ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 820123 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

上成木側から黒山・棒ノ嶺:最短経路ピストン

日程 2016年02月28日(日) [日帰り]
メンバー takasanpo
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
上成木バス停より都道202号線を進みます。途中岩茸石山方面に向かわず、成木川に沿って進んで、舗装道路の終点がスタートです。(私はバイクですが、自動車も数台分駐車スペースあり。)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間22分
休憩
24分
合計
1時間46分
S棒ノ折山登山口(成木林道奥)14:2514:34馬乗馬場(大門指山・ダイモンザス)14:44黒山14:4614:59権次入峠15:0015:09棒ノ嶺15:3015:36権次入峠15:50黒山16:01馬乗馬場(大門指山・ダイモンザス)16:11ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山道わきに雪の残るところはありましたが、歩く道には雪は皆無。スニーカーで歩きました。ぬかるみと枯れ葉で、すべりそうなところはありました。
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

行き止まり方向に進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行き止まり方向に進みます。
1
都道202号線の始点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
都道202号線の始点
1
都バス上成木バス停。ここのバイオトイレが、最後のトイレです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
都バス上成木バス停。ここのバイオトイレが、最後のトイレです。
林道にあった、大きくない大滝。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道にあった、大きくない大滝。
すぐ脇の、こっちが大滝なのかも。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐ脇の、こっちが大滝なのかも。
自転車で上がる人の標識も。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自転車で上がる人の標識も。
ここがスタート地点。先客は、車1台。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここがスタート地点。先客は、車1台。
1
非舗装林道の終点。このまま進むと、小沢峠。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
非舗装林道の終点。このまま進むと、小沢峠。
黒山方面に進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒山方面に進みます。
「まのりばんば」の表示は、個人が設置?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「まのりばんば」の表示は、個人が設置?
1
名栗村時代の看板
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名栗村時代の看板
そこそこ急な上りです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そこそこ急な上りです。
名栗だけ白くなぞって、村は放置。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名栗だけ白くなぞって、村は放置。
黒山手前からの大岳・御岳。北側からの山容です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒山手前からの大岳・御岳。北側からの山容です。
1
黒山到着。ベンチがあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒山到着。ベンチがあります。
4
まっすぐ棒ノ嶺に向かう尾根道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まっすぐ棒ノ嶺に向かう尾根道
2
下りの石段は、一部崩れていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りの石段は、一部崩れていました。
ここは、関東ふれあいの道なんですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは、関東ふれあいの道なんですね。
ちょっと急な道を上がると。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと急な道を上がると。
落とし物の帽子は、ここに被せました。こちらは、ゴンジリとカタカナ表記。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落とし物の帽子は、ここに被せました。こちらは、ゴンジリとカタカナ表記。
こちらは、漢字表記。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは、漢字表記。
ここからやけに、ぬかるんでいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからやけに、ぬかるんでいます。
植栽がはっきり分かります。南面は、檜・杉の植林。北面は、冬枯れの雑木林。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
植栽がはっきり分かります。南面は、檜・杉の植林。北面は、冬枯れの雑木林。
最後の木段・・・と思っていたら、植生保護で南側へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の木段・・・と思っていたら、植生保護で南側へ。
頂上まであと少し。でも南側を進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上まであと少し。でも南側を進みます。
おおお。でも、誰もいない頂上。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おおお。でも、誰もいない頂上。
1
北側は、絶景が広がります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北側は、絶景が広がります。
1
あれは、有間ダム?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あれは、有間ダム?
奥に見える武甲山・大持山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥に見える武甲山・大持山。
3
広い山頂。まだ1人です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広い山頂。まだ1人です。
2
タカ?とんび?2羽が悠然と飛んでいました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タカ?とんび?2羽が悠然と飛んでいました。
3
某コンビニのおにぎりで、遅めの昼食。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
某コンビニのおにぎりで、遅めの昼食。
懐かしい、プルトップのごみ。君はどれだけ、ここにいたのか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
懐かしい、プルトップのごみ。君はどれだけ、ここにいたのか?
いくつかある、棒ノ嶺表示。あれ、右上につるされたペットボトルは?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いくつかある、棒ノ嶺表示。あれ、右上につるされたペットボトルは?
温度計でした。この時は、8度。25日の14時には、-5度だったとか。(東屋に残されたメモより)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
温度計でした。この時は、8度。25日の14時には、-5度だったとか。(東屋に残されたメモより)
さあ、帰りましょう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあ、帰りましょう。
1
ここから歩く人が少なくなるのか。枯れ葉道です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから歩く人が少なくなるのか。枯れ葉道です。
岩場もあって、大岳山周辺を思わせます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場もあって、大岳山周辺を思わせます。
馬乗馬場には、何本かの倒木が。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬乗馬場には、何本かの倒木が。
杉の根は広がるばかりで、深く進まないのでしょうか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杉の根は広がるばかりで、深く進まないのでしょうか。
非舗装林道終点には、常盤峠との私設案内がありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
非舗装林道終点には、常盤峠との私設案内がありました。
林道は、こんな感じ。バイクで走るのは、やめました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道は、こんな感じ。バイクで走るのは、やめました。
ゴールが見えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴールが見えました。

感想/記録

バイクを使った衝動的な山登り。これで何回目かな?
このところ急に山に引き戻され、地図を見ていると、1日・半日コースがいくつも浮かんできます。
そして今日は、午前中の野暮用を済ませると、あと半日の休み。つい山へ。
先週、青梅マラソンあとにちょっと候補にあった棒ノ嶺へ。

いろいろなルートで何度も登ったことのある山ですが、最短ルートはこれ。
黒山手前の「馬乗馬場」すぐ下まで伸びる舗装道路終点から登ります。
ここまでの雪や凍結が心配だったのですが、全く有りません。
落ちた枝や小さな落石をよけながら、楽々上がれました。

登り口には、先客の車が1台。非舗装の林道を上がって、さらに尾根道へ。
馬乗馬場(まのりばんば)と名付けられた平らな場所には、私設の表示のみ。
軽い気持ちを否定するような上りで黒山へ。
ベンチのある、のんびりしていい山頂でした。

権次入峠は、漢字なのかカタカナなのか。
そもそもこの山も、棒ノ嶺なのか棒ノ折山なのか。
そんな、ややこしいことは、どうでもいいと思いました。
植生を保護された斜面を登ると、気持ちの良い山頂です。
ただ、北面は180度の眺望ですが、南面は植林の都合で開けていません。
この広い山頂を、独り占めしてしまいました。

下りで、このコースの「歩かれ度」が、はっきり分かりました。
名栗側へのルートも通る権次入峠までは、かなり歩かれています。
その先、黒山までも「関東ふれあいの道」としてわかりやすい踏み跡。
岩茸石山への尾根道を分けると、枯れ葉だらけの細道へ。
馬乗馬場では、気をつけないと道を外しそうです。
非舗装の林道の終点には、またまた私設の「常盤峠」の表示が。
あとは、バイクに戻るだけです。

棒ノ嶺は、白谷沢など楽しいルートもあり、きっとまた来ます。
訪問者数:271人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ