ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 874177 全員に公開 ハイキング東海

鈴鹿でゴールデンルートを漫喫! 釈迦ヶ岳〜鈴鹿の上高地〜イブネ周回

日程 2016年05月15日(日) [日帰り]
メンバー goldengate
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
朝明キャンプ場駐車場 ¥500/日
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間0分
休憩
32分
合計
9時間32分
S朝明駐車場06:2807:40釈迦の白毫07:4107:49大蔭07:54釈迦ヶ岳07:5608:00大蔭08:21猫岳08:45白滝谷分岐08:49羽鳥峰08:5109:12金山09:1309:22中峠09:37水晶岳09:4309:56根の平峠09:5710:23タケ沢出合10:2411:18小峠11:1912:03イブネ北端12:0412:11イブネ12:1312:24佐目峠12:35杉峠の頭12:44杉峠12:4513:00御池鉱山旧跡13:0113:28コクイ谷出合13:2913:42上水晶谷13:59根の平峠14:38きのこ岩14:4615:14腰越峠15:26ハライド15:2916:00朝明駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
釈迦ヶ岳〜根の平峠、鈴鹿の上高地、イブネは景観愛でながらなのでちょっとゆったりペース
コース状況/
危険箇所等
【釈迦ヶ岳〜根の平峠:気持ち良い稜線】
道明瞭。特に危険個所ないと思う。

【根の平峠〜タケ沢出合〜上水晶谷出合:鈴鹿の上高地】
案内版多いが道不鮮明な箇所があるので地図やGPSあった方が無難。危険個所はない。渡渉あり。
※鈴鹿の上高地MAP http://suzuhaisecure.sakura.ne.jp/tizu/kamikouchi.jpg

【上水晶谷出合〜小峠】
道はない...ひたすら谷を急登。危険箇所あり。目印も少ない。

【小峠〜イブネ北端】
踏み後薄い。目印はあるが十分とは言えない。尾根を外さないよう注意。急登登り切ると緩やかに(急登半分、緩やか半分といったところかな)

【イブネ】
台地では苔を踏み荒らさないように踏み跡たどる。杉峠までも方向さえ間違わなければ問題ない。

【杉峠〜根の平峠:千種街道】
道明瞭で分岐に案内あり。渡渉あり。

【キノコ岩〜腰越峠】
後半の激下りの角度がえげつないので注意!

【腰越峠〜ハライド】
ザレているがそれほど危険ではない。

【ハライド〜駐車場】
道明瞭で歩きやすい。
その他周辺情報三休の湯 http://33thank-you.com/
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

朝明キャンプ場の麓で鹿数頭と遭遇
危うく車にぶつかるところだった
2016年05月15日 05:58撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝明キャンプ場の麓で鹿数頭と遭遇
危うく車にぶつかるところだった
2
駐車場
2016年05月15日 06:28撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場
駐車場のすぐ隣に登山道
2016年05月15日 06:28撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場のすぐ隣に登山道
目指す釈迦ヶ岳かな?
2016年05月15日 06:43撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目指す釈迦ヶ岳かな?
イワカガミも沢山あった
可愛い
2016年05月15日 07:17撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワカガミも沢山あった
可愛い
真白のトンネルきた〜
2016年05月15日 07:35撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真白のトンネルきた〜
1
ちょっと怖いところもある
2016年05月15日 07:42撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと怖いところもある
1
山頂標識が倒れてたから一緒に倒れて記念撮影
鈴鹿7mt制覇!...したものの思ったよりも感動薄い
2016年05月15日 07:54撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂標識が倒れてたから一緒に倒れて記念撮影
鈴鹿7mt制覇!...したものの思ったよりも感動薄い
シロヤシオは花だけでなく葉っぱが素敵
2016年05月15日 07:58撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シロヤシオは花だけでなく葉っぱが素敵
1
さらに続くトンネル
2016年05月15日 08:02撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに続くトンネル
1
木々に隠れて白羊もチラホラ
2016年05月15日 08:18撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木々に隠れて白羊もチラホラ
1
しかし凄い咲いてるな
2016年05月15日 08:27撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しかし凄い咲いてるな
2
ここだけザレた感じで雰囲気が違う
2016年05月15日 08:52撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここだけザレた感じで雰囲気が違う
「SP37」って何?
2016年05月15日 08:52撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「SP37」って何?
水晶岳からの御在所方面
歩きやすいしずっと見晴らしいい稜線。期待薄だったけどとても心地よい稜線歩きでした!
2016年05月15日 09:38撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水晶岳からの御在所方面
歩きやすいしずっと見晴らしいい稜線。期待薄だったけどとても心地よい稜線歩きでした!
根の平峠から千種街道へ
やっぱりいい所だなぁ
2016年05月15日 09:59撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
根の平峠から千種街道へ
やっぱりいい所だなぁ
道も歩きやすい
2016年05月15日 10:00撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道も歩きやすい
緑も綺麗
2016年05月15日 10:11撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緑も綺麗
沢の音も心地よい
2016年05月15日 10:27撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢の音も心地よい
鈴鹿の上高地
愛知川の両岸を散策できるみたい。第1〜第5台地まで開けた場所がある。

2016年05月15日 10:31撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鈴鹿の上高地
愛知川の両岸を散策できるみたい。第1〜第5台地まで開けた場所がある。

第2台地にある「カツラの木」(主1)見つけた!
この辺でオフ会されていた「ヤブこぎネット」の方に場所を教えていただいた
2016年05月15日 10:36撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第2台地にある「カツラの木」(主1)見つけた!
この辺でオフ会されていた「ヤブこぎネット」の方に場所を教えていただいた
1
ごりっぱです
2016年05月15日 10:40撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ごりっぱです
ちょっとだけ幻想的な池
2016年05月15日 10:45撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっとだけ幻想的な池
この案内板探したよ...
ここから「小峠」経由でイブネ北端目指す
2016年05月15日 10:58撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この案内板探したよ...
ここから「小峠」経由でイブネ北端目指す
1
マジで...
ここを登れって?
2016年05月15日 11:05撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マジで...
ここを登れって?
1
いや〜苦労した
(でも、この後もなかなかの急登が待っている)
2016年05月15日 11:17撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いや〜苦労した
(でも、この後もなかなかの急登が待っている)
1
急登終わったらお花がお出迎え
2016年05月15日 11:50撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登終わったらお花がお出迎え
2
やっと着いたよ
2016年05月15日 12:03撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと着いたよ
1
先々週よりも素敵になった気がする
2016年05月15日 12:07撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先々週よりも素敵になった気がする
1
箱庭みたい
2016年05月15日 12:08撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
箱庭みたい
1
ランチをここでと思ったが...ちょっと風が強い
2016年05月15日 12:11撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ランチをここでと思ったが...ちょっと風が強い
今月2回目だ
2016年05月15日 12:15撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今月2回目だ
1
「峠の頭」付近でもシロヤシオ。ここで山ガールさん達ランチしてた
2016年05月15日 12:36撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「峠の頭」付近でもシロヤシオ。ここで山ガールさん達ランチしてた
1
「峠の頭」下ると主らしき木(主2)。バックには雨乞岳
2016年05月15日 12:40撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「峠の頭」下ると主らしき木(主2)。バックには雨乞岳
2
「杉峠の大杉」(主3)
ここからも素敵な道が続く(先々週のレコに写真あり)
2016年05月15日 12:46撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「杉峠の大杉」(主3)
ここからも素敵な道が続く(先々週のレコに写真あり)
1
すごく綺麗だけど...ちょっと飽きてきた...
2016年05月15日 14:28撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すごく綺麗だけど...ちょっと飽きてきた...
1
根の平峠からここまで結構登らされた。最後の仕事をやっつけに行きますか
2016年05月15日 14:36撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
根の平峠からここまで結構登らされた。最後の仕事をやっつけに行きますか
キノコ...かなり微妙だ
2016年05月15日 14:38撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キノコ...かなり微妙だ
この辺風が強いのかなぁ。木がエライ方向に曲がってる
2016年05月15日 14:48撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺風が強いのかなぁ。木がエライ方向に曲がってる
またまた真白のトンネル。今日はシロヤシオ”大フィーバー”の日だったな
2016年05月15日 14:50撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
またまた真白のトンネル。今日はシロヤシオ”大フィーバー”の日だったな
腰越峠まで激下って見上げる「ハライド」。最後のおまけでやってきたものの...(先々週に続いて若干の後悔がよぎる)
2016年05月15日 15:14撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
腰越峠まで激下って見上げる「ハライド」。最後のおまけでやってきたものの...(先々週に続いて若干の後悔がよぎる)
ハライド山頂
最後のピークに着いたど〜
2016年05月15日 15:25撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハライド山頂
最後のピークに着いたど〜
標高高い頂きの雰囲気があるね。さて、後は下山だけ
2016年05月15日 15:28撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高高い頂きの雰囲気があるね。さて、後は下山だけ
撮影機材:

感想/記録

先週寝坊で行けなかった『釈迦ヶ岳』&『鈴鹿の上高地』へ。
天気はイマイチそうだけど、あの森はそんなこと関係ないくらい素敵な所だということは先般の山行で分かっているので大丈夫。


朝明キャンプ場の麓で前の車がのんびりと走っている。
「まぁ今日はゆっくりとした山登りの予定だし、あせらないあせらない」と車間距離も十分あけてこちらものんびりペース。その時右側を鹿が5、6頭走っている。「なんか嫌な予感する」と思った瞬間、鹿が道路へ飛び出してきた!前方の車は危機一髪で回避、スピード出してたら間違いなく衝突していた。いや〜安全運転で良かった。


6:00過ぎに駐車場到着。
係りの人がお金回収して回ってた。台数は既に10台以上はあったかな。とてもきれいなWCで準備整え、すぐ横にある登山口からいざ出発。


【中尾根で山頂目指す】
まずは釈迦ヶ岳をピークハント。中尾根を使ったがとても登りやすい。少し上がるとシロヤシオの花が大量に散っていた。「あれ?もう終わったる?」一抹の不安がよぎる。そして8合目辺りだろうか、シロヤシオのトンネルが現れた!綺麗ですね〜こんなに咲いていると圧巻ですよ。お目当てがかなって幸先よし。


【釈迦ヶ岳で鈴鹿7mt制覇だが...】
時間は普通にかかったが、気分的にはアッという間に登頂。
何故か山頂標識と石の標識が倒れてた。一応『鈴鹿7マウンテン』制覇ということになる。ところが何故だかあまり感動がない。
私としては、御池岳、霊仙山、綿向山などまだ登りたい山がのこっているからだろう。昭和39年に決められたらしい『鈴鹿7mt』、当時の理由は分からないが、7にこだわるなら雨乞か釈迦削って御池入れた方がバランスよかったのでは(鈴鹿最高峰だし)...ということで、御池岳の『テーブルランド』を楽しんだら『鈴鹿7mtプラス』制覇!を喜ぶことにしよう。


【心地よい稜線歩き 】
釈迦ヶ岳からはいくつかのピークをアップダウンしながら稜線が続く。
この稜線歩きが予想に反してとても気持ち良かった。道は明瞭で危険箇所もなく、各ピークには山頂標識もあってなんか満足感も高い。そして高度感ある見晴らしが長く続くのがいい。
釈迦ヶ岳以北の稜線歩きは未経験なのだが、もしかしたら鈴鹿で一番の稜線なのではなかろうか?(少なくとも『鎌尾根』よりは好きかな)。


【いよいよ鈴鹿の上高地へ】
2週間ぶりの『根の平峠』。ここから至福の森林散歩が始まる。暫く進むと『タケ沢分岐』。タケ沢・神崎川(愛知川)方面へ進む。暫く歩き開けた場所に出るとそのあたりがいわゆる『鈴鹿の上高地』。ネットで頂戴したMAPによると5つほどの台地(開けた場所)があり、水の綺麗な愛知川の両岸を散策可能らしい。とりあえず目的の『カツラの木』に向かう。

鈴鹿の上高地...噂通りすごく長閑でよい場所。私の鬱積したオッサン毒素も浄化されるようだ。こんな素敵な場所は季節が変わる度に訪れたいと思う。友人なども誘ってみたいが、奥深い山域なので山登りを普段からやっている人でないと難しいかな。景観を堪能しながら散策し『カツラの木』を探して回る。ところが「それらしい木がない」というよりもありすぎて判別できない。

約10数名程の団体さんが輪になってお食事されていた。
その横をブラブラしていると、”生きる伝説”のような老大人から「一緒に食事しないか」とお誘い受けた。山でお誘い受けるなど初めてのことでちょっと戸惑ってしまった私は狼狽えてしまう。
他の女性のメンバーの方から「私たちはネットで知り合った『ヤブコギの会』であり、今日はオフ会で集まった。お昼集合の予定だが、みんな勝て気ままに集まってきている。何名ぐらいになるかはよく分からない」との事。ようするにゆるい集まりのようだ。
実は早めにココまでこれたらイブネに行きたいと考えていたので、その旨を伝えお誘いをお断りした。大人数で山ランチしたことのない私はちょっと気後れしてしまったのも本音。何だが素敵な体験を逃してしまったようでちょっと後悔した。『カツラの木』の場所を教えていただいて助かりました(ありがとう)。
※ヤブコギネット http://www.yabukogi.net/

「それらしい木がありすぎて...」と先ほど書いたが、実際の『カツラの木』は存在感抜群!(もし間違っていたら恥ずかしいけど)。木の形も変わっているがデカい...主と呼ばれるだけの事はある。手をあててパワーをいただいたらイブネを目指すことにした。


【イブネまで試練の急登】
イブネまではフォローしているヤマレコさんの山行記録を参考にさせていただく。このヤマレコさん、登山経験は私と同じくらいの2年目。もともとはインドア派の女性で、レコにはお花の写真が多く、”ふんわり山ガールさん”の雰囲気。しかし、その山行記録の尋常ではないアップ頻度、どんどん過酷になっていく山行、スキルアップに貪欲で「岩が楽しい」と言いきる精神力、急速に”ガッツリ山女さん”に変貌を遂げているのが良く分かる。

『上水晶出合』から『小峠』まではプチ谷を登っていく。「女性でも登れるルートだから大丈夫っしょ」と考えていたが...侮っておりました。そうです彼女は今や”ガッツリさん”でした。水もチョロチョロ流れるような悪い足場、両手両足を使う急角度、しかも見た目が凄くえげつない。「女性だけでよくここを見上げて登る気になったなぁ」と一人感心。

何とか『小峠』登り切り一息つく。でも、ここからも急騰続く。一般ルートではないため、道はなく目印も少ない。踏み跡がないというわけではないので尾根を外さないように登れば迷うことなく行けそうだ。
地元の低山を何回も登るにつれて飽きてきて、色んなバリルートを試すようになった。そこで鍛えた経験を生かすことができたようだ。何とか迷うことなく尾根を登りきることができた(嬉しい)。

尾根を登り切るとお花が歓迎。緩やかな登りを進んでいくと程なく『イブネ北端』に到着。そこからイブネのお散歩始まり。先々週に来たばかりなのだが、景観が随分と変わったように感じた。木々や植物の葉や色彩が幾分増えたように見受けられる。やっぱりここはいいところだ(確信)。


【またしても最後のおまけに心折られそうになる】
イブネから根の平峠までの千種街道は先々週と逆ルート。この道も歩きやすいし緑も多いから楽しい。順調に『根の平峠』到着し、後は朝明キャンプ場まで下りるだけ。しかし、ここでまた欲が出る。「折角だからハライドも行ってみようかな」などと考えてしまった。「何となく魅惑な名前だぞ『ハライド』...イブネと同じカタカナだし」と勝手に素敵なところと思い込む。

まずは、280mほど標高上げなければならぬ。
先々週はここを下りてきた。その時に少々苦労したことを失念していた私。今回は当然登りだ。「なぜこの急登を想像しなかった」と心ポキリ1回目。しかし真の核心部は『腰越峠』への下り。”下る”というよりは”落ちる”といった表現の方が適切かと思われるような激激下り。「これ本当に一般道?いっその事このまま落ちてしまおうか...」と心ポキリ2回目。そして最後は腰越峠から見上げた『ハライド』のお姿。「甘かった...こんなに登りかえすなんて考えてなかった」しかも鎌のように山頂付近がザレていらっしゃる。先々週の最後に追加してしまった苦行が思い出され心ポキリ3回目。

退路は既に断たれているので腹くくって登る。
でも登ってみるとそれほど登りずらいわけでもないし、思いのほかすぐに山頂が近づく。「あれっ思ったよりも楽勝?せいぜい鎌のひ孫くらいかぁ」結局15分程で登り切った。山頂の雰囲気もそこそこだし眺める景色も迫力あった。「今回のおまけは正解だった(まぁ疲れけど)」。

あとは下山。道は明瞭で問題なし。予定時間はオーバーしてしまったが、自身の許容タイム16:00までに終了できた。


【最後に】
「釈迦ヶ岳〜根の平峠」の楽しい稜線歩き、「鈴鹿の森」「イブネ」の心地よいお散歩、今回の山行は鈴鹿でも屈指のルートなのではないだろうか。

今回はちょっとキツイ箇所を通ってしまったので、

…明駐車場から中尾根で釈迦ヶ岳登頂
⊆甓爛岳〜根の平峠まで稜線歩き
根の平峠〜タケ谷分岐〜鈴鹿の森を散歩
の觴の森から千種街道に合流して杉峠へ
タ峠からイブネ(イブネ北端)
杉峠に戻り千種街道で根の平峠→ここはピストン
Ш埜紊倭把召飽棒谷登山道で朝明キ駐車場へ下山

にした方が良いのではないかなぁ(ピストンする部分ができちゃうけど)。
私としては歩く全てが見どころという”鈴鹿ゴールデンルート”だと思うが、皆さん如何に!?




訪問者数:517人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ