ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 871394 全員に公開 ハイキング尾瀬・奥利根

片品村:赤沢山散策 〜 1年ぶり再会のヤブ山

日程 2016年05月14日(土) [日帰り]
メンバー kotakky, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
車沢林道わきスペースに駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間47分
休憩
39分
合計
5時間26分
Sスタート地点06:2408:06160号鉄塔08:1408:32赤沢山(片品村)08:5010:361555m峰10:4111:0358号鉄塔11:1111:50ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
基本的にヤブ漕ぎの連続です
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

昨年と同じ場所に駐車
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨年と同じ場所に駐車
林道を少し戻る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を少し戻る
ガードレールの先から山に入る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガードレールの先から山に入る
1
薄い踏み跡が続く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薄い踏み跡が続く
2
稜線が近くなった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線が近くなった
1
小広い尾根に出た
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小広い尾根に出た
1
送電線下の刈り払いに出た
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
送電線下の刈り払いに出た
1
りっぱな160号鉄塔
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
りっぱな160号鉄塔
きれいに刈り払われている
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
きれいに刈り払われている
1
160号鉄塔は直下まで林道が来ていた   
どこが起点なのか不明
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
160号鉄塔は直下まで林道が来ていた   
どこが起点なのか不明
1
赤沢山山頂   
何~んにももない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤沢山山頂   
何~んにももない
2
三角点のところに山頂標識   
昨年はブナの木に取り付けてあったもの
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点のところに山頂標識   
昨年はブナの木に取り付けてあったもの
1
木がない所は背丈ほどの猛烈な笹ヤブ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木がない所は背丈ほどの猛烈な笹ヤブ
1
ミズナラの大木
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミズナラの大木
1
密生する笹をかき分け登る   
けっこうしんどい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
密生する笹をかき分け登る   
けっこうしんどい
1
1555m峰   
杭が1本あるのみ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1555m峰   
杭が1本あるのみ
1
58号鉄塔に向け下る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
58号鉄塔に向け下る
1
58号鉄塔に出た
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
58号鉄塔に出た
1
送電線の向こうに谷川岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
送電線の向こうに谷川岳
鉄塔の向こうには至仏山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄塔の向こうには至仏山
2
延々と続く送電線   
よくこんなところに通したもんだ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
延々と続く送電線   
よくこんなところに通したもんだ
1
そのまま尾根を直進し再びヤブの世界へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そのまま尾根を直進し再びヤブの世界へ
1
ケモノ道を辿ると歩きやすい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ケモノ道を辿ると歩きやすい
1
やっと作業道に出た
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと作業道に出た
1
今日も怪我なく無事帰還(^O^)/
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日も怪我なく無事帰還(^O^)/
1

感想/記録

昨年この時期に登った赤沢山に今年はコースを変えて挑戦。
昨年は駐車場所から尾根を直登したが、地形図には近くの沢沿いに破線ルートが直下まで登っているのでちょっと興味がわいた。

駐車場所から林道を少し戻り、沢沿いに入る。細いが分かりやすい踏み跡が続いている。地形図のとおり確かにルートはある。踏み跡は所どころ沢の浸食で消えるがすぐに現れる。
稜線が近くなってきたらその踏み跡も消えたので、そのまま尾根に上がる。薄いヤブの小広い尾根を少し登ると送電線下の刈り払いの場所に出た。巡視路を少し歩いて160号鉄塔の下で小休止。
巡視路とは違う道が下っているのでちょっと進んでみると、直下まで林道が上がって来ていた。西側の麓から上がって来ている道らしいので、次回の研究課題とする。
160号鉄塔から再びヤブに入り赤沢山に向け登る。ヤブはヒザ上程度なので苦にならないが、けっこう急登となった。

赤沢山の山頂は三角点があるだけの静かな場所だった。昨年見た山頂標識は落ちてしまったのか、三角点柱に添えられていた。倒木に腰かけ大休止。鳥の声を聴いてのんびりする。
ちょっと腹ごしらえしてから下山。といっても、ここより高い1555m峰を経由し尾根を下る。
1555m峰との間の鞍部は開けていたが、その代わり笹が密生している。背丈ほどの笹をかき分けて進む。次第に急になってくると斜面から下向きに生えている笹、これはネマガリタケなので手強い。何とかかき分けて進み、大汗をかいてピークに着いた。杭が1本立っているだけの何もない場所で、呼吸を整えて北に尾根を下り58号鉄塔へと向かう。何となく踏み跡らしきものがあるが、シカの足跡しかなくケモノ道のようだ。
58号鉄塔の開けた場所に出ると、至仏山や谷川岳がよく見えた。左右に送電線巡視路が走っていてこれを右に辿れば車沢の上流に下れるが、ここはそのまま尾根を直進、下っっていく。ここは昨年登って来た尾根でヤブも薄いので楽勝だった。まもなく作業道に出て、これを下って車まで戻った。
訪問者数:150人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ