ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 842423 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

摩耶東谷〜山寺西尾根 +水芭蕉

日程 2016年04月09日(土) [日帰り]
メンバー Ham0501
天候晴(高曇り)
アクセス
利用交通機関
電車
登山:阪急六甲駅 下山:神鉄有馬口
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち79%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間19分
休憩
5分
合計
6時間24分
S阪急六甲駅08:3408:44護国神社前09:06杣谷堰堤09:0810:32掬星台10:42摩耶別山10:4310:54穂高湖11:18三国池手前11:21三国池11:32丁字ヶ辻11:3311:39六ヶ辻11:4011:46記念碑台14:22猪ノ鼻滝14:56神戸電鉄有馬口駅14:58ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
山寺西尾根の名前はヤマレコで知りました。摩耶東谷北尾根と命名されている方も居られます。
摩耶東谷の行者小屋から尾根を登る派出ルートです。意外にも良い道でビックリでした。摩耶東谷を詰める道とは違って危険箇所がないので、摩耶山の隠れたバリエーションルートとしていかがでしょうか。
その他周辺情報高山植物園で水芭蕉を見た後、シラケ谷・仙人窟ルートを下りました。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

写真

出発はまたまた阪急六甲。3週連続です。
2016年04月09日 08:32撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出発はまたまた阪急六甲。3週連続です。
2
山寺尾根を望む。一番右のピークが山寺西尾根と山寺尾根への合流点の600m超ピーク。
2016年04月09日 08:44撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山寺尾根を望む。一番右のピークが山寺西尾根と山寺尾根への合流点の600m超ピーク。
2
杣谷道から摩耶東谷への分岐。(摩耶東谷については1月31日報告参照)
2016年04月09日 09:08撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杣谷道から摩耶東谷への分岐。(摩耶東谷については1月31日報告参照)
1
摩耶東谷はこれまでで一番水量が多かったです。
岩も濡れており滑りに注意。
2016年04月09日 09:22撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
摩耶東谷はこれまでで一番水量が多かったです。
岩も濡れており滑りに注意。
行者の滝
2016年04月09日 09:29撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者の滝
行者小屋。これは1月に撮影したもの。
2016年01月31日 09:16撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者小屋。これは1月に撮影したもの。
1
行者小屋からは東谷を離れ、右手の石段を上る。
2016年04月09日 09:33撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者小屋からは東谷を離れ、右手の石段を上る。
1
摩耶東谷を行く先行者。
2016年04月09日 09:34撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
摩耶東谷を行く先行者。
1
階段を上ると岩稜に出る。
2016年04月09日 09:35撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段を上ると岩稜に出る。
1
大日如来と彫られた岩
2016年04月09日 09:35撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日如来と彫られた岩
1
尾根伝いに踏み跡が延びていました。
2016年04月09日 09:36撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根伝いに踏み跡が延びていました。
1
ここからは尾根への一本道かと思いきや・・・
2016年04月09日 09:36撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからは尾根への一本道かと思いきや・・・
左に摩耶東谷に下りる道がありました。もちろん右の稜線を進みます。赤い印はスズメバチ注意の札でした。
2016年04月09日 09:36撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左に摩耶東谷に下りる道がありました。もちろん右の稜線を進みます。赤い印はスズメバチ注意の札でした。
1
岩混じりの道が続きます。
2016年04月09日 09:39撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩混じりの道が続きます。
1
この辺りなかなか面白い道です。
2016年04月09日 09:40撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りなかなか面白い道です。
1
やがて落ち葉が覆う柔らかな道に変わります。
2016年04月09日 09:42撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やがて落ち葉が覆う柔らかな道に変わります。
その後もいい道が続きます。
2016年04月09日 09:43撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その後もいい道が続きます。
これは立派な登山道です。藪こぎも覚悟していただけに意外でした。
2016年04月09日 09:50撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは立派な登山道です。藪こぎも覚悟していただけに意外でした。
1
踏み跡がしっかり付いている上に赤マークが至る所に付いており、迷うことはありません。
2016年04月09日 09:52撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踏み跡がしっかり付いている上に赤マークが至る所に付いており、迷うことはありません。
これも赤マーク
2016年04月09日 10:04撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これも赤マーク
1
ここにも赤マーク
2016年04月09日 10:09撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここにも赤マーク
この日一番の大きな岩の横を通ります
2016年04月09日 10:13撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この日一番の大きな岩の横を通ります
この日初めて痩せ尾根になります。
2016年04月09日 10:13撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この日初めて痩せ尾根になります。
1
麓から見えていた600m超ピークを通過
2016年04月09日 10:14撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
麓から見えていた600m超ピークを通過
1
ここで山寺尾根道に合流。
2016年04月09日 10:18撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで山寺尾根道に合流。
1
来た道を振り返る。左が山寺尾根道。右が600m超ピークでここから西尾根が派出する。
2016年04月09日 10:19撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
来た道を振り返る。左が山寺尾根道。右が600m超ピークでここから西尾根が派出する。
2
山寺尾根の最後の急登を登って掬星台に到着
2016年04月09日 10:29撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山寺尾根の最後の急登を登って掬星台に到着
3
穂高湖
2016年04月09日 10:54撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂高湖
3
三国池
2016年04月09日 11:21撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三国池
2
これを見るために寄り道しました。高山植物園にて。
2016年04月09日 12:24撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これを見るために寄り道しました。高山植物園にて。
1
下山はシラケ谷、仙人窟コースを取ることとしました。下山口は「六甲山の上美術館」から少し下った所です。
2016年04月09日 13:31撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山はシラケ谷、仙人窟コースを取ることとしました。下山口は「六甲山の上美術館」から少し下った所です。
1
枝が覆い被さり道も笹に隠されていました。道も水で剔られており、
2016年04月09日 13:34撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
枝が覆い被さり道も笹に隠されていました。道も水で剔られており、
おまけに廃屋も。これは廃道か?
2016年04月09日 13:36撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おまけに廃屋も。これは廃道か?
と思いましたが、下に行くほど明瞭な道となりました。
2016年04月09日 13:39撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
と思いましたが、下に行くほど明瞭な道となりました。
仙人窟跡。阪神大震災で崩壊したそうです。
2016年04月09日 13:42撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙人窟跡。阪神大震災で崩壊したそうです。
1
逢山峡にあった不動明王碑。このあと有馬口駅でゴール。
2016年04月09日 14:28撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
逢山峡にあった不動明王碑。このあと有馬口駅でゴール。
1

感想/記録

初めて摩耶東谷を歩いた時から、行者小屋の上に延びる石段が気になっていました。摩耶山へはよほどの物好きしか歩かないだろうから、ルートファインディングや藪こぎも必要だろうなと思っていました。

ところが歩いてみてビックリ! 意外にも踏み跡もしっかりしたいい道でした。地図に載ってなのが不思議なくらいでした。
このところ、摩耶山、長峰山でこれまで知らなかった道が沢山有ったことに驚かされ続けています。
それほど六甲山は地元の人に愛されているということなんでしょう。

一方、昭文社の「山と高原」地図に実線で書かれてあるシラケ谷・仙人窟については、殆ど歩かれた形跡がないルートでした。山道の盛衰を感じた一日でした。

 道の状況 ☆☆☆(踏み跡もしっかりしており迷う心配はなし)
 個性   ☆☆ (ルートは変化有るが眺望ないのが難点)
 安全度  ☆☆☆(危険箇所なし)
訪問者数:187人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

急登 一本 高原 スズメバチ 廃道 クリ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ