ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 861113 全員に公開 ハイキング大峰山脈

大峰山(弥山、八経ヶ岳)〜行者還トンネル西口から近畿最高峰へ〜

日程 2016年04月30日(土) [日帰り]
メンバー bbrod(CL), その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
・行者還トンネル西口駐車場(1000円)を利用。7時過ぎの到着で満車状態でしたが、係員の誘導で既に駐車している車の前に駐車(キーは車内に)。
・天川川合と行者還トンネル間のR309は対向車とのすれ違いが難しい狭隘ですので運転には注意を。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち58%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間9分
休憩
1時間5分
合計
6時間14分
S行者還トンネル西口07:5508:42奥駈道出合08:4709:05弁天の森09:1109:35聖宝ノ宿跡09:3610:21弥山小屋10:2710:28国見八方覗10:2910:48大峰山11:0611:20国見八方覗11:2311:25弥山小屋11:4412:13聖宝ノ宿跡12:1412:40弁天の森12:4313:11奥駈道出合13:1214:08行者還トンネル西口14:0914:09ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・特に危険個所はありませんが、急登では足元に注意。
その他周辺情報・洞川温泉は小さな温泉地ですが、街並みに風情があって中々の処でした。因みに宿泊した宿は旅館久保治です。http://kuboji.com/
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック ザックカバー サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 調理用食材 調味料 飲料 ハイドレーション ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 調理器具 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 針金 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック ナイフ カメラ ポール テント テントマット シェラフ ヘルメット

写真

行者還トンネル西口の駐車場。満車状態。
2016年04月30日 07:44撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者還トンネル西口の駐車場。満車状態。
世界遺産の看板を
2016年04月30日 07:54撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
世界遺産の看板を
登山口。ポストも設置されており、ここからスタートです。
2016年04月30日 07:54撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口。ポストも設置されており、ここからスタートです。
行者還トンネルを。手前の小屋には綺麗な水洗トイレがありました。
2016年04月30日 07:54撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者還トンネルを。手前の小屋には綺麗な水洗トイレがありました。
歩き始めは沢沿いに進み、橋を渡ると急登の始まりです。
2016年04月30日 07:58撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩き始めは沢沿いに進み、橋を渡ると急登の始まりです。
団体さんが先行しているため、急登個所で渋滞中。
2016年04月30日 08:22撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
団体さんが先行しているため、急登個所で渋滞中。
また渋滞です。
2016年04月30日 08:32撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また渋滞です。
大峰奥駈道分岐に到着。休憩ポイントですが先に進みます。
2016年04月30日 08:48撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大峰奥駈道分岐に到着。休憩ポイントですが先に進みます。
快適な稜線上の道です。
2016年04月30日 08:50撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
快適な稜線上の道です。
弁天の森に到着。ここで小休止です。
2016年04月30日 09:09撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弁天の森に到着。ここで小休止です。
コバイケイソウの群生。
2016年04月30日 09:31撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コバイケイソウの群生。
この辺から弥山への登りです。
2016年04月30日 09:31撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺から弥山への登りです。
聖宝の森に到着。大峰山で修行に励んだ理源大師像だそうです。昔から大師像には触れてはならぬという言い伝えがあるようです
2016年04月30日 09:38撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
聖宝の森に到着。大峰山で修行に励んだ理源大師像だそうです。昔から大師像には触れてはならぬという言い伝えがあるようです
まあ急登の始まりです
2016年04月30日 09:48撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まあ急登の始まりです
なが〜い階段も。
2016年04月30日 10:01撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なが〜い階段も。
階段が終わっても急登は続きます。
2016年04月30日 10:10撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段が終わっても急登は続きます。
まだまだ急です
2016年04月30日 10:10撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだまだ急です
天気に恵まれたので眺めが最高!
2016年04月30日 10:10撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気に恵まれたので眺めが最高!
2
奥深さが感じられる眺めですね。
2016年04月30日 10:11撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥深さが感じられる眺めですね。
2
弥山に到着!
2016年04月30日 10:26撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弥山に到着!
右手の建物がトイレです。
2016年04月30日 10:27撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手の建物がトイレです。
軽く休憩し、正面にある八経を目指します。
2016年04月30日 10:30撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
軽く休憩し、正面にある八経を目指します。
3
振り返って弥山を弥山小屋がよく分かります。
2016年04月30日 10:50撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って弥山を弥山小屋がよく分かります。
2
八経ヶ岳に到着です!山頂は狭いので少し下って皆さん休憩中。
2016年04月30日 10:51撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八経ヶ岳に到着です!山頂は狭いので少し下って皆さん休憩中。
3
お決まりの看板。近畿最高峰で68座目の百名山となりました
2016年04月30日 10:52撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お決まりの看板。近畿最高峰で68座目の百名山となりました
2
眺めも最高!熊野三千六百峰の眺め?とか。
2016年04月30日 10:52撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眺めも最高!熊野三千六百峰の眺め?とか。
1
昨日からの冷え込みで霧氷が。
2016年04月30日 11:04撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨日からの冷え込みで霧氷が。
2
この時間でも残っていました。
2016年04月30日 11:04撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この時間でも残っていました。
枯木がすごいですね。
2016年04月30日 11:24撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
枯木がすごいですね。
弥山から八経を。
2016年04月30日 11:24撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弥山から八経を。
1
弥山神社の鳥居。
2016年04月30日 11:43撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弥山神社の鳥居。
1
見納めの八経ヶ岳
2016年04月30日 11:44撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見納めの八経ヶ岳
1
弥山小屋。立派な小屋ですね。下山開始です。
2016年04月30日 11:44撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弥山小屋。立派な小屋ですね。下山開始です。
1
ブナ林の中のバイケイソウ。一気に下ります
2016年04月30日 12:07撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナ林の中のバイケイソウ。一気に下ります
振り返って
2016年04月30日 13:51撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って
足元に気を付けながら下山する相方です。
2016年04月30日 13:51撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足元に気を付けながら下山する相方です。
1
まだまだ油断禁物。滑らないように。
2016年04月30日 13:52撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだまだ油断禁物。滑らないように。
手作り感溢れる橋を渡って駐車場へ。
2016年04月30日 14:05撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手作り感溢れる橋を渡って駐車場へ。
1
奥に駐車場が見えて来ました。
2016年04月30日 14:08撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥に駐車場が見えて来ました。
無事に下山です。
2016年04月30日 14:09撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事に下山です。
駐車場の管理小屋で八経ヶ岳のバッジを購入(500円)他に弥山と大峰山もありました。
2016年04月30日 14:10撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場の管理小屋で八経ヶ岳のバッジを購入(500円)他に弥山と大峰山もありました。
1
最後に行者還トンネルを。対向車がないことを祈ってR309で洞川温泉へと向かいました
2016年04月30日 14:14撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後に行者還トンネルを。対向車がないことを祈ってR309で洞川温泉へと向かいました

感想/記録
by bbrod

今回はGWを利用して大峰山&大台ケ原山行+奈良観光です
橿原市内で前泊し、R309で行者還トンネル西口へ。
狭隘な道に驚きながら、途中2回ほど道を間違え、駐車場到着は7時半近くに。
GW中ということもあって既に駐車場は満車状態でしたが、
10数分程の待機で無事に駐車できました。

この日は前日からの冷え込みで気温も低く、風も強く少し寒かったのですが、
好天に恵まれ幸いでした。
登山口から弥山、八経ヶ岳のルートの状況は画像等の通りですが、
意外と急登が長く、体力が必要なルートだと感じました。
さすがに近畿最高峰ですね。

当初は大台ケ原も含め一日2座制覇を考えていましたが、
駐車場到着が遅くなってしまったので残念ながら無理でした
ということで、この日は洞川温泉に早々に向かい、
明日の楽しみとしました
訪問者数:191人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

急登 バイケイソウ ブナ 山行 前泊 霧氷
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ