ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 892716 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走剱・立山

越中駒ヶ岳(笠谷アドベンチャー)

日程 2016年06月08日(水) [日帰り]
メンバー YSHR
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間10分
休憩
45分
合計
5時間55分
S片貝山荘04:0005:15成谷山05:2005:55僧ヶ岳06:1007:05駒ヶ岳07:2509:35林道09:4009:55片貝山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
4.00  720m 片貝山荘登山口
4.45 1300m 伊折山
5.15 1600m 成谷山
5.55 1855m 僧ガ岳山頂
6.10 1855m 僧ガ岳山頂発
7.05 2002m 駒ヶ岳
7.25 2002m 駒ヶ岳発
7.40 1840m 笠谷エントリー
9.35 92om 北又谷林道
9.55  720m 片貝山荘前登山口
コース状況/
危険箇所等
笠谷は所々雪渓が切れ滝が出ている。上部は薮
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

登山口から標高差1100m、成谷山を過ぎてようやく僧ヶ岳が見えた。
2016年06月08日 05:10撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口から標高差1100m、成谷山を過ぎてようやく僧ヶ岳が見えた。
1
稜線から北駒と駒(右)
2016年06月08日 05:25撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線から北駒と駒(右)
3
遥か後方に白山も
2016年06月08日 05:29撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遥か後方に白山も
13
僧ヶ岳への稜線からは毛勝山がよく見える
2016年06月08日 05:32撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
僧ヶ岳への稜線からは毛勝山がよく見える
9
僧ヶ岳と雲
2016年06月08日 05:33撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
僧ヶ岳と雲
4
富山湾から能登半島が見えた
2016年06月08日 05:45撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富山湾から能登半島が見えた
6
毛勝山と花
2016年06月08日 05:47撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
毛勝山と花
7
僧ヶ岳 ゴーール!!
2016年06月08日 06:03撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
僧ヶ岳 ゴーール!!
22
僧ヶ岳から駒ヶ岳を見る
2016年06月08日 06:17撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
僧ヶ岳から駒ヶ岳を見る
5
堂々とした駒ヶ岳
2016年06月08日 06:19撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堂々とした駒ヶ岳
13
稜線鞍部から笠谷を覗き込む
2016年06月08日 06:30撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線鞍部から笠谷を覗き込む
2
鞍部から僧ヶ岳を振り返る
2016年06月08日 06:35撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鞍部から僧ヶ岳を振り返る
3
北駒を過ぎていよいよ駒ヶ岳へ
2016年06月08日 06:58撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北駒を過ぎていよいよ駒ヶ岳へ
1
駒ヶ岳 ゴーール!!
2016年06月08日 07:26撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駒ヶ岳 ゴーール!!
20
駒山頂からの剱岳と毛勝山
2016年06月08日 07:22撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駒山頂からの剱岳と毛勝山
18
朝日岳方面
2016年06月08日 07:25撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日岳方面
4
剱岳アップ
2016年06月08日 07:25撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剱岳アップ
12
駒の先の劔北方稜線
2016年06月08日 07:27撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駒の先の劔北方稜線
9
帰りは駒山頂から少し下って笠谷へ
2016年06月08日 08:01撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りは駒山頂から少し下って笠谷へ
1
下りて来た稜線を振り返る。上部は薮を漕いで
2016年06月08日 08:01撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りて来た稜線を振り返る。上部は薮を漕いで
1
笠谷上部は荒れている
2016年06月08日 08:09撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠谷上部は荒れている
1
ガレ場を下る
2016年06月08日 08:09撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガレ場を下る
1
ようやく雪渓が出て安堵
2016年06月08日 08:14撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく雪渓が出て安堵
1
駒を振り返る
2016年06月08日 08:18撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駒を振り返る
1
ガンガン足スキーで下りていく
2016年06月08日 08:18撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガンガン足スキーで下りていく
4
どでかい石もチラホラ
2016年06月08日 08:22撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どでかい石もチラホラ
笠谷中間は快適だった
2016年06月08日 08:31撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠谷中間は快適だった
2
しかし甘くは無かった。所々滝が出て通過に難儀する.
2016年06月08日 08:34撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しかし甘くは無かった。所々滝が出て通過に難儀する.
1
ずっと駒が見えていた
2016年06月08日 08:40撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ずっと駒が見えていた
2
雪渓は厚いところは10m近くあった
2016年06月08日 08:49撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪渓は厚いところは10m近くあった
4
大きな穴もチラホラ
2016年06月08日 08:50撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大きな穴もチラホラ
5
雪渓崩壊に注意しながら下る
2016年06月08日 08:52撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪渓崩壊に注意しながら下る
3
一番の難所、左右とも巻けず、意を決してズックで滝に濡れながら下るしか無かった
2016年06月08日 09:19撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一番の難所、左右とも巻けず、意を決してズックで滝に濡れながら下るしか無かった
15
滝のアップ
2016年06月08日 09:27撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝のアップ
4
難所を抜けて少し安堵
2016年06月08日 09:19撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
難所を抜けて少し安堵
6
後はルンルン
2016年06月08日 09:22撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後はルンルン
9
ようやく堰堤が見えた
2016年06月08日 09:43撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく堰堤が見えた
4
登山口まで林道歩き
2016年06月08日 10:09撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口まで林道歩き
7

感想/記録
by YSHR

今日も深夜に起きて越中駒ヶ岳を目指す.今シーズン厳冬期ワンディを成功させたが無雪期に僧ヶ岳経由で行った事が無いので一度どんなんか見てみたかった.

朝4時片貝山荘登山口を出て急登をガシガシ僧ヶ岳を目指す.まだ時間が早いので涼しくて快適だ.伊折山に着く頃明るくなって来た.ここから成谷山もすぐだった.

厳冬期は成谷山からの景色がスンバらしいがこの時期は樹木に遮られて今一だ.振り返れば毛勝山が堂々としている.遥か白山、富山湾、能登半島、今日も早起きして来て良かった.でも山はやはり厳冬期が一番だろう.

ひと登りで僧ヶ岳に着いた。貸し切りの山頂で記念写真を撮りハムを食べていざ駒ヶ岳へ厳冬期を思い出しながら感慨深く進む.鞍部まで下ると僧ヶ岳が朝日に輝いていた.北駒を過ぎて少し下ると岩場に着いた。

この岩場はスキー登高も厳しかった.急斜面でサブは滑落したっけ、懐かしい、さあ山頂が正面に見えた.山頂からは剱岳の展望が最高だった.この先稜線をたどって毛勝まで行くのも楽しそうだが薮もきつそう.記念写真を撮ったらさあ帰ろう.

帰りは笠谷を下りてみよう.僧ヶ岳へ登り返すのも難儀だし、暑そうだ、笠谷は涼しそう.稜線鞍部から薮を漕いで笠谷へ下りた.急な薮は枝を掴んで強引に下りる.しばらくで雪渓が出た.これは快適だ.ルンルン下りていくが甘くは無かった.滝が出た.悲しいかなロープは無い,懸垂すれば容易だったがロープが無いのでかなり慎重に意を決して水を浴びながら滝を下りた.ここが最大の核心だった.

しばらくまた雪渓が続き快適に下りると雪も切れ沢になった.どうせ下りだから沢にジャブジャブ靴で入って行く.しばらくで堰堤が見えてホッとした。

後は林道をトボトボ下るだけ.車が見えた.甘くは無かったが、中々楽しめました。
訪問者数:1998人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

鞍部 急登 林道 雪渓 滑落 堰堤 ガレ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ