ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 830961 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走富士・御坂

鳥坂峠〜春日山〜滝戸山※Connecting the root 2016 7th

日程 2016年03月20日(日) [日帰り]
メンバー drunk
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
山梨県笛吹市芦川町「新鳥坂トンネル」
精進湖ブルーラインから芦川町へ分岐

道路状況:精進湖ブルーライン以降、坂道&カーブの連続になります。
     芦川町内は道も狭くなります。

駐車場:バス停「新鳥坂トンネル」個所に駐車スペースあり

トイレ:付近に無
    田舎体験「おてんぐさん」及びすずらんの里は冬期閉鎖中

コンビニ:芦川町にはありません。
     R139沿い又は、中央道「甲府南IC」付近で探して下さい。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間18分
休憩
9分
合計
4時間27分
S鳥坂トンネル06:2806:34鳥坂山06:3706:40鳥坂峠07:08春日沢ノ頭07:0907:27春日山07:32黒坂峠07:3507:49名所山07:5008:00風巻08:20鶯宿峠08:53滝戸山08:5409:17滝戸山登山口10:55鳥坂トンネルG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
総歩行時間=4時間28分(標準時間=鳥坂トンネルから鶯宿峠まで2時間50分)
歩行距離=20.85km
標高差=467m
平均速度=4.67km/H
※全てGPSログより
 GPSログは長めに表記されているので、参考程度として下さい。
 データの間引きは1,000P以下にしています。
 (NV-U37使用:NMEA形式で記録後、フリーソフトでGPX形式に変換)
コース状況/
危険箇所等
1.新鳥坂トンネルから春日山までは整備されたトレッキングコース
2.春日山は数回のアップダウンがある
3.春日山からは1度下って、黒坂峠(林道)に出る
4.黒坂峠から名所山(春日山最高点)までは急登でトレースは不鮮明
5.名所山から鶯宿峠のトレースは不鮮明でリボン等少ない
6.鶯宿峠から滝戸山登山口は林道を歩く
7.滝戸山までは整備されたトレッキングコース
その他周辺情報田舎体験「おてんぐさん」
http://www.h3.dion.ne.jp/~otengu3/index.html

芦川のずずらん群生地※5/28〜5/29すずらな祭り
http://www.yamanashi-kankou.jp/kankou/spot/p1_4497.html
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ 長袖シャツ ノマドジャケット ノマドパンツ 靴下 帽子(夏用+予備ニット帽) 手袋(厚手のフリース) 雨具(ストームクルーザー上下) 着替え ザック ザックカバー スパッツ 行動食(SOYJOY×1+ゼリー飲料×1+おにぎり×2) 非常食(ビタミン剤+ドライフード) 飲料(スポーツドリンク×3) 地図(地形図) ヘッドランプ(予備) 予備電池(GPS+ デジカメ用) GPS ファーストエイドキット 常備薬(痛み止め) 日焼け止め リップ ロールペーパー 保険証(コピー) 携帯 タオル ツェルト ストック 浄水ストロー(常備) 万能ナイフ(常備) カメラ(コンデジ+ミラーレス) エクストラクターポイズンリムーバー(常備) パラコード(予備30m) ホッカイロ(常備) ネックウォーマー(常備) ウルトラライトダウン(常備) 熊鈴×2(常備)

写真

鳥坂トンネル
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳥坂トンネル
2
名所山、ここが春日山最高点との事。ルート繋ぎをしていなければ訪れなかったと思います。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名所山、ここが春日山最高点との事。ルート繋ぎをしていなければ訪れなかったと思います。
2
ナンジャモンジャの木
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナンジャモンジャの木
1
滝戸山に単独で登る場合は、ここに車を停められる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝戸山に単独で登る場合は、ここに車を停められる
2
芦川町の外灯はすずらんの形をしています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
芦川町の外灯はすずらんの形をしています
3
今年のすずらん祭りは5/28と5/29
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今年のすずらん祭りは5/28と5/29
2
帰路は全面林道歩きかと思いきや、ナビ任せだったルートはとんでもない所を歩く事になりました。この右側の草むらがその出口、入り口は墓地の横で、道があるとは思えない場所でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰路は全面林道歩きかと思いきや、ナビ任せだったルートはとんでもない所を歩く事になりました。この右側の草むらがその出口、入り口は墓地の横で、道があるとは思えない場所でした。
1

感想/記録
by drunk

2016年3月20日(日)
最近の週末の天気は、山への誘惑を阻害している。
一部の山で雪崩などの情報があれば、
雨天後の冷えた山は表層雪崩がちと怖い。
また暖かくなり溶け出した雪は、一部凍結等で歩きにくくなっており、
これまた避けたい状況である。
なのでまたもやルート繋ぎを模索するのである。
但し身延続きは避けて別の場所へ訪れる事にした。
天気もイマイチなので眺望が期待できない山でも問題はない。
そして今回の鳥坂トンネル→春日山→滝戸山のルートが決定した。

さて3連休の天気は、土曜日が雨、日曜日が曇りのち晴れ、
月曜日が晴れであった。
なので土曜日は完全休養日となる。
天気の良い月曜日に出かけるのが賢い選択なのだが、
眺望を期待していないので、日曜日に出かける事にした。
そして就寝、そして朝方に響く雨音……。。。。。(ノ><)ノ ヒィ
4:30頃玄関を空けたら土砂降りですがな!?

ネットにて天気を確認すると、出かける方向は雨マークは無いので
土砂降りの中出発する。
過去幾度と無く出くわした場面であるが、
こんな時ほど雨に襲われた事がない。

そして現地到着、雨の欠片も無い状況となる。

-中略-

鳥坂トンネルから春日山までは何回かのアップダウンを繰り返す。
粘土質の足元はやや滑るが問題は無い。
そして1Hで春日山に到着した。
相変わらず朽ち果てた標柱がポツンと立っている。
さてここからは未知のルートとなる。
どんな道かと、歩みを進めると林道に下りてしまった……(-。-)ボソッ
そう言えばこの周辺はこんな感じで、バリルートが豊富なんだっけ。
気を取り直して名所山に向かうと、トレースの無い急登に出くわした。
足元は少し泥濘んでおり、いやらしさを感じたが、
先週に比べたら屁みたいなものだとも感じた……(^_^;)\('_') ォィォィ...

名所山に着くと、そこは春日山最高点と記載されていた。
ルート繋ぎでもしなければ訪れなかったであろう地である。

さてここからはトレースがかなり薄くなる。
獣の足跡は多数ある。
余程でない限り間違える事は無いと思うが、分岐点は注意したい。

ま、そんな感じでルートを間違わないように集中していたら
あっと言う間に鶯宿峠に着いてしまった。
とりあえずナンジャモンジャの木を通過してルート繋ぎは完成した。
ただここまで2H程度の山行の為、滝戸山も行ってから戻る事にした。
その滝戸山もあっと言う間に下山してしまったが……。

あとは歩道を歩いて戻るだけである。
で、ここまで誰とも合わずに来たのだが、時刻は一般的な登山開始時刻。
登山口には高齢のご夫婦がいらっしゃったので少しの会話をした。
奥様はすごく上品な感じでしたね。

ちなみに林道は冬期閉鎖中であり、風雨で結構荒れています。

なお帰路は一般道と言う事でナビ設定してお任せ状態で歩いていたら
途中からR36を外れ芦川町集落を通過し、墓地の横を通り、
草で覆われた、とても道とは思えない道を進むと
その奥に鹿避けゲートが現れ、
そこから再度荒れた登山道?を歩く事になりました。
距離としては最短だったとは思いますが、
ナビまでもが裏街道仕様になったかのと思ってしまいました。

買い物等をしてから帰宅したのが夕方。
ここ数日お疲れモードだったので、月曜日も休養日とする事にして
そこからは、( ̄0 ̄)ノ口ウィ〜ッもう1杯!!
但しその月曜日の天気もイマイチではありましたが……(-。-)ボソッ
訪問者数:362人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/11/25
投稿数: 934
2016/3/24 22:57
 ナビ様のお導き・・・✨
drunkさん、こんばんは(≧▽≦)
今回も赤線繋ぎですねっ✨鬼ヶ岳の北に位置するお山なのですね♪drunkさんはメジャーなお山に限らず、山という山を制覇してしまいそうですね✨春日沢の頭の草ぼうぼうながらに空が開けている感じであったり、風巻の防火帯のような広い尾根であったり、滝戸山の広い山頂の感じであったりが大変好みです(#^.^#)でも、人より獣様の方が多く歩かれていらっしゃいそうですね(^▽^;)✨ナンジャモンジャの木、可愛いネーミングですね〜♪
ナビって時にとんでもない道をご案内してくれますよね〜〜〜(;´∀`)車道に予定外のレアな赤線がつながりましたね〜✨あはは!ナビまでもが裏街道仕様✨
すずらんの外灯がすごくかわいいです〜〜〜(≧▽≦)
登録日: 2012/3/4
投稿数: 372
2016/3/25 18:02
 Re: ナビ様のお導き・・・✨
chi-suke さん今晩は。
完全に暖かくなる迄赤線繋ぎが続くと思います。
最近は低山裏街道まっしぐらと言う感じで、ある意味原点回帰になっています。
ただこれが続き、山への欲望が失せていくのも少なからず感じています。
ボチボチ別の視点で山に入りたいな〜と思うこの頃です。
ま、明日も繋ぎですが……(-。-)ボソッ

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

急登 林道 雪崩 山行
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ