ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 872265 全員に公開 ハイキング奥武蔵

酉谷山を川浦谷渓谷側より

日程 2016年05月14日(土) [日帰り]
メンバー thin_rider
天候晴れ、薄曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
秩父林道の分岐スペースにバイク停める
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間57分
休憩
45分
合計
8時間42分
Sスタート地点08:2409:05営林署小屋09:0810:24矢岳登山口10:3211:33荒川分岐点11:3811:43赤岩ノ頭12:15立橋山12:2112:33牛首12:3813:24酉谷山避難小屋13:27酉谷峠13:36酉谷山13:3813:48大血川峠13:52小黒13:5814:12大血川分岐点14:241452mピーク点14:47檜岳15:02シラカケ岩15:1215:18蝉笹山17:06ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
矢岳からの尾根に登る所ではルートをロスト(途中で林道っぽいルートが沢から離れる所で沢沿いに行っちゃったの敗因かも)して尾根を直登したので、なかなか大変でした。
酉谷山から熊倉山へのルートは少々判りにくい所が有るので、方向確認しながら慎重に歩くことになりました。
蝉笹山から折れてスグのピークは超大岩の山で、どちらからも簡単には登れなさそうで大きく巻いて行くことになりました。
全体的に、危険という程ではありませんが、痩せ尾根や岩崖・急坂などがあるので慎重に歩いた方が良さそうでした。

装備

個人装備 長袖シャツ(1) ソフトシェル(1) ズボン(1) 靴下(1) グローブ(1) 雨具(1) 帽子(1) 靴(1) ザック(1) 昼食(1) 行動食(1) 非常食(1) 飲料(1) 地図(1) コンパス(1) ライト(1) 予備電池(1) GPS(1) 常備薬(1) 携帯TEL(1) 時計(1) タオル(1) ストック(1) カメラ(1) ロープ(1)

写真

秩父林道分岐点のスペースにバイクを停める
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秩父林道分岐点のスペースにバイクを停める
2
林道の車両通行止めゲート
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道の車両通行止めゲート
岩をくり抜いたようなトンネル
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩をくり抜いたようなトンネル
2
行先表示看板が落ちてる
来る人が少なくてメンテナンスされてないのかな
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行先表示看板が落ちてる
来る人が少なくてメンテナンスされてないのかな
高度が増して向こう側の尾根が良く見える
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高度が増して向こう側の尾根が良く見える
2
沢沿いに張り出したコーナーには、所々に携帯使用可能看板
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢沿いに張り出したコーナーには、所々に携帯使用可能看板
1
大きく崩落してるトコが有る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大きく崩落してるトコが有る
烏帽子岩(だと思われる)が見える
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
烏帽子岩(だと思われる)が見える
1
ここが矢岳への登山口らしい
沢を越え、表示看板に従い左に登って行く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが矢岳への登山口らしい
沢を越え、表示看板に従い左に登って行く
1
沢沿いを登って行く
この高度で、この水量はたいしたもんだ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢沿いを登って行く
この高度で、この水量はたいしたもんだ
雰囲気の有る支流を越えて行く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雰囲気の有る支流を越えて行く
4
きびしい尾根を直登していく
写真じゃ判りにくいけど、足掛かりが無いと立っていられないような急坂です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
きびしい尾根を直登していく
写真じゃ判りにくいけど、足掛かりが無いと立っていられないような急坂です
1
赤岩ノ頭のお印
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岩ノ頭のお印
ツツジが満開でキレイ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツツジが満開でキレイ
1
シャクナゲがだいぶ咲いてた
やっぱキレイ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャクナゲがだいぶ咲いてた
やっぱキレイ
4
立橋山はこんなトコ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立橋山はこんなトコ
シャクナゲ越しに尾根を見る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャクナゲ越しに尾根を見る
松の木越しに酉谷山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
松の木越しに酉谷山
松の木越しに秩父の街並み
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
松の木越しに秩父の街並み
酉谷山のお印
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
酉谷山のお印
2
ツツジがキレイです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツツジがキレイです
2
行く手を阻む大岩
回り込んで登ってみる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行く手を阻む大岩
回り込んで登ってみる
大岩の上より西方向
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岩の上より西方向
2
大岩の上より南方向
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岩の上より南方向
3
蝉笹山から折れた次のピークは大きな岩山
なんで大きく巻いて行く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蝉笹山から折れた次のピークは大きな岩山
なんで大きく巻いて行く
1
林間から秩父の街並みが見える
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林間から秩父の街並みが見える
バイク停めたトコからちょっとだけ向こうに降りてきた
棒の目印の所に尾根から斜めに降りてきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バイク停めたトコからちょっとだけ向こうに降りてきた
棒の目印の所に尾根から斜めに降りてきた
1
時間が押してたけど、夕日のあるうちに戻れた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時間が押してたけど、夕日のあるうちに戻れた
1

感想/記録

今回は秩父側から酉谷山に行ってみた・・・みた。。。
この辺は武州日野駅や道の駅あらかわ あたりからっていう手もあるけど1〜2時間プラスになっちゃうんで、秩父林道の分岐のトコまでバイクで行って・・・でも朝出る時間が遅めになって8:30近くになったんで、あまり意味無かったかも。
林道歩きは結構長かったけど、結構眺めとか楽しめるんで割とスグでした。
矢岳からの尾根に出る手前では、林道っぽいルートが沢から離れて行くところで、たぶん沢から離れて行く方が正解だったと思うけど、沢沿いに進んで暫くしてルートをロストして、こりゃあ確実な方法とらなきゃと思いキビシそうだったけど尾根を登ることにしました。これでちょっと時間ロス・・・ま、しょうがないか。。。
で、奥多摩の尾根に出たら日向谷ノ頭を通る予定だったけど、巻いて行く通常のルートを急いだです。
酉谷山から熊倉山への尾根道はちょっと判りにくい所があちこちに有って、方向確認しながら慎重に行くことになりました。
蝉笹山の手前の大岩からの眺めは今日一番でした。
熊倉山にも寄るつもりだったけど時間が押してたんで今日の所は諦めましたです。
蝉笹山から次のピークは超デカい岩山で、しかも、どちらからも登るのが困難なくらい直立してるので大きく巻いて行くしかなかったです。
尾根の最後は、バイク停めたトコが結構崖だったんで、どうやって降りるんだろうと思ったら、往路では気付かなかったけど、ちょっと戻るように斜めに降りたトコに目印の棒が立ってて、あっけなく戻れましたです。
日の有るうちには戻れたけど17:00を過ぎてんで、あまり余裕が無かったです。

ツツジとシャクナゲがキレイだったし、大岩の上からの眺め最高だったし、ばっちし・・・ばっちし。。。
訪問者数:270人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

崩落
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ