ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 892071 全員に公開 ハイキング谷川・武尊

谷川岳 登り 西黒尾根 下り 天神尾根、田尻尾根

日程 2016年06月06日(月) [日帰り]
メンバー kanao_y
天候曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
新幹線利用
行き 上毛高原駅 8:00発 谷川岳ロープウェイ駅行き
帰り 谷川岳ロープウェイ駅 14:55分発 上毛高原駅行き
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち74%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
谷川岳ロープウェイは定期整備のため6月6日~6月30日まで運休です。
肩の小屋手前に雪渓があります。アイゼンは必要ありません。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト カメラ

写真

登山道入口から続く樹林帯を抜けて視界が一挙に広がります。今日は遠くは霞んでいます。
2016年06月06日 10:09撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道入口から続く樹林帯を抜けて視界が一挙に広がります。今日は遠くは霞んでいます。
天神平のロープウェイ駅も見えます。
2016年06月06日 10:09撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天神平のロープウェイ駅も見えます。
最初の鎖場を過ぎた辺りで目の前に谷川岳が迫ってきます。
2016年06月06日 10:19撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初の鎖場を過ぎた辺りで目の前に谷川岳が迫ってきます。
ラクダの背の辺りから。
2016年06月06日 10:32撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ラクダの背の辺りから。
1
トマの耳到着。奥はオキの耳。
2016年06月06日 11:42撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トマの耳到着。奥はオキの耳。
4
トマの耳から。オキの耳、一ノ倉岳、茂倉岳。
2016年06月06日 11:43撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トマの耳から。オキの耳、一ノ倉岳、茂倉岳。
オキの耳到着。
2016年06月06日 11:57撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オキの耳到着。
5
オキの耳からトマの耳。
2016年06月06日 11:57撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オキの耳からトマの耳。
オキの耳から谷川岳主脈。今日は群馬側に雲がわき上がっていました。
2016年06月06日 11:58撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オキの耳から谷川岳主脈。今日は群馬側に雲がわき上がっていました。
2
撮影機材:

感想/記録

今回の山行は一ノ倉岳方面からの谷川岳の写真を撮ることが目的でした。残念ながら当日はロープウェイ運休のため計画見直しを迫られ行程上時間が取れそうになかったことと群馬県側に雲がわき上がり一の倉沢が隠され狙いの写真が撮れそうになかったためオキの耳登頂に留めました。

上毛高原駅で谷川岳ロープウェイ駅行きのバスに乗り込んでまず運転手さんから聞かされた言葉が今日からロープウェイは運休ですと言うことでした。
登りは当初から西黒尾根だったので良かったのですが、下りは天神平からロープウェイの予定でした。
今回は一ノ倉岳まで行って撮影するつもりで、オキの耳から往復と撮影で2時間を見込んでいました。公共交通利用では登山開始が9時になってしまうので下りはロープウェイと考えたわけです。
ところがロープウェイは運休ということで計画は崩れました。事前の調査が不十分だったこちらの責任ですが。

登り始めは薄雲の間から日射しがありじりじりと焼けるようでした。それでも樹林帯の中は木陰のおかげで暑すぎることはありませんでした。
樹林帯を抜けてからは幸い日が陰ってきて直射の陽に焼かれることもなく、風が冷たく感じられることもありました。

今回はなぜか快調に歩け、登山開始から3時間でオキの耳に到着しました。過去の記録では3時間20分と3時間30分でした。担いでいる荷物の重さや登山靴の重さが関係しているのかもしれません。(過去の方が重い靴でした。)

オキの耳には12時に到着。一ノ倉岳方面に少しくらいは進める時間がありそうだったのですが群馬県側に雲が出て一の倉沢は見えそうになかったので撮影は断念。そこから下山することに。
ルートは天神尾根、田尻尾根にしました。西黒尾根は2度下っているので新しいルート開拓の意味もあります。

オキの耳からのコースタイムは3時間15分。15時半頃ベースプラザに着いて16:00のバスに乗れるなあと歩き始めました。
下りも快調に歩け予定より1時間早い14時半過ぎにベースプラザに到着。14:55のバスに乗ることが出来ました。

田尻尾根は初めて歩きました。田尻尾根分岐からの樹林帯は西黒尾根の樹林帯より少し歩き易いかなあと感じました。分岐から40分程で工事車両も走る道路に出ます。10数分歩くとベースプラザに着きます。車が通っているようだと注意が必要でしょう。
田尻尾根分岐から1時間程でベースプラザに着きました。コースタイム95分となっていますが下りが遅い小生から見るとコースタイムがおかしいかなと思います。

いずれにしても山頂から2時間余りで下りてこられるのですからエスケープルートとして考えても良いのではないかと思います。

気になったことがあります。
ロープウェイ運休を知らずに来たグループが、ロープウェイ利用で往復する予定を登りは西黒尾根に変更して登ったのですが、下山は天神平からと考えていたようです。スキーで滑り降りるルートで下りられるとでも考えていたのでしょうか。登山ルートを確かめずに登れるから登ったというのは余りに安易な行動と言わざるを得ません。
田尻尾根分岐で声を掛け一緒に下りてきました。

2016年10月13日 追記
今回、初めて雪のない時期に登りのロープウェイを利用しました。
ロープウェイ下をずっと見ていると沢沿いに道があり、登りのロープウェイから見て左のリフト下まで続いているようでした。
従って、天神平から直接降りる道があるようです。
当方の認識不足でした。
ただ、当方の「山と高原地図」にルートの記載は無く、登山道として認められているとは考えられません。

訪問者数:872人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ