ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 872063 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走御在所・鎌ヶ岳

お金岩・クラシ・イブネ:朝明からクラシ北尾根経由で周遊

日程 2016年05月14日(土) [日帰り]
メンバー sicher(CL), その他メンバー1人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
朝明渓谷駐車場 500円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち42%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間41分
休憩
2時間9分
合計
9時間50分
S朝明駐車場07:4508:54中峠08:5509:25大瀞10:1610:30お金谷出合10:3510:55お金明神10:5611:08お金峠11:0911:14塔ノ峰11:2311:31お金峠11:3611:55作ノ峰11:5612:08高岩12:12ワサビ峠13:20クラシ13:3313:53イブネ北端13:59イブネ14:1415:11コクイ谷出合15:1215:46タケ沢出合15:5316:18根の平峠16:2517:19朝明駐車場17:3017:32三休の湯17:3317:35ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
今回のコースは渡渉個所が数か所あり、天候によっては渡渉不可能な場合あり。
朝明からお金岩
一般の登山道で特に危険個所なし
3日前の雨で水量が多く大瀞では靴を脱いで渡渉した。ヒロ谷出合でも靴を脱いで渡渉したらしい。水量により危険な場合あり。

お金岩からクラシ
クラシ北尾根はアップダウンが多く体力が必要。
標布テープもあるがある程度ルートファインディングが必要。
初心者には危険、熟練者の同行を望む。

クラシからイブネ
大まかな道標はあるが、ガスれば厄介かも知れない。

イブネから上水水晶谷左岸分岐
イブネ南尾根は一般的では無く、入口も分かりにくい。
千草街道は問題ない。

上水水晶谷左岸分岐から朝明
上水水晶谷出合からタケ谷出合間の神崎川右岸が鈴鹿の上高地と呼ばれている。
地図上では左岸に道が付いているが、右岸に踏み跡がある。
今回は右岸を通った。タケ谷出合手前の神崎川渡渉個所から根の平峠に向かう標布テープを辿りながら峠に向かう。



過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

先週より少し早く着いたが、かなり駐車していた。
2016年05月14日 07:46撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先週より少し早く着いたが、かなり駐車していた。
稜線はガスっていますが、時間の経過とともに晴れるのを期待して登りいます。
2016年05月14日 07:48撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線はガスっていますが、時間の経過とともに晴れるのを期待して登りいます。
タニウツギ
2016年05月14日 07:56撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タニウツギ
マムシグサ
2016年05月14日 08:00撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マムシグサ
中峠に向かいます。
2016年05月14日 08:11撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中峠に向かいます。
1
ジシバリ
2016年05月14日 08:13撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジシバリ
曙滝
2016年05月14日 08:24撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
曙滝
滝の横のルンゼを登ります。
2016年05月14日 08:27撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝の横のルンゼを登ります。
シロヤシオ
2016年05月14日 08:42撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シロヤシオ
イワカガミ
2016年05月14日 08:42撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワカガミ
サラサドウダンツツジ
2016年05月14日 08:45撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サラサドウダンツツジ
2
期待通りにガスが晴れて最高の天気に!
2016年05月14日 08:51撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
期待通りにガスが晴れて最高の天気に!
釈迦ヶ岳
2016年05月14日 08:53撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
釈迦ヶ岳
1
中峠、奥に銚子ヶ口
2016年05月14日 08:53撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中峠、奥に銚子ヶ口
1
下水晶谷を下ります。
2016年05月14日 09:02撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下水晶谷を下ります。
大瀞に到着
2016年05月14日 09:20撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大瀞に到着
橋は壊れています。早く掛け替えしいて下さい。
2016年05月14日 09:21撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋は壊れています。早く掛け替えしいて下さい。
色々偵察しましたが結局、意を決して渡渉する事にしました。
何処を渡渉するか考え中。
2016年05月14日 09:51撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
色々偵察しましたが結局、意を決して渡渉する事にしました。
何処を渡渉するか考え中。
2
大瀞。綺麗です。
2016年05月14日 09:58撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大瀞。綺麗です。
2
水は冷たく、足の裏も痛く、岩はよく滑ります。
2016年05月14日 09:59撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水は冷たく、足の裏も痛く、岩はよく滑ります。
2
どちらの石が重たいでしょうか?
右の石が2倍以上の重さでした。鉱石でしょうか。
2016年05月14日 10:13撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どちらの石が重たいでしょうか?
右の石が2倍以上の重さでした。鉱石でしょうか。
2
渡渉して上の道に上がりました。
2016年05月14日 10:17撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渡渉して上の道に上がりました。
ヤマツツジ
2016年05月14日 10:29撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマツツジ
お金谷出合
2016年05月14日 10:34撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お金谷出合
1
お金岩への分岐
2016年05月14日 10:45撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お金岩への分岐
お金岩が見えてきた。
2016年05月14日 10:48撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お金岩が見えてきた。
お金岩
2016年05月14日 10:52撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お金岩
1
鳥居
2016年05月14日 10:55撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳥居
1
お金峠。右へ行けば塔ノ峰、左へ行けば小作ノ峰
2016年05月14日 11:07撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お金峠。右へ行けば塔ノ峰、左へ行けば小作ノ峰
1
取りあえず塔ノ峰へ進みます。
2016年05月14日 11:11撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
取りあえず塔ノ峰へ進みます。
塔ノ峰、岩と岩の間にありルートからは見えない。
2016年05月14日 11:13撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塔ノ峰、岩と岩の間にありルートからは見えない。
1
お金峠に戻り北尾根を進み、最初のピーク小作ノ峰
2016年05月14日 11:41撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お金峠に戻り北尾根を進み、最初のピーク小作ノ峰
1
作ノ峰
2016年05月14日 11:54撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
作ノ峰
1
二重稜線
2016年05月14日 11:56撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二重稜線
1
作ノ峰と高岩の鞍部より御在所岳を望む
2016年05月14日 12:01撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
作ノ峰と高岩の鞍部より御在所岳を望む
高岩
2016年05月14日 12:07撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高岩
1
ワサビ峠
2016年05月14日 12:12撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ワサビ峠
2
シャクナゲ
2016年05月14日 12:22撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャクナゲ
2
尾根が痩せてきた
2016年05月14日 12:25撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根が痩せてきた
1
イワカガミ
2016年05月14日 12:28撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワカガミ
1
益々楽しくなってきた。
2016年05月14日 12:31撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
益々楽しくなってきた。
1
クラジャン
2016年05月14日 12:42撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クラジャン
1
シャクナゲの海を泳ぐ
2016年05月14日 12:49撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャクナゲの海を泳ぐ
1
最後の登りを登れば、クラシは近い。
2016年05月14日 12:49撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の登りを登れば、クラシは近い。
2
釈迦ヶ岳
2016年05月14日 13:11撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
釈迦ヶ岳
1
気持ちいい尾根
2016年05月14日 13:15撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちいい尾根
1
クラシへの分岐
2016年05月14日 13:18撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クラシへの分岐
1
クラシ、展望はない。
2016年05月14日 13:20撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クラシ、展望はない。
2
銚子ヶ口
2016年05月14日 13:38撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
銚子ヶ口
1
イブネ北端
2016年05月14日 13:52撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イブネ北端
4
御在所岳
2016年05月14日 13:53撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御在所岳
1
鎌ヶ岳
2016年05月14日 13:55撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎌ヶ岳
6
テーブルランド
2016年05月14日 13:53撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テーブルランド
イブネ、奥は雨乞岳
2016年05月14日 13:59撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イブネ、奥は雨乞岳
4
南尾根
2016年05月14日 14:16撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南尾根
1
この沢を渡ってから、いつの間にか千草街道に合流していた。
2016年05月14日 14:40撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この沢を渡ってから、いつの間にか千草街道に合流していた。
以前の面影もなく、かなり荒れていました。
2016年05月14日 15:03撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
以前の面影もなく、かなり荒れていました。
コクイ谷出合での渡渉
2016年05月14日 15:09撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コクイ谷出合での渡渉
上水晶谷左岸分岐、ここを下り上高地へ
2016年05月14日 15:25撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上水晶谷左岸分岐、ここを下り上高地へ
1
上水晶谷出合で神崎川右岸を通る
2016年05月14日 15:33撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上水晶谷出合で神崎川右岸を通る
神崎川右岸を進む。
2016年05月14日 15:37撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神崎川右岸を進む。
上高地らしく大正池の様な風景
2016年05月14日 15:39撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上高地らしく大正池の様な風景
1
神崎川
2016年05月14日 15:40撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神崎川
1
神崎川の渡渉個所。
ここから標布テープを根の平峠に向けて辿る。
2016年05月14日 15:48撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神崎川の渡渉個所。
ここから標布テープを根の平峠に向けて辿る。
ここまで来れば根の平峠は近い
2016年05月14日 16:18撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまで来れば根の平峠は近い
根の平峠
2016年05月14日 16:18撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
根の平峠
ほとんどの方は帰られたようです。
2016年05月14日 17:16撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほとんどの方は帰られたようです。

感想/記録
by sicher

先週は鈴鹿の前庭的なハライドへの山行だったので、今回は鈴鹿の奥座敷と言われている、イブネとクラシに行くことにした。
イブネ、クラシはどの登山口からも遠く行きにくく、色々な想いを絡めた為に時間が係る山行になるのを覚悟した。
予想通りに時間が係ったが、大瀞での徒渉箇所で楽にわたれる箇所が他に無いか下流を偵察しに行くのに時間をかけすぎた。直ぐに覚悟を決めて徒渉箇所で徒渉すればよかった。これが無ければ1時間は早く帰れたと思います。反省。
イブネからの下山は南尾を使ったが、うっかり入口を通りすぎており、目前に佐目峠が見えてきて慌てて戻りタイムロス。反省。

色々と反省点もあるが、イブネ、クラシはまた訪れたい所でもある。
訪問者数:299人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ