ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 845827 全員に公開 ハイキング奥秩父

両神山~白井差コース

日程 2016年04月13日(水) [日帰り]
メンバー junyo
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
白井差登山口の駐車場。駐車料金は発生しないが、登山コースが私有地内にあり、所有者の山中豊彦さん(電話0494・79・0494)に事前予約の上、環境整備費として1000円を支払う。ただし、環境整備費は下山した後に支払うため、コースは両神山頂上へのピストンのみ
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間45分
休憩
1時間10分
合計
4時間55分
S白井差登山口09:0010:10ブナ平11:10日向大谷からの登山道合流点11:15両神山頂11:2511:30ベンチ12:0012:25夢見平12:4513:30昇龍の滝13:4013:55白井差登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
急斜面の登りではあるが、よく整備されており危険を感じた場所なし。岩場やクサリ場が要所要所にある日向大谷からのコースとは対照的
その他周辺情報両神温泉薬師の湯。入浴料600円

装備

個人装備 ヘッドランプ 懐中電灯 予備電池 1/25 000地形図 コンパス 山岳保険加入者証 ペン 手帳 保険証 飲料 ティッシュ ウエットティッシュ 手ぬぐい タオル 手袋 携帯電話 充電器 熊鈴 雨具 防寒着 ストック カメラ 双眼鏡 時計 高度計 温度計 非常食 行動食 昼食 バーナー ガスカートリッジ コッヘル はし 帽子 サバイバルシート サバイバルキット ホイッスル ライター ナイフ ツエルト ザックカバー

写真

道路終点。奥が駐車場。写真の向かって左後方、山中さん宅で氏名と連絡先をノートに書き込み、地図を受け取り手続きをして駐車場のさらに奥の登山口からスタート
2016年04月13日 08:56撮影 by Canon PowerShot SX160 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道路終点。奥が駐車場。写真の向かって左後方、山中さん宅で氏名と連絡先をノートに書き込み、地図を受け取り手続きをして駐車場のさらに奥の登山口からスタート
3
しばらくは林道歩き
2016年04月13日 09:01撮影 by Canon PowerShot SX160 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらくは林道歩き
ここから沢沿いの登山道へ
2016年04月13日 09:09撮影 by Canon PowerShot SX160 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから沢沿いの登山道へ
1
ハシリドコロの花
2016年04月13日 09:27撮影 by Canon PowerShot SX160 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハシリドコロの花
橋で沢を渡りながら高度を上げていく
2016年04月13日 09:38撮影 by Canon PowerShot SX160 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋で沢を渡りながら高度を上げていく
橋はすべて山中さんの手作りだそう
2016年04月13日 09:41撮影 by Canon PowerShot SX160 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋はすべて山中さんの手作りだそう
4
教科書に出てきそうな褶曲
2016年04月13日 09:42撮影 by Canon PowerShot SX160 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
教科書に出てきそうな褶曲
3
オオドリ河原
2016年04月13日 09:45撮影 by Canon PowerShot SX160 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オオドリ河原
澤から急斜面をジグザグに上がっていく。踊り場的なブナ平
2016年04月13日 10:13撮影 by Canon PowerShot SX160 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
澤から急斜面をジグザグに上がっていく。踊り場的なブナ平
少し行くと夢見平
2016年04月13日 10:21撮影 by Canon PowerShot SX160 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し行くと夢見平
1
夢見平から見上げるノゾキ岩
2016年04月13日 10:33撮影 by Canon PowerShot SX160 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夢見平から見上げるノゾキ岩
1
大峠へ行く稜線が見えてきた
2016年04月13日 11:00撮影 by Canon PowerShot SX160 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大峠へ行く稜線が見えてきた
1
稜線に合流すると、ほどなく日向大谷からの登山道に合流
2016年04月13日 11:09撮影 by Canon PowerShot SX160 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線に合流すると、ほどなく日向大谷からの登山道に合流
あっという間に山頂
2016年04月13日 11:13撮影 by Canon PowerShot SX160 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あっという間に山頂
4
奥秩父方面。雲が多く遠くは見えない
2016年04月13日 11:18撮影 by Canon PowerShot SX160 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥秩父方面。雲が多く遠くは見えない
2
秩父方面。奥に武甲山から小持山・大持山への稜線
2016年04月13日 11:18撮影 by Canon PowerShot SX160 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秩父方面。奥に武甲山から小持山・大持山への稜線
1
そのアップ
2016年04月13日 11:19撮影 by Canon PowerShot SX160 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そのアップ
1
山頂は狭い
2016年04月13日 11:22撮影 by Canon PowerShot SX160 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂は狭い
1
山頂直下のクサリ場。クサリは使わなかったけれど
2016年04月13日 11:29撮影 by Canon PowerShot SX160 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂直下のクサリ場。クサリは使わなかったけれど
2
白井差と日向大谷の分岐にあるベンチで。リフィルタイプのカップヌードルとおにぎりで昼食
2016年04月13日 11:41撮影 by Canon PowerShot SX160 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白井差と日向大谷の分岐にあるベンチで。リフィルタイプのカップヌードルとおにぎりで昼食
3
直進すると大峠方面。難路らしい。左下へ下山
2016年04月13日 12:06撮影 by Canon PowerShot SX160 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
直進すると大峠方面。難路らしい。左下へ下山
帰りに昇龍の滝で一休み
2016年04月13日 13:35撮影 by Canon PowerShot SX160 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りに昇龍の滝で一休み
2
林道が見えた
2016年04月13日 13:49撮影 by Canon PowerShot SX160 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道が見えた
駐車場に帰ってきた
2016年04月13日 13:55撮影 by Canon PowerShot SX160 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場に帰ってきた
1
撮影機材:

感想/記録
by junyo

個人所有で、協力金を支払って登るという、あまり他に例を見ない登山道。所有者の山中さんによると、かつては普通の登山道だったが、さまざまな事情で、15年ほど前からこのような形になったらしい。当時の環境省とのさまざまな話が生々しくも興味深かった。
所有者の山中さんは山仕事の経験豊富で秩父の山に詳しく、警察とも協力して山岳遭難者の捜索に長く携わってきた方。両神山山域だけでなく、広く奥秩父で捜索に協力してきていて、こちらの様々な事例も興味深い。きちんとした届けを出さず行方不明になった場合、家族や職場のみならず、警察をはじめとする行政にも多大な迷惑をかけると実感させられた。
山頂へのピストンのみが入山の条件なのは、遭難者や行方不明者を出したくないという、山中さんの思いがあるらしい。登山道はよく整備されていて、個人でよくここまで整備したものだと感心させられた
訪問者数:875人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ