ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 821457 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走房総・三浦

房総三山 バスをつないで縦走 伊予ヶ岳・御殿山・富山

日程 2016年02月06日(土) [日帰り]
メンバー nerima2010, その他メンバー3人
アクセス
利用交通機関
電車バス
JRバス関東
 東京八重洲南口 発06:30 −07:53 ハイウェイオアシス富楽里

1.ハイウェイオアシス富楽里 発08:03 ー08:21 天神郷BS
  伊予ヶ岳 往復
(降車する際にドライバーに10:26発で山田中BSまで乗車する旨予約しておくことが必要) 

2.天神郷BS 発10:26−10:30 山田中BS
 御殿山 往復
(降車する際にドライバーに12:45発で宮谷口BSまで乗車する旨予約しておくことが必要) 

3.山田中BS 発12:45−13:05 宮谷口BS−富山縦走ー井野BS
 富山 縦走
 井野BS  発14:53−15:02 ハイウェイオアシス富楽里



経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間29分
休憩
1時間31分
合計
7時間0分
S富楽里バス停08:0308:25天神郷バス停09:11伊予ヶ岳南峰09:2109:31伊予ヶ岳09:4509:48伊予ヶ岳南峰09:5810:23天神郷バス停10:33山田中バス停10:3411:30御殿山12:0912:43山田中バス停12:4513:05宮谷口バス停13:07福満寺13:0813:56富山南峰14:0814:12里見八犬士終焉の地14:1314:42吉井水車小屋14:4314:56井野バス停15:03ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
休日ならではのバス増便のおかげで、バスを乗り継いで三座をピークハント。天気さえよければ東京湾越しに富士山や大島などの眺望がすばらしいはずが、今日は海からの水蒸気で全く見晴らしが効かず残念でした。

伊予ヶ岳は、房総では唯一「岳」がつく岩峰なのだそうで、天神社北方に奇岩を聳えだしている。登山道は整備されているが、山頂近くにはロープや鎖の張られた岩場もあり、下りは特に注意が必要。
我々の後便のバスでは、定員をはるかにオーバーする80名近くの団体客が鈴なりで到着した。房総のマッターホルンとは大げさだと思うがさすがに人気の山でした。
コース状況/
危険箇所等
一度に三座を巡るのは車を使わないと不可能。
土・日・祝祭日に限り、南房総市市営バスを乗り継いで一度に三座を巡ることができる。ただし、予め利用する旨の予約が必要な便もあるので注意が必要です。
富山線時刻表
http://www.city.minamiboso.chiba.jp/cmsfiles/contents/0000000/796/kaiseizikokuhyo.pdf
その他周辺情報ハイウェイオアシス富楽里には道の駅が併設されている、地産品、レストラン食事もできる。
東京駅や新宿駅、千葉駅と結ぶ高速バスも発着している。
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

伊予ヶ岳-御殿山-富山の三座を巡ります
2016年02月06日 08:22撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊予ヶ岳-御殿山-富山の三座を巡ります
平群天神社(へぐりてんじんしゃ)
室町時代の 1353年の創祇とされる 学問の神
2016年02月06日 08:23撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平群天神社(へぐりてんじんしゃ)
室町時代の 1353年の創祇とされる 学問の神
伊予ヶ岳の岩峰が神社をお守りしているよう
伊予ヶ岳登山口は神社を左に回り込む
2016年02月06日 08:24撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊予ヶ岳の岩峰が神社をお守りしているよう
伊予ヶ岳登山口は神社を左に回り込む
千葉県の山で「岳」が付くのは珍しいといわれる

登山道は整備された階段状のところもあるが山頂近くはロープの張られた岩場が続く
2016年02月06日 10:24撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千葉県の山で「岳」が付くのは珍しいといわれる

登山道は整備された階段状のところもあるが山頂近くはロープの張られた岩場が続く
中間点の四阿から見る富山 南峰・北峰
双耳峰が美しい 晴れていれば東京湾や富士山も望めるはず この先のロープ・鎖のある岩場は、結構本格的な岩登りとなる 
2016年02月06日 09:01撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中間点の四阿から見る富山 南峰・北峰
双耳峰が美しい 晴れていれば東京湾や富士山も望めるはず この先のロープ・鎖のある岩場は、結構本格的な岩登りとなる 
伊予ヶ岳南峰 柵沿いに進むと奇岩の先端
大パノラマが広がっている
2016年02月06日 09:49撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊予ヶ岳南峰 柵沿いに進むと奇岩の先端
大パノラマが広がっている
北峰を指さしている 北峰には5分ほどで着く
2016年02月06日 09:15撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北峰を指さしている 北峰には5分ほどで着く
北峰から富山
2016年02月06日 09:31撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北峰から富山
三角点は北峰にあった
2016年02月06日 09:31撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点は北峰にあった
北峰から見た南峰
2016年02月06日 09:33撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北峰から見た南峰
アップでみると
先端の岩が今にも落ちそうな気がする
2016年02月06日 09:33撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アップでみると
先端の岩が今にも落ちそうな気がする
平群神社に降りてきました
2016年02月06日 10:22撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平群神社に降りてきました
夫婦クスノキ
2016年02月06日 10:23撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夫婦クスノキ
平群天神社からバスで山田中BSに10:30到着
折り返しのバスは12:45発 予約しないと待っていてくれない
2016年02月06日 10:37撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平群天神社からバスで山田中BSに10:30到着
折り返しのバスは12:45発 予約しないと待っていてくれない
バス停の向かいから御殿山へ
2016年02月06日 10:38撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バス停の向かいから御殿山へ
御殿山山頂です
2016年02月06日 11:29撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御殿山山頂です
宮谷口BS 13:05着
福満寺仁王門脇から富山南峰に登ります
2016年02月06日 13:07撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宮谷口BS 13:05着
福満寺仁王門脇から富山南峰に登ります
南峰の観音堂 朽ち果てそう
バスの時刻が心配で北峰へは行きませんでした
2016年02月06日 14:06撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南峰の観音堂 朽ち果てそう
バスの時刻が心配で北峰へは行きませんでした
訪問者数:184人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

三角点 双耳峰 奇岩
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ