ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 828099 全員に公開 山滑走芦別・夕張

北芦別/十四線川から布部岳

日程 2016年03月13日(日) [日帰り]
メンバー saito1987, その他メンバー1人
天候晴れのち曇り 頂上−3℃
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

スタート(6:20)→空知川支川十四線川→稜線(11:00)→尻岸馬内川源頭部引き返し(11:30)→布部岳1348m(13:00〜13:30)→戻り(15:30)
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

放射冷却で良い具合に冷え込んだ富良野盆地から芦別岳の北面
2016年03月15日 06:10撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
放射冷却で良い具合に冷え込んだ富良野盆地から芦別岳の北面
6
十四線川林道除雪はなく御料基線からすぐにスキーを履いて出発
2016年03月15日 06:35撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
十四線川林道除雪はなく御料基線からすぐにスキーを履いて出発
十四線川登路のもっとも狭まったあたり大雪直後は右岸からの雪崩に注意かも
2016年03月15日 08:57撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
十四線川登路のもっとも狭まったあたり大雪直後は右岸からの雪崩に注意かも
十四線川の標高700m扇のかなめ付近
2016年03月15日 09:10撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
十四線川の標高700m扇のかなめ付近
富良野西岳を横目に重たいラッセル
2016年03月15日 10:16撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富良野西岳を横目に重たいラッセル
3
こんもりと布部岳が姿を現す
2016年03月15日 10:55撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんもりと布部岳が姿を現す
4
谷間から中天狗♡
2016年03月15日 11:13撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷間から中天狗♡
2
布部岳頂上から
背景に中天狗と中岳のとんがり
2016年03月15日 13:25撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
布部岳頂上から
背景に中天狗と中岳のとんがり
4
重たい雪面を切り裂いて十四線川へ滑る
2016年03月15日 14:51撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
重たい雪面を切り裂いて十四線川へ滑る
2
沢までの斜面は意外と楽しめる
2016年03月15日 14:53撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢までの斜面は意外と楽しめる
4

感想/記録

 スキーで支川を遡って芦別の稜線へ至り、気ままなルート取りでマイナーピークを蹂躙する、という近年のテーマの一環で、今回は十四線川から中天狗(1317m)を目指した。
 快晴の朝、放射冷却で富良野盆地ではマイナス15℃まで下がった。堅雪の上に昨晩の雪が15僂らいふんわりと積もり、帰りのスキーの快調さを思うと気分も軽やかに除雪のない林道をラッセルしていく。
 標高450m付近から沢に入る。すでに雪で詰まった沢身は渡渉で気にするようなところはなく順調に高度を稼げる。600m~700m地点ではあまり右岸に寄りすぎると側面からの雪崩に注意か。760m「扇のかなめ」から沢を離れ、適当に稜線目指して斜面を登っていく。陽が高くなるにつれ、気温も上がりはじめ、急激に雪が腐りはじめた。みるみるうちにスキーが下駄となっていく(涙)。
 稜線から反対側の沢へいったん滑り込み、再び登り返して中天狗まで行くつもりだったが、いざシールを外してもスキーがまったく滑らない。逆につんのめって倒れるくらいのベタ雪と化す。いったん滑り込んだ谷の中で、この先の時間切れを予想し、中天狗の頂上はあきらめる。その代わりといってはなんだが、帰り際に布部岳の最高点を経由することに決めた。前回は八線川からのアプローチで頂稜の北の端には登ったが、最高点までは達していない。谷の反対側の斜面をしばらくシール無しでぺたぺたと登り返すと、布部岳の南に出た。
 布部岳は南側の斜面から急になる地点でスキーをデポし、ツボ足で頂上を目指す。脛のラッセルだったが、下のクラストした層にキックステップが良く利く。スキーよりもはるかに楽なものだ。頂稜では一部氷化しているところもあった。
 布部岳の帰りはスキーでトラバースを繰り返し、行きの十四線川源頭のトレースにあてた。午後になり急激に雲が出てきて日も陰り、ようやく粘っこい雪から解放された。稜線からの斜面では重い雪を制御し何とか滑降を楽しむことができたが、さいごには脚の筋肉がパンパンになった。
 ザラメに移行する季節はいろいろな条件でいろいろな雪面に遭遇する。3月の山の宿命なのだろう。
訪問者数:420人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ