ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 834788 全員に公開 ハイキング霊仙・伊吹・藤原

坂本谷 迷い込んで入ってしまった左俣は落石の巣窟

日程 2016年03月26日(土) [日帰り]
メンバー Rila, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間54分
休憩
58分
合計
6時間52分
Sスタート地点08:3212:26天狗岩12:56藤原山荘13:2713:44藤原岳13:4513:53藤原山荘14:1714:28藤原岳九合目14:36藤原岳八合目14:50藤原岳裏登山道五合目14:5215:15裏道・聖宝寺口登山ポスト15:24ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
坂本谷は崩落のために立ち入り禁止です。
十分に下調べしたつもりの坂本谷でしたが、ルートを間違って左俣の谷に入ってしまいました。
予定していた坂本谷正規ルートもそうですが、左俣の谷は更に落石のリスクがあり、常時に落ちてくる落石をよけながら登るという、大変危険は登山になってしまいました。この谷は絶対に入ってはいけません。今回、たまたまケガなくて幸いでした。
ヤマレコに載せることで批判受けるかもしれませんが、あえて注意を促すために記録しておきます。
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

306号線から見た藤原岳。
今回目指す坂本谷もはっきり見えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
306号線から見た藤原岳。
今回目指す坂本谷もはっきり見えました。
過去に大規模な崩落があったようです。
現在は大きな堰堤がありました。
2016年03月26日 08:52撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
過去に大規模な崩落があったようです。
現在は大きな堰堤がありました。
3
ここまでは工事車両も入れます。
さらに進んで行くと、
2016年03月26日 08:56撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまでは工事車両も入れます。
さらに進んで行くと、
1
坂本谷入り口のシンボル的な堰堤が立ちはだかります。
2016年03月26日 09:00撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
坂本谷入り口のシンボル的な堰堤が立ちはだかります。
4
とても立派な構造物でしたが。。
2016年03月26日 09:02撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とても立派な構造物でしたが。。
2
大きなパイプの間には、岩がぎっしり埋まっていました。
過去の崩落して岩がここで塞き止められていることがわかります。これだけで十分に役割を果たしています。
2016年03月26日 09:05撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大きなパイプの間には、岩がぎっしり埋まっていました。
過去の崩落して岩がここで塞き止められていることがわかります。これだけで十分に役割を果たしています。
5
ハシゴが常設されていました。
恐る恐る登ってみます。
2016年03月26日 09:06撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハシゴが常設されていました。
恐る恐る登ってみます。
1
堰堤への上にはここをよじ登りました。
曲がっているタラップもあります。
2016年03月26日 09:07撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤への上にはここをよじ登りました。
曲がっているタラップもあります。
1
その上の世界は、、、
見事な崩落跡です。
2016年03月26日 09:12撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その上の世界は、、、
見事な崩落跡です。
4
岩がゴロゴロと転がっています。
2016年03月26日 09:14撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩がゴロゴロと転がっています。
3
この時点で既に、小規模な落石が落ちてきます。
荒れた天気の日や、地震などが起こった場合を考えるとゾッとします。
2016年03月26日 09:16撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この時点で既に、小規模な落石が落ちてきます。
荒れた天気の日や、地震などが起こった場合を考えるとゾッとします。
2
プチクライミング感あって最初は面白い。
大貝戸からの道とは大違いです。
2016年03月26日 09:16撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
プチクライミング感あって最初は面白い。
大貝戸からの道とは大違いです。
1
この岩なんかは、まだ落石してから間がなさそうです。
茶色い土が付いていました。
2016年03月26日 09:18撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この岩なんかは、まだ落石してから間がなさそうです。
茶色い土が付いていました。
1
坂本谷は昔は人気の登山道だったそうです。
うっすらとペンキでルートが示されている。
2016年03月26日 09:18撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
坂本谷は昔は人気の登山道だったそうです。
うっすらとペンキでルートが示されている。
1
ここを登るということですね。
道しるべあれば、少しホッとします。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを登るということですね。
道しるべあれば、少しホッとします。
9
上り詰めたら、この様です。
2016年03月26日 09:20撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上り詰めたら、この様です。
1
人間が作ったコンクリート。
自然によって破壊されています。
2016年03月26日 09:22撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
人間が作ったコンクリート。
自然によって破壊されています。
ここが最後の堰堤になります。
この先はどのような世界になっているのだろうか。
2016年03月26日 09:24撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが最後の堰堤になります。
この先はどのような世界になっているのだろうか。
1
そこで見たものは。
鈴鹿らしい花崗岩のガレ場となっていました。
2016年03月26日 09:27撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そこで見たものは。
鈴鹿らしい花崗岩のガレ場となっていました。
2
もちろん終始足場は悪いです。
2016年03月26日 09:30撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もちろん終始足場は悪いです。
1
まだ身の危険を感じなかったのは事実。
どんどん詰めていきました。
2016年03月26日 09:32撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ身の危険を感じなかったのは事実。
どんどん詰めていきました。
おや?
何か人工物が見えました。
2016年03月26日 09:38撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おや?
何か人工物が見えました。
3
おそらく土砂崩れを検出するためのワイヤーセンサーが張られていました。
2016年03月26日 09:38撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おそらく土砂崩れを検出するためのワイヤーセンサーが張られていました。
2
さらに詰めていきます。
時すでに遅く、坂本谷へ行くルートを外れ左俣の谷に入ってしまっています。
2016年03月26日 09:46撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに詰めていきます。
時すでに遅く、坂本谷へ行くルートを外れ左俣の谷に入ってしまっています。
1
まだ間違いに気がついていません。
2016年03月26日 09:46撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ間違いに気がついていません。
2
この辺りから崩壊具合がすさまじくなってきました。
2016年03月26日 09:53撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りから崩壊具合がすさまじくなってきました。
3
この辺りは常時崩れています。
まだ真新しい落石の巣窟に入ってしまいました。
2016年03月26日 09:55撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りは常時崩れています。
まだ真新しい落石の巣窟に入ってしまいました。
1
そして超デンジャーの場所に入ってきました。
この付近は洒落にならないくらい危ないです!
拳くらいの岩が降り注ぐ。
2016年03月26日 09:55撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして超デンジャーの場所に入ってきました。
この付近は洒落にならないくらい危ないです!
拳くらいの岩が降り注ぐ。
5
とてもヤバイ気持ちになりました。
遭難が頭を過ぎる・・・
落石は容赦なく落ちてきます。
2016年03月26日 09:59撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とてもヤバイ気持ちになりました。
遭難が頭を過ぎる・・・
落石は容赦なく落ちてきます。
4
やばい・・・
これが坂本谷なのか。まだ間違いに気がついていない。
2016年03月26日 10:02撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やばい・・・
これが坂本谷なのか。まだ間違いに気がついていない。
6
危なすぎるので後戻りもできない。。
2016年03月26日 10:04撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
危なすぎるので後戻りもできない。。
1
ん?
何か見えました。
2016年03月26日 10:06撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ん?
何か見えました。
5
なんとここにはロープが張ってありました。
しっかりしているか確認して。
ロープを頼りに登る。
このロープが他にも誰か踏み入った証拠になりました。
2016年03月26日 10:07撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんとここにはロープが張ってありました。
しっかりしているか確認して。
ロープを頼りに登る。
このロープが他にも誰か踏み入った証拠になりました。
3
そしてワイヤーセンサー。
土砂崩れすること前提で張られています。
これがリアルに怖い。
2016年03月26日 10:11撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そしてワイヤーセンサー。
土砂崩れすること前提で張られています。
これがリアルに怖い。
2
そして今回の中で最も危険なポイントに入りました。
落石が雪崩のように降ってきました。
本当に本当に危ないと思いました。
2016年03月26日 10:17撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして今回の中で最も危険なポイントに入りました。
落石が雪崩のように降ってきました。
本当に本当に危ないと思いました。
3
もうこの谷をいち早く抜けないことには命の保証がない。
2016年03月26日 10:20撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうこの谷をいち早く抜けないことには命の保証がない。
1
とにかくエスケープする場所を探します。
2016年03月26日 10:24撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とにかくエスケープする場所を探します。
1
なかなか逃げられそうな場所はない・・・
今は懸命に登るしかない。
2016年03月26日 10:33撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なかなか逃げられそうな場所はない・・・
今は懸命に登るしかない。
4
耳を澄ませて落石の音を聞き分けながら進む。
2016年03月26日 10:36撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
耳を澄ませて落石の音を聞き分けながら進む。
1
恐怖心に支配されていく。
2016年03月26日 10:40撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
恐怖心に支配されていく。
ザァー!!!ザァー!
ゴロゴロ・・
落石は発生しています。
2016年03月26日 10:43撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ザァー!!!ザァー!
ゴロゴロ・・
落石は発生しています。
4
何とか尾根に逃げようかと思い、ここを登ってみました。

しかしながら絶壁のため降りることが出来ないので引き返す。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何とか尾根に逃げようかと思い、ここを登ってみました。

しかしながら絶壁のため降りることが出来ないので引き返す。
3
早く抜けないと!!
ようやくこの写真の斜面を上り詰め場所から尾根によじ登りました。
本当に本当に危ない谷でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早く抜けないと!!
ようやくこの写真の斜面を上り詰め場所から尾根によじ登りました。
本当に本当に危ない谷でした。
4
何とか尾根まで上ると福寿草。
2016年03月26日 11:37撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何とか尾根まで上ると福寿草。
5
健気に咲いています。
2016年03月26日 11:40撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
健気に咲いています。
1
命拾いした証の福寿草。
とても癒された。
2016年03月26日 11:40撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
命拾いした証の福寿草。
とても癒された。
4
ようやく稜線にでる。
2016年03月26日 12:21撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく稜線にでる。
1
ここで始めて登山道と合流。
2016年03月26日 12:22撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで始めて登山道と合流。
1
穏やかに晴れた天気。
それと反して、今回とても危ない谷に入ってしまって反省しました。
2016年03月26日 13:39撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穏やかに晴れた天気。
それと反して、今回とても危ない谷に入ってしまって反省しました。
1
とりあえず山頂から鈴鹿南部を見渡す。
先週完遂した鈴鹿セブンマウンテンの縦走路を振り返る。
2016年03月26日 13:42撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とりあえず山頂から鈴鹿南部を見渡す。
先週完遂した鈴鹿セブンマウンテンの縦走路を振り返る。
1
幸いケガなくてよかった。
ここに立ててることを実感できた影。
2016年03月26日 14:32撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
幸いケガなくてよかった。
ここに立ててることを実感できた影。
5

感想/記録
by Rila

猛反の山行となりました。
坂本谷(特に今回の左俣の谷)は、常時落石の危機にさらされているので絶対に入ってはいけないと思いました。
とにかく危ないです。
たまたま無事に降りれただけです。
訪問者数:341人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/10/14
投稿数: 106
2016/3/28 20:17
 危なかったね!
お疲れ様。本当に無事で何よりです。鈴鹿の山は、ルート通りに歩けば安全だけど、一歩間違えれば、かなり危険だね!
やっぱり、立入り禁止の所は入っちゃっ駄目‼
山は恐い!改めて私も身を引き締めます!
登録日: 2014/2/14
投稿数: 184
2016/3/28 20:29
 Re: 危なかったね!
今回だけはマジやばかった((+_+))
今まで体験した中で一番に落石の恐怖と隣り合わせの山になった。
ほんまに常に崩れる音が聞こえて、リアルに予知せぬ場所から岩や石が落ちてくる。
坂本谷左俣は絶対にダメ!
今回、山の恐怖を感じた。お互いに気を引き締めて登ろう。
登録日: 2011/5/3
投稿数: 68
2016/3/29 17:04
 めちゃヤバイやん‼
最初楽しそうって思いながら写真見てたけど、途中からハラハラしたわ💦
今も崩落してる最中の谷を登って行くってヤバすぎる〜。
福寿草の写真見てホッ😁
ルート確認しっかりとしようね👍
登録日: 2014/2/14
投稿数: 184
2016/3/29 19:06
 Re: めちゃヤバイやん‼
イケイケバンバンの俺やけど、今回はマジで怖かった!
雪崩状に降り注ぐ落石に遭遇した時は、終ったと思ったわ。。。

でも何処の分岐を間違えて左俣に入ってしもたんやろ???
ルート確認しながら登らないと、取り返しつかないことになるな。
反省・・・
登録日: 2013/9/30
投稿数: 603
2016/3/31 18:49
 チャレンジャー
デンジャラスゾーンで詰まった…あの…なんとも言えない不安な気持ちと稜線に抜けたときの福寿草に、一般登山道に出たときの「安心感」の落差。身に染みてよく判ります!
よくご無事で(^^)/ でも、またチャレンジしてしまうのですよね
登録日: 2014/2/14
投稿数: 184
2016/4/1 7:18
 Re: チャレンジャー
jyunntarouさん
おはようございます。そうです!そうです!
なんとも言えない不安な気持ちから、登山道に抜けたときの安心感のギャップは何とも言えないですよね。
でも、目標としていた坂本谷はこのまま敗北のまま引き下がる訳にはいきません。
ちゃんと装備を充実して再検討します。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ