ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 823557 全員に公開 山滑走尾瀬・奥利根

三岩岳(国体コース)

日程 2016年03月05日(土) [日帰り]
メンバー katsuki123
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
小豆温泉スノーシェッド入口(夏道登山口)に駐車スペースあり。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

[3:15] 国体コース 入山
[9:00] 三岩岳 着
[13:00] 下山
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

登行中に振り返って撮影。もうすぐ夜が明ける。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登行中に振り返って撮影。もうすぐ夜が明ける。
2
1308ポコ西コルからの尾根。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1308ポコ西コルからの尾根。
1
これから行く稜線。期待で胸が膨らむ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから行く稜線。期待で胸が膨らむ。
4
稜線登行中。霞のかかる山はなんとなく良い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線登行中。霞のかかる山はなんとなく良い。
疎林の稜線を行く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
疎林の稜線を行く。
4
三岩岳ピークから大戸沢方面。GWにはこの稜線を使って、会津駒ヶ岳ー三岩岳間を縦走する人が多いらしい。私もやってみようか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三岩岳ピークから大戸沢方面。GWにはこの稜線を使って、会津駒ヶ岳ー三岩岳間を縦走する人が多いらしい。私もやってみようか。
6
稜線から窓明山方面。この角度からだとわかりづらいが、稜線東側は全体的に雪庇もしくは段差になっている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線から窓明山方面。この角度からだとわかりづらいが、稜線東側は全体的に雪庇もしくは段差になっている。
3
下山途中で振り返って。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山途中で振り返って。
3

感想/記録

 三岩岳は下大戸沢から行くルートもあるが、徒渉できるか不安だったので国体コースで行くことにした。スノーシェッド手前に看板もあるので入り口に迷う不安はない。

 早めに入山したが、夜の冷え込みのせいで雪が固まっていて、尾根の取り付きや登行には苦労した。上りやすそうなところを探してみたが、結局はウサギ(?)のトレースをたどるのが一番だった。小動物侮りがたし。1308ポコを超えたあたりからはだいぶ楽になり、遠目に見える稜線をカンフル剤として稜線に上がった。快晴無風の稜線歩きは気分がいい。霞がかってはいるが遠くの山まで一望できた。GWに縦走する人が多いのもわかる気がする。

 ピークのすぐ手前からは、真っ白な南斜面へ滑っていった跡が残っていた。この斜面をちょっと滑ろうと思っていたが、もろもろ考慮して今回はパス。ピーク周辺で長々とお茶をすすって、帰ることにした。

 稜線で数人とすれ違い、トレースのお礼をされたが、大したものでもないので恐縮してしまう。斜面の様子を見たり、ベストな休憩ポイントを探すのに無駄な部分もあったので。
 夏道分岐のあたりからは尾根の北面をちょくちょくつまみながら下った。1308ポコのあたりまでは疎林帯で、ストレスなくスキーできた。1308ポコを巻こうとしてえぐれた沢型にぶち当たったり、お茶のみ休憩を入れたりしながらも車まで戻り下山。 
訪問者数:462人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

雪庇 コル 雪崩
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ