また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

氷ノ山(ひょうのせん) / 須賀ノ山(すがのせん)・古名:四ヶノ仙(しがのせん)

最終更新:yamaya

樹氷が美しい中国地方第2位の高峰


氷ノ山は兵庫県養父市(やぶし)と鳥取県若桜町(わかさちょう)の境にそびえる山です。中国地方では大山に次ぐ高さで、標高は1510mです。また、兵庫県最高峰でもあり「兵庫の屋根」と称されています。
日本二百名山に選定されており、広大なブナ林をはじめとする豊かな自然が魅力です。


 "樹氷"
山名の由来はいくつかあります。
そのひとつは神話に基づいており、天照大神が朝日に輝く樹氷の風景絶佳から「ヒエ(日枝)の山」と褒めたたえたからとしています。
かつては「須賀ノ山(すがのせん)」「四ヶノ山(しかのせん)」など複数の呼び名がありました。国土地理院の前身機関である陸地測量部が、地図作成の際に「氷ノ山」を用いたためこちらが定着したようです。

孤高の登山家・加藤文太郎ゆかりの山


 "加藤文太郎記念図書館:加藤文太郎レリーフ"
氷ノ山は、兵庫県出身の登山家・加藤文太郎(かとうぶんたろう:1905-1936年)が幾度も足を運んだ山としても知られています。彼は氷ノ山を含めた山塊を「兵庫アルプス」と名付け、氷ノ山を「兵庫槍」、三の丸を「兵庫穂高」などと北アルプスの山々に見立て親しんでいました。

御伊勢参りの旧道


 "氷ノ山越"
氷ノ山は、山岳信仰の山であったと言われています。"氷ノ山"の"山"を「セン」と発音するのは、吳音(ごおん)という漢字の音読みで仏教用語に多く使われています。
また「氷ノ山越(もしくは氷ノ越)」は、古くは天照大神が通った峠とされています。江戸時代には御伊勢参りの街道として庶民が行き来しており、当時よりお地蔵様が旅人の無事を見守っています。今は避難小屋が備えられ、人々の安全に貢献しています。


 "氷ノ山越コース:石畳"
氷ノ山越の東西に伸びる登山道は、旧伊勢道の形跡で一部に石畳が残ります。兵庫県側にある地蔵堂は、避難小屋の役目も兼ねており、加藤文太郎も泊まったそうです。

見晴らしの良い山頂部


 "山頂部"
山頂一帯はチシマザサの草原が広がります。これは冬の気候が厳しく高木が生育できないためで、チシマザサの切頭群落と呼ばれています。


 "山頂"
山頂には一等三角点「氷ノ山(ひょうのやま)」が埋標されており、周りを囲む玉石は2019年の「氷ノ山紅葉登山フェスティバル」の参加者らによって運び上げられました。
傍らには三角屋根の避難小屋があり、やや離れて立派なバイオトイレが設置されています。


 "山頂より扇ノ山を望む"

 "山頂よりハチ高原を望む"
360度の展望を誇り、近くは三の丸や、鉢伏山とハチ高原、やや離れては扇ノ山(おうぎのせん)や日本海を望むことができます。
天気が良ければ、中国地方最高峰の大山、六甲山も確認できます。さらに北陸地方の白山や、四国地方の石鎚山が見えることもあります。

多彩な自然を満喫


 "ブナ林"
氷ノ山はブナの自然林が残る山で、西側が特に見事とされています。
四季折々に見どころがあり、春は新緑のブナやツツジの花々、秋は鮮やかな紅葉が自慢です。冬は積雪が多く、樹氷をお目当てにした雪山登山も楽しめます。


 "古生沼"
山体の主成分は溶岩が冷え固まった安山岩で、約300万年前の海底火山の噴火でできたそうです。
古生沼(こせぬま)はかつての火口跡と推測されています。現在は国内の高山性湿原植物群落の南限に相当し、ヤチスゲやエゾリンドウなど、氷河期の生き残りとされる貴重な湿性植物が自生しています。


 "古千本杉"
古生沼の近くには「古千本杉」「千本杉」なる天然スギの樹林があります。スギはアシウスギという変種で、雪に押し付けられた枝が水平や下向きに生長します。


 "ヒョウノセンカタバミ"
「ヒョウノセンカタバミ」は氷ノ山で採取されたことから命名された植物です。コミヤマカタバミよりやや大きく、白色や淡紅色の花を咲かせます。
豊かな森には、国の天然記念物に指定されるイヌワシやヤマネが生息しています。また、2019年には新種の昆虫「ヒョウノセンヒメハナノミ」が発見されました。

兵庫県側からぐるりと巡る


 "モデルコース(福定親水公園周回)"
6時間20分 10.4km
福定親水公園(65分)→地蔵堂(80分)→氷ノ山越(76分)→氷ノ山(24分)→一の谷休憩所(26分)→東尾根避難小屋(27分)→東尾根登山口(51分)→福定親水公園

兵庫県側からの定番ルートは福定親水公園からのひと回りです。


 "モデルコース(ブン廻しコース)"
7時間37分 10.4km
氷ノ山鉢伏口(30分)→福定親水公園(62分)→東尾根登山口(47分)→東尾根避難小屋(91分)→神大ヒュッテ(41分)→氷ノ山(52分)→氷ノ山越(69分)→大平頭(36分)→小代越(29分)→ハチ高原バス停

「ブン廻しコース」は人気のロングコースです。
健脚な登山者の中には、北方の鉢伏山を含めより長い山行とする人もいます。

鳥取県側のアプローチ


 "登山ルート(氷ノ山越コース・仙谷コース・三ノ丸コース)"
鳥取県側のポピュラーな出発地は「わかさ氷ノ山自然ふれあいの里」です。ここは、スキー場やキャンプ場、自然ふれあい館などの施設があるリゾート地です。
登山コースは主に3本で、「氷ノ越コース」「仙谷コース」「三ノ丸コース」があります。(※仙谷コースは、上級者向けで下りでの利用は推奨されていません。また2021年12月現在、通行止めです。)
登山口 福定親水公園
氷ノ山鉢伏口バス停
東尾根登山口
まど登山口
氷ノ越コース登山口
わかさ氷ノ山キャンプ場登山口
仙谷コース登山口
三ノ丸コース登山口
基本情報
標高 1509.77m
場所 北緯35度21分14秒, 東経134度30分50秒
カシミール3D
兵庫県最高峰の一等三角点峰、日本二百名山の一つ
山頂
分岐
テント場
山小屋 二階建ての避難小屋
トイレ
展望ポイント 空気が済んでいると日本海が見える
Wikipedia氷ノ山のWikipadia

付近の山

この場所に関連する本

この場所を通る登山ルート

おすすめルート

  • 初級 日帰り 氷ノ山
    1月
    2月
    3月
    4月
    5月
    6月
    7月
    8月
    9月
    10月
    11月
    12月
    関西と中国地方を分ける秀峰。交通のアクセスもよく充実した週末の山行を約束します。

「氷ノ山」 に関連する記録(最新10件)

氷ノ山
  27   12 
2022年01月16日(日帰り)
氷ノ山
  56    10 
2022年01月16日(日帰り)
氷ノ山
  5    7 
2022年01月15日(日帰り)
中国
  38    13 
w639hiro, その他2人
2022年01月15日(日帰り)
氷ノ山
  32    32  2 
2022年01月15日(日帰り)
氷ノ山
  4    5 
2022年01月15日(日帰り)
氷ノ山
  29    26 
2022年01月15日(日帰り)
氷ノ山
  33    11 
2022年01月15日(2日間)
氷ノ山
  22    17 
2022年01月09日(日帰り)
氷ノ山
     4 
hide0117, その他2人
2022年01月09日(日帰り)
ページの先頭へ