ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 873615 全員に公開 ハイキング奥武蔵

関八州見晴台へあおいの木を見に(?)(石井スポーツ登山学校ヤマノススメ実技講習会)

日程 2016年05月15日(日) [日帰り]
メンバー teoimperial
天候天候
曇りのち晴れ

今日の予報は一週間前(5/9)の予報では、気象庁が晴れ時々曇り、気象協会が晴れ時々曇り、ウェザーニュースが曇り時々晴れでしたが、5/12に気象協会が曇りにひっくり返し、5/14に気象庁が曇り時々晴れにひっくり返した一方で、ウェザーニュースは逆に晴れ時々曇りに翻しました。

結果は朝は曇りで昼前から晴れだったので今回はウェザーニュースの勝ちです。
アクセス
利用交通機関
電車
行き
西吾野駅集合9:30となったので、西吾野着9:24の快速急行


帰り
西吾野発16:51の池袋行き快速急行

16:27に西吾野駅に着いて、次は16:51発の快速急行池袋行きとはなかなか良い感じかなと思ったら「16:08に清瀬・秋津間で発生した人身事故の影響で池袋線は池袋・所沢間で運転見合わせ」と言う残念なお知らせ。

しかし運転再開が17:00と言うのでひょっとしたらと待っていたら定刻で快速急行池袋行きが到着。飯能到着が5分位遅れたものの回復運転で所沢には定刻到着。ところがここで今日は列車種別を所沢・池袋間で快速に変更するとアナウンスがあって、結局遅れる事になりました。

走ってくれただけマシだったかなと。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間9分
休憩
2時間5分
合計
6時間14分
S西吾野駅10:1312:05高山不動尊12:3513:15関八州見晴台入口13:15関八州見晴台14:5015:04大峠15:30小峠15:47高畑林道合流点16:27西吾野駅16:27ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ヤマツツジの季節に関八州見晴台に行くのは決めていましたが、石井スポーツで丁度その頃に「ヤマノススメ聖地探訪 原作五十八合目 コーヒーつておいしいの? 関八州見晴台 5/15」と言うのを開催すると知ったので4月11日に申し込みをしました。

ヤマツツジの季節が近づいて来たら満開の週末は当該講習会より一週間早まったので先週満開のヤマツツジを見に登った次第です(http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-865961.html)。

でも折角申し込んだ登山学校の講習会なので二週連続で関八州見晴台へ行きました。
コース状況/
危険箇所等
・西吾野駅→関八州見晴台
前回(http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-865961.html)同様パノラマコースです。

・関八州見晴台→大峠
高山不動尊の方へ下りますが途中で西寄りの道を下り、茶屋跡地へ出てほんの少し西寄りへ歩いて下ります。
特に危険な箇所はありません。

・大峠→小峠
大峠は地理院地図ではT字路になっていますが、登山詳細図を見ると分かる様に実態は十字路です。今回は三滝方面の小峠に出る予定だったのでこの十字路で北へ折れます。
道は細くなりますが、つづら折りで傾斜もきつくないので楽に下れます。

・小峠→高畑林道
小峠を不動滝へ行かずそのまま進んで下りると舗装道に出ます。右に行っても左に行っても西吾野駅方面へ行けますが登山道を歩く為に左に折れました。道標どおりに行くと個人住宅の敷地の中の様な場所をすり抜けて高畑林道へ下りる道に出ます。ここもつづら折りで傾斜はきつくなく楽に下れます。

・高畑林道→西吾野駅
舗装道路をひたすら歩きます。ここも今日程度の暑さなら苦痛にはなりませんが、夏は暑いでしょう。
その他周辺情報トイレは西吾野駅と高山不動尊だけとなります。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

「おはよー」
と言っても今回は9:30集合なので割合ゆっくりです。ただ、いつもこちら方面に乗ってる快速急行はもう一時間前ので、それに比べたら随分混んでいる感じでした。
遅れた方を待って10:13出発となりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「おはよー」
と言っても今回は9:30集合なので割合ゆっくりです。ただ、いつもこちら方面に乗ってる快速急行はもう一時間前ので、それに比べたら随分混んでいる感じでした。
遅れた方を待って10:13出発となりました。
1
11:34 三社峠コースからの道との合流点。
先週はここまで約50分ですが、今回は色々立ち止まったりしてるので80分程です。でも歩く速度は遅くはありません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:34 三社峠コースからの道との合流点。
先週はここまで約50分ですが、今回は色々立ち止まったりしてるので80分程です。でも歩く速度は遅くはありません。
12:05 高山不動尊に到着しました。
あおいちゃんも勢揃い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:05 高山不動尊に到着しました。
あおいちゃんも勢揃い
2
13:09 関八州見晴台入口です。
高山不動尊到着から一時間もかかっていますが、高山不動尊で水場に行ったりして時間がかかりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:09 関八州見晴台入口です。
高山不動尊到着から一時間もかかっていますが、高山不動尊で水場に行ったりして時間がかかりました。
関八州見晴台へのヤマツツジの道。
やはり先週が満開のピークでしたね。
とは言え、朝は曇っていたのがこのとおりの晴天で気持ちが良いです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
関八州見晴台へのヤマツツジの道。
やはり先週が満開のピークでしたね。
とは言え、朝は曇っていたのがこのとおりの晴天で気持ちが良いです。
13:15 関八州見晴台到着です。
山頂のヤマツツジは一部で未だ満開のものも。
ヤマツツジの満開ピークが過ぎただけあって先週の様に蜂がブンブン飛び交うと言う事はありませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:15 関八州見晴台到着です。
山頂のヤマツツジは一部で未だ満開のものも。
ヤマツツジの満開ピークが過ぎただけあって先週の様に蜂がブンブン飛び交うと言う事はありませんでした。
1
関八州見晴台の山頂には「あおいの木」が。
あおいちゃんがたわわに実っています(をい
山頂にも結構長居をして14:50頃に下山を開始しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
関八州見晴台の山頂には「あおいの木」が。
あおいちゃんがたわわに実っています(をい
山頂にも結構長居をして14:50頃に下山を開始しました。
7
15:04 大峠の十字路
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:04 大峠の十字路
15:37 小峠を過ぎて山道に入り、大滝への分岐点を振り返って見た地点です。
この道はこんな感じの太さです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:37 小峠を過ぎて山道に入り、大滝への分岐点を振り返って見た地点です。
この道はこんな感じの太さです。
15:47 高畑林道に出ました。
下山開始からやはり二時間もかかっていますが、これも立ち止まりの時間が長いせいで、この道はここまでかなり楽に下れます。
但しここから長い舗装道路が待っているのです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:47 高畑林道に出ました。
下山開始からやはり二時間もかかっていますが、これも立ち止まりの時間が長いせいで、この道はここまでかなり楽に下れます。
但しここから長い舗装道路が待っているのです。
16:27 40分かけて西吾野駅に到着しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
16:27 40分かけて西吾野駅に到着しました。
人身事故の影響で運転が危ぶまれた池袋行き快速急行が定刻でやって来ました。
但し20000系と言うのはやはり負けた感じがします。
4000系を期待したのに。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
人身事故の影響で運転が危ぶまれた池袋行き快速急行が定刻でやって来ました。
但し20000系と言うのはやはり負けた感じがします。
4000系を期待したのに。
3

感想/記録

先述のとおり、ヤマツツジの季節に石井スポーツの登山学校の関八州見晴台のコースがあったので申し込みましたが、実際の満開は一週間前。そんな訳で先週関八州見晴台に行ったのに今週もまた関八州見晴台へ行きました。

二週続けて行くと満開の前後の咲き具合がよく分かりますね。

これまで山登りを始めてから伊吹山を除いて全部単独登山だった為に自我流だった登山がプロの登り方だとどう違うのかを知りたいのもありました。ただ、大勢での登山となるとなかなかそう言う訳にも行きませんでした。

靴の紐の結び方はとても参考になりました。
訪問者数:170人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 水場 道標
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ