ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 855835 全員に公開 ハイキング東海

北夕森山

日程 2016年04月30日(土) [日帰り]
メンバー miuratti, その他メンバー1人
天候晴のち曇
アクセス
利用交通機関
車・バイク
車利用
 自宅近くのサークルK → 伊勢湾岸道 → 中央道中津川IC → 北夕森山登山口
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間33分
休憩
35分
合計
5時間8分
Sスタート地点(車の駐車場所)09:2909:44下浦林道登山口12:21夕森山(北夕森山)12:5514:25下浦林道登山口14:2614:37ゴール地点(車の駐車場所)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
登山道は、案内標識も適度な配置され、整備が行き届いていました。
コース状況/
危険箇所等
登山口は不動滝駐車場手前の山側への舗装道に左折して道なりに東に進み、登山口前で駐車。登山ポストあり。
コース途中に危険箇所はなく、案内標識もしっかりしているため、迷う箇所もありません。
その他周辺情報登山後、付知峡口の交差点付近にある、おいぼれ×…失礼!「おんぼいの湯」にて疲れを癒すことができます。

装備

個人装備 長袖シャツ ソフトシェル ズボン 靴下 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 保険証 時計 タオル カメラ
備考 手袋を持っていくのを忘れました。

写真

登山口の様子。ここまで車は入ることができ、ちょっとした広場になっています。不動滝駐車場の手前の舗装道を左折して道なりに進むとここに出ます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口の様子。ここまで車は入ることができ、ちょっとした広場になっています。不動滝駐車場の手前の舗装道を左折して道なりに進むとここに出ます。
登山口の登山届用のポストです。注意看板には、熊が多数目撃されているとのこと。
2016年04月30日 09:43撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口の登山届用のポストです。注意看板には、熊が多数目撃されているとのこと。
登山口から少し進むと、杉林の中を歩きやすい道が続いています。
2016年04月30日 09:52撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口から少し進むと、杉林の中を歩きやすい道が続いています。
途中には、随所に案内看板や手書き標識があり、迷うところはありませんでした。
2016年04月30日 09:54撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中には、随所に案内看板や手書き標識があり、迷うところはありませんでした。
途中、かなり前にガレとなったところも通りますが、岩も苔がつき、歩きにくいところはありませんでした。
2016年04月30日 10:00撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中、かなり前にガレとなったところも通りますが、岩も苔がつき、歩きにくいところはありませんでした。
石の上にも30年? 杉の根が岩を掴むように張っていました。
2016年04月30日 10:07撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石の上にも30年? 杉の根が岩を掴むように張っていました。
しばらく、登山道は出ガ谷の渓流に沿って進んでいきます。
2016年04月30日 10:15撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく、登山道は出ガ谷の渓流に沿って進んでいきます。
タマシダ? 芽がに、葉が下に垂れた変な形。
2016年04月30日 10:18撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タマシダ? 芽がに、葉が下に垂れた変な形。
2箇所木橋を渡っていきます。
2016年04月30日 10:28撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2箇所木橋を渡っていきます。
相変わらず、整備の行き届いた道を進みます。
2016年04月30日 10:41撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
相変わらず、整備の行き届いた道を進みます。
だんだんと傾斜が増してきました。
2016年04月30日 10:45撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だんだんと傾斜が増してきました。
「水終」(最終水場)と書かれた場所を過ぎると、急登が始まります。
2016年04月30日 10:53撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「水終」(最終水場)と書かれた場所を過ぎると、急登が始まります。
ジグザグに登っていきますが、急登して、なだらかになってを交互に繰り返して、急登一辺倒にならないように配慮されています。
2016年04月30日 10:54撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジグザグに登っていきますが、急登して、なだらかになってを交互に繰り返して、急登一辺倒にならないように配慮されています。
枯れた株を掴むように根を伸ばしている杉。
2016年04月30日 11:16撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
枯れた株を掴むように根を伸ばしている杉。
やがて、高度を上げて、杉林を抜けると明るいカラマツ林になってきます。
2016年04月30日 11:33撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やがて、高度を上げて、杉林を抜けると明るいカラマツ林になってきます。
稜線近くまで登ってきました。
2016年04月30日 11:41撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線近くまで登ってきました。
時折、ダケカンバやヒノキも混じるカラマツ林を進みます。
2016年04月30日 11:43撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時折、ダケカンバやヒノキも混じるカラマツ林を進みます。
ふと、北側を見ると、木の間から御岳の姿が見えています。
2016年04月30日 11:59撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ふと、北側を見ると、木の間から御岳の姿が見えています。
1
稜線上から見た南側の眺望です。
2016年04月30日 12:00撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線上から見た南側の眺望です。
1
いよいよ頂上に向けて急登が始まります。
2016年04月30日 12:05撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ頂上に向けて急登が始まります。
途中のなだらかなところに咲いていた白い花。
2016年04月30日 12:09撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中のなだらかなところに咲いていた白い花。
1
横から見るとこんな感じです。
2016年04月30日 12:09撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横から見るとこんな感じです。
1
ショウジョウバカマも咲いていました。
2016年04月30日 12:11撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ショウジョウバカマも咲いていました。
1
最後の急登が始まりますが、そんなに距離はないようです。
2016年04月30日 12:12撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の急登が始まりますが、そんなに距離はないようです。
頂上の祠と展望塔が見えてきました。
2016年04月30日 12:16撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上の祠と展望塔が見えてきました。
12時17分に頂上に着きました。頂上の祠をよく見ると。両脇の柱に特徴があります。
2016年04月30日 12:17撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12時17分に頂上に着きました。頂上の祠をよく見ると。両脇の柱に特徴があります。
1
こちらは展望塔。結構古くなっていて、とても登る気にはなりません。というか、登るとはしごが折れそうで危険です。
2016年04月30日 12:17撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは展望塔。結構古くなっていて、とても登る気にはなりません。というか、登るとはしごが折れそうで危険です。
三角点です。
2016年04月30日 12:17撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点です。
標高は、1,596.9mとあります。手元のGPSも1,599mと表示されていました。
2016年04月30日 12:17撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高は、1,596.9mとあります。手元のGPSも1,599mと表示されていました。
頂上は北と南に開けており、北側は御覧のように御嶽山が目の前に迫っております。噴煙も小さいですが、もくもく立ちのぼっています。噴火により多数の死傷者を出し、いまだに発見されていない御岳に向かって黙祷を捧げました。
2016年04月30日 12:18撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上は北と南に開けており、北側は御覧のように御嶽山が目の前に迫っております。噴煙も小さいですが、もくもく立ちのぼっています。噴火により多数の死傷者を出し、いまだに発見されていない御岳に向かって黙祷を捧げました。
4
御岳山のアップ。
2016年04月30日 12:19撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御岳山のアップ。
1
御嶽山と手前は1672のピーク。
2016年04月30日 12:20撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御嶽山と手前は1672のピーク。
2
南側からみた付知の町並みです。さらに遠くには、中津川の町並みものぞむことができます。
2016年04月30日 12:23撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南側からみた付知の町並みです。さらに遠くには、中津川の町並みものぞむことができます。
御嶽山と周辺の山々。今日この時間は、よく晴れて御嶽山もハッキリ見えます。昼食をとり、12時55分名残惜しいですが、頂上を後にします。
2016年04月30日 12:24撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御嶽山と周辺の山々。今日この時間は、よく晴れて御嶽山もハッキリ見えます。昼食をとり、12時55分名残惜しいですが、頂上を後にします。
登山口に戻ってきました。
2016年04月30日 14:25撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口に戻ってきました。
同行者はももが痛いといってゆっくり降りてきました。14時25分下山しました。このあとは、「老いぼれ」じゃなかった、「おんぼいの湯」を目指して車を走らせます。
2016年04月30日 14:25撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同行者はももが痛いといってゆっくり降りてきました。14時25分下山しました。このあとは、「老いぼれ」じゃなかった、「おんぼいの湯」を目指して車を走らせます。
撮影機材:

感想/記録

昨日に続き、連続で山登りに来ているため、疲れがでないよう、小股でゆっくり登っていきました。
 それでも意外に早く、12時17分に頂上に到着しました。帰りの下りは、同行者がモモが痛いというので、かなりゆっくり余裕をもって下りました。
今日は頂上では、天気に恵まれましたが、下山する頃には、曇ってきました。
訪問者数:481人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ