ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 834103 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲信越

竜門峡〜源次郎岳〜棚横手※Connecting the root 2016 8thは白銀の世界

日程 2016年03月26日(土) [日帰り]
メンバー drunk
天候曇り時々粉雪のち晴れ
アクセス
利用交通機関
電車タクシー、 車・バイク
竜門峡は、下記HP参照
山梨県講習し観光協会「ぐるり甲州市」
http://www.koshu-kankou.jp/course/ryumonkyo.html

勝沼ぶどう郷駅から甲斐大和駅まで、JR乗車5分/190円
土日時刻表
http://www.jreast-timetable.jp/1604/timetable/tt0452/0452021.html

道路状況:舗装した一般道

駐車場:竜門峡にあり

トイレ:竜門峡、道の駅「甲斐大和」にあり

コンビニ:R20上にあり

売店:竜門峡周辺にはありません
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち60%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間21分
休憩
42分
合計
7時間3分
S竜門峡駐車場05:3906:11やまと天目山温泉06:1407:03嵯峨塩鉱泉バス停08:01杣坂峠(源次郎岳方面分岐点)08:0208:25源次郎岳・下日川峠・嵯峨塩温泉分岐点08:3108:48杣坂峠(源次郎岳方面分岐点)09:26深沢峠(四っコンバ)10:10大滝山(宮宕山)10:1210:28棚横手山(大富士見台)12:01勝沼ぶどう郷駅12:0612:11甲斐大和駅12:3612:42駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
山行総工程時間=6時間21分(標準時間=不明)
歩行距離=31.06km
標高差=1,061m
平均速度=4.84km/H
※全てGPSログより
 GPSログは長めに表記されているので、参考程度として下さい。
 データの間引きは1,000P以下にしています。
 (NV-U37使用:NMEA形式で記録後、フリーソフトでGPX形式に変換)
コース状況/
危険箇所等
1.竜門峡から源次郎岳登山口迄は舗装路を歩きました
 ※嵯峨塩館からは嵯峨塩深沢林道を経由
2.嵯峨塩深沢林道は冬期通行止めです
3.源次郎岳〜棚横手間の嵯峨塩深沢林道は、土砂崩れ多数&積雪
4.源次郎岳登山道はノートレースのハウダースノー
 ※枯葉の上のハウダーなのでアイゼンは効きません
5.ニセピークの後からヤセ尾根となり急坂を下る為、今回はここで撤退
6.大滝山と棚横手は積雪の心配はありません
 ※一部日陰部は残雪あり
7.勝沼ぶどう郷駅からはJR利用
8.甲斐大和駅からはタクシー利用(1,900円)
その他周辺情報嵯峨塩館
http://www.eps4.comlink.ne.jp/~sagashio/

やまと天目山温泉
http://eiwa-kotsu.com/tenmoku.html

装備

個人装備 Tシャツ 長袖シャツ ノマドジャケット ノマドパンツ 靴下 帽子(夏用+予備ニット帽) 手袋(厚手のフリース+予備冬用) ストームクルーザージャケット(ストームクルーザーパンツは未使用) 着替え ザック ザックカバー スパッツ 行動食(SOYJOY×1+ゼリー飲料×1+おにぎり×2) 非常食(ビタミン剤+ドライフード) 飲料(スポーツドリンク×3) 地図(地形図) ヘッドランプ(予備) 予備電池(GPS+ デジカメ用) GPS ファーストエイドキット 常備薬(痛み止め) 日焼け止め リップ ロールペーパー 保険証(コピー) 携帯 タオル ツェルト ストック 浄水ストロー(常備) 万能ナイフ(常備) カメラ(コンデジ+ミラーレス) エクストラクターポイズンリムーバー(常備) パラコード(予備30m) ホッカイロ(常備) ネックウォーマー(常備) ウルトラライトダウン(常備) 熊鈴×2(常備)

写真

竜門峡入り口
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竜門峡入り口
1
やまと天目温泉
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やまと天目温泉
1
嵯峨塩鉱泉 嵯峨塩館
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
嵯峨塩鉱泉 嵯峨塩館
1
真っ白な道路、ただ全面パウダーなので凍結等はありません
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真っ白な道路、ただ全面パウダーなので凍結等はありません
1
源次郎岳登山道、完全ノートレース
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
源次郎岳登山道、完全ノートレース
2
源次郎岳から嵯峨塩深沢林道を経由して、棚横手に向かいます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
源次郎岳から嵯峨塩深沢林道を経由して、棚横手に向かいます
1
ここから尾根にとりつきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから尾根にとりつきました
1
ここら辺はマーク&トレースが多数あり、どれが本物か判らず直登を選択
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここら辺はマーク&トレースが多数あり、どれが本物か判らず直登を選択
1
大滝山(宮宕山)山頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大滝山(宮宕山)山頂
1
かろうじて文字が見えます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かろうじて文字が見えます
2
大富士見台、棚横手山頂です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大富士見台、棚横手山頂です
2
棚横手登山口
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
棚横手登山口
1
電気柵……触るな危険とありますが、触らない事には出られません
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
電気柵……触るな危険とありますが、触らない事には出られません
2
勝沼ぶどう郷駅
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
勝沼ぶどう郷駅
1
甲斐大和からのバスは少なく
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲斐大和からのバスは少なく
2
とあるタクシーの案内板。今回は20分位待たされました。あとタクシー料金の目安は1〜2割増程度になると考えられます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とあるタクシーの案内板。今回は20分位待たされました。あとタクシー料金の目安は1〜2割増程度になると考えられます。
1

感想/記録
by drunk

2016年3月26日(土)
週末の天気予報では、日曜日が雨模様だったので、
早々に土曜日に出かける事を決めた。
(今確認したら晴れ模様でんがな!(T^T))

ただ土曜日の天気もイマイチ&積雪予想があった為
最近マイブームになっている低山のルート繋ぎを選択する事にした。

がっ!!
駐車場に着くと辺りは白くなっている……、
源次郎岳の最後はロープ場があったと思ったが大丈夫だろうか?
不安を他所に押しのけて出発する。

暫くは一般道歩きなので足元は全く問題ないが、
頭上の木々の枝に被さる雪、雪、雪……。
そして嵯峨塩館に着くとノートレースの登山道を覚悟していた。
何せ冬期通行止めの道路状態で、登山口の遥か遠くから登ろう!
なんて輩はほとんどいないからだ。

ちなみに雪でルートロスして無駄に体力を使うのが嫌だったので、
登山道迄ずっと林道歩きとした。
ただ林道は案内が少なく、分岐点では悩む所がありました。
この辺では粉雪がかなり降りしきり、完全雪山状態でした。

そして源次郎岳の登山口……を完全スルーしてしまう。
過去の登山の記憶から、車を止めた場所に気がつき後戻りした。
で、予想通り完全ノートレース。
ただ過去の登山歴では、往復1H程度なのと
林道がすぐ脇を走っている事でエスケープ可能と判断して入山。
入ってみれば意外とルートが見え、予想していたよりテンポ良く歩き続けた。

ただ枯葉の上のパウダースノーはアイゼンが効かず(ノーアイゼンで通す)
山頂直前の細尾根を下る事無く撤退する事にした。
ま、ルート繋ぎの目的は果たしているので問題無い……、
もんだ……い、無い……、もん……、
くうぅ〜っそおぉ〜(ノ`´)ノミ┻┻がっちゃ~ん!

とりあえず無理やり気を取り直して、棚横手に向かう。
ここからも完全に林道歩きである。
だがこちら側に来ると、雪も多く特に土砂崩れの跡が激しい。
完全に道を塞いでいる場所もあり、緊急車両すら入れない状態である。
冬期閉鎖中の通行は避けた方が懸命だろう。

さて棚横手と大滝山(宮宕山)の登山道は安心して歩ける状態だ。
大滝山(宮宕山)山頂に雪はあるものの、南側に面する登山道は全く問題ない。

ただ下山の道はスピードアップの為、途中から林道を選択。
そして勝沼ぶどう郷駅到着と同時に列車に乗る事が出来た。
甲斐大和駅に着いたのは12:11。
バスの時間には1H早かったけど……、
なのでタクシーで車の回収に迎いました。

明日の山はお休みです。
訪問者数:243人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/11/25
投稿数: 924
2016/3/28 19:31
 おぉ〜!またしても雪✨
drunkさん、こんばんは♪
またしても雪ですね〜〜〜✨残念ながらそのせいで源次郎岳に行けなかったようですが、今年あまり雪を歩けなかったchi-sukeにはうらやましいです〜〜〜(≧▽≦)
はて、源次郎岳とは、とchi-sukeの山と高原地図2011年版を開いてみると、なんと!!破線どころか源次郎岳と棚横手は破線はおろか、線がないではないですか✨さすがだなぁ!!drunkさんは、どういう基準でこういうマイナー山をチョイスされているのでしょうか!?(*´▽`*)いつもそこ行くか〜〜〜〜!!と驚かされます✨しかもそれが隠れた展望の良いお山だったりするので♪棚横手イイ感じですね✨大滝不動尊は圧巻ですね!!!ヾ(≧▽≦)ノぜひとも見てみたいです♪
登録日: 2012/3/4
投稿数: 371
2016/3/28 20:28
 Re: おぉ〜!またしても雪✨
chi-suke さん、今晩は。
三石山に続いて、想定外の雪に遭遇してしまいました……(-。-)ボソッ
誰も居ない山とパウダースノーのノートレース、しっかり堪能はしました。
源次郎岳へ届かずの不満は残るものの、
低山だからこそあそこまで歩みを進められたとも思います。
ま、そうは言えど2013.11.30に「笹山」標高2,733mで、
無人のノートレース&パウダースノーを、これまた想定外で遭遇しています。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-377178.html

さて破線も無い場所と思いましょうが、地図をよ〜〜っく見ると林道があります。
ヤマレコに同じ様なレコがありますよ。

あと選択の基準は、ルートを繋ぐ!です。
事の始まりは、
2011.12.10の高川山〜ガンバ沢ノ頭〜鍵掛峠〜近々坂峠〜大幡峠ですね。
直近では、2014.11.3に同じルートを歩いています。
当時、山道だけでルートを繋いできましたが、山と高原の地図でルートが無く
道なき道を師匠同伴で繋いだのが始まりです。
長くなりましたがこんな感じで。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ