ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 890282 全員に公開 ハイキング阿蘇・九重

【九重山】梅雨入り直後ミヤマキリシマ彩るくじゅうへ(長者原〜久住山〜中岳〜法華院温泉〜長者原)

日程 2016年06月05日(日) [日帰り]
メンバー dai_t
天候曇り
山頂付近は雲の中で霧雨
アクセス
利用交通機関
電車バス、 飛行機
■行き
大分に前泊。

◇大分〜豊後中村(1,290円)
 JR久大本線・日田行
 06:16 大分駅発
 07:53 豊後中村駅着

 # 一駅一駅の間が、非常に長いです・・・
   寝過ごしは要注意です。
 # 豊後中村駅周辺には、買い出しをできるような場所は見当たらず。
   自販機のみありました。

◇豊後中村〜九重登山口(940円)
 日田バス
 08:06 中村駅発
 08:40 九重登山口着
 http://www.nishitetsu.ne.jp/hitabus/pdf/06_20151226.pdf

 # 震災の影響で、九重登山口〜牧ノ戸峠間は運休でした。
   私は牧ノ戸峠から登る予定でしたので、この時点で予定変更。
 # 一万円札は使えません。私は一万円しか手持ちなし。
   バスにご乗車のご夫婦に両替いただき、助かりました。ありがとうございました。

■帰り
◇九重登山口〜九重インター(980円)
 日田バス
 15:40 九重登山口発
 16:16 九重インター着

 # 九重インターは、待合小屋みたいになっています。
 # 九重インター周辺には(も?)、買い出しをできるような場所は見当たらず。
   自販機のみありました。

◇九重インター〜福岡空港(2,680円)
 西鉄バス 高速バス
 16:58 九重インター発
 18:19 福岡空港国際線着
 http://www.nishitetsu.ne.jp/hitabus/pdf/02_20151221.pdf

 # 予約なしでも乗車可能でしたが、私が乗った時点で残席一つで、ギリセーフ。
   空いているだろうと思って、正直、ナメていました。
   予約しておくのがベターだと思います。

◇福岡空港〜羽田空港(16,990円:スーパー先得)
 JAL330 福岡空港発東京(羽田)行
 21:00 福岡空港発
 22:35 羽田空港着
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち87%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間4分
休憩
32分
合計
6時間36分
S長者原08:5409:54採石道路分岐09:5710:09諏蛾守越10:13諏蛾守越分岐10:1510:19北千里浜10:2010:47久住分れ10:4911:12久住山11:1611:41池の避難小屋11:4511:54九重山12:0512:21天狗ヶ城12:38久住分れ13:09北千里浜13:1013:13諏蛾守越分岐13:1413:46法華院温泉13:4714:24雨ヶ池越14:2615:30長者原G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
全体にペンキ・標識も多く、よく整備されています。
ただ、それが景観を損ねている感は否めませんが・・・
震災の影響を感じるところもありませんでした。
山と高原地図のコースタイムは、多少、厳しめに設定されていると思います。

■長者原〜諏蛾守越
最初は長い林道歩き。
登山道に入ると、雨上がりということもあり、非常に滑りやすくなっていました。
しばらくすると、再度、舗装路歩き。
砂防ダムを越えると岩場を登っていきます。

■諏蛾守越分岐〜久住山
しばらく真っ平らな北千里浜を歩き、そこから久住山に向けては岩場の坂道。
行きは急に感じましたが、帰りはそれほどとは感じず。
普通は逆なのですが・・・
久住山の山頂付近は、ミヤマキリシマが満開でした(^^♪

■久住山〜中岳
分岐がわかりづらく、かつ、非常に滑りやすい道です。
雨上がりで全体に滑りやすい傾向にはありましたが、この区間の下りが一番、滑りました。

■諏蛾守越分岐〜法華院温泉
しばらくだだっ広い砂浜を歩きます。狭い砂浜ですが、ガスったら意外と迷うかも。
砂浜を越えると、樹林帯の中、意外と急な道を降りていきます。

■法華院温泉〜長者原
法華院温泉をすぎると、しばらくは舗装路を歩きます。
舗装路から再度、登山道に入ると起伏の少ない自然探索路です。
雨上がりだったこともあり、とんでもなくぬかるんでいました。
ここでズボンとゲイターをかなり汚してしまい、翌日、嫁さんの怒りを買うことになります。。。
その他周辺情報・長者原のビジターセンター横で水道あり。靴を洗うことができます。
・レストハウス、ヘルスセンターあり、こちらで食事ができます。売店もあり。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ザック(40L) ザックカバー 昼ご飯 非常食 ハイドレーション 水(1.5ℓ) レインウェア フリース 帽子 手袋 ヘッドランプ ライター サングラス 地図 スマホ カメラ ロールペーパー 救急用品 サバイバルシート 予備靴ひも 携帯簡易トイレ 保険証 タオル その他出張用グッズ
備考 しょうがないのですが、出張ついでの登山だったため、スーツ、革靴、ジャージなどの不要な物多数(というより、そちらの方が重量多いかも?)です。

写真

豊後中村駅。ここからバスに乗ります。
2016年06月05日 08:03撮影 by COOLPIX S6500, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
豊後中村駅。ここからバスに乗ります。
1
震災の影響で、九重登山口から牧ノ戸峠は運休中でした。
バスには私を含めて4名が乗車。
2016年06月05日 08:05撮影 by COOLPIX S6500, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
震災の影響で、九重登山口から牧ノ戸峠は運休中でした。
バスには私を含めて4名が乗車。
九重登山口からスタート!
2016年06月05日 08:58撮影 by COOLPIX S6500, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
九重登山口からスタート!
なが〜い林道。飽きます・・・
2016年06月05日 09:17撮影 by COOLPIX S6500, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なが〜い林道。飽きます・・・
ようやく登山道。
雨上がりということもあり、滑る道が続きます。
2016年06月05日 09:24撮影 by COOLPIX S6500, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく登山道。
雨上がりということもあり、滑る道が続きます。
花が!
と思っていたら、ミヤマキリシマですね。
2016年06月05日 09:41撮影 by COOLPIX S6500, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花が!
と思っていたら、ミヤマキリシマですね。
三俣山だけ、かろうじてガスの向うに。
その他の山々は、まったく見えませんでした。
2016年06月05日 09:50撮影 by COOLPIX S6500, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三俣山だけ、かろうじてガスの向うに。
その他の山々は、まったく見えませんでした。
諏蛾守越近辺から見下ろします。
見事な砂浜(?)が続いています。
2016年06月05日 10:14撮影 by COOLPIX S6500, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
諏蛾守越近辺から見下ろします。
見事な砂浜(?)が続いています。
諏蛾守越の分岐。
これでもか!?というくらいにペンキがいっぱい。
2016年06月05日 10:17撮影 by COOLPIX S6500, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
諏蛾守越の分岐。
これでもか!?というくらいにペンキがいっぱい。
北千里浜のいい景色です!
晴れていればきっと・・・
2016年06月05日 10:20撮影 by COOLPIX S6500, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北千里浜のいい景色です!
晴れていればきっと・・・
で、展望もなく黙々と登って、あっという間に久住山。
2016年06月05日 11:16撮影 by COOLPIX S6500, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
で、展望もなく黙々と登って、あっという間に久住山。
3
久住山山頂直下はミヤマキリシマ群生!
2016年06月05日 11:20撮影 by COOLPIX S6500, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
久住山山頂直下はミヤマキリシマ群生!
3
いやあ、お見事!!!
展望には恵まれませんでしたが、これを見ることができただけでも、来た甲斐がありました(^^♪
2016年06月05日 11:26撮影 by COOLPIX S6500, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いやあ、お見事!!!
展望には恵まれませんでしたが、これを見ることができただけでも、来た甲斐がありました(^^♪
11
中岳が見えてきた。
2016年06月05日 11:56撮影 by COOLPIX S6500, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中岳が見えてきた。
九州最高峰の中岳登頂!!!
っても、景色がないので、ありがたみはありません。
2016年06月05日 12:03撮影 by COOLPIX S6500, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
九州最高峰の中岳登頂!!!
っても、景色がないので、ありがたみはありません。
5
山頂からの展望ナシ。
パンだけ食べて、早々に下山します。
2016年06月05日 12:03撮影 by COOLPIX S6500, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からの展望ナシ。
パンだけ食べて、早々に下山します。
天狗ヶ城。
2016年06月05日 12:24撮影 by COOLPIX S6500, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗ヶ城。
1
この辺りもミヤマキリシマの絨毯が広がっていました。
2016年06月05日 12:33撮影 by COOLPIX S6500, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りもミヤマキリシマの絨毯が広がっていました。
7
北千里浜を見下ろして・・・
2016年06月05日 13:03撮影 by COOLPIX S6500, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北千里浜を見下ろして・・・
砂浜を歩いて・・・
2016年06月05日 13:21撮影 by COOLPIX S6500, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
砂浜を歩いて・・・
樹林帯を下っていきます。
2016年06月05日 13:34撮影 by COOLPIX S6500, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯を下っていきます。
法華院温泉。入浴したい思いもありつつパス。
手前の靴はなんでしょうね。。。
2016年06月05日 13:49撮影 by COOLPIX S6500, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
法華院温泉。入浴したい思いもありつつパス。
手前の靴はなんでしょうね。。。
2
坊がツル方面。
ここでテントを張ったら、気持ちよいでしょうね。
2016年06月05日 13:51撮影 by COOLPIX S6500, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
坊がツル方面。
ここでテントを張ったら、気持ちよいでしょうね。
温泉成分で、白濁していました。
2016年06月05日 13:51撮影 by COOLPIX S6500, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
温泉成分で、白濁していました。
1
坊がツルを振り返って。
気持ちいいなあ(晴れていればもっと・・・)。
2016年06月05日 14:02撮影 by COOLPIX S6500, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
坊がツルを振り返って。
気持ちいいなあ(晴れていればもっと・・・)。
この辺りはぬかるみがひどいことに・・・
2016年06月05日 14:09撮影 by COOLPIX S6500, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りはぬかるみがひどいことに・・・
1
雨ヶ池越。
2016年06月05日 14:36撮影 by COOLPIX S6500, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨ヶ池越。
ここも落ち着ける場所です。
2016年06月05日 14:36撮影 by COOLPIX S6500, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここも落ち着ける場所です。
長者ヶ原まで戻ってきました!
意外と雲も取れてきています。
2016年06月05日 15:24撮影 by COOLPIX S6500, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長者ヶ原まで戻ってきました!
意外と雲も取れてきています。
レストハウスも見えてきました。
時間もないので、先を急ぎます・・・
2016年06月05日 15:24撮影 by COOLPIX S6500, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
レストハウスも見えてきました。
時間もないので、先を急ぎます・・・
1
バス停はレストハウスの反対側。
九重インター行きのバスに乗ったのは、私を含め二人だけでした。
レストハウスでビールとウィスキーを買って、この後は東京に帰るまで飲んだくれです(^^♪
2016年06月05日 15:39撮影 by COOLPIX S6500, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バス停はレストハウスの反対側。
九重インター行きのバスに乗ったのは、私を含め二人だけでした。
レストハウスでビールとウィスキーを買って、この後は東京に帰るまで飲んだくれです(^^♪
撮影機材:

感想/記録
by dai_t

3月の段階で、6月初旬に仕事で九州に出張を予定していました。
その後、震災があったため、出張そのものを延期を検討。
ありがたいことに、お客様から予定通りに来てほしいとの申し入れをいただき、予定通りに出張することに。

遠征するのであれば、当然、九州の山に!
と、最初は思っていましたが、それこそ震災があったため、どうしようか迷いました。
が、個人でできることと言えば、寄付、あるいは何かしらの形で現地にお金を落としてくることくらい。
それが復興支援につながれば(というか、これくらいしかできません・・・)という思いもあり(そういや、東日本のときにも同じような葛藤がありました)、予定通り山にも登ってくることに。

出張予定自体は金曜日に福岡。
その後、大分に異動して、土曜日に祖母山、日曜に九重山に登る計画。
が、、、
土曜日は雨・風ともに強い予報で、結果的に梅雨入り(泣)。
無理してもしょうがないので、土曜日は山行を諦め、大分でダラダラと過ごします。

日曜日は雨もあがりそうだったので、予定通り九重山へ。
まず、牧ノ戸峠までバスが行っていなかったのが誤算。牧ノ戸峠から登るのと、九重登山口から登るのとでは、標準CTで50分ほど違います。
牧ノ戸峠からで時間を組み立てていたため、登る前から暗雲・・・

震災の影響もあるかと思っていましたが、長者原の駐車場は満杯、思っていたより登山客も多かったです。
(多少は雲が切れるのを期待していましたが、)やっぱり道中は雲の中。
山頂付近は雲の中で風が強く、水滴が吹き付けているような状態。
そんな中でも、ミヤマキリシマの群生が見事だっただけで、登った甲斐があったと感じました(まあ、晴れていたら、もっときれいだったのでしょうが・・・)。
「今年のミヤマキリシマは10年に1回あるかないかの美しい年です」だそうです。
いやあ、晴れていればなあ・・・(というのが、本音)。
https://www.facebook.com/choujabaruvisitor/?fref=nf

休憩時間を削っていたこともあり、中岳山頂に到着した時点で、元々、牧ノ戸峠から登ったときの予定時間通り。
安心して(?)、予定どおり法華院温泉経由で下山することにします。

下山していると、北千里浜を通過したのが13時過ぎだったにも関わらず、これから登っていくと思われる方々と、多く、すれ違います。
聞いてみると、山開き祭をやっていたらしいですね。ここに行かれた方が多かった模様。
知らんかったです(知っていたら、無理してでも行っていたかも・・・)
http://www.kujuaid.net/contents/yamabiraki.html
その後、どこまで行ったのかわかりませんが、お気をつけて・・・

バスの時間も気にしながら、ぬかるみの道を歩きながら下山。
そんなに大した距離を歩いたわけではありませんが、終わってみると、かなり足が疲れた感じでした。
ソコソコのスピードで歩いていたためか、ぬかるみが多かったためか。。。

天気はイマイチでしたが、まあ、それなりに楽しむことはできました。
もう少し、復興支援につながるような活動ができればなあ、というのが心残り。
今年はもう、チャンスがなさそうなので、来年ですかね。
訪問者数:446人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ