ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 830464 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走氷ノ山

山頂小屋扉開きましたっ!in 灯篭岩(バリエ)から氷ノ山

日程 2016年03月20日(日) [日帰り]
メンバー jyunntarou
天候晴れ➡曇り➡チラリ雪 風まぁまぁ強し。山頂小屋内で丁度0度。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
福定親水公園P
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間31分
休憩
1時間18分
合計
6時間49分
S福定親水公園08:5009:00布滝09:28地蔵堂09:38木地屋跡09:50灯ろう岩取り付き点10:0911:11灯篭岩11:1411:16トラバース・ルンゼ登攀地点11:2011:51登攀終了H1320m地点11:5212:37氷ノ山13:0513:14流れ尾取り付き13:1714:10流れ尾90°右折地点14:1114:21旧最上リフト14:2714:57氷ノ山スキー場セントラルロッジ15:1015:39福定親水公園15:39ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
〇灯ろう岩尾根は、灯ろう岩を超えるのに50m程のカニの横這いトラバースが50m程。堕ちたら…あんまり良くはありません💦
〇それを渡り終えると、急峻なルンゼをピッケルとアイゼンを打ち込んで登ります。
〇今年は雪が腐っていて、ピッケルやアイゼンが効きにくく、冷や冷やしました。
標高差で50mチョイのルンゼ登攀ですが、滑ると100m以上は滑落します💦
〇灯ろう岩尾根は、同じバリルートでも「流れ尾」とは全く難度が違います。
〇標高1400m以上は、霧氷も見られ風も強くて「冬」でした。

●氷ノ山山頂避難小屋は、開きました(^^)/
●原因は、ドアの隙間に氷や雪が詰まって、つっかえていたようです。本日も窓は全てロックされていました。ロックしないと風で少し開いて中に雪が吹き込むからでしょうか。扉の立てつきが悪くなっており、ドアの左下に隙間が出来、右上は、ぎしぎしと詰まっています。冬場はまた隙間の雪が溶け、それが夜に凍って開かない場合が今後もあるかと思います。
●厳冬期は、アルミサッシの窓のロックは、しなくてもいいんじゃないかなぁ・・・風で少し動いて隙間から雪が入り込む可能性もあるからダメですか・・・

◎今年の残雪期の「流れ尾」は、名物の雪庇が出来ていませんでした。なんだか拍子抜けしてしまいました。

その他周辺情報近くに日帰り温泉数か所。
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 雨具 ゲイター ネックウォーマー バラクラバ ザック サブザック アイゼン ピッケル 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 保険証 時計 タオル カメラ ヘルメット 補助ロープ カラビナ 下降器 ハーネス

写真

山頂部はまだまだ雪がありそうです。
2016年03月20日 08:02撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂部はまだまだ雪がありそうです。
5
久しぶりのお山…故障を抱えて不安ですが いってきまーす。
2016年03月20日 08:46撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
久しぶりのお山…故障を抱えて不安ですが いってきまーす。
12
昨年滑落骨折の刑に処された「八木沢左俣」入り口です。
2016年03月20日 08:55撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨年滑落骨折の刑に処された「八木沢左俣」入り口です。
7
落差65mの「八木沢右俣」に架かる布滝です。
2016年03月20日 09:00撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落差65mの「八木沢右俣」に架かる布滝です。
7
これ、いつも思うのですが「不動滝」ではありません。40mの更に奥の斜爆だと思います。不動滝はこの奥の垂直落下の滝です。
2016年03月20日 09:10撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これ、いつも思うのですが「不動滝」ではありません。40mの更に奥の斜爆だと思います。不動滝はこの奥の垂直落下の滝です。
3
昨年7月。コレが不動滝です。
2015年07月26日 10:20撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨年7月。コレが不動滝です。
6
有名 加藤文太郎氏がビバークした「地蔵堂」です。雪が少ないです。
2016年03月20日 09:28撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
有名 加藤文太郎氏がビバークした「地蔵堂」です。雪が少ないです。
8
2015.4.12昨年の「地蔵堂」です。
2015年04月12日 08:45撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2015.4.12昨年の「地蔵堂」です。
今年は階段が流されていませんでした。
2016年03月20日 09:36撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今年は階段が流されていませんでした。
2
「木地屋跡」から、バリに入ります。勿論ノートレースです。
2016年03月20日 09:38撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「木地屋跡」から、バリに入ります。勿論ノートレースです。
3
昨年はスノーブリッジでしたが、暖冬の今年は「渡渉」を強いられました。滑ります💦
2016年03月20日 09:45撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨年はスノーブリッジでしたが、暖冬の今年は「渡渉」を強いられました。滑ります💦
3
雪が腐って、歩きにくいです。
2016年03月20日 09:48撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪が腐って、歩きにくいです。
2
赤丸は、10m直瀑です。シャワクラで登攀可能です。
2016年03月20日 09:50撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤丸は、10m直瀑です。シャワクラで登攀可能です。
6
びしょ濡れになりますが、このように登ります。夏が楽しみです。
2015年07月26日 11:27撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
びしょ濡れになりますが、このように登ります。夏が楽しみです。
5
ココから「灯ろう岩尾根」に取り付きます。しかし、最後の小さな乗越が面倒くさそうです。
2016年03月20日 09:50撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ココから「灯ろう岩尾根」に取り付きます。しかし、最後の小さな乗越が面倒くさそうです。
1
なんとか登り切りました。
2016年03月20日 10:11撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんとか登り切りました。
3
しかし、雪が腐っていますので急斜面が続くこの尾根はキツイです。
2016年03月20日 10:32撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しかし、雪が腐っていますので急斜面が続くこの尾根はキツイです。
2
巨大な岩場は、左に逃げます。
2016年03月20日 10:38撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巨大な岩場は、左に逃げます。
1
岩を乗越上に上がります。ココからは等高線が更に狭まりやや、登攀域のレベルになります。
2016年03月20日 10:40撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩を乗越上に上がります。ココからは等高線が更に狭まりやや、登攀域のレベルになります。
1
標高1110mの台地に出ます。ここでは、左手のボロボロ岩場を登ります。
2016年03月20日 10:46撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高1110mの台地に出ます。ここでは、左手のボロボロ岩場を登ります。
2
崩れそうですが、登ってしまいます。
2016年03月20日 10:49撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩れそうですが、登ってしまいます。
5
ココも等高線がかなり狭い急斜面。雪が腐っていますのでピッケルが効きにくいです。
2016年03月20日 10:49撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ココも等高線がかなり狭い急斜面。雪が腐っていますのでピッケルが効きにくいです。
2
でたっ!お猿さんみたいな灯ろう岩の前衛岩です。
2016年03月20日 11:11撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でたっ!お猿さんみたいな灯ろう岩の前衛岩です。
10
岩の向こうに赤倉山(1322m)が見えました。
2016年03月20日 11:13撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩の向こうに赤倉山(1322m)が見えました。
4
灯ろう岩本体の下には、窟屋があって神様が祭られています。つららも今年は小さいです。
2016年03月20日 11:14撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
灯ろう岩本体の下には、窟屋があって神様が祭られています。つららも今年は小さいです。
4
灯ろう岩に遮られるので、左手のトラバースで逃げます。
2016年03月20日 11:14撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
灯ろう岩に遮られるので、左手のトラバースで逃げます。
1
カニの横這いが長さ50m以上程続きます。稲村ヶ岳のトラバースの3倍はあります。
2016年03月20日 11:18撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カニの横這いが長さ50m以上程続きます。稲村ヶ岳のトラバースの3倍はあります。
4
真ん中突起物は「木」じゃありません。灯ろう岩前衛岩です。
2016年03月20日 11:20撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真ん中突起物は「木」じゃありません。灯ろう岩前衛岩です。
4
トラバースを終えると、次はルンゼ直登です。夏場は無理でしたがこの時期だけは狙えます。
2016年03月20日 11:23撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラバースを終えると、次はルンゼ直登です。夏場は無理でしたがこの時期だけは狙えます。
3
2014の秋です。このルンゼは雪が無いと登れません。
2014年10月12日 09:41撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2014の秋です。このルンゼは雪が無いと登れません。
2
かなり急峻です。
2016年03月20日 11:28撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かなり急峻です。
4
ピッケルのピックは流されますので、シャフトを入れこみます。アイゼンは思いっきりけり込みます。
2016年03月20日 11:31撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピッケルのピックは流されますので、シャフトを入れこみます。アイゼンは思いっきりけり込みます。
4
無雪期は、この辺りの猛烈根曲がり竹ブッシュで「敗退」を喫しました。残雪期は、それが埋まって楽ちんです。
2016年03月20日 11:51撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無雪期は、この辺りの猛烈根曲がり竹ブッシュで「敗退」を喫しました。残雪期は、それが埋まって楽ちんです。
2
標高1350mを越えると 霧氷がうっすらと。
2016年03月20日 11:53撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高1350mを越えると 霧氷がうっすらと。
6
雪も急に多くなります。
2016年03月20日 12:02撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪も急に多くなります。
1
しかも雪が締って、ラッセル要りません(^^)/
2016年03月20日 12:02撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しかも雪が締って、ラッセル要りません(^^)/
2
サクサク 標高1400mを越えると風も強くなり、時折小雪もパラパラ。冬を感じます。
2016年03月20日 12:11撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サクサク 標高1400mを越えると風も強くなり、時折小雪もパラパラ。冬を感じます。
3
今年最後の霧氷かもしれませんね。
2016年03月20日 12:12撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今年最後の霧氷かもしれませんね。
3
お天気が目まぐるしいです。
2016年03月20日 12:14撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お天気が目まぐるしいです。
3
北風が強くなって曇り空。
2016年03月20日 12:24撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北風が強くなって曇り空。
3
おっ、やっと山頂避難小屋が見えましたっ。
2016年03月20日 12:30撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おっ、やっと山頂避難小屋が見えましたっ。
2
「流れ尾」上部の霧氷がきれいです。
2016年03月20日 12:34撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「流れ尾」上部の霧氷がきれいです。
5
灯ろう岩尾根を突き上げると、小屋の真裏に出ます。
2016年03月20日 12:36撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
灯ろう岩尾根を突き上げると、小屋の真裏に出ます。
8
根曲がり竹をかき分けたら・・・「道」との遭遇です。
2016年03月20日 12:37撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
根曲がり竹をかき分けたら・・・「道」との遭遇です。
2
登山者さんに撮っていただきました。
2016年03月20日 12:39撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山者さんに撮っていただきました。
13
今日は、「開きました!」
2016年03月20日 12:39撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は、「開きました!」
9
ランチパックの気持ち。本日はコレだけです。カロリー不足ですが、お山では本当に食べませんね・・・。
2016年03月20日 12:42撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ランチパックの気持ち。本日はコレだけです。カロリー不足ですが、お山では本当に食べませんね・・・。
8
あれ?今までになかったモノが…。小屋に入れて感謝です。
2016年03月20日 12:42撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あれ?今までになかったモノが…。小屋に入れて感謝です。
7
小屋内の気温は丁度0度。びゅんびゅん風の唸りが聞こえます。
2016年03月20日 12:44撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋内の気温は丁度0度。びゅんびゅん風の唸りが聞こえます。
7
前回の2月に扉が開かなかった原因を確かめました。ドアの下に隙間が出来ています。ココから雪が入って溶けて氷が張り付いたと考えられます。
2016年03月20日 13:05撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前回の2月に扉が開かなかった原因を確かめました。ドアの下に隙間が出来ています。ココから雪が入って溶けて氷が張り付いたと考えられます。
6
扇ノ山は、雪雲に覆われ始めました。
2016年03月20日 13:06撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
扇ノ山は、雪雲に覆われ始めました。
3
小屋からトラバースで「流れ尾」に入ります。
2016年03月20日 13:14撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋からトラバースで「流れ尾」に入ります。
3
小雪がちらりほらり。氷ノ山山頂部は冬の気配がします。
2016年03月20日 13:14撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小雪がちらりほらり。氷ノ山山頂部は冬の気配がします。
2
流れ尾は2ヶ所急斜面があります。一つはココです。
2016年03月20日 13:17撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
流れ尾は2ヶ所急斜面があります。一つはココです。
3
新雪ラッセルでは、キツイ所です。
2016年03月20日 13:17撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新雪ラッセルでは、キツイ所です。
3
げっ。流れ尾名物雪庇があーりません・・・今年は雪庇通しに下れませんでした…コレがココの醍醐味なのに…暖冬ですね。
2016年03月20日 13:24撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
げっ。流れ尾名物雪庇があーりません・・・今年は雪庇通しに下れませんでした…コレがココの醍醐味なのに…暖冬ですね。
4
コレは2015.4.12昨年の流れ尾です。雪庇に乗って下れました。
2015年04月12日 12:31撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コレは2015.4.12昨年の流れ尾です。雪庇に乗って下れました。
3
あってもこんなにちっちゃなモノ・・・
2016年03月20日 13:38撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あってもこんなにちっちゃなモノ・・・
3
※流れ尾の直角曲がりのマークです。コレを見落としてそのまま尾根通しに行っちゃいますと崖っぷちアウトになります。谷へ降りれたとしても滝で詰まります。
2016年03月20日 14:10撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
※流れ尾の直角曲がりのマークです。コレを見落としてそのまま尾根通しに行っちゃいますと崖っぷちアウトになります。谷へ降りれたとしても滝で詰まります。
6
右手の丸みを帯びた枝尾根に乗り換えます。
2016年03月20日 14:10撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手の丸みを帯びた枝尾根に乗り換えます。
2
ズボズボですっ(/・ω・)/
2016年03月20日 14:11撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ズボズボですっ(/・ω・)/
2
やっと、旧リフト最上に飛び出しました。
2016年03月20日 14:25撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと、旧リフト最上に飛び出しました。
4
雪は、ココまでです。
2016年03月20日 14:30撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪は、ココまでです。
1
2015.4.12 昨年の同じ場所です。去年はグリセードや尻セードで滑降(笑)できましたが・・・今年はこの時期で一切雪はありません。
2015年04月12日 13:13撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2015.4.12 昨年の同じ場所です。去年はグリセードや尻セードで滑降(笑)できましたが・・・今年はこの時期で一切雪はありません。
4
今年の3月氷ノ山は、例年のGW頃のようです。
2016年03月20日 14:38撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今年の3月氷ノ山は、例年のGW頃のようです。
3
国際スキー場に降りてきました。右手に何か持ってます。
2016年03月20日 15:03撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国際スキー場に降りてきました。右手に何か持ってます。
2
スキー場とっくにOFFなのに自販機が稼働しておりましたっ。
2016年03月20日 15:04撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スキー場とっくにOFFなのに自販機が稼働しておりましたっ。
8
おおっ、復活カペラカーゴが見えました。
2016年03月20日 15:37撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おおっ、復活カペラカーゴが見えました。
15
復活の はい。たっち。3か月の入院でしたっ。
2016年03月20日 15:39撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
復活の はい。たっち。3か月の入院でしたっ。
10
でも、いいお山ですよー(^^)/
2016年03月20日 15:59撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でも、いいお山ですよー(^^)/
5

感想/記録

仕事続きで、久々のお山です。
しかも、右膝・踝の故障に加え、「土日返上事務仕事続き」から来る腰痛が酷くなってしまって、両足の痺れなど不安な要素だらけでした。

灯ろう岩尾根は、バリルートです。ピッケルと12本爪出刃アイゼンが必須です。雪が腐っていましたので非常に不安定な登攀を強いられました。(下に動画があります)



2月に行った時、山頂避難小屋のドアが開かなかった原因が判りました。ドアの下がずれて隙間が出来ています。前日雨でしたので小屋内に吹き込んだ雪が溶け、その後気温が低下して凍り付いたブロックが出来て、それがドアをロックしていたのです。

流れ尾は、どちらかと言えばメジャーなバリルートですのでマーキングもあります。
東尾根をぐるっと回るより、短時間で降りて来れます。但し例年だと雪庇や雪崩の恐れもありますが、今年は心配ありません。

カペラカーゴも復活して、久しぶりの「はい、たっち」が出来て嬉しかったです。
訪問者数:502人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2010/2/24
投稿数: 21
2016/3/23 20:07
 トラ
素晴らしいっす!
登録日: 2013/12/3
投稿数: 590
2016/3/24 0:50
 カペラ、復活して本当に良かったですね!
やはり今年は異常に雪が少ないんですね‥‥‥それに、写真や動画で見た感じでも、雪質が、かなり水分が多そうで、状態が悪そうに思います。用心しながら進んでも危険な感じがします。避難小屋は今回は無事に入れたんですね(^-^)v 前回に入れなかった原因は寒さによる凍結だったんですね!‥‥‥‥なるほど、それなら納得出来ます。カ
ペラが大望の復活を無事に出来たんですね〜(^-^)  カペラお帰りなさい\(^o^)/jyunntarou さんの相棒であり、大切な家族が無事に帰宅出来て本当に良かったで〜す (*^^*)
jyunntarou さんもカペラに負けないように身体をしっかり治して、これからも、カペラとゴールデンコンビを組んで良い山行きを続けてくださいね!
登録日: 2013/9/30
投稿数: 603
2016/3/24 22:45
 Re: トラ
トラさん ありがとうございます。
今年の雪は、腐っていて ちょいと怖かったです(-_-;)
でも、この暖冬にコレだけの雪がある氷ノ山。
やっぱり いいお山ですね。
登録日: 2013/9/30
投稿数: 603
2016/3/24 22:57
 Re: カペラ、復活して本当に良かったですね!
rinaさん ありがとうございます。
カペラも ついでに ご心配おかけしました「ぎんじ」の野郎も 復活しましたっ(^^)/
後は、自分自身の復活だけですがっ(笑)

豪雪地帯の氷ノ山で この雪ですから 今年の冬は本当に暖冬でした。
おそらく 石鎚山でも同様でしょうね。

カペラは、高速道路でもしっかりと真っ直ぐに走りました(*´▽`*)
あれだけぐちゃぐちゃになったのに・・・修理された方に感謝ですっ。
ゴールデンコンビですかっ(笑)
うーん・・・両方とも歳喰いましたので シルバーコンビかなぁ(爆)
ぎんじも歳なので、シルバートリオ?(/・ω・)/
今年は、石鎚山の沢に 行きたいです。
それまでに 体を修理しなくては・・・。
rinaさんも お体を大切にして お仕事がんばってくださいね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ