ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 867419 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

笠ヶ岳 周回ワンディ(五ノ沢経由)

日程 2016年05月08日(日) [日帰り]
メンバー YSHR(CL), その他メンバー2人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間22分
休憩
51分
合計
11時間13分
S新穂高02:1004:52五ノ沢出合05:0008:14緑ノ笠08:3009:20笠ヶ岳09:3611:49穴毛大滝12:0013:23新穂高G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
2.10 1100m 新穂高発
3.23 1500m 穴毛谷1500m 沢靴デポ
4.52 1850m 五ノ沢出合い
6.20 2300m 五ノ沢核心部の滝
8.14 2654m 緑ノ笠
9.20 2897m 笠ガ岳山頂着
9.36 2897m 笠ガ岳山頂発
10.31 2750m 稜線2750ポコから杓子平へ
11.49 1950m 穴毛大滝
12.32 1500m 穴毛谷1500m 沢靴デポ
13.23 1100m 新穂高着

核心部は凍っていて際どかった。
コース状況/
危険箇所等
穴毛谷は1500mから雪は繋がった
五ノ沢2300m核心部は滝が出ていて岩場は凍り付いていた
その他周辺情報新穂周辺で宿泊するならちろり庵へ是非!!

写真

夜明け前の穴毛谷を詰めて行く
2016年05月08日 04:52撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜明け前の穴毛谷を詰めて行く
6
朝4時半乗鞍に朝日が当たり出した
2016年05月08日 04:59撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝4時半乗鞍に朝日が当たり出した
11
穴毛谷を詰め穴毛大滝が見えて来ると1850m五ノ沢出合となる
2016年05月08日 05:01撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穴毛谷を詰め穴毛大滝が見えて来ると1850m五ノ沢出合となる
3
五ノ沢は出合からずっと急傾斜正面に見える滝の辺りが核心部分
2016年05月08日 05:51撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五ノ沢は出合からずっと急傾斜正面に見える滝の辺りが核心部分
13
ダブルアックスで行く
2016年05月08日 05:54撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダブルアックスで行く
10
大魔人、兄ちゃんと続く
2016年05月08日 05:56撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大魔人、兄ちゃんと続く
9
ドンドン核心部分2300mが迫って来る
2016年05月08日 06:08撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ドンドン核心部分2300mが迫って来る
9
核心部は雪が切れ滝が出ていた.周囲は氷結していた。かなり厳しそう
2016年05月08日 06:13撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
核心部は雪が切れ滝が出ていた.周囲は氷結していた。かなり厳しそう
14
大魔人をトップにYSHRが続く
2016年05月08日 06:38撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大魔人をトップにYSHRが続く
10
滝に打たれてずぶ濡れになる
2016年05月08日 06:39撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝に打たれてずぶ濡れになる
11
三番手兄ちゃんが行く
2016年05月08日 06:52撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三番手兄ちゃんが行く
11
核心部分を抜けても緊張が続く
2016年05月08日 07:00撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
核心部分を抜けても緊張が続く
11
大魔人の表情が全てを物語っている
2016年05月08日 07:04撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大魔人の表情が全てを物語っている
19
凍った斜面が続く
2016年05月08日 07:04撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
凍った斜面が続く
8
核心部分を過ぎるとまた絶望的な岩陵帯
2016年05月08日 07:08撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
核心部分を過ぎるとまた絶望的な岩陵帯
12
岩名人の大魔人がここもトップで
2016年05月08日 07:06撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩名人の大魔人がここもトップで
12
ロープで引っ張ってもらうYSHR
2016年05月08日 07:15撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープで引っ張ってもらうYSHR
8
五ノ沢を詰め上がると天国の播隆平に
2016年05月08日 07:43撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五ノ沢を詰め上がると天国の播隆平に
11
穂高の展望を振り返り ウーンマンダム!
2016年05月08日 07:54撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂高の展望を振り返り ウーンマンダム!
18
緑ノ笠到着
2016年05月08日 08:19撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緑ノ笠到着
20
緑ノ笠山頂のYSHR
2016年05月08日 08:14撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緑ノ笠山頂のYSHR
17
緑ノ笠から笠本峰を目指す
2016年05月08日 08:36撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緑ノ笠から笠本峰を目指す
8
笠ヶ岳 待ってなさい!
2016年05月08日 08:36撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳 待ってなさい!
12
緑ノ笠を振り返る
2016年05月08日 08:50撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緑ノ笠を振り返る
7
笠が近い
2016年05月08日 09:22撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠が近い
2
山頂ゴーール! 兄ちゃんと大魔人
2016年05月08日 09:26撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂ゴーール! 兄ちゃんと大魔人
22
笠山頂からの槍穂
2016年05月08日 09:27撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠山頂からの槍穂
10
山頂の親子
2016年05月08日 09:28撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の親子
23
兄ちゃん槍穂を見てうっとり
2016年05月08日 09:34撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
兄ちゃん槍穂を見てうっとり
13
笠を出て稜線へ
2016年05月08日 09:42撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠を出て稜線へ
5
笠の下山 杓子平良経由で帰る
2016年05月08日 09:50撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠の下山 杓子平良経由で帰る
9
笠を振り返る
2016年05月08日 09:55撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠を振り返る
9
槍を見ながら稜線を行く
2016年05月08日 09:53撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍を見ながら稜線を行く
4
笠が遠くなる
2016年05月08日 10:00撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠が遠くなる
5
槍穂と雲
2016年05月08日 10:36撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍穂と雲
10
稜線から杓子平へ
2016年05月08日 10:44撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線から杓子平へ
3
杓子平
2016年05月08日 10:53撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杓子平
3
ガンガン下りて行く
2016年05月08日 10:56撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガンガン下りて行く
7
穴毛大滝右ザイテンタールを下りて行く
2016年05月08日 11:53撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穴毛大滝右ザイテンタールを下りて行く
9
穴毛大滝 バイバイ
2016年05月08日 11:51撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穴毛大滝 バイバイ
7
穴毛谷を下る
2016年05月08日 11:59撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穴毛谷を下る
3
穴毛谷由来の岩峰 兄ちゃん安産祈願をする
2016年05月08日 12:05撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穴毛谷由来の岩峰 兄ちゃん安産祈願をする
11
穴毛谷下部は沢下り
2016年05月08日 12:49撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穴毛谷下部は沢下り
6
もう安心 新穂へ
2016年05月08日 12:53撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう安心 新穂へ
7

感想/記録
by YSHR

深夜2時に新穂に待ち合わせして2時過ぎに兄ちゃん、大魔人の三人で新穂を出た.沢靴でスタートしたが穴毛谷は中々雪が出て来ない,暗闇の中1500mまで登り詰めてようやく雪が繋がり登山靴に履き替えた.4時を過ぎようやく薄明るくなって来た.五ノ沢目指してガシガシ登って行く.

1850m五ノ沢出合から傾斜は急に増して行く.ダブルアックスでアイゼンを軋ませて登り詰める.2300m核心部分は雪が切れ滝が出ていた.先頭の大魔人がこれは厳しいと合図を送る.滝を巻く岩場は凍り付いていた.確かにヤバイがここで初めてロープを出して大魔人がルートを切り開いて行く.滝に打たれてびしょ濡れになりながら何とか大魔人が突破、僕、兄ちゃんの順番でロープを頼りに辛うじて核心部分を切り抜けた.

もう皆びしょ濡れ、三番手の兄ちゃんはずっと滝に打たれていて寒いと震えていた.僕は三度目の五ノ沢だが毎回状況が異なっており今日はかなり厳しかった.五ノ沢を抜けると広々とした播隆平ようやく生きた心地がした。

目の前には緑ノ笠が見える、初登頂だ.皆本当に来て良かったとうっとり.振り返れば槍から穂高の大展望が見える.一旦下って最後笠を目指す.兄ちゃんを先頭にガシガシ登る.さあピークだ.貸し切りの笠です.山頂の展望は文句無し、遥か富士山や白山までこの感激を三人で共有した。

さあ写真を撮ったら帰ろう.帰りはより慎重に行く.杓子平経由で下りよう.杓子平は足スキーに尻セードを織り交ぜ一気に行く.ザイテンタールの下りはかなり気を使いアイゼンを履いて下りる事にした。穴毛大滝も全貌が出ていた、滝を過ぎて休憩したら新穂まで一気だ.1500mで沢靴に履き替えもう安全地帯.

堰堤をいくつも抜けて林道に合流、新穂が見えた.

今日も11時間の沢、雪、岩の総合格闘技だった.今日は本当にスリリングでした.もう五ノ沢はこれで終わりにします.
訪問者数:3701人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/5/16
投稿数: 33
2016/5/17 13:17
 もう雪崩の心配は大丈夫そうですね
さすがですね。
一番の雪崩の危険地帯ですねそこ。僕も厳冬期何度も登ろうか?登らまいか?
(このルートじゃないですよ)
思い悩んだ日々が続いて、

天気が合わず、予定も会わず

結局今年はパスするとにしました。

雪の感じを見ると、ボチボチ安全に登れそうな時期が近づいてますね。
登録日: 2013/5/30
投稿数: 36
2016/5/19 17:28
 Re: もう雪崩の心配は大丈夫そうですね
これ以上雪が融けると逆に五ノ沢は通過がさらに難しくなります.
抜けて播隆平に出た時の爽快感は格別です.

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

アイゼン 林道 テン 堰堤 出合
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ