ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 866273 全員に公開 ハイキング奥武蔵

伊豆ヶ岳

日程 2016年05月07日(土) [日帰り]
メンバー girisuke
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
行き; 西武秩父線 正丸
帰り;西武秩父線 吾野
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間58分
休憩
1時間32分
合計
6時間30分
S正丸駅10:2111:12旧正丸峠11:24川越山11:30正丸山11:42正丸峠11:55小高山12:1312:24五輪山12:43伊豆ヶ岳13:0013:16古御岳13:46高畑山14:20天目指峠14:2515:01子の権現15:1515:35浅見茶屋16:1316:51吾野駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特に危険な箇所はありませんが、男坂の鎖場は所々滑りやすいところがありました。
その他周辺情報浅見茶屋の名物うどんはコシがあり、美味しかったです。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 飲料 レジャーシート コンパス ヘッドランプ GPS ガイド地図(ブック) 保険証 携帯 時計 タオル ストック カメラ 水筒

写真

西武秩父線の正丸駅です。ここから縦走始めます。GWでかつ晴天ですが、時間が遅いせいか、登山客と思われる人は見あたりません。
2016年05月07日 10:07撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西武秩父線の正丸駅です。ここから縦走始めます。GWでかつ晴天ですが、時間が遅いせいか、登山客と思われる人は見あたりません。
旧正丸峠を回って伊豆ヶ岳に向かいます。
2016年05月07日 10:32撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旧正丸峠を回って伊豆ヶ岳に向かいます。
ここから登山道です。
2016年05月07日 10:38撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから登山道です。
大きな岩に木が生えています。
2016年05月07日 10:46撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大きな岩に木が生えています。
案内板は、古いもの、新しいもの、目的地までの距離が書いてあるものが要所要所にあるので、迷う心配はありません。
2016年05月07日 10:46撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
案内板は、古いもの、新しいもの、目的地までの距離が書いてあるものが要所要所にあるので、迷う心配はありません。
旧正丸峠へ向かいます。
2016年05月07日 10:58撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旧正丸峠へ向かいます。
旧正丸峠から、急登すると川越山です。ここまで出会った登山者は一組のみ。
2016年05月07日 11:24撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旧正丸峠から、急登すると川越山です。ここまで出会った登山者は一組のみ。
正丸峠の手前に正丸山。行先に伊豆ヶ岳の表示は全く出てきません。
2016年05月07日 11:30撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正丸峠の手前に正丸山。行先に伊豆ヶ岳の表示は全く出てきません。
眺望はあまりありませんが、新緑が気持ち良いです。
2016年05月07日 11:39撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眺望はあまりありませんが、新緑が気持ち良いです。
ようやく伊豆ヶ岳の表示が出て来ました。
2016年05月07日 11:42撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく伊豆ヶ岳の表示が出て来ました。
正丸峠の茶屋です。中はけっこう広いですが、昼時なのにお客さんがほとんどいません。
2016年05月07日 11:42撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正丸峠の茶屋です。中はけっこう広いですが、昼時なのにお客さんがほとんどいません。
伊豆ヶ岳の手前の小ピークの小高山です。
2016年05月07日 12:13撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊豆ヶ岳の手前の小ピークの小高山です。
伊豆ヶ岳手前の小ピークその2、五輪山。オリンピックとは関係なさそうです。
2016年05月07日 12:24撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊豆ヶ岳手前の小ピークその2、五輪山。オリンピックとは関係なさそうです。
男坂手前の注意書。登るなとのばかり注意が書いてありますが、ここは迷わず、男坂に向かいます。
2016年05月07日 12:25撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
男坂手前の注意書。登るなとのばかり注意が書いてありますが、ここは迷わず、男坂に向かいます。
わざわざクサリ場と書いてあります。よほど登らせたくないのかな⁇
2016年05月07日 12:25撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
わざわざクサリ場と書いてあります。よほど登らせたくないのかな⁇
鎖場のはじまり。右側を三点確保で進みます。少し滑りそうなところはクサリも使います。クサリはしっかりしているので安心してください。
2016年05月07日 12:28撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖場のはじまり。右側を三点確保で進みます。少し滑りそうなところはクサリも使います。クサリはしっかりしているので安心してください。
鎖場はけっこう長く、それなりに楽しめますよ。
2016年05月07日 12:28撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖場はけっこう長く、それなりに楽しめますよ。
男坂最後の登り。下から1人登ってくるのが見えましたが、私の前には誰もいませんでした。
2016年05月07日 12:30撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
男坂最後の登り。下から1人登ってくるのが見えましたが、私の前には誰もいませんでした。
男坂を登ると程なく伊豆ヶ岳山頂です。
2016年05月07日 12:43撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
男坂を登ると程なく伊豆ヶ岳山頂です。
1
伊豆ヶ岳の山名の由来です。山頂から伊豆は見えませんでした。
2016年05月07日 12:56撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊豆ヶ岳の山名の由来です。山頂から伊豆は見えませんでした。
伊豆ヶ岳を下って次の小ピークの古御岳。子の権現まではアップダウンが続きます。
2016年05月07日 13:16撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊豆ヶ岳を下って次の小ピークの古御岳。子の権現まではアップダウンが続きます。
高畑山です。
2016年05月07日 13:46撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高畑山です。
電線がない謎の電波塔。眺望は良いです。
2016年05月07日 13:51撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
電線がない謎の電波塔。眺望は良いです。
目的地までの距離が書いてある案内板。子の権現までまだ、距離があります。
2016年05月07日 14:16撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目的地までの距離が書いてある案内板。子の権現までまだ、距離があります。
天目指峠に着きました。地名の由来が説明されています。
2016年05月07日 14:25撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天目指峠に着きました。地名の由来が説明されています。
ヤマレコでもお馴染みの、子の権現の手前の巨大な手のオブジェ。
2016年05月07日 15:00撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマレコでもお馴染みの、子の権現の手前の巨大な手のオブジェ。
子の権現天龍寺。お約束の金の大草鞋。
2016年05月07日 15:03撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
子の権現天龍寺。お約束の金の大草鞋。
1
大下駄もあります。
2016年05月07日 15:03撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大下駄もあります。
本堂にお参りします。
2016年05月07日 15:03撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本堂にお参りします。
順路逆ですが、参道には巨大な仁王像。吾野駅まではまだ距離があります。次は浅見茶屋を目指します。登山客が少ないので、売り切れでしまっていないことを期待します。
2016年05月07日 15:11撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
順路逆ですが、参道には巨大な仁王像。吾野駅まではまだ距離があります。次は浅見茶屋を目指します。登山客が少ないので、売り切れでしまっていないことを期待します。
本日のメイン。浅見茶屋の名物うどん。肉汁つけうどんをたのみましたが、うどんはコシが強く美味し。吾野駅まで2km以上残っていますが、ビールで燃料補給します。
2016年05月07日 15:46撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日のメイン。浅見茶屋の名物うどん。肉汁つけうどんをたのみましたが、うどんはコシが強く美味し。吾野駅まで2km以上残っていますが、ビールで燃料補給します。
3
古民家を使用した建物も渋いです。登山客が吸い込まれるように寄ってきます。
2016年05月07日 16:14撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古民家を使用した建物も渋いです。登山客が吸い込まれるように寄ってきます。
シャガが見ごろです。
2016年05月07日 16:27撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャガが見ごろです。
吾野駅近くの鯉のぼり。大きなものはあまり見かけないので思わずパチリ。風がないので立ち泳ぎです。
2016年05月07日 16:43撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吾野駅近くの鯉のぼり。大きなものはあまり見かけないので思わずパチリ。風がないので立ち泳ぎです。
吾野駅で、本日の山行終了です。さらにビールを飲んで帰ります。
2016年05月07日 16:51撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吾野駅で、本日の山行終了です。さらにビールを飲んで帰ります。
1
撮影機材:

感想/記録

花粉症の季節が終わったので、久しぶりの登山。杉林もありましたが、目も痒くならないし、くしゃみも出ないことを確認。
前夜の雨で登山道が泥濘んでいるといやなので、出発を遅らせて10時過ぎからの開始にした結果、登山道はほぼ乾いてました。
久しぶりの登山、気温の高さ、いがいに多いアップダウンのせいでかなりばてましたが、気持ちの良い山行でした。
訪問者数:137人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

急登 鎖場 山行
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ