ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 842673 全員に公開 ハイキング箱根・湯河原

【金時山〜明神ヶ岳】バスタ新宿から高速バスで乙女峠

日程 2016年04月09日(土) [日帰り]
メンバー baseman
天候晴れ〜薄曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
○往路:バスタ新宿〜乙女峠
 ◆小田急箱根高速バス(AM6:35発)@\1,840
http://www.odakyu-hakonehighway.co.jp/route/index.html#sec01

○復路:宮城野支所前〜箱根湯本
 ◆宮城野支所前バス停→湯本駅 @\540 
http://www.hakone-tozanbus.co.jp/pdf/11505-002001.pdf
 ◆箱根湯本(小田急ロマンスカー)→新宿 @\1.190 + \890(特急券)
http://http://www.odakyu.jp/romancecar/


経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち94%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間44分
休憩
46分
合計
7時間30分
S乙女峠バス停08:4909:31乙女峠09:3609:57長尾山09:5810:48金時山10:5611:48矢倉沢峠11:4912:33苅川峠(狩川峠)12:3414:16明神ヶ岳14:4015:14鞍部15:1516:14宮城野支所前16:1916:19ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
○人気のコースで道標も整備されています。
○金時山山頂付近は岩場の急斜面あり。
○金時山から明神ヶ岳のコースはアップダウンが続き地味にハード、
 数時前の雨のせいか、北斜面の登りにぬかっている箇所が多く、
 足場が悪く疲れます、コースタイム+30分ほど多めに掛ります。
○鞍部から宮城野のコースはやや荒れている、特に別荘地わきの道は
 滑り易く要注意。
その他周辺情報○日帰り立ち寄り湯は多数あり。

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル ストック カメラ
備考 ○土曜日の午後の箱根湯本までは、渋滞時間に要注意、バスも混雑。

写真

4月4日にオープンしたバスタ新宿
2016年04月09日 06:40撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4月4日にオープンしたバスタ新宿
2
バスタ新宿の4Fターミナル
2016年04月09日 06:14撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バスタ新宿の4Fターミナル
2
運行案内で出発便の確認
2016年04月09日 06:19撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
運行案内で出発便の確認
2
自動券売機
2016年04月09日 06:19撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自動券売機
1
クレジットカードでチケット購入
2016年04月09日 06:24撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クレジットカードでチケット購入
1
小田急高速バスの箱根方面はB4
2016年04月09日 06:20撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小田急高速バスの箱根方面はB4
乗車開始
2016年04月09日 06:32撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乗車開始
東名高速の事故渋滞の影響で、約20分遅延して到着、
ここからスタート
2016年04月09日 08:48撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東名高速の事故渋滞の影響で、約20分遅延して到着、
ここからスタート
2
ふじみ茶屋
2016年04月09日 08:52撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ふじみ茶屋
バス停からの富士山
2016年04月09日 08:48撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バス停からの富士山
2
アップ
2016年04月09日 08:49撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アップ
7
バス降りてそのまま進行方向に歩き出すと登山口
2016年04月09日 08:53撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バス降りてそのまま進行方向に歩き出すと登山口
1
林道を進むと
2016年04月09日 08:58撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を進むと
右側に登山道
2016年04月09日 08:58撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右側に登山道
乙女峠到着
2016年04月09日 09:28撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乙女峠到着
標識の左側に富士山の頭
2016年04月09日 09:28撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標識の左側に富士山の頭
4
見晴らし台の上からの富士山
2016年04月09日 09:29撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見晴らし台の上からの富士山
1
アップ
2016年04月09日 09:29撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アップ
6
大涌谷
2016年04月09日 09:38撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大涌谷
長尾山到着
2016年04月09日 09:59撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長尾山到着
1
山頂は広いけど、眺望なし
2016年04月09日 09:59撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂は広いけど、眺望なし
金時山が見えて来た
2016年04月09日 10:02撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金時山が見えて来た
山頂は既に人影がたくさん
2016年04月09日 10:03撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂は既に人影がたくさん
気温が上がり、雲が沢山湧いてくる
2016年04月09日 10:24撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気温が上がり、雲が沢山湧いてくる
芦ノ湖が見える
2016年04月09日 10:24撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
芦ノ湖が見える
3
大涌谷
2016年04月09日 10:25撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大涌谷
2
山頂直下、賑わってます
2016年04月09日 10:44撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂直下、賑わってます
ジオラマのよう
2016年04月09日 10:45撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジオラマのよう
2
ゴルフ場
2016年04月09日 10:45撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴルフ場
2
お馴染みの看板
2016年04月09日 10:46撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お馴染みの看板
2
富士山は雲の中
2016年04月09日 10:48撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山は雲の中
4
金時娘の茶屋
2016年04月09日 10:48撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金時娘の茶屋
トイレは有料(\100)
2016年04月09日 10:48撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トイレは有料(\100)
金太郎茶屋
2016年04月09日 10:49撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金太郎茶屋
富士山の頭が見えて来た
2016年04月09日 10:50撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山の頭が見えて来た
3
アップ
2016年04月09日 10:50撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アップ
1
更にアップ
2016年04月09日 10:51撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
更にアップ
3
明神ヶ岳へ向かいます
2016年04月09日 10:56撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明神ヶ岳へ向かいます
山頂直下の金時神社への分岐
2016年04月09日 11:22撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂直下の金時神社への分岐
振り返ると金時山
2016年04月09日 11:32撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると金時山
1
これから進むコースが見える
2016年04月09日 11:34撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから進むコースが見える
なんか気持ち良さそう
2016年04月09日 11:34撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんか気持ち良さそう
3
大涌谷
2016年04月09日 11:34撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大涌谷
2
笹道を登る、気温も上がり汗だく
2016年04月09日 11:50撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹道を登る、気温も上がり汗だく
1
スミレがあちこちに
2016年04月09日 12:04撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スミレがあちこちに
1
スミレ
2016年04月09日 12:04撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スミレ
2
振り返ると金時山と富士山
2016年04月09日 12:06撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると金時山と富士山
2
富士山
2016年04月09日 12:06撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山
金時山
2016年04月09日 12:06撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金時山
6
アップダウンが続きバテバテ、笹薮の中で急きょランチタイム
2016年04月09日 12:13撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アップダウンが続きバテバテ、笹薮の中で急きょランチタイム
2
明神ヶ岳は未だ先
2016年04月09日 13:30撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明神ヶ岳は未だ先
急登が続く
2016年04月09日 13:30撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登が続く
1
コースタイムを大幅に上回って、明神ヶ岳到着
2016年04月09日 14:22撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コースタイムを大幅に上回って、明神ヶ岳到着
1
山頂は広く、風が気持ち良い
20分ほど昼寝休憩
2016年04月09日 14:22撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂は広く、風が気持ち良い
20分ほど昼寝休憩
小田原の街並みと相模湾
2016年04月09日 14:46撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小田原の街並みと相模湾
4
欇政宮殿下山行記念碑
2016年04月09日 14:54撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
欇政宮殿下山行記念碑
1
鞍部の分岐
2016年04月09日 15:17撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鞍部の分岐
別荘地エリアに到着
2016年04月09日 15:48撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
別荘地エリアに到着
登山道終点
2016年04月09日 16:06撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道終点
バス停まで10分
2016年04月09日 16:06撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バス停まで10分
宮城野支所前バス停、本日のゴール
2016年04月09日 16:22撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宮城野支所前バス停、本日のゴール
箱根湯本駅
2016年04月09日 17:17撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
箱根湯本駅
ロマンスカーで帰宅
2016年04月09日 17:18撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロマンスカーで帰宅
5

感想/記録

今年二回目の久々の山行。
今回は大学の先輩で、現在、妙なご縁で私の職場でお手伝いをしてくださり、箱根の別荘暮らしで箱根の山々をご自分の庭のように山歩されている方からの情報提供による金時山周辺の山歩きを楽しんできました。

往路は、最近新宿駅の南口にオープンしたてのバスターミナル「バスタ新宿」から「乙女峠」バス停まで小田急箱根高速バスを利用する。
バスタ新宿は、JR新宿駅のホームの一番東京駅よりのエスカレータで
改札口を出ると、そこが既にバスターミナルの建物の中という、とても
便利な仕組みになっている。
高速バスの発着の4階にあがると、乗車券の券売機や案内表示がとても判り易く配置されている。
券売機は現金だけではなく、クレジットカードも利用可能。

案内表示で、6時35分発の「箱根桃源台」行の空席と、乗り場番号の確認、券売機で座席を指定してチケットを購入。
「B4」乗り場から乗車、とてもスムーズ。

途中、東名高速で事故渋滞があり、
到着予定時刻より20分ほどの遅延はあったが「乙女峠」まで、とても快適。
家を出発してから3時間ほどで着くのでマイカーで行くより、
安くて楽ちん、これはありです。

「乙女峠」では、自分ともう一人、男性が降車。
車内にはハイカーの出で立ちの方も多かったが、
他の方々は、金時山登山口へ直行だったのでしょうか。
乙女峠バス停からは富士山が綺麗に見えています。
バス停前の「ふじみ茶屋」も営業中。

登山口は、バスの進行方向に歩いて100mほどの処。
登山道は、良く整備され、道標もしっかり整っている。
登山口から、ゆっくり登っても30分ほどで乙女峠に到着。

そこには廃墟の茶屋跡があり、富士山が良く見えるようにと
見晴らし台があった。
休憩ベンチは、そこから左に少し上がったところにある。
この辺りから、乙女口からのハイカーなどで賑わい始める。

そこから15分ほどで、ちょとしたピーク、長尾山に到着。
山頂は広場になっているが眺望は無く、通過。

長尾山を下り始めると、直ぐに金時山が見えてくる。
山頂付近の茶屋と人影も確認できる。
改めて、金時山がとんがり山であることを確認。
山頂手前に距離は短いが、急斜面の岩場の登りがある。

山頂手前から、ヤマレコでも見慣れている
「天下の秀峰金時山」の看板塔が目に飛び込んでくる。

山頂周辺は、大勢のハイカーで賑わっている。
あちこちの岩場の上で皆さんが寛いでいる様子が伺える。
その光景は、失礼な表現になるが宛ら「サル山」の様相。

山頂に到着した時は、富士山は残念ながら分厚い雲の中。
山頂はかなりの混雑、茶屋も賑わっている。
当初はここで早めのランチにする予定あったが、人の多さに怯む。
噂には聞いていたが、「営業用ベンチテーブル」の空席がむなしい。

そうこうしているうちに、富士山が顔を出してくれた。
やはり眺望は素晴らしい、秀峰金時山である。

結局、小休止して明神ヶ岳を目出すことにした。
金時山からの降り始めは、やはり急な岩場下り。

20分ほど降りたところで金時神社方面への分岐点、
振り返ると、とんがり山の金時山が聳え立っている。

この分岐点で、休憩中のゴム長靴姿の老人に話しかけられる。
「どちらから来たの?」、「乙女峠から来ました」と返事、
「直進したほうが景色はいいよ、金時神社は木立の中あるだけだよ」と、
道標を眺めていたので、コースを案内してくださった。

地元の方かと思い、いろいろと話を伺っていると、
お歳は87歳で、27年前の60歳のときに仙石原に別荘を買い求め、
現在も新宿に住んでいて、月に二回箱根に来て、
一回来ると5日間山歩きをして東京に帰る暮らしを続けているとのこと。
どこをどう歩いて、どこで休憩するかとパターンが決まっているとのこと。
東京から近く、自然も豊かで富士山も綺麗な箱根を
大変気に入っている様子。
お元気で、大変羨ましい生活パターンである。憧れてしまう。

結構な時間、話し込んでしまった。
明神ヶ岳まで行くことを告げると、1時間半はたっぷり掛ること、
最後の上りがちょいとキツイこと、
明神ヶ岳は風は強いけど海が青く綺麗に見えるとこと、
宮城野までの下山道は少々荒れているから気を付けること、
等々、事細かく親切に教えて下さった。

実際に行ってみると、全くお話の通りであった。
明神ヶ岳までの道のりは、結構なアップダウンの繰り返しで、
地味にハードでバテバテになって歩いた。
ぬかっているところが多く、余分にパワーを使った。
途中、シャリバテで笹薮の茂みの中で思わぬランチ休憩。
時間は掛っている割には、道標のコースタイム時間が減らないので、
何度か引き返そうかとも思った。

明神ヶ岳は、気持ちの良い風が通り抜けていた。
ベンチもあったが、芝生の箇所があったので、20分昼寝をした。
とてもバテたが来てみると、良い処であった。

明神ヶ岳をあとにして歩き出すとすぐ左手に、
小田原の街並みと湘南バイパスの向こう青い海が見える。
きょうは気温も高く薄曇りだったが、
気温が低い頃は海はもっと青くて綺麗に見えるのであろう。

鞍部の分岐点まで来ると、道標に「宮城野まで40分」とある。
ここからが少々荒れ気味の下りとなるはず。確かに荒れていた。
結構な斜度でゴロ石が多く、油断すると足元をすくわれる。
慎重に小刻みなステップで下る、ジワジワと腿にくる。

別荘エリアに沿って登山道が続く、
別荘エリアに入ると迷路にように判り辛く道迷いするので、
要注意であると、大学の先輩からの情報を思い出す。

この別荘エリア沿いの道は相当歩き辛い、滑り易い、
あまり通りたくない道の一つとなった。
登山口に辿り着いたときには、本当にホッとした。

登山口から宮城野支所前のバス停までは約10分要した。
宮城野界隈はお祭りで、太鼓の音が響き、神輿や山車が出ていた。

晴れて気温も上昇し、汗だくでバテバテ歩きをして、
持っていた水分も途中で飲みきってしまっていたので、
バス停直前の自販機で飲み物を買って一息ついているうちに、
バスを一台見送ってしまった。

その次に来た小田原行きバスは大変な混雑であった。
湯本までの道も、途中から渋滞が始まり、
当初計画時間より、一時間ほど多く掛ってしまったが、
久々の山行は、とても充実したものであった。

湯本の駅で、缶ビールと籠清の蒲鉾を買って、
小田急ロマンスカーに乗り込み帰路に着いた。
訪問者数:839人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ