科山頂ヒュッテ12:3812:39蓼科山13:30標高2110m標識14:23女ノ神茶屋・蓼科山登山口14:2614:25すずらん峠園地駐車場14:2814:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ルートはEtrex20xのGPSデータです。
コース状況/
危険箇所等
●参考資料:山と高原地図「八ヶ岳」

●女ノ神茶屋からのピストン(樹林帯)
この時期にしてはありえないほど雪がありません。登山道中には全く雪がない場所もあります。また雪が踏み固められてアイスバーンのように凍結している箇所多数。チェーンスパイクや6本爪以上アイゼンを装着したほうが良いでしょう。下山時にも溶けずにガチンガチンの場所もありました。

●樹林帯を抜けた後の山頂まで
樹林帯を抜けると岩ゴロゴロ地帯です。雪が少ないのでアイゼンを引っ掛けないように注意しなければ。また強い風にさらされるので、樹林帯を抜ける時に防寒具をしっかりつけるよう心がけてください。
山頂も雪は少ないです。吹きっさらしなのでしょうがないかもしれませんが。蓼科ヒュッテは営業していませんが、この辺が若干風が弱かったので休憩に使いました。
その他周辺情報●宿泊
蓼科湖湖畔にある「蓼の花」にて素泊まり2部屋利用しました。
http://www.tadenohana.com/
8畳4500円也。
ピラタスロープウェイまで車で15分位。コンビニが近くにあるので立地的にはおすすめです。
部屋も暖かく、布団も1枚で十分安眠できました。お湯ポットは階段に共同のが置いてあります。自販機あり。トイレは共同(ウォシュレット付あり)
お風呂は温泉で浴室3〜4名入れる大きさ、結構熱くて気持ちよかった。やっぱり温泉入れるのは嬉しいですね。
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

駐車場はギリギリ1台停められました。
イヤー冬の蓼科人気ですね〜。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場はギリギリ1台停められました。
イヤー冬の蓼科人気ですね〜。
1
女ノ神茶屋。冬季は営業していません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
女ノ神茶屋。冬季は営業していません。
女ノ神茶屋の反対側から登山開始。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
女ノ神茶屋の反対側から登山開始。
1
今年は本当に雪が少ない。そして登山道は凍結。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今年は本当に雪が少ない。そして登山道は凍結。
雪たっぷりより凍結しているほうがイヤらしい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪たっぷりより凍結しているほうがイヤらしい。
しばらく登ると雪が全く無い場所も。もはや11月くらいの雰囲気です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく登ると雪が全く無い場所も。もはや11月くらいの雰囲気です。
1
最初はチェーンスパイクをつけましたが、途中でアイゼンに変更。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初はチェーンスパイクをつけましたが、途中でアイゼンに変更。
ちょうど中間地点くらいですが、コースタイムに比べると結構良いペースで登ってきています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょうど中間地点くらいですが、コースタイムに比べると結構良いペースで登ってきています。
1
この辺で休憩している人結構いました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺で休憩している人結構いました。
女ノ神茶屋からの登山道。意外に急斜面の雪道です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
女ノ神茶屋からの登山道。意外に急斜面の雪道です。
2
急斜面で凍結しているからなんか歩きづらい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急斜面で凍結しているからなんか歩きづらい。
蓼科山が見えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓼科山が見えてきました。
1
見えてからがさらに急斜面。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見えてからがさらに急斜面。
2
樹林帯を抜けると風が強くなってきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯を抜けると風が強くなってきます。
1
雪が少ないので岩にアイゼンを引っ掛けないように注意しながら歩きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪が少ないので岩にアイゼンを引っ掛けないように注意しながら歩きます。
1
目印は雪がついていないので良くわかります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目印は雪がついていないので良くわかります。
1
蓼科ヒュッテが見えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓼科ヒュッテが見えてきました。
最後の登り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の登り。
1
蓼科山頂に到着。道標もハッキリ見えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓼科山頂に到着。道標もハッキリ見えました。
2
山頂の神社。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の神社。
1
山頂付近は本当にまっ平です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂付近は本当にまっ平です。
霧ケ峰も本当に雪ないよ・・・。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧ケ峰も本当に雪ないよ・・・。
晴れているのに八ヶ岳連峰も春霞みたいな状況でウッスラ見えるだけ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晴れているのに八ヶ岳連峰も春霞みたいな状況でウッスラ見えるだけ。
蓼科ヒュッテ付近は結構雪積もってました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓼科ヒュッテ付近は結構雪積もってました。
1
下山を開始します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山を開始します。
明日登る予定の北横岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明日登る予定の北横岳。
2
下山開始。展望は本当に良い山ですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山開始。展望は本当に良い山ですね。
下山時もガチンゴチンに凍っている登山道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山時もガチンゴチンに凍っている登山道。
1
下山後、宿に行く前に蓼科湖近くにあるコンビニによりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山後、宿に行く前に蓼科湖近くにあるコンビニによりました。
今回の宿泊先は蓼の花。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回の宿泊先は蓼の花。
1
宿からは蓼科湖が良く見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宿からは蓼科湖が良く見えます。
雛人形が飾ってあります。もうすぐですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雛人形が飾ってあります。もうすぐですね。
1

感想/記録

今回は新しい仲間と雪山に行くことになり、1日目は百名山のネームバリューがあり、この異常気候でも雪があると考えられる蓼科山。2日目は以前歩いてバリエーションが多彩で、霧氷が印象深い北横岳へ行くことにしました。

今年は雪がないないと感じていましたが、蓼科山もご他聞に漏れず雪がなかった。人気の山だけに登山道の雪は踏み固められてもはやアイスバーンのような状態。とてもつぼ足で歩くなんて危険が犯せず、最初はチェーンスパイクを履いていたが、登山道に雪がなくなり再び雪が出たところでアイゼンに履き替えた。
アイゼンだと快調に歩を進めることが出来るが、女神茶屋からの登山道は意外に急坂で、晴れていて気温も高いため大汗をかいた。
今回はメンバーの経験のためにも交代でトップをやりながら歩いたが、結構みんな足がしっかりしていて頼もしい登りっぷりで、今後頼もしく感じた。
樹林帯を越えるあたりで防寒着をしっかり身に着けて足を踏み出す。風は一丁前に強かったが、展望は広がったものの青空なのに春霞のようなもやった景色。八ヶ岳連山もこの時期とは思えない景色でちょいと残念。

それでも明日登る予定の北横岳を真近に見てメンバーも満足の山行になったようで、選んだ甲斐があったというものです。それにしても冬の蓼科山人気ですね。
訪問者数:273人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/9/29
投稿数: 41
2016/2/29 0:12
 蓼科山羨ましいです
YAMA555さん、こんばんは。
高尾縦走コメントありがとうございます、何事も再確認は必要ですね(>_<)

雪の蓼科山、羨ましいです、、といってもかなり少なかったようですが。
カチカチに凍結してそうな下山時の写真、ちょっと慣れてないと怖いですね。
ノーマルタイヤで行けるであろう3月中旬〜下旬以降に、昨年のリベンジに行ってみようかなと思っています。
コースタイム、写真の雰囲気など参考にさせていただきます。
 
登録日: 2009/11/28
投稿数: 257
2016/2/29 22:12
 Re: 蓼科山羨ましいです
ya_saさんコメありがとう。
今年は雪がやっぱり少ないですねー。女ノ神茶屋からのルートは初めてでしたが、なかなか歩き応えがあったよ。人気ルートの登山道は、踏まれすぎちゃって、本当にカッチカチに凍っている所が多いです。雪があるよりかえって気を使いますね。
朝方は凍結も少し心配ですが、温かくなってきたらノーマルタイヤでも行けそうな状態が既に来てますね。今年はあとは東北・上越方面に行かないと雪山楽しめないですかね。
来週は東北行ってきます!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ