ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 821554 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

3つの金剛山(藤野)

日程 2016年03月02日(水) [日帰り]
メンバー akuji
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車
藤野駅から。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち56%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間36分
休憩
49分
合計
5時間25分
S藤野駅09:2009:44GPSログのスタート地点10:09一本松山(蚕影山)10:49尾根上11:02金剛山(鶴島金剛山)11:1511:27金剛山(名倉金剛山)11:2811:45天神峠11:4911:53高倉見晴し11:5411:59高倉山12:0012:09見晴台12:1012:33秋山川橋12:3412:53登山口13:20金剛山13:2413:29峰(日連峰山)13:3313:36八坂山13:5514:20八坂神社14:45藤野駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
スタートは藤野駅ですが、GPSの操作を誤って、車道を歩いて道間違いに気づいたところがGPS上のスタートになりました。
コース状況/
危険箇所等
途中通行禁止のルートがありましたが、特に危険は感じませんでした。また八坂山から北への下山ルートは道を間違え道なきところを下ってしまいました。頂上には道標がありますが、ほとんど人が通らないようで注意が必要です。
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

 車道歩きで道を間違えたりとちょっと苦労したあと、ようやく遊歩道入り口に到着しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 車道歩きで道を間違えたりとちょっと苦労したあと、ようやく遊歩道入り口に到着しました。
1
 気分の良い道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 気分の良い道。
1
道標があるけど、A09って何? それ用の地図がないと役立たないですね。
 左に道が続いているけれど右上にも踏み跡が。左は巻き道、右は頂上への道に違いない。もちろん右に行きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道標があるけど、A09って何? それ用の地図がないと役立たないですね。
 左に道が続いているけれど右上にも踏み跡が。左は巻き道、右は頂上への道に違いない。もちろん右に行きます。
1
 頂上だけれど、道標等なし。ガイドブックでは名倉山になっているけれど、さっきの地図では、一本松山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 頂上だけれど、道標等なし。ガイドブックでは名倉山になっているけれど、さっきの地図では、一本松山。
1
 車道が見えてきた。またしばらく車道歩き。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 車道が見えてきた。またしばらく車道歩き。
 なんだ!? これは・・・(^^)(^^)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 なんだ!? これは・・・(^^)(^^)
1
 この突き当たり辺りが登山道入り口かな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 この突き当たり辺りが登山道入り口かな。
 そうでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 そうでした。
1
 結構な勾配で登っていきます。途中暑くなって、服を一枚脱ぎました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 結構な勾配で登っていきます。途中暑くなって、服を一枚脱ぎました。
 そろそろ尾根かな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 そろそろ尾根かな?
 出ました。
 左に行くと、(名倉)金剛山。
 右に行くと、(鶴島)金剛山。
 まずは右に行きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 出ました。
 左に行くと、(名倉)金剛山。
 右に行くと、(鶴島)金剛山。
 まずは右に行きます。
 やせ尾根を進む。
途中こぶを3つほど超える。結構急な楽しいアップダウン。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 やせ尾根を進む。
途中こぶを3つほど超える。結構急な楽しいアップダウン。
 ガイドブックにも「急登」とあった最後の登り(だろう)。右に虎ロープ。たって歩けるけれど、落ち葉が多くてちょっと滑る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 ガイドブックにも「急登」とあった最後の登り(だろう)。右に虎ロープ。たって歩けるけれど、落ち葉が多くてちょっと滑る。
 (鶴島)金剛山 到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 (鶴島)金剛山 到着。
2
 山頂はこんな感じ。ガイドブックには「展望はない」と書いてあったけれど、あります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 山頂はこんな感じ。ガイドブックには「展望はない」と書いてあったけれど、あります。
2
北方向。中央は、小仏城山で、左の木の向こうが陣馬山?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北方向。中央は、小仏城山で、左の木の向こうが陣馬山?
小仏城山。間違いないですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小仏城山。間違いないですね。
 これは、富士山? 西側です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 これは、富士山? 西側です。
 ちょっと腹ごしらえをして、戻ります。この下り、上から見るとかなりのもの。登りはどおってことなかったけれど、下りは滑りそうだし、ちょっと怖い。これでウエットだったら・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 ちょっと腹ごしらえをして、戻ります。この下り、上から見るとかなりのもの。登りはどおってことなかったけれど、下りは滑りそうだし、ちょっと怖い。これでウエットだったら・・・
 尾根の分岐点に戻ってちょっと進んだら、直ぐ、もう一つの(名倉)金剛山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 尾根の分岐点に戻ってちょっと進んだら、直ぐ、もう一つの(名倉)金剛山。
1
南が開けている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南が開けている。
1
 下り基調の気分の良い道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 下り基調の気分の良い道。
 車道が見えてきた。天神峠だな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 車道が見えてきた。天神峠だな。
 車道を左にちょっと戻るように行くと右手に登山道がありました。折り返すように登っていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 車道を左にちょっと戻るように行くと右手に登山道がありました。折り返すように登っていきます。
しばらく登るとこの道標。「山の目」。そうか、さっきのオブジェだ。(^^)(^^)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく登るとこの道標。「山の目」。そうか、さっきのオブジェだ。(^^)(^^)
 左は巻き道、右は頂上? もちろん右。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 左は巻き道、右は頂上? もちろん右。
 高倉山。この斜面に「山の目」があるのね。でもここまで「山の目」そのものとは出会わなかったので、さっきの巻き道に合流したところでちょっと戻ったら、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 高倉山。この斜面に「山の目」があるのね。でもここまで「山の目」そのものとは出会わなかったので、さっきの巻き道に合流したところでちょっと戻ったら、
1
 これか。白いもの2つ、あれが正面からだと、「目」に見える。降りていけそうだったけれど、まぁ、パス。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 これか。白いもの2つ、あれが正面からだと、「目」に見える。降りていけそうだったけれど、まぁ、パス。
2
 しばらく平坦基調の尾根道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 しばらく平坦基調の尾根道。
 橋が2つ見える。これから渡る橋だろうか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 橋が2つ見える。これから渡る橋だろうか。
 「見晴台」到着。見晴らしはない。この先が「通行禁止」部分だ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 「見晴台」到着。見晴らしはない。この先が「通行禁止」部分だ。
 この看板。ここ(山レコ)で予習しておいたので、自己責任で進入することにする。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 この看板。ここ(山レコ)で予習しておいたので、自己責任で進入することにする。
 延々と急な階段の下りが続く。もちろん危険箇所はなし。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 延々と急な階段の下りが続く。もちろん危険箇所はなし。
 枯れ沢を隔てた向かい側。左奥で折り返してくる。あの斜面のトラバースが危険なのかな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 枯れ沢を隔てた向かい側。左奥で折り返してくる。あの斜面のトラバースが危険なのかな?
 画面中央が折り返し点。そこで、用心のため、ストックを1本取り出した。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 画面中央が折り返し点。そこで、用心のため、ストックを1本取り出した。
 こんな感じでちょっと道が狭くなっているけれど、特に問題はなし。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 こんな感じでちょっと道が狭くなっているけれど、特に問題はなし。
 結局、特に危険と思えるような箇所はないまま橋が見えてきた。あれがこれから渡る秋山川橋なのは、間違いない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 結局、特に危険と思えるような箇所はないまま橋が見えてきた。あれがこれから渡る秋山川橋なのは、間違いない。
 下が透けて見える網になっている橋。橋はしっかりしていてほとんど揺れないけれど、風が吹き抜ける。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 下が透けて見える網になっている橋。橋はしっかりしていてほとんど揺れないけれど、風が吹き抜ける。
 ガイドブックの指示する道は橋から左だけれど、道があったな、という痕跡だけ。通る人はいないようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 ガイドブックの指示する道は橋から左だけれど、道があったな、という痕跡だけ。通る人はいないようです。
 右は、急だけれど、はっきりした道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 右は、急だけれど、はっきりした道。
 結構登って、ようやく車道が見えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 結構登って、ようやく車道が見えてきました。
 車道との合流点にはこの看板。この向こう側から飛び出してきたのです。  
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 車道との合流点にはこの看板。この向こう側から飛び出してきたのです。  
1
 車道を少し右に行った先の(日連)金剛山への登山道入り口。
 しかしなぜかこれを見落としてしばらく先まで車道を行ってしまったのです。しかし、おかしいと気づいて、GPSを見たら。GPSには頼らないようにしていますが、こういう時はとても便利。(^^)(^^)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 車道を少し右に行った先の(日連)金剛山への登山道入り口。
 しかしなぜかこれを見落としてしばらく先まで車道を行ってしまったのです。しかし、おかしいと気づいて、GPSを見たら。GPSには頼らないようにしていますが、こういう時はとても便利。(^^)(^^)
 ここも、どんどん登ります。これくらいの傾斜が、スピードも出てしまうので一番疲れるかな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 ここも、どんどん登ります。これくらいの傾斜が、スピードも出てしまうので一番疲れるかな。
 要所要所に小さいけれど道標もあって、快適に登れます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 要所要所に小さいけれど道標もあって、快適に登れます。
 ようやく社らしきものが見えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 ようやく社らしきものが見えてきました。
 (日連)金剛山山頂。ここは展望はないけれど近くにビューポイントがあるのは予習済みです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 (日連)金剛山山頂。ここは展望はないけれど近くにビューポイントがあるのは予習済みです。
1
 この峰山と八坂山ですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 この峰山と八坂山ですね。
1
 ちょっと歩くと、展望が開けてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 ちょっと歩くと、展望が開けてきました。
 ここが峯山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 ここが峯山。
 今歩いてきた山並みでしょうか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 今歩いてきた山並みでしょうか。
 さらに足を伸ばすと直ぐに「八坂山」
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 さらに足を伸ばすと直ぐに「八坂山」
同じような展望です。これは西側。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同じような展望です。これは西側。
 こんな案内も掲示してありました。富士山もちょっと見えるとのことでしたが、もやってしまって見えませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 こんな案内も掲示してありました。富士山もちょっと見えるとのことでしたが、もやってしまって見えませんでした。
 そして山頂にはこんな標識。地図には道のない北にルートがあるようです。予定では金剛山まで戻って下山するつもりでしたが、同じ道を通らないで済むならその方が良いですね。
 北側にリボンもついていて誘っていたので、枯れ葉がつもって踏み跡のない滑る急坂を下りてみました。
 
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 そして山頂にはこんな標識。地図には道のない北にルートがあるようです。予定では金剛山まで戻って下山するつもりでしたが、同じ道を通らないで済むならその方が良いですね。
 北側にリボンもついていて誘っていたので、枯れ葉がつもって踏み跡のない滑る急坂を下りてみました。
 
 その先で、左手にリボンが見えましたが、すごい斜面をトラバースするようだし、道らしきものは全く見えない。リボンも千切れて垂れ下がっているのかな。
 正面も枯れ葉がつもって踏み跡はないのだけれど尾根がずっと続いている。迷いましたが、正面の先に青いリボンも見えたので、正面を下りました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 その先で、左手にリボンが見えましたが、すごい斜面をトラバースするようだし、道らしきものは全く見えない。リボンも千切れて垂れ下がっているのかな。
 正面も枯れ葉がつもって踏み跡はないのだけれど尾根がずっと続いている。迷いましたが、正面の先に青いリボンも見えたので、正面を下りました。
 こんな感じで尾根を下っていきます。左側の木に青いリボンが結ばれていますね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 こんな感じで尾根を下っていきます。左側の木に青いリボンが結ばれていますね。
急だけれど歩きやすい尾根は終わって正面には林が。しかし赤いリボンが誘っているので入っていきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急だけれど歩きやすい尾根は終わって正面には林が。しかし赤いリボンが誘っているので入っていきました。
 結局最後はものすごい藪。この右手奥にちょっと赤い鳥居が見えているので、無理矢理押し通ってしまいました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 結局最後はものすごい藪。この右手奥にちょっと赤い鳥居が見えているので、無理矢理押し通ってしまいました。
 着いたのはここ。あとで地図を見ると「八坂神社」。
 予定外のところで街に出るとそこから駅までのルートがわかり辛くて苦労したことが多いのですが、GPSがあるとその心配はゼロ。もっともこの日はこの先の墓地から渡らなくてはならない日連大橋が見えたので、GPSを使わなくても問題なく橋まで到達できました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 着いたのはここ。あとで地図を見ると「八坂神社」。
 予定外のところで街に出るとそこから駅までのルートがわかり辛くて苦労したことが多いのですが、GPSがあるとその心配はゼロ。もっともこの日はこの先の墓地から渡らなくてはならない日連大橋が見えたので、GPSを使わなくても問題なく橋まで到達できました。
1
 最後は、駅前の「鮨ひろ」さんで、生ビールとお寿司。お通しはあおやぎとふきのとう。とても美味しかったです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 最後は、駅前の「鮨ひろ」さんで、生ビールとお寿司。お通しはあおやぎとふきのとう。とても美味しかったです。
1

感想/記録
by akuji

 3月2日。好天予報なので、藤野の3つの金剛山に登りました。あらかじめ、ここ(山レコ)で途中通行禁止の箇所があること、しかし、通れること、さらに、3つめの金剛山のそばに展望地があることも予習しておきました。
手持ちのガイドブックでは、2つの金剛山だけで4時間とあるので、6時間を目安に9:15藤野駅着の電車で予定を立てました。
 GPS使用は4回目ですが、最初の操作でミスり、さらに最初の車道歩きで道を間違えて(曲がるべきところを直進してしまった)、怪しいと思って立ち止まったところがログの開始になりました。はじめから道を間違え、通行禁止区間もあるなど、低山とはいえどうなることか、一抹の不安を抱きながら歩き始めました。(以下写真のキャプションへ)
訪問者数:229人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ