ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 884067 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

ボルシチ目当ての八ヶ岳 (桜平⇔硫黄岳)

日程 2016年05月28日(土) [日帰り]
メンバー jaune, その他メンバー2人
天候くもり
アクセス
利用交通機関
車・バイク
桜平駐車場に駐車 AM7:00ごろ到着で満車に近い状態

唐沢鉱泉との分岐以降は未舗装路です。轍はそれほど深くないので普通車でも通行可能ですが、スポーツカーハイカー、シャコタンハイカーには厳しいかと・・・
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間0分
休憩
2時間0分
合計
6時間0分
S桜平07:2007:50夏沢鉱泉08:30オーレン小屋08:5009:10夏沢峠09:10山びこ荘09:10ヒュッテ夏沢09:2010:20硫黄岳11:0011:50オーレン小屋12:3012:50夏沢鉱泉13:0013:20桜平13:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険個所は特にありません
その他周辺情報縄文の湯で入浴 (市民以外は¥600)
桜平駐車場を出て直進、八ヶ岳エコーラインとの交差点を過ぎてすぐ。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 飲料 ハイドレーション ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 地図(地形図) 筆記用具 ファーストエイドキット 携帯 時計 タオル ストック ナイフ カメラ

写真

腹痛の状態で登山スタート(>_<) 登山口から200mくらいに簡易トイレあり。甦れました(^^;)
2016年05月28日 13:48撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
腹痛の状態で登山スタート(>_<) 登山口から200mくらいに簡易トイレあり。甦れました(^^;)
林道からスタート。準備運動にはちょうどいい。
2016年05月28日 07:58撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道からスタート。準備運動にはちょうどいい。
苔生しゾーンを歩いていきます。
2016年05月28日 08:09撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔生しゾーンを歩いていきます。
夏沢鉱泉に到着。
2016年05月28日 08:20撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏沢鉱泉に到着。
1
夏沢鉱泉を過ぎると、少し道が狭くなります。
2016年05月28日 08:47撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏沢鉱泉を過ぎると、少し道が狭くなります。
オーレン小屋に到着。ここで標高2330 m。400 mも登ってきたとは思えない、ここまでのなだらかな道。
2016年05月28日 09:00撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オーレン小屋に到着。ここで標高2330 m。400 mも登ってきたとは思えない、ここまでのなだらかな道。
1
オーレン小屋から硫黄岳を周回します。時計回りのルートをチョイスして夏沢峠へ。
2016年05月28日 09:37撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オーレン小屋から硫黄岳を周回します。時計回りのルートをチョイスして夏沢峠へ。
夏沢峠に到着。ここまでは余裕。でも、この先は楽じゃなさそう…
2016年05月28日 09:46撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏沢峠に到着。ここまでは余裕。でも、この先は楽じゃなさそう…
地図で見ても等高線が密集しているとおり、急斜面に…
2016年05月28日 09:57撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地図で見ても等高線が密集しているとおり、急斜面に…
森林限界を超えると、北アルプスが見えてきました(^^)
2016年05月28日 10:10撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森林限界を超えると、北アルプスが見えてきました(^^)
ガレた急坂を登って行きます。
2016年05月28日 10:15撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガレた急坂を登って行きます。
爆裂火口
2016年05月28日 10:37撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
爆裂火口
4
山頂まで近いようで遠い…
2016年05月28日 10:31撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂まで近いようで遠い…
硫黄岳山頂到着。しかし、今回の山行の目的地はここではないのです。。。
2016年05月28日 10:54撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳山頂到着。しかし、今回の山行の目的地はここではないのです。。。
4
横岳、赤岳、阿弥陀岳のすばらしい展望!!
2016年05月28日 10:56撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横岳、赤岳、阿弥陀岳のすばらしい展望!!
1
パノラマ写真@南八ヶ岳方面
2016年05月28日 11:27撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
パノラマ写真@南八ヶ岳方面
パノラマ写真@北八ヶ岳方面
2016年05月28日 11:28撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
パノラマ写真@北八ヶ岳方面
行者小屋から赤岳へのルートがよく見えます。去年、赤岳に登りましたが、「これは楽じゃないよね(^^;)」ってのがよく分かります。
2016年05月28日 11:11撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者小屋から赤岳へのルートがよく見えます。去年、赤岳に登りましたが、「これは楽じゃないよね(^^;)」ってのがよく分かります。
4
山頂に小さい突起が見えたので五丈岩かと思って、帰ってから調べたらそうでした。金峰山の五丈岩でした。
2016年05月28日 11:20撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に小さい突起が見えたので五丈岩かと思って、帰ってから調べたらそうでした。金峰山の五丈岩でした。
1
硫黄岳、横岳、赤岳の縦走路。今年中に歩いてみたいです。
2016年05月28日 11:26撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳、横岳、赤岳の縦走路。今年中に歩いてみたいです。
南八ヶ岳の主脈を眺めながら下山。
2016年05月28日 11:34撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南八ヶ岳の主脈を眺めながら下山。
峰の松目はスルー。軟弱クライマーの我々はオーレン小屋へ一直線!!
2016年05月28日 11:42撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
峰の松目はスルー。軟弱クライマーの我々はオーレン小屋へ一直線!!
あらら、ガスってきました。
2016年05月28日 11:50撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あらら、ガスってきました。
残雪発見!!
2016年05月28日 11:57撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残雪発見!!
1
今回の目的地に到着です!!
2016年05月28日 12:19撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回の目的地に到着です!!
オーレン小屋で何をする?
2016年05月28日 12:20撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オーレン小屋で何をする?
ボルシチ食べる!!
2016年05月28日 12:23撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ボルシチ食べる!!
6
ごちそうさまでした。なぜか「KURUMAYAMA」。八ヶ岳なのに!?
2016年05月28日 12:55撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ごちそうさまでした。なぜか「KURUMAYAMA」。八ヶ岳なのに!?
1
我々が食べた後、別のグループがボルシチを頼んだところで、この看板が裏返しになりランチ終了…
この時点で13時くらい。ボルシチ目当ての場合はお早目に。
2016年05月28日 12:21撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
我々が食べた後、別のグループがボルシチを頼んだところで、この看板が裏返しになりランチ終了…
この時点で13時くらい。ボルシチ目当ての場合はお早目に。
1

感想/記録
by jaune

5月になり会社の同僚との登山活動をスタート。2016は八ヶ岳からスタートすることにしました。

登山口は桜平。60台ほど停められるという駐車場までは未舗装路。轍は深くないので普通車でも通れますが、私を含めたスポーツカーハイカーは迷わず誰かに任せましょうw シャコタンハイカーはなおのこと。ガリガリ音は聞きたくありませんから…

1時間強でオーレン小屋に到着。ここから硫黄岳、峰の松目への周回ルートに入ります。時計回りと反時計回り、どちらにするか?
「先に硫黄岳に登って、そのときの疲れ度合と気分、時間で峰の松目をどうするか決めちゃおうゼ!!」という、自称弱小登山部ゆえの軟弱発想で時計回りを選択。
峰の松目はおろか、硫黄岳も今回の最大の目的地ではないので、峰の松目をスルーしても惜しくないのであります。

夏沢峠以降は傾斜が急になり、もっと自主トレをしておかないといけないことを痛感…
でも、森林限界を超えて見晴らしがよくなると、北アルプスも見えてきて少しだけ疲れも和らぎます。

爆裂火口が近くあるせいか赤い石交じりのガレ場を牛歩ペースで登って、硫黄岳山頂に到着。
山頂は広いうえに360°の展望!! この日は風もなかったので休憩には最高の環境。
山頂から見た山々の中に自分が登ったことのある山が増えていくのはうれしいものです。

いい景色を眺めながら、紅茶とシュークリームで一休み。
カップラーメンも持参しておりましたが、この後の「真の目的」のためにカップラーメンは自粛。

さて、あまりのんびりもしていられないので下山します。
峰の松目はどうするか?
「早く目的地に行きたいよね!!」
「小仏トンネルが渋滞する前に帰りたいよね!!」
などなど言い訳を色々並べて、峰の松目はスルー決定。

弱小登山部の軟弱クライマーゆえに…(^^;)

硫黄岳山頂から1時間弱でオーレン小屋に到着。
ここが今回の山行の目的地。

「オーレン小屋でボルシチ食べる」が今回の山行テーマでした。

ランチタイムは10時〜14時。これに合わせて今回の山行計画を立てております。
注文してから15分くらいでボルシチちゃんがやってきました。

私、今年のGWにロシアを訪れてあっちのボルシチを食しております。
オーレン小屋のボルシチがビーツを使ったバリバリの本格的ボルシチかどうかは?ですけど、こちらのほうが日本人好みにしてあると思います(^^)
ロシアで食べたボルシチより具だくさんで美味しかったです。

ランチタイムは10時〜14時までですけど13時くらいで売り切れたのか終了してしまいました。ボルシチを狙っている場合はお早目に(^^)

ボルシチを堪能して無事に下山。

山グルメ目当てでついでに登頂、なんて山行スタイルも悪くないと感じた今回の八ヶ岳でした。
訪問者数:363人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ