ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 849298 全員に公開 雪山ハイキング八ヶ岳・蓼科

赤岳撤退

日程 2016年04月18日(月) 〜 2016年04月19日(火)
メンバー onisan
天候1日目 曇り
2日目 快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
 東海北陸道木曽川ICから中央道諏訪南IC、ICから美濃戸口までスムース。美濃戸口から美濃戸まで、深い轍は整備され、普通車でも行くことが出来ました。整備頂いた皆さんに感謝。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

1日目 6:45自宅―10:50赤岳山荘P―11:09登山口―12:11堰堤広場―13:33赤岳鉱泉
2日目 5:36赤岳鉱泉―6:20中山展望台6:44―6:58行者小屋―7:58撤退―8:33行者小屋9:01―11:44美濃戸山荘―11:51赤岳山荘P
コース状況/
危険箇所等
1日目 美濃戸から北沢経由で赤岳鉱泉まで、車道に雪はありませんが、登山道に入ると雪あり。それも凍っています。でも何とかノーアイゼン、ダブルストックで赤岳鉱泉まで行きつくことが出来ました。とは云え、滑り止めを履いた方が良いでしょう。

2日目 赤岳鉱泉から行者小屋まで、雪道です。最初からアイゼン、ピッケル、ヘルメットを装着します。すぐに右下肢のシビレが出現、今日は駄目模様、足を引きづりながら登ります。中山展望台に寄り道して、今日はここまでか。雪の無い展望台で南八ヶ岳を眺めながらゆっくりします。

 中山展望台から行者小屋に降り立ちました。何故か足は地蔵尾根を登っています。しばらくは森の中の緩やかな登りですが、徐々に勾配が増して来ます。階段出現、上部は氷に覆われていて要注意。その上は森林限界、カチカチ雪の急登、ステップはありません。二つ目の階段を前にして、もう帰ろっと。
 急坂下り、上から見ると端っこにステップが見えます。これなら安心して下る事が出来ます。氷の着いた階段には巻き道がありました。この巻き道、氷の階段より危うい。慎重に下り、行者小屋で赤岳鉱泉の朝弁当を食べながらゆっくり休みます。

 帰りは南沢を下ります。チェーンスパイク初試しです。締まった雪道は勿論、凍った道でも快適、6本爪の軽アイゼンよりいいんじゃない、調子良く下って行きます。雪が途切れた岩場の下り、短い距離ですのでチェーンスパイクのまま下ります。すぐにアイスリンク状となり何か変。右のチェーンスパイクが外れています。氷の上に腰を降してチェーンスパイクを外してよく見ると、スティール製の前歯の支えが2か所で切れ折れています。どうやら岩場でやられたようです。アイゼンに履き替え、凍った道を下ります。日当たりの良い場所では雪は無く岩が露出、一度アイゼンを外します。それも長くは続きません、再び装着。
 もうこの先、雪は無さそう。アイゼンを外して岩ゴロゴロの道をヨタヨタ下ります。緩やかな尾根道、足早に下ろうとした途端、小石に躓いて前のめりに転倒。カッパのズボンの左膝が裂けましたが、身体は無事のようです。あとは慎重に、よれよれと美濃戸山荘に降り立ちました。
 
その他周辺情報もみの湯(500円)で汗を流しました。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

写真

美濃戸登山口、北沢に入ります。
2016年04月18日 11:08撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美濃戸登山口、北沢に入ります。
4
車道に雪はありません。
2016年04月18日 11:25撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車道に雪はありません。
1
小さな祠、シカ?の頭蓋骨が供えられていました。
2016年04月18日 11:47撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さな祠、シカ?の頭蓋骨が供えられていました。
5
堰堤広場から登山道に入ると雪が現れます。
2016年04月18日 12:31撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤広場から登山道に入ると雪が現れます。
3
桟橋を渡ります。
2016年04月18日 12:38撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桟橋を渡ります。
6
川底の岩は赤くなっています。
2016年04月18日 12:39撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川底の岩は赤くなっています。
3
氷上を恐る恐るツボ足で歩きます。
2016年04月18日 13:03撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
氷上を恐る恐るツボ足で歩きます。
3
解凍中です。
2016年04月18日 13:30撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
解凍中です。
13
赤岳鉱泉に着きました。
2016年04月18日 13:33撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉に着きました。
6
大部屋ですが個室状態。本日の宿泊者はわたしも含めて7人だけ。
2016年04月18日 13:49撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大部屋ですが個室状態。本日の宿泊者はわたしも含めて7人だけ。
8
夕食までの時間、談話室で
2016年04月18日 14:14撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕食までの時間、談話室で
5
ビールとブランデーで過ごします。
2016年04月18日 14:17撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ビールとブランデーで過ごします。
15
夕食です。
2016年04月18日 18:04撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕食です。
20
食堂はスキスキ。
2016年04月18日 18:09撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
食堂はスキスキ。
3
今日はいい天気になりそうです。
2016年04月19日 05:36撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日はいい天気になりそうです。
7
行者小屋に向かいます。
腰がだるく、右下肢を引きずりながら登ります。
2016年04月19日 05:40撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者小屋に向かいます。
腰がだるく、右下肢を引きずりながら登ります。
4
ツルツルです。
2016年04月19日 05:45撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツルツルです。
2
中山展望台に寄りました。今日はここまでと、南八つの峰々の眺めを楽しみます。
2016年04月19日 06:41撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中山展望台に寄りました。今日はここまでと、南八つの峰々の眺めを楽しみます。
31
横岳の稜線です。
2016年04月19日 06:20撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横岳の稜線です。
4
朝日を浴びて阿弥陀岳。
2016年04月19日 06:21撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日を浴びて阿弥陀岳。
17
赤岳・中岳。
2016年04月19日 06:21撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳・中岳。
10
大同心・小同心。
2016年04月19日 06:22撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大同心・小同心。
6
赤岳展望荘はまだ開いていません。
2016年04月19日 06:22撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳展望荘はまだ開いていません。
5
文三郎尾根です。
2016年04月19日 06:23撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
文三郎尾根です。
7
澄んだ朝の空気をたっぷり吸って下りに掛かります。
2016年04月19日 06:44撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
澄んだ朝の空気をたっぷり吸って下りに掛かります。
4
倒木を跨いで。
2016年04月19日 06:53撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
倒木を跨いで。
1
行者小屋に着きました。
2016年04月19日 06:58撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者小屋に着きました。
5
何故か足は地蔵尾根に向かいます。
2016年04月19日 06:58撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何故か足は地蔵尾根に向かいます。
4
徐々に勾配を増します。
2016年04月19日 07:22撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徐々に勾配を増します。
1
上部はカリカリ、怖っ。
2016年04月19日 07:39撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上部はカリカリ、怖っ。
5
森林限界、急登です。
2016年04月19日 07:50撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森林限界、急登です。
1
硫黄岳。
2016年04月19日 07:53撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳。
9
蓼科山。
2016年04月19日 07:52撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓼科山。
5
大同心・小同心。
2016年04月19日 07:53撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大同心・小同心。
10
時折り強風が吹きます。稜線は風が強そう。
2016年04月19日 07:58撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時折り強風が吹きます。稜線は風が強そう。
4
帰ろっと。
2016年04月19日 07:58撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰ろっと。
17
端っこにステップがあり、安心して下る事が出来ました。
2016年04月19日 08:01撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
端っこにステップがあり、安心して下る事が出来ました。
2
行者小屋でひと休み。
2016年04月19日 08:55撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者小屋でひと休み。
9
赤岳に別れを告げ、
2016年04月19日 08:33撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳に別れを告げ、
9
チェーンスパイクで下りに掛かります。
2016年04月19日 09:01撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チェーンスパイクで下りに掛かります。
1
ツルツル道ですがチェーンスパイクが良く効きます。
2016年04月19日 09:15撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツルツル道ですがチェーンスパイクが良く効きます。
3
と思っていたら、ここでスパイクが外れている事に気が付きました。新調のスパイク、岩場で壊れてしまいました。もろっ。
2016年04月19日 09:48撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
と思っていたら、ここでスパイクが外れている事に気が付きました。新調のスパイク、岩場で壊れてしまいました。もろっ。
2
スティール製の支持リング、2か所で切れて使い物になりません。
2016年04月19日 19:35撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スティール製の支持リング、2か所で切れて使い物になりません。
10
アイゼンに替えてテカテカ道を下ります。
2016年04月19日 09:29撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アイゼンに替えてテカテカ道を下ります。
2
氷模様、
2016年04月19日 09:27撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
氷模様、
7
いろいろ。
2016年04月19日 09:37撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いろいろ。
2
まるでアイスリンク。
2016年04月19日 09:41撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まるでアイスリンク。
1
何でもない尾根道で小石に躓いて転倒。カッパのズボン、膝が裂けてしまいました。
2016年04月19日 11:56撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何でもない尾根道で小石に躓いて転倒。カッパのズボン、膝が裂けてしまいました。
9
無事? 美濃戸山荘に降りつきました。
2016年04月19日 11:44撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事? 美濃戸山荘に降りつきました。
6
ほんとに。
2016年04月19日 11:45撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほんとに。
7
もみの湯。
2016年04月19日 12:25撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もみの湯。
4
露天湯。
2016年04月19日 12:46撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
露天湯。
7

感想/記録
by onisan

 厳冬期の赤岳はチョイ無理。今頃なら大丈夫じゃ無いかな、と云う事で赤岳鉱泉に泊まって登る事にしました。

 上天気ですが、腰の状態は絶不調。足を引きずりながら鉱泉から行者小屋に向かいます。途中に寄った中山展望台、今日はここまでか。でも何故か足は地蔵尾根を登っています。結局、地蔵仏を前に断念。

 新調のチェーンスパイクとカッパのズボンを駄目にし、散々な赤岳撤退の巻でした。ま、南八つの山々を近くに眺められただけでも良かったかな。

 世の中、春ですが、今季もう一度くらい、雪山を楽しみたいな。
訪問者数:1058人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ