ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 831937 全員に公開 山滑走白馬・鹿島槍・五竜

八方尾根プチBC

日程 2016年03月21日(月) [日帰り]
メンバー Mameta7jp, その他メンバー3人
天候快晴(標高2000m位以上)
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間50分
休憩
0分
合計
2時間50分
S八方池山荘09:5011:40扇雪渓12:40八方池山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

ガスで視界悪いですが上はピーカンと信じて出発します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスで視界悪いですが上はピーカンと信じて出発します。
陽が射さないのでカリカリです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
陽が射さないのでカリカリです。
尾根上は一部雪の切れているところも。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根上は一部雪の切れているところも。
八方池辺りから青空が見えるようになってきました!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八方池辺りから青空が見えるようになってきました!
思わず歓声が上がります!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
思わず歓声が上がります!
狭い尾根を通り、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
狭い尾根を通り、
空に向かって歩いてゆきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
空に向かって歩いてゆきます。
クトートラブルもあり、急斜面では情けなく登山者に抜かされます。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クトートラブルもあり、急斜面では情けなく登山者に抜かされます。。
N村氏。いい写真が撮れました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
N村氏。いい写真が撮れました。
私も撮ってもらいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
私も撮ってもらいます。
丸山位まで行く?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸山位まで行く?
丸山手前で風が強くなり、進退を悩んでいたところ、先行の方が南側に滑り込みました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸山手前で風が強くなり、進退を悩んでいたところ、先行の方が南側に滑り込みました。
いけそうなので我々も準備して同じ所から滑ることにしました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いけそうなので我々も準備して同じ所から滑ることにしました。
気持ちいい!N村さん。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちいい!N村さん。
今日も楽しかったです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日も楽しかったです。

感想/記録

 KMSC例会2日目。前日のガリガリツアーコースで疲れたのでお手軽BCに行く事になりました。
 八方尾根スキー場からリフトを乗り継ぎ八方山荘へ上がるもガスで視界がなく滑走は危険。雪面も固く、晴れるのをここで待機することに。
 あきらめモードでそろそろ下山するか_というときに唐松から降りてきた登山者に上部の様子を聞くと八方池より上はピーカン!とのこと、俄然色めきたって出発することに。
 新調したシールは登攀力が少なくすぐクトー装着します。ここでトラブル発生。歩きだして30分、板に直付けするタイプのクトーですがボルトごと留め具が外れてました。ええ〜?確かに取り説にはアイスバーンなどでは使用しないで下さい的なことが書いてましたが、「テントの中でストーブを使用しないで下さい」等と一緒で、壊れたときのお約束で書いてるだけだと思ってたのに残念です。じゃあいつ使うものなの?? ○oileさん?ビス2本で留めているだけだから弱いのも無理ないか_。
 気を取り直し、急斜面はシートラーゲンでよちよち登り、丸山手前まで来ました。風が強くなり、板をかついでいるとよろめく位だったのでここまでとし、五竜側のオープンバーンをトラバースを交えながら滑走して戻りました。風の当たらない面は適度に表面が緩んでいて気持ちよかったです。
 
訪問者数:366人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ