ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 844423 全員に公開 ハイキング東海

田村川両岸尾根周回

日程 2016年04月10日(日) [日帰り]
メンバー dedeppo5, その他メンバー6人
天候うす曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
田村川林道(砂利道)を小太郎谷出合まで進み、河川敷際空地に駐車。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間52分
休憩
12分
合計
8時間4分
Sスタート地点07:2308:32能登ヶ峰08:3508:53鹿の楽園11:00カタコシ峠11:0411:54割谷入口11:5613:11御所峠13:1414:06御所平15:27ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

写真

黒滝から入山すると、傾斜も緩やかであるが、駐車地からは、杉林の急登となり、70分を要して、能登ヶ峰に辿り着きました。
2016年04月10日 08:32撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒滝から入山すると、傾斜も緩やかであるが、駐車地からは、杉林の急登となり、70分を要して、能登ヶ峰に辿り着きました。
1
入山して80分、間もなく、鹿の楽園。
2016年04月10日 08:43撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入山して80分、間もなく、鹿の楽園。
2
見事なシャクナゲの大木が出迎えて呉れます。
2016年04月10日 08:43撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見事なシャクナゲの大木が出迎えて呉れます。
ここは、世の騒音も届かぬ静寂。シャクナゲの花の香り(初めて嗅ぐ香水)に驚き、ハイポーズ。
2016年04月10日 08:45撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは、世の騒音も届かぬ静寂。シャクナゲの花の香り(初めて嗅ぐ香水)に驚き、ハイポーズ。
4
鹿遊び平原の南東端は、大崩落で、目眩する程深く切れ落ちています。
2016年04月10日 08:58撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿遊び平原の南東端は、大崩落で、目眩する程深く切れ落ちています。
1
P696ですが
2016年04月10日 09:23撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P696ですが
表示板の文字は消えて、読めません。
2016年04月10日 09:23撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
表示板の文字は消えて、読めません。
1
P696から東に約400m程進むと、エスケープルートの目印でもあるドラム缶。ここから田村川に下りられます。
2016年04月10日 09:45撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P696から東に約400m程進むと、エスケープルートの目印でもあるドラム缶。ここから田村川に下りられます。
1
右岸尾根もカタコシ峠まで東進すると、今日の周回の半分が終了。
木の鼓動を感じながら、別れを惜しんでます。
2016年04月10日 11:01撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右岸尾根もカタコシ峠まで東進すると、今日の周回の半分が終了。
木の鼓動を感じながら、別れを惜しんでます。
1
整備されてる田村川林道を500m程南下すると
2016年04月10日 11:15撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
整備されてる田村川林道を500m程南下すると
1
割谷の出合で、ここから、今日後半の半周である御所峠へ、この谷を登ります。
2016年04月10日 11:53撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
割谷の出合で、ここから、今日後半の半周である御所峠へ、この谷を登ります。
谷も、登り初めは斜度も緩く
2016年04月10日 12:04撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷も、登り初めは斜度も緩く
1
花を愛でる余裕も在るが、御所峠迄のこの割谷は、本日最大の難関。
2016年04月10日 12:13撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花を愛でる余裕も在るが、御所峠迄のこの割谷は、本日最大の難関。
ここへ辿り着くのに、林道から70分も要しました。
2016年04月10日 13:12撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここへ辿り着くのに、林道から70分も要しました。
2
ここまで来ると、今日の左岸尾根は楽ちんで
2016年04月10日 13:25撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまで来ると、今日の左岸尾根は楽ちんで
右岸同様の平原と
2016年04月10日 13:38撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右岸同様の平原と
展望が、ゆっくり、楽しめました。
2016年04月10日 13:38撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望が、ゆっくり、楽しめました。
御所峠から
2016年04月10日 13:53撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御所峠から
そして、御所平へ。
2016年04月10日 14:03撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして、御所平へ。
2
樹齢は若いが、この平原もシャクナゲは満開です。
2016年04月10日 14:04撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹齢は若いが、この平原もシャクナゲは満開です。
1
霞んでは居るが、あの山は
2016年04月10日 14:04撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霞んでは居るが、あの山は
2
こちらの山はの、山座同定の楽しみも
2016年04月10日 14:22撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらの山はの、山座同定の楽しみも
ここでお終い。
2016年04月10日 14:24撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここでお終い。
2
桧林の植林からは花粉をまぶされ、傾斜もきつく、辛い下山であるが
2016年04月10日 14:42撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桧林の植林からは花粉をまぶされ、傾斜もきつく、辛い下山であるが
50分程で、田村川との出合。
降り注ぐ花粉を吸い、鼻づまりした鼻の粘膜を、この河原の水を吸い込んで洗い流して、開通させ
2016年04月10日 15:14撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
50分程で、田村川との出合。
降り注ぐ花粉を吸い、鼻づまりした鼻の粘膜を、この河原の水を吸い込んで洗い流して、開通させ
1
右岸に渡れば、今朝の駐車地。
踏み石の徒渉場所は無く、靴を脱いでの徒渉と成ったが本日の山行は終了した。
2016年04月10日 15:15撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右岸に渡れば、今朝の駐車地。
踏み石の徒渉場所は無く、靴を脱いでの徒渉と成ったが本日の山行は終了した。
3
撮影機材:

感想/記録

ヨコネ、御所平の尾根を北から眺めたいと思って居たが、今回、ようやく実現出来た。

両尾根とも、草原とシャクナゲの植生は似てはいるが、樹齢も規模も、右岸の方が大きく、歩いた時の充実感も、また、タップリであった。

矢っ張り、万物、春はいいねー。
芽吹きのこの時期は、気も心も浮き浮きで、しかも日も長い事から、ゆったりと自然に浸かれる、素晴らしい一日であった。

同じ場所でありながら
秋は、草紅葉に揺れるススキの株間に、鹿の鳴き声がBGM。
そして、日没の空が赤く焼け
テントの前には、湯気を立ちあげるコーヒーポットとワンカップ。

ここは、こんな幕営をイメージしたくなる場所の一つでもある。
訪問者数:205人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/10/18
投稿数: 2
2016/4/13 23:08
 お疲れ様でした。
あの御所峠までの割谷、すごかったですね。
また、よろしくお願いします。
花岡でした。
登録日: 2013/12/29
投稿数: 252
2016/4/14 6:43
 Re: お疲れ様でした。
田村川から御所峠へ辿るには、谷を使うも尾根を使うも
標高差が有るんで、大変ですね。お疲れさまでした。
更に企画が在るみたいですから、また宜しくお願いします。

ところで
教わったスマホ地図、ヤマレコのgpxを地図ロイドに落としたんですが
その活用(保存と削除、山行時の地図にそのgpx表示と現在地の出し方等)
に躓いてます。(安心登山の一助ですが、暫くは、ブルーですね)
登録日: 2013/10/18
投稿数: 2
2016/4/14 13:33
 Re[2]: お疲れ様でした。
どうもです。
ヤマレコのgpxを地図ロイドに落とす等、やった事がないので解らないです。
地図ロイドは、見るだけに使っています。
使い方、また教えて下さい。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ