ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 822028 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走御在所・鎌ヶ岳

18きっぷで鈴鹿南部縦走リベンジ(高畑山、那須ヶ原山、油日岳)

日程 2016年03月04日(金) [日帰り]
メンバー munesan
天候はれ
アクセス
利用交通機関
電車バス
関駅前7:25発の亀山市コミュニティバスで伊勢坂下へ(100円)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間30分
休憩
30分
合計
7時間0分
S伊勢坂下バス停07:4008:20鏡岩09:10高畑山09:2009:40溝干山09:50坂下峠10:20唐木山11:20那須ヶ原山11:3012:40三国岳12:50忍者岳13:20油日岳13:3014:40柘植駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
去年のレコ
雪の鈴鹿南部縦走敗退記(高畑山〜溝干山)
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-597179.html
コース状況/
危険箇所等
若干雪の残る箇所あり。解けてスリッピーな箇所多数
唐木のキレットは巻き道でも足元の崩れる所あり
那須ヶ原山から三国岳への途中、木原造林の杭がある分岐は要注意
道なりに左に進むのは間違い。テープのたくさんある細い右の道が正解。
その他周辺情報トイレは、関駅、奥余野公園、柘植駅にある
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

装備

備考 三ツ頭山が特定できなかった

写真

亀山駅にて朝日を浴びるキハ48系とキハ25系
今度のダイヤ改正でキハ48系は姿を消す
鉄ちゃんしか分からない、今だけの貴重なツーショット
2016年03月04日 07:04撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
亀山駅にて朝日を浴びるキハ48系とキハ25系
今度のダイヤ改正でキハ48系は姿を消す
鉄ちゃんしか分からない、今だけの貴重なツーショット
関駅前からコミュニティバスで
伊勢坂下へ移動
乗客は意外にも2人だった
2016年03月04日 07:28撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
関駅前からコミュニティバスで
伊勢坂下へ移動
乗客は意外にも2人だった
伊勢坂下のバス停から鈴鹿峠までご一緒した、
東海道を歩く北海道の男性
いろいろお話させていただき、ありがとうございました
2016年03月04日 08:15撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊勢坂下のバス停から鈴鹿峠までご一緒した、
東海道を歩く北海道の男性
いろいろお話させていただき、ありがとうございました
1
ナイフエッジ
ロープを使って、ザレ場を通過する
2016年03月04日 08:50撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナイフエッジ
ロープを使って、ザレ場を通過する
2
1座目高畑山
山頂標の様子が去年と違っている
バックには雨乞岳や入道ヶ岳、鎌ヶ岳
2016年03月04日 09:13撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1座目高畑山
山頂標の様子が去年と違っている
バックには雨乞岳や入道ヶ岳、鎌ヶ岳
5
ニコニコで2座目溝干山
ここまでは余裕があった
2016年03月04日 09:37撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ニコニコで2座目溝干山
ここまでは余裕があった
2
去年はここのロープが無くて、直進してしまいました
正しくは左の道だった
2016年03月04日 09:48撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
去年はここのロープが無くて、直進してしまいました
正しくは左の道だった
坂下峠
この先は未知の領域
滑りやすい道をえっちらおっちら登っていく
2016年03月04日 09:51撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
坂下峠
この先は未知の領域
滑りやすい道をえっちらおっちら登っていく
唐木のキレット
巻き道もなかなか手ごわかった
2016年03月04日 10:06撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐木のキレット
巻き道もなかなか手ごわかった
何度も出てくる三点確保のプレート
足元が崩れた〜
ここが今回の核心部
2016年03月04日 10:13撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何度も出てくる三点確保のプレート
足元が崩れた〜
ここが今回の核心部
1
ようやく3座目唐木岳
かなり疲れた
2016年03月04日 10:20撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく3座目唐木岳
かなり疲れた
2
今回の最高峰那須ヶ原山で4座目
山頂標が乱立
那須ヶ原山神社に参拝して、登山の無事を願う
2016年03月04日 11:22撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回の最高峰那須ヶ原山で4座目
山頂標が乱立
那須ヶ原山神社に参拝して、登山の無事を願う
3
ちょっと戻って、ここの分岐を
三国岳・油日岳方向へ
2016年03月04日 11:35撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと戻って、ここの分岐を
三国岳・油日岳方向へ
踏み跡明瞭なので左に行きたい所だが、
そちらは加太不動滝方面
右手の細い道に入る
2016年03月04日 12:07撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踏み跡明瞭なので左に行きたい所だが、
そちらは加太不動滝方面
右手の細い道に入る
ゴーゴー5座目の三国岳
駆け出すポーズ
2016年03月04日 12:38撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴーゴー5座目の三国岳
駆け出すポーズ
2
6座目忍者岳
6に絡めて、ロックのギタリストイメージで
ストックを使用
2016年03月04日 12:53撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6座目忍者岳
6に絡めて、ロックのギタリストイメージで
ストックを使用
2
なんとか7座目加茂岳
予想以上の気温でお疲れ気味
2016年03月04日 13:06撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんとか7座目加茂岳
予想以上の気温でお疲れ気味
2
最終目的地8座目油日岳
やり切った〜
2016年03月04日 13:19撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最終目的地8座目油日岳
やり切った〜
3
三馬谷滝方面の沢沿いの道は荒れているが、
涼しくて気持ちいい
2016年03月04日 13:37撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三馬谷滝方面の沢沿いの道は荒れているが、
涼しくて気持ちいい
ギリギリで柘植駅
1時間に1本の列車に間に合った
2016年03月04日 14:44撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ギリギリで柘植駅
1時間に1本の列車に間に合った

感想/記録

18きっぷシーズンになりました。
去年のリベンジを果たすべく、高畑山〜油日岳に挑みました。
縦走は成功しましたが、意外な敵に苦労した7時間の山歩きとなりました。

JR関西線関駅前からコミュニティバスで伊勢坂下に移動。
なんと、乗客は私ともう一人。
北海道から来た74歳のご老人。日本橋から東海道を京都に向かって歩いていて、
今日は鈴鹿峠から水口まで行くそうで、いろいろお話しながら鈴鹿峠までご一緒させていただきました。
私と同じペースで、しっかりした足取り。
見習いたいものです。

鈴鹿峠から鈴鹿南部縦走開始。
高畑山〜溝干山は、前回も登頂しているので難なくクリア。
その先、坂下峠への下りは前回崩壊地に降りてしまったいわくつきの場所。
慎重に下って、前回の原因がわかりました。
ロープで崩壊した道は通せんぼしてありました。
おそらく、前回は雪で立木が流されてロープが無かったようだ。

坂下峠からは未知の道。
アップダウンの続く尾根道歩き。
一番の核心部は、唐木キレットの巻き道。
巻き道といえど三点確保の看板があちこちにつりさげられ、
特にロープにつかまってザレ場をトラバースするところは、
足元がズルズル崩れて、ロープを放したら滑落しそう。

歩き出すとかなり暑かった。
風も弱く、結局ベースレイヤー1枚で十分。
この日の伊賀市の最高気温は19度。
完全に選択を誤りました。
水は500mlで足りましたが、シャリバテ気味でペースが上がらず。
想定していたコースタイムより遅れがち。
油日岳を下り、奥余野公園の東海自然歩道の標識を見たら、
柘植駅まで2.9キロ。
焦りました。
結局、鈴鹿峠から奥余野公園駐車場までの山中では、誰にも会わず。


今回は暑さとの闘いの要素がありました。
来週は寒の戻りがあるらしい。
ウエアや装備の準備をしっかりしたい。
訪問者数:318人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ